カルピス パッケージ。 【図解・経済】「カルピス」パッケージの変遷(2019年7月):時事ドットコム

「カルピス」ブランド発売100周年施策100周年スペシャルパッケージが6月11日より登場!!LINEを使って、大切な人と一緒に応募するキャンペーンも実施!!

カルピス パッケージ

7月7日は「七夕」、そして 「カルピスの誕生日」でもあります。 カルピスは1919年7月7日、日本初の乳酸菌飲料として発売されました。 しかし登場したばかりの頃のパッケージは、 水玉模様ではなかったようなんです。 【初代のデザインが渋すぎる】 カルピス公式サイトによれば、初代カルピスは 化粧箱に入ったスペシャル仕様だったよう。 瓶の色もラベルの色も黒く、水玉どころか、模様は1つも見当たらず。 赤字ででっかく「カルピス」と書かれたその姿はまるで、鹿児島あたりで売られている焼酎のよう……! あとユンケルにも、ちょびっと似てます。 【3年後に水玉模様になったけれど…今とはちょっと違う!】 水玉模様パッケージとなったのは誕生から3年後の 1922年。 しかし水玉は水玉でも、 「青地に白の水玉」だったよう。 色が変わるだけで、印象もがらりと変わるんですねぇ。 さらに時は流れてその10年後、今度は一般家庭への普及向けに製造コストを抑えた 「赤地に白の水玉」のパッケージを発売。 従来品と見分けをつけるべく、赤にしたようです。 【「白地に青の水玉」になるまで34年かかりました】 よく見慣れた「白地に青の水玉」パッケージとなったのは、 1953年のこと。 戦後のリニューアルを機に一新、発売開始から34年後にようやく、現在のスタイルへと定着したみたい。 ちなみにウェブサイト「カルピス水玉ヒストリー」によると、戦時中の1943年にはビタミンを添加した 「軍用ビタカルピス」なるものが作られていたようで、パッケージは 「白地にオレンジ色の水玉」でした。 さらに、2012年にはガラスの瓶から、プラスチックのボトルにリニューアルしています。 【カルピスの歴史を探りにタイムトラベルしよ!】 96年というカルピスの長~い歴史を一挙に振り返ることができる「カルピス水玉ヒストリー」は必見です。 サイトにあるタイムマシーンの絵をクリックするだけで、より詳細な歴史を知ることができるのでさっそくチェック。

次の

手に取りやすくなってリニューアル!体脂肪を減らすのに役立つ「カラダカルピス」430(機能性表示食品)2020年3月17日(火)発売!|ニュースリリース 2020年|会社情報|アサヒ飲料

カルピス パッケージ

適当な割合でカルピス原液と水を混ぜているが多いと思いますが、黄金比率があるなら是非とも試してみたいはず。 今回カルピスの割合で黄金比率はどれくらいなのか、水以外で割ると美味しいものも併せて紹介していきます。 人によって濃いのが好き、薄いのが好きなど好みはあると思いますが、万人受けするカルピスの黄金比率はパッケージに記載されていました! 画像のとおり カルピス製造会社が勧めるカルピスと水の割合は1:3~1:4だと分かります。 ただ個人的に 水とカルピスの割合が1:3はどう考えても濃すぎるので、黄金比率はカルピスと水=1:4といえるでしょう。 (黄金比率を具体的にいえば、カルピス原液50mlに対し水200mlとなります) 黄金比率でカルピスを作ってみよう! まずグラスを用意し、 グラス8分目くらいの高さが完成形になるよう決めておきます。 (最後に氷を入れることも踏まえ、溢れないよう8分目にするのがベスト!) 続いてカルピス黄金比率に従いカルピス原液1:水4をグラスに注ぎ、氷をそっと入れてかき混ぜます。 目分量が分かりにくい我が家は、メモリ付きのコップを使用して計り、カルピスを黄金比率で作っています。 黄金比率で作ったカルピスは製造元が勧めるだけあって、本当に美味しいのです。 今まで1:4の割合で作っていなかった人は、騙されたと思って是非試してみてくださいね! ちなみに 体が疲れているときは甘いものを欲するので、カルピスの黄金比率を1:3にして作っても美味しく頂けると思いますよ。 スポンサーリンク カルピスで割ると美味しいもの3選!【炭酸・水以外】 当然ですがカルピス原液は開封すると、未開封状態よりも賞味期限が短くなります。 関連記事: カルピス原液のパッケージには出来上がり量150mlとして5倍に薄めて15杯分と記されているので、賞味期限内に15杯カルピスを作る必要があります。 毎日カルピスを飲むなら消費できそうですが、同じ味は飽きちゃうって人もいると思うんですよね… そこで水以外で割ると美味しいものを3つ、紹介したいと思います。 甘酒と割ったら美味しかったのを思い出し、カルピスと割ってみると…これが美味しい! カルピスの甘みと爽やかさがトマトの酸味を和らげてくれて、トマトが苦手な子供にも試してみたいドリンクになりました。 カルピスのミルク感が強くなり、甘みがプラスされてミルクセーキのような飲み物に変身。 ちなみに私は冷え性なので夏でも常温ドリンクを好んで飲んでおり、カルピスもホットで飲むことがほとんどです。 カルピスを水ではなくお湯で割ると、甘みと温かさがじわーっと体に広がり疲れた気持ちを和らげてくれます。 お湯で割る時の割合も基本的にはカルピス:お湯=1:4がおすすめですが、カルピスをやや多めにすると癒し効果が強くなると思いますよ。 カルピス原液を100ml、牛乳200mlをジップロックに入れる• ジップロックの空気を抜いて3~4時間冷凍庫で凍らせる• 3~4時間後、2を取り出しよく揉みこんだらお皿に盛る カルピス:牛乳の割合は1:2で、お好きなフルーツを加えても美味しいです。 とても簡単に作れるので子供たちとのクッキングに最適で、わが家では冷凍庫から取り出したジップロックをモミモミするところを子供に手伝ってもらっています。 後で美味しいカルピスシャーベットが食べられるとあって、喜んでモミモミしてくれますよ。

次の

カルピス

カルピス パッケージ

アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、2017年より発売しご好評いただいている機能性表示食品「カラダカルピス」を、2020年3月17日(火)から全国でリニューアル発売します。 「カラダカルピス」430は、「カルピス」に由来する乳酸菌の研究により選び抜かれた独自の乳酸菌CP1563株由来の10-ヒドロキシオクタデカン酸 10-HOA を配合した、体脂肪を減らすのに役立つ乳性飲料です。 乳酸菌CP1563株由来の10-ヒドロキシオクタデカン酸 10-HOA には、継続飲用することで、肥満気味の方の体脂肪を減らす機能があることが実証されています。 中味は、軽く爽やかなシトラスの香りを加えることで、飲み口はしっかりとした味わいながら、さっぱりとした後味をお楽しみいただけます。 容量が変わっても1本あたりの機能性関与成分の含量は変わらないため、効果はこれまでと同様です。 パッケージは、斜めのストライプをあしらうことで、すっきりとした味わいを表現しつつ、店頭での存在感を向上させました。 また、本商品のヘルスクレームである「体脂肪を減らすのに役立つ」の文字をパネル内に記載し、シンプルな印象にすることで手に取りやすいと感じられるデザインにしました。 本商品は、2017年4月に「カルピス」ブランド初の機能性表示食品として発売し、「体脂肪対策ができる」「乳酸菌が摂れる」などの意見に加えて、「カルピス」の甘ずっぱいおいしさも高い評価をいただいています。 アサヒ飲料は、今後もお客様の健康ニーズの拡大をチャンスと捉え、「カルピス」に由来する乳酸菌の研究成果を活用し、健康に関わる社会課題への貢献を通じたスピーディな事業拡大を目指していきます。 【商品情報】 「カラダカルピス」430 PET430ml 機能性表示食品 商品名 「カラダカルピス」430 PET430ml 機能性表示食品 表示しようとする機能性 本品には独自の乳酸菌CP1563株由来の10-ヒドロキシオクタデカン酸(10-HOA)が含まれ、体脂肪を減らす機能があることが報告されており、肥満気味の方に適しています。 本品は、国の許可を受けたものではありません。 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。 「カラダカルピス」「カルピス」は、アサヒ飲料株式会社の登録商標です。

次の