スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない。 これで安心!スカイマークの搭乗手続き方法まとめ

【茨城発 選べるスカイマーク便×新千歳空港×ホテル/旅館組み合わせ自由】 北海道フリープラン3日間(KB2120B)|阪急交通社

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

都心からアクセス抜群な羽田発着!• 「いま得」「たす得」なら航空券が安い!• 座席指定と受託手荷物が無料!• 追加料金でフォワードシートが利用できる!• 座席下には充電用のコンセントが設置!• 期間限定で深夜早朝便を運航! 上で挙げた6つのポイントに関して、1つ1つ解説していきます。 都心からアクセス抜群な羽田発着! 航空券代を安く抑えられることで人気のあるLCCですが、基本的には都心から距離のある成田空港を拠点としているため、都内在住の方がLCCを利用しよと思うと移動時間や交通費などが多くかかってしまいます。 「いま得」「たす得」なら航空券が安い スカイマークの航空券を購入する際に活用してほしいのが、「 いま得」「 たす得」という割引運賃です。 いま得・たす得は 便ごとの空席予測数に応じて運賃額が変動するしくみをとっており、予約時に空席が多ければ航空券が安く購入できるというわけではなく、 現時点での便の最終的な混み具合の予測値で運賃が変わっていきます。 搭乗日が近いと運賃が高くなるというわけでもないため、状況によっては搭乗日の3日前でも航空券を安く購入することが可能! いま得は搭乗日3日前まで予約可能で、 たす得は搭乗日前日まで予約可能となっています。 「いま得」「たす得」については、以下の記事を参考にしてください。 座席指定と受託手荷物が無料 スカイマークでは 座席指定・受託手荷物が無料となっているため、座席指定や受託手荷物が有料オプションとなっているLCCと違い、手荷物のことで神経質にならなくて済みそうですね(笑) 座席指定は、スカイマーク公式HPまたは搭乗日当日に空港カウンターにて行えます。 搭乗日の3日前以降は、航空券購入後でないと座席指定ができないため、クレジット決済にしておくと航空券購入後に座席指定ができ便利です。 スキー板などの長尺物は280cmまで預けることができます。 ただし、無料範囲内をオーバーした場合は 重量超過10㎏ごとに1,000円の超過手荷物料金が必要となるので注意しましょう! 特にスキー板などの長尺物を預ける際には、その他の受託手荷物との合計重量が無料範囲内を超えないように気をつけてください。 3辺の合計が115cm以内 重量 10㎏以内 個数 1個 機内持込手荷物は、合計10㎏以内で身の回り品(カメラ・ハンドバックなど)に加え、上記の手荷物が持込可能です。 ペットボトルの機内持ち込みは、X線検査と液体チェックを受ければ機内への持ち込みが可能。 機内にお土産で購入した未開封のペットボトル7本を持ち込んだことがありますが、X線検査と検査官による未開封かの確認で保安検査場を通れました。 その代わり、最前列席を対象とした通常座席より19cm~38cm足元の広い「 フォワードシート」という座席が用意されており、 全ての運賃に+1,000円で利用できます。 座席が広いというだけではなく、フォワードシートには以下の3つのサービスも付いてきます!• 搭乗口での優先搭乗!• ソフトドリンク1杯無料サービス!• 受託手荷物の優先返却! これらはフォワードシート利用料1,000円の中に含まれているため、全て追加料金なしで利用できちゃうんです。 「広い座席に座りたい!」「受託手荷物を優先的に返却してほしい!」という方には良いサービスだと思うので、ぜひ利用してみてください。 フォワードシートの利用手続きは、搭乗日当日に各空港のスカイマークカウンターにて行えますが、人気座席なので早めの座席確保をおすすめします。 座席下には電子機器充電用のコンセント 一部の機材を除き、各座席下には電子機器が充電できるコンセントが設置されています。 国内線とはいえ1~2時間は飛行機に乗ることになるので、コンセントが設置されているのは利用者からすると嬉しいですね。 期間限定で運航される深夜早朝便 夏休みやゴールデンウィークに期間限定で運航される 深夜早朝便もスカイマークの魅力の1つです。 他の航空会社でも長期休暇になると深夜早朝便は運航されていますが、スカイマークは運航路線も多く運航期間も長いという特徴があります。 大手航空会社 FSC とスカイマークの違い 大手航空会社と比べてしまうと、やはりサービス面では劣ってしまいます。 しかし、大手航空会社で行っているサービスをしないからこそ、リーズナブルな運賃で航空券の提供ができるのです。 サービス面では劣ってしまうと言いましたが、 CAやグランドスタッフの接客態度が悪いだとか、お客さんに対しての対応が悪いということではありません。 僕自身20回ほどスカイマークを利用していますが、今まで1度も酷い対応を受けたことはありません。 大手航空会社との大きな違いは以下の3つ。 発着空港• 座席指定&受託手荷物の料金• 1日の便数 LCCは都心から離れた成田空港を拠点とし、座席指定・受託手荷物を有料オプションとすることで航空券を安く提供していますが、スカイマークは羽田空港を拠点とし、座席指定・受託手荷物も無料となっています。 自分のスケジュールに合わせてフライト時間が選べるため、旅行の計画も立てやすいのではないでしょうか。 スカイマークの評判・口コミまとめ ここまでスカイマークの魅力などについて書いてきましたが、実際に利用した人たちの評判・口コミにはどのような意見があるのでしょうか。 (囚人護送機か!) 極め付きは、離席が開いておりジャケットを置いたら、無言で膝の上に放り投げられた(怒)これでスカイマークは二度と利用しないと決めたわ。 引用元: 【時間ギリギリで間に合わなかった】 急用が出来て時間ギリギリに搭乗手続きをしたら、「もう締め切りました。 」と言われカウンターに案内された。 カウンターではキャンセル料の計算をして、他の便に正規料金なら乗れると言ってきた。 お金の話しかしない塩対応な女性2人だった。 遅れた私も悪いけどもう二度と利用したくない。 引用元: 【スカイマークだけは本当に乗らない方がいいです。 】 行きも帰りも機材不備の為欠航でした。 行きの時は夜中に電話で欠航の知らせがきましたが、帰路の便は連絡すらなかったです。 安かったからスカイマークにしてみましたけど、本当に2度とここの航空会社は利用したくないです。 引用元: 【キャンセル料ぼったくり価格】 いま得、たす得のキャンセル料が、異常に高いです。 たす得は返って、値上げしたような感じです。 もう、うんざりです!2度と利用しません。 引用元: 【お得意様への過度の対応、最低でした。 】 最前列非常口に座っている方がお得意様なのかその方からの対応ばかりされて挙句、私達は耳元でしか話していないのにCAからもう少しお静かにと言われました。 東京からの旅行帰り、夕方で結構小声で注意されびっくりしました。 多分そのお得意様からのクレームだと思います。 数列後ろの外国人の方がよっぽど大声なのに言葉ができないのか注意せず。 もう二度と乗りません。 引用元: 悪い評判・口コミには以下の3つが多いように感じました。 CAやグランドスタッフの接客態度が悪い!• 航空券のキャンセル料が高い!• 遅延や欠航が多い! 僕自身、スカイマークを利用したことがあるのはたった10回程度なので、「接客態度の悪いCAやグランドスタッフなんて絶対にいない!」「遅延や欠航が多いなんて嘘!」とは言えません。 いままで利用してきた中での話になってしまいますが、1度も酷い接客や対応を受けたり、大幅な遅延や欠航に遭遇したことはありません。 キャンセル料の高さに関しては、航空券購入前にきちんと確認しておくべきだと思います。 大手航空会社であれば少し大目に見てもらえる点もあるかもしれませんが、基本的にはどの航空会社もルール違反には厳しいです。 悪い評判や口コミなどの多くは自分の確認不足から起きたものも多く、「搭乗手続きに遅れて搭乗できなかった」「受託手荷物で追加料金を取られた」「キャンセル料が高くて損をした」とならないためにもしっかりとルールを確認しておき、事前にトラブルを防ぐことが大切です。 スカイマークの良い評判・口コミ 【スカイマークにして良かった】 7月1日~4日、年老いた母を連れ、沖縄~福岡便を利用しました。 格安と言う事もありネット予約したので、足の悪い母を連れ、座席の予約も空いている所(真ん中あたり)を予約し、最悪おぶって行こうかと覚悟していましたが、搭乗手続きをする為、カウンターに行き、車いすの手配をするとこちらから何も言わないのに足が悪いようでしたら、座席の変更と、搭乗の際リフト車の手配をしてもらい非常に助かりました。 正直、格安航空なのでそこまでしてもらえるのかと非常に感激しました。 今後もスカイマークを利用しようと思っています。 引用元: 【なぜ低評価している人がいるのか?】 どうしてこんなにも、自業自得でのトラブルをあたかもスカイマークの対応が原因かのように書き低評価している人が多いのでしょうか?サービスを求めるなら大手2社にするべきです。 格安で移動をするには、利用する側にはそれなりのリスクが発生しますよね?例えばいま得はキャンセル料金が高いことなど購入する際しっかり説明文読んでおけばわかること。 それを間違えて購入してすぐにキャンセルしたのに高額のキャンセル料金が発生したもっと配慮があってもいい、また数ヶ月先のチケットなのにキャンセル料金が高額など、これはクレーマーですよ。 私も二度ほど泣く泣くキャンセルしたことはありますが、購入する際にわかっていたことなので、スカイマークに対してどうこうという思いはなかったです。 自己責任ですからね。 いつも快適に利用させていただいています。 これからもよろしくお願いします。 引用元: 【コスパ最高でしょ】 子供が生まれてから 毎年沖縄に行ってますが 3年ほど前からスカイマークオンリーです。 lcc大好きなので ANAで行ったのは二回だけです。 エアアジア、ジェットスターと比べて荷物の預け入れ座席指定などの料金がかからないですし、サービスなどもフルサービスキャリアと比べてさほど気にならないですね。 浮いたお金で アクティビティにお金をかけたりできますし僕のような 低所得世帯には 有り難いです。 ANA JALで 一回旅行に行くなら lccで二回いけますので大変有難いです。 引用元: 【良いと思う】 難しく語るつもりも無いのですが、異常なまでのサービスを要求する客が多すぎる!年に6~8回程利用したが全く問題無く 寧ろこの料金でよくやっていける物だと関心させられる。 料金の安い物に飛びついて否定や中傷を語るのはおかしい。 スカイマークに関しては、良心的な料金でとても良い航空会社だと思います。 引用元: 【日本一のエアラインになる予感…!】 この前倒産後初めてスカイマークを利用しました。 倒産前とは打って変わってCAさんの態度やサービスも良く、綺麗で明るいインテリアには満足しかありませんでした。 定時性も大幅に改善されたらしく、日本のエアラインで定時性1位になったと空港の掲示にありました。 まさかここまで勢いづいてくるとは予想もしておらず、驚きでした。 未だにスカイマークをLCCと認識している人もいますが、それは違います。 荷物も無料ですし、欠航の場合の保証もあります。 ドリンクサービスが無いことくらいしか大手エアラインと変わりません。 一部路線ではコーヒーの無料サービスがあります。 コンセントも装備されているのでスマホの電池切れも不安になりませんでした。 このクオリティで大手とは比べ物にならない安さを展開しているのは本当にありがたいです。 ぜひオススメしたい航空会社です! 引用元: さまざまな意見がありましたが、特に多かったのが以下の3つ。 航空券がリーズナブル!• 座席指定と受託手荷物が無料で嬉しい!• CAやグランドスタッフがとても親切! リーズナブルな運賃でありながらも、座席指定・受託手荷物が無料なので嬉しいという意見が多かったように思います。 「CAやグランドスタッフがとても親切!」という意見も多かったのですが、先ほど紹介したように「CAやグランドスタッフの接客態度が悪い!」という意見も多いため、これに関しては実際に自分で利用してみて感じてもらうのがいいかなと思います。 ただ、もう1度言いますが僕自身は今まで利用してきた中で気分が悪くなるような対応を受けたことはありません。 良い悪い両方の評判・口コミを見て改めて感じたのは、完璧なサービスを求めるのであれば大手航空会社を選び、LCCより航空券は少し高くてもいいから良い条件の航空会社を選びたい方はスカイマークを利用してみるのがいいかと! まとめ• 都心からアクセス抜群な羽田発着!• 「いま得」「たす得」なら航空券が安い!• 座席指定と受託手荷物が無料!• 追加料金でフォワードシートが利用できる!• 座席下には充電用のコンセントが設置!• 期間限定で深夜早朝便を運航! スカイマークのおすすめポイントを上にまとめました。 大手航空会社と比べてしまうとサービス面や運航路線数などで負けてしまいますが、「シンプルで温かく誠実なサービスと快適な空間を身近な価格で提供」というスカイマークの想いは、MCC(ミドル・コスト・キャリア)として実現できているのではないかなと感じます。 また、2017年度・2018年度の定時運航率が特定本邦航空運送事業者12社中1位に輝いており、欠航率も2年連続で12社中もっとも低い数値を出してナンバーワンに輝いているんです。

次の

美織のくらし: 2012年6月

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

LCCについておさらい 2. 乗り遅れそうなときにまず確認すべきこと 3. チェックインに間に合わなかった場合の対処法 4. 上記全て該当せず、絶望的な時は 5. 乗り遅れ早見表(例:ジェットスター、ピーチ、バニラエア、春秋航空) このような目次で進めていきます。 今まさに乗り遅れんとしている方は、 「5. 乗り遅れ早見表(ジェットスター、ピーチ、バニラエア、春秋航空)」から確認することをおすすめします。 LCCについてのおさらい あらためてLCCとは、Low Cost Careerの略で、その名の通り格安の運賃で搭乗できる航空会社のことです。 その格安の運賃をどうやって実現しているかというと、従来あるサービスを簡素化したり一部有料化したりすることにより、人件費や運行コストを削減し、その分運賃に還元しているという仕組みです。 ちなみに現状国内線の運航をしているLCCは、その定義にもよりますが、ジェットスタージャパン、ピーチ、バニラエア、春秋航空の4社を指すのが一般的のようです。 乗り遅れそうなときにまず確認すべきこと それでは乗り遅れの内容に入ります。 チェックイン時間を調べる まず、乗り遅れそうだと気付いた時には、予約便のチェックイン時間を調べましょう。 この時間に間に合いそうであれば安心です(詳しい時間は後述)。 遅延情報を調べる もし空港でのチェックインに間に合いそうにない場合。 そんな時は予約している航空会社の 遅延情報を確認しましょう。 LCCは、こちらの事情での乗り遅れ(渋滞につかまった、寝坊など)については補償をしてくれる可能性が少ないのですが、航空会社の事情でフライトが遅れたりする場合は、無償で次の便に予約を変えてもらったり、払い戻しをすることができます。 飛行機の遅延はそもそも可能性としては低いかもしれませんが、LCCはその性質上、一般的な航空会社と比較して遅延の起こる可能性が高いイメージがあります。 諦めてしまうより、ダメ元で確認してみる価値はあります。 下記の「乗り遅れ早見表」に主要4社の運航状況を確認できるURLを載せましたので、よろしければご参考ください。 ウェブチェックインは? 空港でのチェックインに間に合わず、遅延情報もない、ということがわかった場合。 ウェブチェックインを先にすれば良いのでは? と思う方も多いと思いますが、実はその状況でウェブチェックインをしてもあまり意味がないということを知っておきましょう。 なぜなら、ウェブチェックインは基本的に下記の条件が揃った時に効果を発揮する機能だからです。 そしてその手続きもチェックイン時間と同じ時間に終了してしまいます。 そのため、もしウェブチェックインをしていても手荷物の手続きの時間(=空港でのチェックイン時間)に間に合わなければ預けることができません。 つまり、いくらスマホでウェブチェックインしたとしても印刷環境がなければ無意味だということです。 空港でのチェックインに間に合わないための救済措置としてのウェブチェックインではなく、あくまでも航空会社の手続きの簡素化のための機能だということを覚えておきましょう(もちろん手荷物がない人にとっては嬉しい機能ですね)。 さらに今回まとめた4社の中では、そもそもジェットスター、バニラエア以外にはウェブチェックインの機能がありません。 チェックインに間に合わなかった場合の対処法 遅延情報もなく、カウンターでのチェックインも間に合いそうにない場合、残念ながら予定の便に搭乗することはほぼ諦めた方がいいかもしれません。 そうなれば次は、次の便に振替ができるかどうかや、キャンセルをして払い戻しができるかどうかを検討した方が良さそうです。 航空会社によって変更や払い戻しの締め切りは違いますので、下記の早見表をご覧ください。 ただし後述するように、 カウンターに行けば振替をしてくれることもあるため、ここは自分の判断を信じるしかありません。 次ページ: 4. 上記全て該当せず、絶望的な時は 上記が全てあてはまらず、もうどうしようもない、という場合。 そのまま諦めて家に帰ってしまう前に、ダメ元で空港カウンターまで相談に行きましょう。 なぜなら各航空会社の空港カウンターでは、その時の航空便の状況などによって救済措置を取ってくれることもあるからです(航空会社によってその対応は変わります)。 その基準は公開されておらず私たちの知るところではありませんが、「チェックイン時間には間に合わなかったが、出発時間の直前に空港に到着し、相談したら手数料を払って次の便に振り替えてもらった」という例もあるようです。 公共交通機関の遅延による乗り遅れは払い戻しの対象となることもあるようなので、遅延証明書はもらっておきましょう。 この選択肢は不確定要素が多いため状況次第としかいいようがないのですが、せっかく空港の近くまで来たにも関わらず、諦めて家にUターンするよりは一度相談してみる価値はあると思います。 以上、LCC便に乗り遅れそうな時の確認事項と対策法を書きましたが、やはり何といっても余裕のある行動が一番です。 ちなみに、飛行機に乗る旅をする上で個人的におすすめしたいことは、荷物を少なめにすることです。 これはLCCでなくてもそうですが、飛行機に乗るときに手荷物を預けるか預けないかで、時間の使い方がだいぶ変わってくると思います。 特にLCCの場合、上述したように事前にウェブチェックインをして航空券を持ってさえいれば直接保安検査場に行けますし、何より荷物検査で長蛇の列に並ぶ必要がありません。 今は機内持ち込み可能なキャリーケースも数多くの種類が売っていますので、できればその範囲に収まる荷物にしたいですね。 31現在 まずチェックイン時間はフライトの何分前までなのか、そして遅延がないかを確認しましょう。 預ける手荷物を持っていたり、印刷環境のないところでウェブチェックインをしても意味がありません(詳しくは上述)。 それでは各航空会社について詳しく後述します。 エコノミークラスのStarter Max運賃、ビジネスクラスのBusiness運賃またはBusiness Max運賃のフライトの予約は出発当日であればいつでも可能。

次の

【茨城発 選べるスカイマーク便×新千歳空港×ホテル/旅館組み合わせ自由】 北海道フリープラン3日間(KB2120B)|阪急交通社

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

現実的に書きますが。。。 間に合うことは間に合いますよ。 「普通に」という定義が難しいのですが、「慣れている人」なら普通に間に合う時間ですね。 スカイマークの場合、JALやANAのように事前にチェックインを済ませて直接保安検査場に向かうということが出来ません。 必ず、チェックインカウンターでチェックインすることが必要です。 そしてその際には、「航空引換証」もしくは決済したクレジットカードなどを提示して、搭乗券を受け取る必要があります。 そして、そのチェックインの締め切りは、出発時刻の20分前です。 第一ターミナル駅ということは、モノレールですから、駅に到着して15分以内にチェックインカウンターに到着してチェックインを済ませることが必要です。 単にチェックインカウンターに到着すればOKではありませんから、殆ど余裕はありません。 特にスカイマークのチェックインカウンターは、第一ターミナル駅から一番遠いところにありますから、どんなに急いでも5分はかかるでしょう。 また、チェックインできたとしても、スカイマークの推奨する15分前に搭乗ゲートに到着することは不可能です。 何故ならスカイマークの搭乗口は一番遠いところにあるか、バスでの移動になります。 バスに乗らなくても、一番遠い搭乗ゲートまでは保安検査場を通過してから最低でも5分、チェックインを済ませてからだと10分近くはかかります。 結構急ぎ足で移動しないと厳しいと思いますよ。 ^^; スカイマークの場合は、航空引換証か決済したクレジットカードなどを チェックインカウンターで提示して搭乗券を受け取らなければなりません。 羽田空港の場合チェックインの締切が20分前までです。 (参考) ですので、モノレールが空港ビルに到着して、第一ターミナルの 出発ロビーに移動し、チェックインを済ませるまでの余裕は 15分間しかありません。 さらにギリギリにチェックインできたとして、 出発まであと20分しかないわけですから 駆け足で保安検査場を通過してゲートに向かわなければなりません。

次の