バッド ホップ 名古屋。 MADE IN KAWASAKI 工業地帯が生んだヒップホップクルー BAD HOP

バッドホップが名古屋で乱闘&渋谷で喧嘩が理由で出禁?黒幕はリッキー?

バッド ホップ 名古屋

ただ、傾向として、特に臨海部にはいわゆるヤンキー中学が多かった。 勉強ができる子供の中には地元の中学校に行きたくないという思いで、頑張って東京の進学校へ行くケースもあった。 ただ、地元でソーシャル・ワークをしているひとたちからは、近年、見た目がいわゆるヤンキーの子供は少なくなって、不良なのかそうではないのか分かりにくくなったと聞きます。 それによって目をかけるべき子供も分かりにくくなった。 ヤンキーの格好というのは、言わば「オレは問題を抱えている」というサインですからね。 あるいは、川崎市中1男子生徒殺害事件の犯人グループの少年たちは、地元の不良の輪から弾かれた、不良の落ちこぼれでした。 上納金の話もそうですが、不良の社会は普通の社会よりも厳しいと言えます。 時折、この本は不良を美化しているという批判をもらいますが、むしろ、強固なピラミッド型の縦社会に属している彼らを、旧来的なシステムの中でもがく日本人の象徴だと捉えているんですね。 不良たちは学校という息苦しい場所に反抗して外に飛び出して、自分たちの世界をつくっているはずなのに、さらに厳しい規律に縛られていることも多い。 まぁ、僕自身は不良ではなかったので、その見方に若干のロマンチシズムが介在していることも確かだと思いますが。 磯部 そうですね。 川崎区の中でも、桜本や浜町といったさらに狭いエリアでコミュニティが形成されていたり、すぐ隣の横浜市鶴見区との間で暴走族の抗争が起こったり。 不良というタイプではないですが、本にも出てくるラッパーで在日コリアンのFUNI(フニ)さんは、子どものころに多文化地区・桜本から同じ川崎区の大師町に引っ越したところ、まるでプールの底がガクっと深くなったように疎外感が強まったと言っていました。 歩いていける距離ですが、桜本と違って在日コリアンが少ないので、雰囲気がまったく異なって感じられたようです。 彼らは「川崎市民」というアイデンティティは持っていません。 というか不良に限らず、川崎は縦に細長かったり、東京や横浜に容易に出られることで「市」としての統一感に欠けているようなところはありますね。 例えば、版元の営業の方が、近年、開発が目覚ましい川崎市中原区の武蔵小杉にある本屋さんにこの本を持っていったところ、「うちは"川崎"じゃないんで」と言われたそうです。 川崎区とは世界が違うということだと思いますが、実際、武蔵小杉のひとの中には地元を"川崎"ではなく"ムサコ"と呼ぶひとも多い。 武蔵小杉は南部、あるいは中部に括られます。 もともと、北部はニュータウン、南部は工場地帯として発展してきたので性格が全く違う。 "川崎"はふたつの顔を持っているわけですが、武蔵小杉の発展にしても、川崎駅前の再開発にしても、その北部的なものが段々と南部に降りてきているとも言える。

次の

MADE IN KAWASAKI 工業地帯が生んだヒップホップクルー BAD HOP

バッド ホップ 名古屋

動画に映し出された乱闘は全国5都市のZeppを回るライブツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」の最中、6月6日(木)Zepp Nagoyaで行われたライブの後に、会場の外で勃発したようです。 映像自体は2分に満たない程度の短いものですが、画面いっぱいにギャラリーが確認でき、割と大きな騒動だったことが伺い知れますね。 1対1の喧嘩というよりは、ヒートアップする当事者やそれをなだめる人々が入り乱れ、まさにプロ野球の「乱闘騒ぎ」を思わせる様相です。 なお登場人物が多いながら、髪形といった情報から、メンバーの特定作業は何とか行うことができますよ。 映像を注視する限り、YZERRが激高しながら「やってやるよ」などと声を荒げている様子が確認できます。 喧嘩相手の男性は最後、数人の男性たちに押し込められるようにしてタクシーに乗り込み去っていくのですが、YZERRの興奮はなおも収まらず、車に詰め寄っていく場面まで映し出されていました。 スポンサーリンク? 様々な憶測が流れるが… ギャラリーが大勢いたので喧嘩の状況に関しても容易に確認できると予想したものの、各種SNSをチェックしても、目撃者からの情報は上がっていませんでした; この件に関心を寄せているファンが多い一方で、事件の核心に迫る報告は全くといって良いほど見当たりませんでしたね。 それゆえ、ここから先は推測を含んだ話にはなるのですが、YZERRの様子を見る限り、今回の喧嘩は相手側が吹っ掛けてきたものと考えます。 加えてBAD HOPは日本武道館でワンマンライブを敢行するほどの言わば「大物」ですから、大した理由もなく喧嘩を吹っ掛けたりはしないと思うんですよ。 彼らは「良い人」で売り出しているわけではないですし、ある意味このたびの映像もイメージから大きく外れたものとも感じませんが(笑)、やはり影響力がある立場ゆえ、わざわざリスクを背負うような真似もしないでしょう。 ただそのあたりの状況を鑑みて、軽い気持ちで因縁をつける輩がいてもおかしくはありません。 BAD HOPに絡むことで「ハクがつく」という考え方もある気がしますね; なお今回の件に関しては、名古屋のラッパーと取り巻きのチンピラが絡んできて、最初は無視していたBAD HOPサイドも次第に我慢ができなくなりキレた…との説が有力になっています。 最初は無視していたという話が事実ならば、やはり喧嘩の原因自体は一方的かつ取るに足らないようなことだったのでしょう。 ただ相手側も(余り知名度がない人物との情報はありますが)ラッパーと聞くと、最後にわざわざタクシーを呼ばれていたという点も何となく納得できる気はします。 いずれにせよ、一連の動画でBAD HOPの評判が急落したなどということはないですし、とにもかくにも怪我人が出なかったようで何よりでした^^;.

次の

BAD HOPの名古屋の喧嘩の相手は誰?乱闘の原因も調査!

バッド ホップ 名古屋

ただ、傾向として、特に臨海部にはいわゆるヤンキー中学が多かった。 勉強ができる子供の中には地元の中学校に行きたくないという思いで、頑張って東京の進学校へ行くケースもあった。 ただ、地元でソーシャル・ワークをしているひとたちからは、近年、見た目がいわゆるヤンキーの子供は少なくなって、不良なのかそうではないのか分かりにくくなったと聞きます。 それによって目をかけるべき子供も分かりにくくなった。 ヤンキーの格好というのは、言わば「オレは問題を抱えている」というサインですからね。 あるいは、川崎市中1男子生徒殺害事件の犯人グループの少年たちは、地元の不良の輪から弾かれた、不良の落ちこぼれでした。 上納金の話もそうですが、不良の社会は普通の社会よりも厳しいと言えます。 時折、この本は不良を美化しているという批判をもらいますが、むしろ、強固なピラミッド型の縦社会に属している彼らを、旧来的なシステムの中でもがく日本人の象徴だと捉えているんですね。 不良たちは学校という息苦しい場所に反抗して外に飛び出して、自分たちの世界をつくっているはずなのに、さらに厳しい規律に縛られていることも多い。 まぁ、僕自身は不良ではなかったので、その見方に若干のロマンチシズムが介在していることも確かだと思いますが。 磯部 そうですね。 川崎区の中でも、桜本や浜町といったさらに狭いエリアでコミュニティが形成されていたり、すぐ隣の横浜市鶴見区との間で暴走族の抗争が起こったり。 不良というタイプではないですが、本にも出てくるラッパーで在日コリアンのFUNI(フニ)さんは、子どものころに多文化地区・桜本から同じ川崎区の大師町に引っ越したところ、まるでプールの底がガクっと深くなったように疎外感が強まったと言っていました。 歩いていける距離ですが、桜本と違って在日コリアンが少ないので、雰囲気がまったく異なって感じられたようです。 彼らは「川崎市民」というアイデンティティは持っていません。 というか不良に限らず、川崎は縦に細長かったり、東京や横浜に容易に出られることで「市」としての統一感に欠けているようなところはありますね。 例えば、版元の営業の方が、近年、開発が目覚ましい川崎市中原区の武蔵小杉にある本屋さんにこの本を持っていったところ、「うちは"川崎"じゃないんで」と言われたそうです。 川崎区とは世界が違うということだと思いますが、実際、武蔵小杉のひとの中には地元を"川崎"ではなく"ムサコ"と呼ぶひとも多い。 武蔵小杉は南部、あるいは中部に括られます。 もともと、北部はニュータウン、南部は工場地帯として発展してきたので性格が全く違う。 "川崎"はふたつの顔を持っているわけですが、武蔵小杉の発展にしても、川崎駅前の再開発にしても、その北部的なものが段々と南部に降りてきているとも言える。

次の