みずほ ufj。 みずほ銀行の正体

三菱東京UFJとみずほ銀行の違いについて

みずほ ufj

「gettyimages」より 2020年は銀行預金者受難の年となりそうだ。 まず近いところでは、3月から みずほ銀行が振込手数料を改定すると発表している。 ATMで現金またはキャッシュカードを使って自行の同一店および本支店に振り込みを行う際の手数料が値上げになるのだ。 値上げ幅は110円。 それを聞くと、ずいぶん無茶な……という気がするが、さにあらず。 3大メガバンクのうち、ほかの2行を同一条件で比べてみると、実はこれまでみずほが安かったのだとわかる。 ATMで現金を使っての振込手数料は、3月の段階でやっと横並びになるだけなのだ。 しかし、見過ごせない値上げも実はある。 ATMでキャッシュカードを使って振り込む場合がそれだ。 みずほの同一店へ振り込む場合の手数料は、改定前は無料だったのが、いきなり220円もかかることになる。 同じ条件で見れば、 三菱UFJ銀行や三井住友銀行は、同一支店は無料、本支店へは110円だから、飛び抜けて高い。 さらに他行あての3万円未満の振り込みも330円と、これまたライバル行より高く設定した。 また、手数料の優遇などが目玉だった「みずほマイレージクラブ」の判定基準および特典内容も変更する。 これは、近々の2020年1月末の利用状況が対象になる(特典内容の変更は3月1日より)。 これを見ると、こちらでも振込手数料無料特典はみずほダイレクトの利用時のみで、ATM特典は終了に。 さらにびっくりしたのが、無料で利用できるコンビニATMの対象から、セブン銀行とローソン銀行が外れたことだ。 セブン銀行が無料で使えなくなるのなら、マイレージクラブのサービスに果たして魅力はあるのだろうか? 3月からは、無料で使えるコンビニATMはイーネットのみだそうだ(利用状況に応じて月1~3回まで無料)。 現在、セブン銀行で下ろしているという人は注意しよう。 口座管理手数料の衝撃 みずほ銀行の振込手数料の値上げ、そして無料で使えるコンビニATMの激減は、むろん口座保有者にとってはサービスの改悪だ。 こうした銀行をめぐるネガティブニュースに事欠かない昨今でも、かなりの驚きをもって報道されたのが、三菱UFJ銀行が検討しているという口座管理手数料の導入だろう。 口座管理手数料というと、すべての口座にかかると思いがちだが、本件の場合はそうではない。 2年間入出金などの動きがない「不稼働」のものに限り、年間1200円の手数料を差し引くという。 毎年手数料を引き続け、残高がゼロになった時点で自動解約になるという仕組みだ。 同様の口座維持手数料は、りそな銀行や地方の信用金庫などですでに採用されている。 2004年から導入済みのりそなの場合、最後の出し入れから2年以上、一度も預け入れまたは払い戻しがない普通預金口座が「未利用口座」となる。 ただし、残高が1万円以上、あるいは同一支店に普通預金以外の金融資産(定期預金、財形預金、投資信託、外貨預金、国債など)が1円以上ある場合などは対象外だ。 未利用口座の対象になると、まず文書で通知が届く。 その文書を出してから一定期間(約3カ月)以内に出し入れ、あるいは解約の手続きをしないでいると、未利用口座管理手数料1320円(税込み)の引き落としが開始されるという流れだ。

次の

みずほ、三菱UFJ、三井住友のメガバンク等 eKYCプラットフォームの提供で合意

みずほ ufj

この記事を読むとわかること• メガバンク3グループはどれも高配当かつ株価の指標上は割安という点で共通しているが、事業内容、海外比率で異なる• ただし、減損はビジネスに影響はないため、株価が調整されたら買い時になる可能性がある 2019年上期の業績比較 「3大メガバンク」と言われますが、実は規模でかなりの差があります。 項目 三菱UFJ 三井住友 みずほ 連結粗利益(億円) 19,733 13,832 10,307 経費(億円) 13,420 8,587 6,705 連結業務純益(億円) 6,313 5,546 3,488 経費率 68. 経費率は三井住友銀行が最も低く62. メガバンクの事業比較 メガバンクは銀行業以外にも信託銀行、証券、アセットマネジメントなどのビジネスも保有しています。 これが、リテール事業の売上と収益率に差を生んでいます。 リテール事業本部 リテールはいわゆる貸出や証券販売などの部署です。 店舗やATMに加え、多数の人を雇用しているために、固定費が重いビジネスになっています。 国内のリテール事業は、利ざやの縮小により、銀行のビジネスだけでは儲けられない状態となっています。 三菱UFJと三井住友の2グループとみずほで差がある大きな理由の一つは、三菱UFJ、三井住友は利益率の高いクレジットカード、消費者金融のビジネスを保有しているのに対して、みずほは保有していないからです。 三菱UFJ 三井住友 みずほ 決済ビジネス(クレジットカード) 1,575 2,099 0 消費者金融 1,475 1,540 0 合計 3,050 3,639 0 もう一つの理由は店舗やATMの合理化の進み方が、みずほは他2社に比べて遅れているためです。 一例を挙げれば、三菱UFJと三井住友は相互でATMを利用できるような取り組みを行なってATM数の削減を行う予定ですが、みずほはまだパートナーを見つけられていません。 みずほは他企業との提携により上位2グループに追いつこうとしていますが、リテール事業では幅広い金融事業をグループ内に子会社として取り込み、「ユニバーサルバンク」化ができている三菱UFJと三井住友の方が一歩先を行っています。 市場部門 市場部門はセールス・トレーディングなどを扱う部門です。 こちらも単純比較はできませんが参考までに。 市場部門の利益、特にセールス・トレーディングはその性質上、変動しやすいです。 2019年前半は市場が良い方向にいき、メガバンク3グループにとって好ましい結果になった、と言えます。 全ての事業を通じて、三井住友グループは利益率の高さが際立ちます。 三菱UFJ-バンクダナモンの減損 三菱UFJは2019年12月30日にインドネシアのバンクダナモンの減損で2,034億円の赤字を計上する予定です。 これにより、次の四半期での利益は大幅に減少すると見込まれています。 この2,000億円の減損により、三菱UFJの通期目標の9,000億円の純利益達成は厳しくなると予想されます(含み益のある株式を大量に売って、無理やり利益を計上する可能性もありますが) ただし、バンクダナモン自体のビジネスは公開されている範囲では順調に推移しているように見えますし、そもそも株価が5月に下落した時点でいつ減損発表があるか、の時期の問題だけでしたので、株価にはすでにこの情報は織り込まれていると予想されます。 減損はキャッシュフローには影響が出ないことは忘れないようにしましょう。 事業比較まとめ• 三井住友フィナンシャルグループはどの事業でおいても3グループの中で最も経費率が低く、魅力的な利益構造をもつ• 国内においては三菱UFJ、三井住友は利益率の高い決済ビジネス(クレジットカード)、消費者金融ビジネスを傘下に持つためにリテールの経費率がある程度抑えられているが、みずほはこれらのビジネスを持たないためリテールは赤字。 三菱UFJはバンクダナモンの減損2,000億円により、通期での純利益達成目標は難しくなる見込み 株主還元の施策 自社株買い 自社株買いは発行済の株式数を減らすため、一株あたりの利益 Return on Equity が増え、株主への利益となります。 ROE (Return on Equity - 一株あたり利益)は投資家が、対象となる企業が、資本をどの程度有効に利用しているかを見るときに注目する指標であり、3つのメガバンク共に中期目標を立てています。 三菱東京UFJは6年連続となる自社株買いを行う予定で、三井住友は2年連続となる自社株買いを行う予定の一方、みずほは自社株買いを行なっていません。 また、規模においては三井住友が1,000億円で発行済株式の2. 三菱UFJ 三井住友 みずほ 通期業績目標 億円 9,000 7,000 4,700 自己株式 億円) 500 1,000 0 自社株買いの発行済株式に占める割合 0. 一般的に、銀行のような成熟産業では配当性向が高くなります。 三菱UFJ 三井住友 みずほ 株価 円 593 4038 168 配当 円 25 180 7. 5 配当利回り 4. 特にみずほは過去の金融危機の際に減配して以来、配当水準を据え置いていますので、現在の配当利回りが高くとも、増配の可能性が低いということは意識しておく必要があります。 また、目指す配当の水準についても明言していません。 みずほフィナンシャルグループ ホームページより 一方、三菱UFJと三井住友は順調に配当を増加させていっています。 MUFG 「2019年度中間期決算投資家説明会」より SMBC 「2019年度上期決算 投資家説明会」より よって、高配当を目的に投資をするならば、三菱UFJまたは三井住友の方が望ましいと言えます。 株式評価指標での比較 メガバンク3行で共通していますが、PER、PBRで割安です。 三井住友FG 三菱UFJFG みずほFG 株価(円) 4,038 593 168 時価総額(億円) 55,449 81,077 42,736 予想PER 8. 0 倍 8. 9 倍 9. 1 倍 PBR 0. 51 倍 0. 46 倍 0. 48 倍 ROE 6. 三井住友は配当利回りが4. メガバンク3グループはどの株も高配当かつ株価の指標上は割安という点で共通しているが、事業内容、海外比率で大きく異なる• 「みずほ」は経費率の高さ、成長領域である海外比率の低さ、国内での成長領域であるクレジットカード・消費者金融ビジネスが傘下にないことから、他2グループと比べて、投資対象としての魅力度は低い• 「三井住友フィナンシャルグループ」は自社株買い、累進配当政策、と株主への利益還元に最も積極的であり、高配当株として魅力的• 「三菱UFJ」はインドネシアのバンクダナモンの減損で2,000億円の赤字を計上する予定。 ただし、減損はビジネスに影響はないため、株価が調整されたら買い時になる可能性 三井住友ファイナンシャルが気になる方は、こちらもどうぞ。 そのほかの日本株のビジネス・株式の分析は下記のボタンから飛べます。 また、この記事で何か学びや気づきがあったならば、下のボタンを押して投票していただけると嬉しいです!.

次の

(株)みずほフィナンシャルグループ【8411】:株式/株価

みずほ ufj

預金金利はほぼ同じ 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は、普通預金も定期預金も 預金金利の差がほどんとありません。 預金金利は景気によって変動しますが、基本的にメガバンクは横並びです。 記事執筆時点(2020年3月)では、3行の定期預金金利は、いずれも年0. 01%でした。 利息には期待できません。 定期預金の種類に違いあり メガバンクで定期預金を利用するメリットは、「メガバンクにお金を預けている」という 安心感と、定期預金の 種類の多さにあります。 3行が扱う定期預金の種類を、特徴ごとに比較してみました。 ただし、積立定期預金の積立ルールには違いがあります。 ほかにも、満期を柔軟に決められる定期預金や、退職金専用の定期預金など、独自のプランを扱っています。 メガバンクが共通して扱う定期プラン まずは、3行共通の定期預金について解説します。 金額問わずに利用できる「スーパー定期」と、1,000万円以上の「大口定期」は、メガバンクすべてで取り扱っています。 三菱UFJ銀行:スーパー定期• 三井住友銀行:スーパー定期、スーパー定期300• みずほ銀行:みずほスーパー定期 ベーシックな定期預金は、3行とも取り扱っています。 預入期間を決めてからお金を預け、満期になったら引き出せるようになる仕組みです。 金利や使い勝手の違いはほとんどありません。 3行とも、通常の定期預金には以下の特徴があります。 300万円以上の預け入れで金利を優遇• 預金期間3年以上だと、 半年複利が選べる 3行とも、300万円以上をスーパー定期に預け入れると、利率優遇を行うと明記しています。 景気が上向き、預金金利も上昇すれば、300万円以上の預け入れを検討してもよいかもしれません。 また、個人が預入期間3年以上でスーパー定期を利用する場合は、利息が増えやすい「 複利型」を選べます。 預金金利が低いうちは、単利型でも複利型でも利息の差はほとんどありません。 しかし、金利が上がったり、預入金額が増えたりすると、複利型のほうが利息が増えます。 単利型・複利型とは、満期になった時の利息の増え方の種類です。 定期預金の利息の増え方には、以下の違いがあります。 単利型 預入期間が2年未満:満期日に一括で利息支払い 預入期間が2年以上:年1回の中間利払いあり 複利型 半年複利で利息が増え、満期日に一括支払い たとえば、年率1%の5年定期に、300万円を預け入れるとします。 5年後には、合計15万円の利息を得られる計算です。 対して複利型だと、5年後の満期時に受け取る利息は、15万3,003円になります。 半年ごとに得られる利息を運用に回し続けるので、元金と利息の合計額が雪だるま式に増えます。 三菱UFJ銀行:大口定期• 三井住友銀行:大口定期• みずほ銀行:みずほ大口定期預金 3行とも扱っている「大口定期」は、 1,000万円以上の定期預金プランです。 スーパー定期より高金利な時もありますが、記事執筆時点(2020年3月)では同じ金利でした。 1,000万円以上の大口定期を利用する際は、 預金保険制度(ペイオフ)の保障外となる点に要注意です。 預金保険制度とは、銀行の破綻など万が一のことが起きても、 1,000万円の円預金とその利息を全額保証する保険です。 1,000万円以上の預金をすると、超えた分の預金は保障対象外となります。 メガバンクは破産する可能性が限りなく低いです。 大口定期も安心して利用できるとは思いますが、ペイオフ対象外という点は知っておくべきです。 預金保険制度は「1つの金融機関あたり」1,000万円の保障をするので、2行に分けて預金すれば合計2,000万円までの元金とその利息が守られます。 銀行の総合口座に預ける円預金は、大手銀行でもネット銀行でも、すべてペイオフ対象です。 金利の高いネット銀行にも分散して預けておくと、より利息を増やせます。 1,000万円以上の預金を全額守りたいなら、 決済用預金に預けるのも手です。 決済用預金とは、利息がいっさいつかないかわりに、預金額の全額が預金保険制度によって守られる預金です。 預金金利が低い今日では、決済用預金での代用もありだと思います。 三菱UFJ銀行:自動つみたて定期• 三井住友銀行:特典付積立《りぼん》• みずほ銀行:みずほ積立定期預金 積立定期預金とは、 定期的に決まった金額を、普通預金から定期預金に自動振替するサービスです。 メガバンク3行は、毎月の積み立てが可能です。 給料日の翌日などに振替日を設定すれば、給料を使い込む前に先取り貯金できます。 貯金が苦手な人でも、確実に貯蓄にお金を回せます。 スーパー定期や大口定期と違い、積立定期預金はメガバンク各社でルールが異なります。 特に三菱UFJ銀行とみずほ銀行は、貯金ルールを柔軟に選べるメリットがあります。 少額から貯金し始めたい人も安心です。 三菱UFJ銀行:振替サイクルが柔軟 三菱UFJ銀行の「自動つみたて定期預金」は、振替サイクルを「毎月」だけでなく「3ヶ月」「年1~2回」など柔軟に選べます。 基本の積立額は1万円からですが、以下2点の条件を満たすと、1,000円から積み立てられます。 インターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」から申し込み• 「Eco通知(インターネット通知)」に申し込み 三菱UFJダイレクトとは、残高照会や振込といった銀行取引をWebから行えるようになるサービスです。 自動つみたて定期預金も、スマホから三菱UFJダイレクトのマイページにアクセスすれば簡単に申し込めます。 本来、定期預金の満期のお知らせなどは郵送で届きます。 この通知をペーパレス化できます。 通知履歴は三菱UFJダイレクトのトップ画面に表示され、後日確認もできます。 三井住友銀行:特典あり 三井住友銀行の積立定期預金「特典付積立《りぼん》」で、月1万円以上の積み立てを12ヶ月以上続けると、以下いずれかの特典を利用できます。 リフォームローン金利を年0. 1%引き下げ• 無担保型証貸ローン(フリーローンやマイカーローンなど)の繰上返済手数料が無料 積み立て自体は、1,000円から可能です。 上記ローンの利用予定がなければ、少額からの積み立てでもよいと思います。 インターネットバンキング「SMBCダイレクト」から、いつでも積み立てを開始できます。 積立方法は、積み立て終了日を決めずに貯金し続ける「一般型」と、目標日に自動解約となる「目標日指定型」を選べます。 みずほ銀行:独自の積立ルール みずほ銀行の積立定期預金は、3種類の積立方式を選べます。 定額積立方式 毎月一定額を積み立てる、スタンダードな積み立て方。 1,000円から積み立て可能。 随時積立方式 自動振替ではなく、自分で都度金額を指定して積み立てる。 1円単位で積み立て可能。 スイング積立方式 指定日に「最低指定残高(はじめに設定)」を超えた金額のみ積み立てる。 1万円以上から積み立て可能。 「スイング積立方式」は、みずほ銀行ならではの積み立てルールです。 「お金が一定以上ある月のみ積み立てる」という積み立て方です。 たとえば、毎月1日・残高最低金額50万円と指定したとします。 1日の時点で残高が55万円あった月は、超過分5万円を普通預金から定期預金に振り替えます。 残高40万円の月は、積立をしません。 スイング積立方式を利用できる銀行は少数派です。 余ったお金を貯金していきたい人におすすめです。 三菱UFJ銀行の「スーパー貯蓄」というサービスで、スイング方式と似ているサービスは扱っていますが、こちらは手数料がかかります(後述)。 柔軟に引き出せる預金プランもある 三菱UFJ銀行とみずほ銀行には、満期を決めずに申し込み、柔軟に出金できる預金サービスもあります。 三菱UFJ銀行は「 スーパー貯蓄」、みずほ銀行は「 みずほ期日指定定期預金」というプランです。 個人的には、 みずほ期日指定定期預金の方がわかりやすく、手数料もかからないのでおすすめです。 例:クレジットカードの引き落としのために普通預金の残高が必要なので、スーパー貯蓄から普通預金へ振り替えるなど。 みずほ積立定期預金で利用できる、スイング積み立て(普通預金の超過分だけ積み立てる)も利用できます。 ただし、 1回につき110円(税込)の手数料がかかるため、あまりおすすめできません。 みずほ銀行のみずほ期日指定定期預金は、1年以上経てばいつでも引き出せます。 シンプルで使いやすいと思います。 「しばらくは使わないお金だけど、5年や10年など長期間預けるのは不安」という人の貯金に最適です。 三井住友銀行の退職金定期はおすすめできない 三井住友銀行は、「SMBC退職金運用プラン」という退職金専用の定期預金も扱っています。 500万円以上の退職金を、通常の定期預金より高金利で預けられるプランです。 ただし、預け入れ期間は3ヶ月だけなので、実質金利は低めです。 例:年率0. 8%の定期預金に預けても、3ヶ月だと実質0. 2%分の利息しかつかない。 満期後も預け続けられますが、退職金を長期的に運用したい人はほかの資産運用も検討することをおすすめします。 参考記事: 独自色の強い預金もあるが… ほかにも、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は独自の預金サービスを扱っています。 三菱UFJ銀行の「 ボランティア普通預金」は、寄付に興味がある人は利用してもよいと思います。 三井住友銀行とみずほ銀行の独自の定期預金は、個人的にはメリットが薄く感じます。 三菱UFJ銀行「ボランティア普通預金」 寄付先一覧から選んだ団体に、利息の50%を寄付する定期預金。 寄付先は、ユネスコやUNHCR(国連難民高等弁務官事務)など。 三井住友銀行「資産づくりセット」 投資信託やファンドラップと、定期預金がセットになったサービス。 金利優遇あり。 みずほ銀行「みずほ変動金利定期預金」 半年ごとに金利を見直す定期預金(通常の定期預金は、預入時に金利が決まる「固定金利」)。 三井住友銀行の「 資産づくりセット」は、投資商品と定期預金のセット販売プランです。 円定期預金金利が年1~2%に引き上がるため、魅力的に見えるかもしれません。 しかし、資産づくりセットで利用できる定期預金は、3ヶ月定期のみです。 実質利率は、年0. 25~0. 5%ほどです。 また、選べる投資商品のなかには、手数料が高い商品もあります。 特にファンドラップは手数料がかなり高く、おすすめできません。 「 みずほ変動金利定期預金」は、6ヶ月ごとに適用金利が見直される珍しい定期預金です。 申込後に好景気になると、金利が上昇するかもしれません。 ただし、みずほ変動金利定期預金を利用するには、店舗またはATMに足を運ぶ必要があります。 貯金スタイルに合うかで選ぶべし メガバンクの定期預金のなかで、 自分がやりたい貯金ルールに合いそうなプランがあれば、利用してみてもよいと思います。 しかし冒頭でも触れた通り、メガバンクの預金金利は最低水準です。 利息を増やし、効率的に貯金したい人には向いていません。 近年は、メインバンクの大手銀行とは別に、貯蓄用に ネット銀行を利用する人が増えています。 給与振込口座と別に貯金用口座を作ると、貯蓄を切り崩しにくくなるメリットもあります。

次の