アンゴラ チンチラ。 チンチラの値段とベッタリなつく飼い方!寿命や泣き声、餌、色と種類

ネズミの仲間!チンチラ、値段は?毛色ごとの価格相場や購入の注意点まとめ

アンゴラ チンチラ

上質な毛並みで、触り心地満点のチンチラの被毛。 チンチラの魅力で一番にあげられるのがココ! 綺麗だった毛並みが、見るも無残な姿になってしまうトラブルとは一体何? 今回の記事は、そんな魅力的な被毛におこる、トラブルのお話しです。 被毛かじりの原因は不明 手や足、胴体などの被毛を自分でかみ切るくせを持ったチンチラがいて、このくせを「 被毛かじり」と呼んでいます。 口が届く範囲を全部かじってしまい、ひどいときには、頭や首、しっぽ以外は丸坊主になってしまうケースもあります。 被毛をかみ切ると言っても、毛根まで抜いてしまうわけではないので、毛は再び生えてきます。 しかし、生えてきても、再び被毛かじりを繰り返すことが多いようです。 なぜ被毛かじりをするかは、 実は原因がわかっていません。 いろいろな説があり、食生活やストレスが原因とされることもあれば、遺伝的なものだとされることもあります。 被毛かじりは突然始まり、いったん、このくせが起こると、 何度も繰り返すパターンが多いようです。 生活をするのに影響はない 被毛かじりをすることでの悪影響は、見た目が悪いこと以外、たいしてありません。 被毛がまばらでも、丸坊主でも、チンチラの生活には差し障りはないのです。 被毛を口の中に入れることで、「胃腸に毛が詰まるのでは?」と思われがちですが、それに関しても、 たいして影響はないようです。 被毛かじりの原因がわからないので、対処法もないというのが現状です。 ケージ自体を替えたり、ケージの位置を変えたり、ケージ内のレイアウトを変えたりと、環境を変えてみても、 たいした効果はないようです。 チンチラが生活するのに影響がそれほどないなら、飼い主さんとしては、 温かく見守るしかありません。 これまでと変わらず、愛情を持って、チンチラをかわいがってあげましょう。 オスは毛輪になることも オスに起こる症状で、被毛がペニスの先に巻き付くことがあります。 これを「 毛輪」と呼んでいます。 交尾を頻繁にするなどが原因で、毛がからみつくので、ペニスが腫れてしまいます。 オスがペニスを盛んになめているときは毛輪のこともあるので、観察してみましょう。 処置としては、ワセリンなどの塗り薬を塗って、ピンセットなどでペニスにからんだ毛を取り除くことです。 ただ、とても小さく、デリケートな部分なので、 できれば動物病院で獣医さんにお願いしたほうが無難でしょう。 毛玉が詰まることも 毛玉が腸で詰まってしまうことを「 毛球症」と呼びますが、ウサギに多い病気で、チンチラがかかることはあまりありません。 ただし、チンチラの場合は、 毛玉が詰まることで腸閉塞になることはときどきあります。 この場合は、胃腸の働きをよくする注射を打ったり、薬で治療したりします。

次の

フェレット等の小動物専門店マリン

アンゴラ チンチラ

スポンサーリンク チンチラのブラック系の種類 ・ブラックエボニー 出典:スプラッシュ 全身が真っ黒な種類です。 黒光りして見えます。 個体により、耳や胸元の色は明るめの黒の場合もあります。 真っ黒な程、値段は高くなります。 チャコールと呼ばれることもあります。 販売価格は50000〜70000円です。 ・ブラックベルベット 出典:ペットショップdingo(ディンゴ) 全身が黒ですが、胸元からお腹の毛は白です。 白い毛が混ざるのでブラックエボニー程黒くありません。 耳は暗いグレーに近い色、尻尾には白い毛が混ざります。 スタンダードグレーの色を濃くしたような印象です。 販売価格は40000〜55000円です。 チンチラのブラウン・ベージュ系の種類 ・シナモン 出典: 全身が薄茶色の種類です。 グレーやブラックと比べかなり明るい印象になります。 目はブドウのような濃い赤です。 販売価格は25000〜40000円です。 ・ベージュ 出典:ジャパスト 体の色はシナモンと同じですが、黒目の種類です。 目の色だけでシナモンとだいぶ違う印象になります。 シャンパンとも呼ばれます。 販売店によってはシナモンとベージュを区別しない場合もあります。 販売価格は30000〜50000円です。 ・ブラウンベルベット 出典: 体が艶のあるベージュがかった茶色、胸元からお腹は白です。 販売価格は45000円〜60000円です。 ・ブラウン 出典: ブラウンベルベットよりも濃い茶色です。 色の濃さにより、ライトパステル、ダークパステル、タンと分けて呼ぶこともあります。 販売価格は50000〜65000円です。 チンチラのブルー系の種類 ・バイオレット 出典:ジャパスト 青紫色の高級感のある毛色です。 耳は黒っぽい場合もあります。 お腹は白です。 とても綺麗な色で、希少な種類です。 販売価格は65000円〜90000円です。 スポンサーリンク サファイア 出典: 薄いグレーにうっすらと青が入るとても綺麗な色です。 暗い青にも見えます。 お腹は白です。 お腹も体と同じ色になったものをチャコールサファイアと分けて呼ぶこともあります。 黒目と赤目の子どちらもいます。 とても希少な種類です。 販売価格は10万〜13万円です。 チンチラのホワイト系の種類 ・シルバーパイド 出典: 体の毛は白く、頭や背中にシルバーが混ざります。 シルバーの色の入り方は個体によりさまざまで、色の入り方で値段も大きく変わります。 耳の色も個体により違います。 販売価格は55000円〜85000円です。 パール 出典: 白い毛に、全身にシルバーの毛が不規則に混ざります。 シルバーの入り方は個体によりさまざまで、色の入り方で値段も変わります。 モザイクホワイト、シルバー、シルバーホワイトとも呼ばれます。 販売価格は45000〜65000円です。 アルビノ 出典: 全身が真っ白で、赤目の品種です。 耳の毛も白で、地肌が透けてピンクに見えます。 好みが激しく分かれてしまう種類です。 ルビーホワイトとも呼ばれます。 販売価格は60000円〜75000円です。 ピンクホワイト 出典: 全身白ですが、毛先のみベージュです。 クリーム色に見える場合もあります。 耳はピンク、赤目の品種です。 販売価格は65000〜80000円です。 スポンサーリンク ホワイト 出典:有限会社プラスト 全身が白で、黒目の品種です。 耳や手足の先が黒になる場合もあります。 希少です。 ピュアホワイト、ウィルソンホワイトと呼ばれることもあります。 販売価格は85000〜10万円です。 チンチラのとても珍しい種類 海外には個体数が非常に少ない珍しい品種、最近作られたばかりの新しい品種のチンチラも存在します。 日本の一般家庭で飼育できるようになるのはまだまだ先になるかも知れませんが、チンチラファンにはたまらない種類たちをご紹介します。 ゴールドバー(ロウ) 出典: かなり珍しい種類です。 アンゴラ 出典: カール ふわふわの毛並みがカールの特徴。 日本ではチンチラはまだまだマイナーなペットなので色の分類はあまり細かくされていませんが、チンチラが一般的なペットとして飼われている国では、さらに細かく分類されているようです。 日本でもチンチラがもう少し一般的になれば、今まで見たこともないような色の子が出回るようになるかも知れませんね。

次の

【 インター小動物 】アンゴラチンチラ様降臨✨👼✨

アンゴラ チンチラ

Posted in : , on by : 【 春日井店ペポニ 】2020. 4 こんにちは。 ペポニ春日井店のネザキです。 本日のブログは アンゴラチンチラブログ です。 では、早速〜。 オランダブリードの男の子です。 夜市のブログなどでも登場していますが改めてご紹介しますね! チンチラの長毛種です。 かなりボリューミーな見た目なので 大きい!!!と言われがちですが被毛の中身は想像よりも小さいと思います。 しかし、被毛が長いので真っ黒と言うよりは薄墨の様な色合いですね。 (わたし調べ。 ご注意下さい。

次の