明石家。 明石家さんま、宮迫博之のYouTubeに「どれだけ金積まれても出んわ!」

明石家さんまの自宅は大豪邸でビル全体?!場所はどこか?画像は?

明石家

明石家さんまが6月13日、パーソナリティを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、複数の女性との不貞を理由に活動自粛を発表したアンジャッシュの渡部建について言及する場面があった。 さんまは「次から次へと…なぜ僕の周りでこんなことが。 全部コロナのせいにしたい」と嘆き、「おれの近場ばかり。 お笑い番組としてはもったいない人材ばかり。 力のある奴がこういう騒動に」「オレの責任があるんじゃないのか」などと語っている。 さんまがそう言いたくなるのも無理もない。 昨年夏、吉本興業の闇営業問題で契約解除された雨上がり決死隊・宮迫博之は、さんまが復帰に手を貸そうとしているものの、いまだテレビ番組に出られず、ユーチューバーとして活動中。 確かにさんまの周りは不祥事続きだ。 「実はさんまの周りで問題を起こしたのはお笑い芸人だけではないんです」と言うのは、芸能ライター。 「NEWSの手越祐也はコロナで緊急事態宣言中、女性らと飲み会を開いていたことが二度も報じられ、現在、芸能活動を自粛中です。 彼はサッカークラブW杯の番組でさんまと何度も共演していますからね。 加えて、今年5月に妻への暴行容疑で逮捕、釈放されたボビー・オロゴンは、芸能界入りのきっかけがTBS系『さんまのSUPERからくりTV』です」 昨年の「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2019」(フジテレビ系)では、長年タッグを組んできたフリーアナの八木亜希子が病気で出演キャンセル。 さんまによると、同番組の演出を担当する三宅恵介氏から「全部、さんまさんが吸い取るんだ」と言われたそうだが、ここまでくると、本当にそうかもしれない?(鈴木十朗).

次の

今度は渡部建で明石家さんまの嘆きも頷ける「周囲にトラブル続出」の怪奇

明石家

雨上がり決死隊の宮迫博之をテレビで見なくなってから、そろそろ1年になる。 「闇営業問題で吉本興業から契約を解除されたのは昨年の7月。 「チャンネル登録者数は95万人超え。 人気ユーチューバーとのコラボも多く、100万回以上再生されている動画もあります。 居酒屋チェーン『串カツ田中』の社長に1か月2000万円のネーミングライツを持ちかける動画は話題になりました」(前出・スポーツ紙記者) さんまは2月5日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で「俺らテレビに出る人間の敵はユーチューブやで! 」と発言。 3月9日放送の『痛快!明石家電視台』(毎日放送)では、宮迫の相方・蛍原に「(宮迫の)ユーチューブ注意せえ! 」とツッコんでいた。 「笑いに紛らせていましたが、本音も多いと思います。 俺はテレビで生きてきた人間だから、テレビを守ろうとしている」とも言っていた。 「あいよ! 」 と即答。 さらに、 「どんなにお金積まれても出ないと思うわ! 」 ユーチューブへの出演は完全否定したのだった。 「 さんまさんは宮迫さんを芸能界に復帰させようと、5月に雨上がり決死隊をコンビで舞台に立たせようと計画した話もありました。 一方で宮迫さんは毎日ユーチューブを更新しており、ネット通販サイト『ロコンド』のテレビCMでも人気ユーチューバーのヒカルさんと共演しています」(芸能プロ関係者) さんまの思いをよそに、宮迫は自分の道を進むことに決めたのだろうか……。

次の

今度は渡部建で明石家さんまの嘆きも頷ける「周囲にトラブル続出」の怪奇

明石家

お笑い界のトップを走り続ける明石家さんまさん。 テンションがとにかく高く、ひょうきんに笑う姿からはいつも元気をもらえます。 そんなさんまさんですが、笑いを取るその姿からは想像できない壮絶な過去をお持ちだということをご存じでしょうか。 お笑いの天才の笑顔に隠された、悲しい過去をご紹介します。 明石家さんまの壮絶な過去 弟ができた喜びと、新しい母との溝 和歌山県で生を受けたさんまさんは、お兄さんである正樹さんと二人兄弟。 さんまさんが3歳の時に、お母さんが病気で亡くなってしまいます。 そして小学校高学年のとき、お父さんが再婚。 継母には連れ子がおり、歳の離れた弟ができたと、さんまさんは大喜びだったそうです。 しかし新しいお母さんには遠慮もあり、お母さんも実の子どもである弟ばかり可愛がったそうで、新しい親子の間には大きな溝がありました。 新しいお母さんに心を開いてもらおうと、さんまさんは毎日毎日必死で面白いことを考えたそうです。 この経験が、お笑いの道へ進むきっかけになったのだとか。 それでもお母さんとの溝はなかなか埋まらず、兄である正樹さんが語ったところによると、.

次の