メン タックス クリーム 1。 メンタックスクリーム1% 10g 1本 販売 薬局アットマーク

ファイテンのメタックスEXクリームNは効果含め最強クリーム?!

メン タックス クリーム 1

ファイテンのメタックスEXクリームNは効果含め最強クリームだった ファイテンから出ているボディーケアクリームと言えば、 メタックスクリームが最初に思い浮かぶと思いますが、 今回紹介するメタックスEXクリームNは、間違いなくメタックスクリームとは大きく違います。 「一体何がどう違うんだよ!」 と思われている方は少なくないと思いますが、 今回の記事を読んでもらえればメタックスクリームとの違いと、 メタックスEXクリームNの凄さがわかると思います。 メタックス配合で効果は申し分なし ファイテンメタックスEXクリームには、 その名の通り、 メタックスが配合されています。 メタックスはファイテン最高峰の技術と言われており、 メタックスEXクリームNにはメタックスが配合されているので、 効果は申し分なしです。 その全ての素材とは、 ・チタン ・ゴールド ・シルバー ・パラジウム ・プラチナ の5つです。 よくファイテンといえばチタン!というふうに聞きますが、 メタックスはその代表的なチタンも含まれてます。 メタル+ミックス=メタックス というわけです。 メタックスクリームと何が違うの? 名前からしてメタックスクリームより良さそうなのは何となくわかるけど、 「何がどう違うの?」 と疑問に思われている方は多いと思います。 結論から言いますと、 効果は大差がなく、使うシチュエーションによってメタックスクリームより効果が発揮する、 と言った感じです。 そうです、ぶっちゃけ効果はメタックスクリームとあまり変わらず、 決定的な違いはEXクリームNの 撥水性の高さです。 撥水性の高さで様々なシチュエーションで効果を発揮 メタックスクリームの欠点として、 水に弱いというところがありました。 せっかくクリームを塗ったとしても、汗をかいてしまったらクリームが落ちてしまいます。 クリームが落ちてしまったら当然効果も落ちますので、 なるべく汗をかかないようなシチュエーションにしか使うことができませんでした。 しかし、このメタックスEXクリームNは撥水性が非常に高いので、 メタックスクリームの欠点であった水に弱いというところを見事に克服しました。 どれぐらいの撥水性かと言うと、 メタックスEXクリームNを塗って水泳してもクリームが落ちないぐらいです。 (凄まじい・・・) もはやメタックスクリームと縁がなかった水泳選手も、 EXクリームNなら使うことができます。 量が少ない メタックスEXクリームの方が全てにおいて勝ってるように見えますが、 一つだけ通常のメタックスクリームに負けているところが 量が少ないというところです。 通常のメタックスクリームは250gまでありますが、 メタックスEXクリームNは50gしかありません。 贅沢に使いたいのなら、メタックスクリームの方が良いでしょう。 メタックスEXクリームNの効果的な使い方 メタックスEXクリームNは競技中に使うのが 一番効果を発揮します。 競技中は汗を大量にかくので、撥水性の高いメタックスEXクリームNを使えばクリームが落ちることがないので、 長時間効果を持続させることができます。 また先ほども言いましたが、 水中に入ってもクリームが落ちないので、水泳選手など水中で競技する人もメタックスの効果を得ることができます。 逆に風呂あがりのマッサージなどで使う時は汗をあまりかいていないので、 通常のメタックスクリームで十分です。 このようにシチュエーション別で、 通常のメタックスクリームにするかEXクリームNにするかを決めれば効果的に使うことができます。 メタックスEXクリームを使う時の注意点 メタックスEXクリームNの長所として、撥水性の高さがあります。 撥水性が高いので数々の場面でメタックスの効果を得ることができるようになりました。 良い所ばかりのメタックスEXクリームNですが、 使用する際に 注意しなければならない点がいくつかありますのでシェアしていきたいと思います。 広範囲に使うのには向いてない まず最初の注意点は、 「広範囲に塗るのには向いていない」 という点です。 メタックスEXクリームNは粘度が非常にある為、 広範囲に塗ることは難しいです。 肩や腰など身体の一部に塗るときは非常に役立ちますが、 足や腕など広範囲に塗るときは圧倒的に通常のメタックスクリームの方が良いです。 メタックスEXクリームNは撥水性があるので、それだけ テープの粘着性も弱めます。 メタックスEXクリームNを先に塗ってしまうと、 弱めるというより、もはやテープが貼れなくなります笑。 テープと併用して塗る場合は、必ずテープを先にしっかりと貼りましょう。 メタックスEXクリームN以外のメタックスアイテムまとめ メタックスEXクリームN以外にも多くの、メタックスが使われているアイテムがあります。 最後にそれらを紹介していきたいと思います。 RAKUWAネックメタックスラウンド RAKUWAネックシリーズで唯一メタックス技術が採用されているファイテンネックレスです。 デザインも非常に良く、スポーツ時以外の時でも着けられるというところが、 このメタックスラウンドの魅力的なところです。 本格的にボディーケアに投資したい人はEXクリームN! 競技中にもメタックスの効果を得たいという方は、 今回紹介した メタックスEXクリームNを使わない手はありません。 基本的にマッサージのときにメタックスの効果を得たいという方は、 メタックスクリームやメタックスローションを使えば良いですが、 競技に集中して使いたいという方はこのアイテムしかありません。 勝負の世界で少しでも相手よりアドバンテージを得ることは非常に大切なことです。 メタックスEXクリームNを塗ることにより相手より有利になりますし、 そこで有利になることは決してズルをしているということにはなりません。 練習などで努力をすることは非常大切ですが、 練習以外の部分でも努力をすることで、 効率よく勝利を掴むことができます。 一生懸命競技に取り組んでいる方にオススメしたい、 メタックスEXクリームNの紹介でした。

次の

塗るボディケア

メン タックス クリーム 1

内容量 65g 成分 水、BG、スクワラン、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、グリセリン、イソヘキサデカン、パルミチン酸イソプロピル、コロイド性金、ポリソルベート80、ナイロン-12、オレンジ油、コロイド性パラジウム、エトキシジグリコール、マイカ、EDTA-2Na、グリチルリチン酸2K、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クエン酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、ブチルパラベン、クエン酸、エチルパラベン、合成金雲母 広告文責 ファイテン株式会社 0120-524-976 メーカー 製造 :ファイテン株式会社 区分:日本製・化粧品 技術 メタックス 備考• 入浴後、肩はもちろん全身に塗って数分後、上がらないはずの肩が痛みも違和感も無く自然と上がりました。 また、腰痛もしゃがみ作業後には痛みでなかなか立ち上がれなかったのですが、クリームを塗ったあとは、何の違和感もなく、スーッと自然に立ち上がれました。 今では、何をするのも憂鬱だったのが、今では、色んな事に挑戦したいと思うようになり、楽しい気持ちで一日が過ごせています。 効果には症状や個人差はあると思いますが、悩まれている方は試されてみる価値はあると思います。 そんな時、ゴルフショップでメタックステープに出会い、その効果は感じましたが、肌が弱いため長時間貼っていると少し痒くなることが稀にですがあるので、しっかりくっついたテープをぐストレスから、テープはどうしても早く楽になりたい時だけ使っています。 しかし、塗るタイプはとても使いやすくて、気になる度に何度も塗れるので、気分的にも良く感じられて、毎日使用しています。 筋肉のダルさや、凝りは、塗った瞬間から楽になる感じがあります。 筋の炎症には即効性は感じられないです。 でも、ケアしないより、早く良くなっている気はします。 色んな所に塗ってみた結果、足のむくみにとても効果的だと思いました。 首周りの滞りが老けにも繋がるので、美容にも良いですね!

次の

ブテナフィン:ボレー,メンタックス

メン タックス クリーム 1

<薬効分類名> 抗白癬菌剤 <有効成分> 1g中に日本薬局方ブテナフィン塩酸塩10mgを含有する。 <効能又は効果> 下記の皮膚真菌症の治療 1 白癬 足部白癬、股部白癬、体部白癬 2 癜風 <用法及び用量> 1日1回患部に塗布する。 38%)206件で、その主なものは局所の発赤・紅斑54件(0. 57%)、接触皮膚炎39件(0. 41%)、そう痒39件(0. 41%)、刺激感22件(0. 23%)等であった。 外用液剤では、安全性評価対象例1,922例中、副作用が認められたのは16例(0. 83%)23件で、その主なものは局所の発赤・紅斑7件(0. 36%)、そう痒6件(0. 31%)、刺激感4件(0. 21%)等であった。 (再審査結果時) <妊婦、産婦、授乳婦等への投与> 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 ] <小児等への投与> 1. 低出生体重児又は新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 乳児又は3歳以下の幼児では、刺激感、発赤等があらわれやすいので、このような症状があらわれた場合には使用を中止するなど適切な処置を行うこと。 適用上の注意 投与部位 1 眼科用として角膜、結膜に使用しないこと。 2 著しい糜爛面には使用しないこと。 (外用液・スプレー剤) 4 点鼻用として鼻腔内に使用しないこと。 (スプレー剤のみ) 5 顔面、頭部等、吸入する可能性のある患部には注意して使用すること。 (スプレー剤のみ) <製造販売元> 科研製薬株式会社.

次の