艦これ ss 北上。 【艦これ・木曾SS】球磨「初詣行こうクマ!」

【艦これSS】提督「エイプリルフールだから嘘をつこうかな」

艦これ ss 北上

夕立「ぽい?」 吹雪「だって如月ちゃんが轟沈した時、駆逐艦の皆すごい後引いてたじゃない?」 夕立「確かにすごい空気重かったっぽい」 吹雪「なら大井さんが北上さんを失ったらどうなるのか気にならない?」 夕立「うーん・・・。 そう言われると気になるっぽい」 吹雪「メンタル強そうな睦月ちゃんですら如月ちゃん轟沈の後はちょっとおかしくなってたぐらいだし」 夕立「正直あの時の睦月ちゃんはちょっと引いたっぽい」 吹雪「ということで、大井さんがどんな反応をするか試してみようよ」 夕立「でもどうやってやるの? いくらなんでも実際に轟沈はできないっぽいし」 吹雪「なんとかあの二人を引き離して、後は嘘でも何でも言って騙せればいいんだけど・・・」 睦月「そんなのダメだよ!」 吹雪「睦月ちゃん!」 夕立「聞かれてたっぽい?」 睦月「聞いてたよ! っていうか同じ部屋にいてなんで聞かれないと思ってたの!?」 吹雪「だって睦月ちゃんって影薄いから気づかなかったんだもん。 これで邪魔者はいなくなったね」 夕立「吹雪ちゃんなんか昔と性格かわったぽい?」 吹雪「そりゃ私もこの鎮守府に来ていろいろあったからね。 ちょっとぐらいグレもするよ」 夕立「自覚はあるんだね・・・」 吹雪「さ、まずはあのべったり二人組みを引き剥がすところから始めようか」 夕立「でもどうするの? 北上さんはともかく大井さんを引き離すのって相当難しいっぽいけど?」 吹雪「さっきいい考えが思いついたんだ。 えっとね」ゴニョゴニョ 夕立「ふんふん・・・」 ~食堂~ 大井「はい北上さん、あーん」 北上「もう大井っち~。 食べさせてくれるのは嬉しいけど自分もちゃんと食べなきゃ駄目だよ~」 大井「自分より私の心配をしてくれるなんて・・・。 やっぱり北上さんは最高だわ!」 大井北上「イチャイチャ」 夕立「相変わらずすごいべったりっぽい」 吹雪「でも今は幸い私達とあの二人だけ。 チャンスだよ!夕立ちゃん!」 夕立「ぽい」バタリ 吹雪「きゃー!(棒) 夕立ちゃんがー!(棒)」 大井北上「ビクッ」 吹雪「しっかりして夕立ちゃーん(棒)」ユサユサ 北上「どしたのー?」 大井「一体何のつもり? 私と北上さんの大事な時間をジャマするなんて」 吹雪「それどころじゃないんです! 夕立ちゃんが急に倒れちゃって!」 夕立「ぽいー(白目)」 大井「だったら医務室なり工廠なりに連れて行けばいいじゃない」 吹雪「それが・・・。 私、ショックで腰が抜けちゃって・・・」 大井「はあ? 情けないわね。 なら誰か人を呼ぶとか・・・」 北上「じゃあ、私が運ぶよー」 大井「北上さん!? 北上さんがわざわざそんなことしなくても、まだご飯の途中ですし・・・」 北上「流石に放ってはおけないよ。 今は私達以外いないっぽいしね~」 大井「なら、私も一緒に行きます!」 北上「大井っちは吹雪ちゃんを見ててよ。 この子も1人置いてきぼりにはできないし」 大井「それはまあそうですけど・・・。 仕方ないわね。 私と北上さんに感謝しなさいよ! 特型駆逐艦!」 吹雪「(作戦成功! やっぱり北上さんは常識あるなあ)」 北上「じゃ、ちょっと行って来るね~。 落ち着いたらおいでよ~」 吹雪「(これで後は隙を突いて夕立ちゃんが北上さんを気絶させてくれるはず)」 大井「ほら、手貸しなさい。 いつまでも床に座り込んでたんじゃ冷たいでしょ」 吹雪「あ、ありがとうございます」イスガター 大井「全く・・・。 こんなことで北上さんの手を煩わせるなんて」 ~三十分後~ 大井「もう立てるでしょ。 早く北上さんのところへ行くわよ」イライラ 吹雪「は、はい!(すごいイライラしてるなあ」 ~工廠~ 夕立「復活っぽい~!」 吹雪「良かった夕立ちゃん!なんともなかったんだね!」 夕立「補給を忘れててクラっときただけだったっぽい~」 大井「ちょっと!北上さんがいないじゃない!?」 夕立「北上さんならさっき、私の為に使った資材を補充しに近くの海域まで出撃したっぽい」 大井「北上さんが私を置いて!? そんなわけ無いじゃない!」 吹雪「まあまあ。 北上さんならすぐ戻って来ますって」 大井「あなた達のせいでしょうが! 」 吹雪「夕立ちゃんのこともあるし、私達は部屋に戻りますね」 大井「勝手にしなさいよ! いい!? 後で北上さんに死ぬほどお礼しなさい!」 夕立「ぽ~い」 吹雪「(後は時間が経つまで待つだけっと)」 ~吹雪達の部屋~ 北上「ン~!ン~!」シバリー 吹雪「うまくいったね夕立ちゃん!」 夕立「でも、これは流石にやりすぎっぽい?」 吹雪「だいじょーぶだいじょーぶ。 夕張さんに頼んでちょっと頭の中いじってもらえば記憶飛ばせるよ」 夕立「あの人そういうの好きそうっぽいっぽい」 睦月「う~ん・・・」ゴソゴソ 吹雪「睦月ちゃんもまだグッスリだし。 これで明日大井さんに北上さんが轟沈したって伝えれば解決だね!」 北上「ん~!?」ジタバタ 夕立「北上さん、何か言いたいっぽい?」 吹雪「仕方ないなあ。 猿轡とってあげますけど、叫んだりしないでくださいよ? はい」 北上「・・・何でこんなことするのかしらないけど、さっき言ってたことは止めといたほうがいいと思うよ」 吹雪「大丈夫ですって。 ちょっとの間ですから。 そしたらすぐに解放してあげますから」 北上「きっと大変なことになる! 考えなお」ドスッ 吹雪「静かにって言ったじゃないですかもう。 ちょっと寝ててくださいね」 ~次の日~ 大井「キタカミサンキタカミサンドウシテカエッテコナイノキタカミサン」ブツブツ 夕立「うわあ・・・想像以上っぽい・・・」 吹雪「一晩戻ってこなかっただけでこれって、これで轟沈したって聞いたら本当にどうなっちゃうんだろ」 夕立「壊れちゃったりしないでほしいっぽい~」 吹雪「よし、じゃあ言ってくるよ」 吹雪「あの~・・・。 大井さん?」 大井「・・・何よ?」ギロリ 吹雪「(怖っ!?)・・・あの、大変言いにくいんですけど。 昨日北上さんが単機出撃したとき、運悪く轟沈したって報告が・・・」 大井「・・・・・・・・・・・・は?」 大井「何それ?ちょっとジョークのセンス無さ過ぎじゃないあなた」 吹雪「本当なんです! さっき長門秘書官が話してるのを聞いちゃって・・・(大嘘)」 大井「嘘よ! 北上さんが私を置いて逝くわけ無いじゃない!」 吹雪「嘘でこんなこと言いません! 北上さんは、もう・・・」 大井「そん・・・な・・・」 夕立(吹雪ちゃんすごい演技上手いっぽい) 大井「ありえない・・・ありえないわ・・・」 吹雪「大井さん・・・(なんか思ったより普通の反応だなあ。 もっと泣き叫んだりすると思ったのに」 大井「プッツン」 吹雪「ん?」 大井「あれは・・・キタカミサン?」 夕立「ぽい?」 吹雪「いや大井さん、あれは夕立ちゃんですよ?」 大井「キタカミサン! やっぱり轟沈したなんて嘘だったのね!」ダキツキー 夕立「ぽい!?」 大井「ああキタカミサン!もう二度と離さないわ!」ギュー 夕立「ちょっ!?私は夕立っぽい!」 吹雪「(まさか、夕立ちゃんを北上さんだと思ってる?」 大井「もう二度と私から離れないようにしないと・・・。 キタカミサンは私と一生一緒に居なくちゃいけないんだから!」クチビル奪う 夕立「むぐぅ!?」 大井「んっ...」チュッチュ 夕立「ぐむー!?」ジタバタ 吹雪「何これ・・・」 大井「ぷはっ・・・はあ・・・。 どうして逃げようとするのキタカミサン」 大井「悪いキタカミサンにはお仕置きが必要よね・・・」ガチャン 吹雪「(あれは、魚雷!?} 大井「私の愛をキタカミサンに注いであげます!」スカードビリー 夕立「きゃー!? 吹雪ちゃん助けてっぽいー!」 吹雪「お、落ち着いてください大井さん!」 大井「ジャマしないで!」バキッ! 吹雪「きゃあ!?」 大井「さあいきますねキタカミサン・・・」パンツビリー! 夕立「やだあ! 誰か助けてっぽい!」ガタガタブルブル 大井「ふっ!」ブチブチブチー 夕立「うっぎゃあああああ!? 痛い!痛いいいいい!!」 吹雪「あ、ああ・・・夕立ちゃん」ガタガタ 夕立「あ・・・う・・・」ガクガク 大井「この感触・・・キタカミサンじゃない・・・! どこなのキタカミサン!」ユウダチポイー 吹雪「あっ!大井さん!どこ行くんですか!っていうか大丈夫夕立ちゃん!?」 夕立「うっ・・・ぐすっ・・・。 初めてだったのにい・・・」グッタリ 吹雪「まさかこんなことになるなんて・・・。 もしかして北上さんはこのことを知ってて・・・」??? 「ヒエーッ!?」 吹雪「今の悲鳴、比叡さん!? 食堂の外から聞こえたような・・・」 夕立「ぐすっ・・・ぐすっ・・・」 吹雪「ごめん夕立ちゃん!私大井さんを追わないと!これはまずい気がする!」ダッシュ 夕立「吹雪ちゃん酷いっぽいぃ・・・」 ~外~ 吹雪「比叡さん!大丈夫ですか!?」 比叡「う・・・あう・・・」ビクンビクン 吹雪「遅かった・・・。 大井さん、まさか艦娘達を手当たりしだいに犯すつもりなんじゃ・・・」 吹雪「(それからの鎮守府は地獄絵図でした。 悲鳴のした方へいけば、服を剥ぎ取られ犯された艦娘が何人も倒れていました)」 響「」レイプメ 大井「今度こそキタカミサンよね! ねえ!」グリグリ 雷「やだっ!離してえ!」ジタバタ 電「うわあああああん!雷ちゃんを放してくださいのなのですー!」 暁「そうよ!こんなのレディーのすることじゃないわ!」 雷「痛い!そんなの入らないってばあ!」 大井「おかしいわね。 いつもはもっとすんなり入るのに・・・・えいっ!」ブチー! 雷「かっ・・・!?」 大井「コレも違う・・・。 一体どこに行ったのキタカミサン・・・」イカズチポイー 雷「ヒュー…ヒュー…」 電「雷ちゃん!?しっかりなのです!」ポロポロ 暁「よくも響や雷を!いくら雷巡の先輩だからって、こんなのないじゃない!」 大井「うん?分かった!あなたがキタカミサンなのね!」 暁「違うわよ! やだっ!来ないでえ!」 大井「キタカミサンは私といなきゃいけないんだから・・・!キタカミサンキタカミサンキタカミサン!」 吹雪「もう止めてください!」 何で俺オールしてまでこんなことやってんだろう・・・ 吹雪「北上さんが轟沈したの、嘘なんです!ちょっとした出来心で・・・。 だからもう正気に戻ってください!」 大井「はあ?キタカミサンが轟沈するわけないでしょ?今から私達良いことするんだからどこかいってくれないかしら?」グニグニ 暁「やだやだやだ! 痛いったらあ!」 電「暁ちゃん!?もう嫌なのです!」 吹雪「どうしよう・・・!このままじゃ暁ちゃんまで・・・!」 北上「あー、やっぱりこうなっちゃったかー。 だから言ったのに」 吹雪「北上さん!? どうしてここに!?」 北上「吹雪ちゃん、あんまり拘束上手くないねー。 あれじゃあ捕虜に逃げられちゃうよ」 吹雪「あの・・・私が言えた立場じゃないですけど・・・。 大井さんを止めて下さい!お願いします」 北上「んあ?もちろん。 そのために来たんだからさー」 北上「さて、と・・・。 大井っちー。 そこら辺にしとこうよ。 私ならここにいるからさ」 大井「キタカミサンキタカミサンキタカミサ・・・北上さん!?」 北上「そうそう。 だからその子離してあげてよ」 大井「あ、はい・・・」ハナシ 電「暁ちゃん!」ダキッ 暁「こ、怖かった・・・」チョロチョロチョロ… 吹雪「す、すごい・・・。 あの大井さんが正気に・・・!」 大井「北上さん・・・ごめんなさい。 私どうかしてて・・・」 北上「いいっていいって。 とりあえず部屋に帰ろうよ。 このことは全部長門秘書官に報告したから。 もうすぐ皆来ると思うよ。 じゃあねー」スタコラサッサー 吹雪「えっあっちょっ」 睦月「後日談」 睦月「こうして吹雪ちゃんの巻き起こした事件は収束しました。 犯された皆は工廠で修理と記憶の改ざんをするとのことです。 ただし夕立ちゃんは例外、吹雪ちゃんと二人で罰として一週間夕張さんの玩具にされたそうです」 睦月「罰を終えて帰ってきた2人はとても良い顔をしていました。 一体何をされたんだろう?」 睦月「何はともあれ、めでたし」 くう疲。 初めてSS書いたけどこんな疲れると思わんかった。 open2ch.

次の

【艦これSS】吹雪「大井さんって北上さんが轟沈したらどうなっちゃうんだろ」【夕立】

艦これ ss 北上

夕立「ぽい?」 吹雪「だって如月ちゃんが轟沈した時、駆逐艦の皆すごい後引いてたじゃない?」 夕立「確かにすごい空気重かったっぽい」 吹雪「なら大井さんが北上さんを失ったらどうなるのか気にならない?」 夕立「うーん・・・。 そう言われると気になるっぽい」 吹雪「メンタル強そうな睦月ちゃんですら如月ちゃん轟沈の後はちょっとおかしくなってたぐらいだし」 夕立「正直あの時の睦月ちゃんはちょっと引いたっぽい」 吹雪「ということで、大井さんがどんな反応をするか試してみようよ」 夕立「でもどうやってやるの? いくらなんでも実際に轟沈はできないっぽいし」 吹雪「なんとかあの二人を引き離して、後は嘘でも何でも言って騙せればいいんだけど・・・」 睦月「そんなのダメだよ!」 吹雪「睦月ちゃん!」 夕立「聞かれてたっぽい?」 睦月「聞いてたよ! っていうか同じ部屋にいてなんで聞かれないと思ってたの!?」 吹雪「だって睦月ちゃんって影薄いから気づかなかったんだもん。 これで邪魔者はいなくなったね」 夕立「吹雪ちゃんなんか昔と性格かわったぽい?」 吹雪「そりゃ私もこの鎮守府に来ていろいろあったからね。 ちょっとぐらいグレもするよ」 夕立「自覚はあるんだね・・・」 吹雪「さ、まずはあのべったり二人組みを引き剥がすところから始めようか」 夕立「でもどうするの? 北上さんはともかく大井さんを引き離すのって相当難しいっぽいけど?」 吹雪「さっきいい考えが思いついたんだ。 えっとね」ゴニョゴニョ 夕立「ふんふん・・・」 ~食堂~ 大井「はい北上さん、あーん」 北上「もう大井っち~。 食べさせてくれるのは嬉しいけど自分もちゃんと食べなきゃ駄目だよ~」 大井「自分より私の心配をしてくれるなんて・・・。 やっぱり北上さんは最高だわ!」 大井北上「イチャイチャ」 夕立「相変わらずすごいべったりっぽい」 吹雪「でも今は幸い私達とあの二人だけ。 チャンスだよ!夕立ちゃん!」 夕立「ぽい」バタリ 吹雪「きゃー!(棒) 夕立ちゃんがー!(棒)」 大井北上「ビクッ」 吹雪「しっかりして夕立ちゃーん(棒)」ユサユサ 北上「どしたのー?」 大井「一体何のつもり? 私と北上さんの大事な時間をジャマするなんて」 吹雪「それどころじゃないんです! 夕立ちゃんが急に倒れちゃって!」 夕立「ぽいー(白目)」 大井「だったら医務室なり工廠なりに連れて行けばいいじゃない」 吹雪「それが・・・。 私、ショックで腰が抜けちゃって・・・」 大井「はあ? 情けないわね。 なら誰か人を呼ぶとか・・・」 北上「じゃあ、私が運ぶよー」 大井「北上さん!? 北上さんがわざわざそんなことしなくても、まだご飯の途中ですし・・・」 北上「流石に放ってはおけないよ。 今は私達以外いないっぽいしね~」 大井「なら、私も一緒に行きます!」 北上「大井っちは吹雪ちゃんを見ててよ。 この子も1人置いてきぼりにはできないし」 大井「それはまあそうですけど・・・。 仕方ないわね。 私と北上さんに感謝しなさいよ! 特型駆逐艦!」 吹雪「(作戦成功! やっぱり北上さんは常識あるなあ)」 北上「じゃ、ちょっと行って来るね~。 落ち着いたらおいでよ~」 吹雪「(これで後は隙を突いて夕立ちゃんが北上さんを気絶させてくれるはず)」 大井「ほら、手貸しなさい。 いつまでも床に座り込んでたんじゃ冷たいでしょ」 吹雪「あ、ありがとうございます」イスガター 大井「全く・・・。 こんなことで北上さんの手を煩わせるなんて」 ~三十分後~ 大井「もう立てるでしょ。 早く北上さんのところへ行くわよ」イライラ 吹雪「は、はい!(すごいイライラしてるなあ」 ~工廠~ 夕立「復活っぽい~!」 吹雪「良かった夕立ちゃん!なんともなかったんだね!」 夕立「補給を忘れててクラっときただけだったっぽい~」 大井「ちょっと!北上さんがいないじゃない!?」 夕立「北上さんならさっき、私の為に使った資材を補充しに近くの海域まで出撃したっぽい」 大井「北上さんが私を置いて!? そんなわけ無いじゃない!」 吹雪「まあまあ。 北上さんならすぐ戻って来ますって」 大井「あなた達のせいでしょうが! 」 吹雪「夕立ちゃんのこともあるし、私達は部屋に戻りますね」 大井「勝手にしなさいよ! いい!? 後で北上さんに死ぬほどお礼しなさい!」 夕立「ぽ~い」 吹雪「(後は時間が経つまで待つだけっと)」 ~吹雪達の部屋~ 北上「ン~!ン~!」シバリー 吹雪「うまくいったね夕立ちゃん!」 夕立「でも、これは流石にやりすぎっぽい?」 吹雪「だいじょーぶだいじょーぶ。 夕張さんに頼んでちょっと頭の中いじってもらえば記憶飛ばせるよ」 夕立「あの人そういうの好きそうっぽいっぽい」 睦月「う~ん・・・」ゴソゴソ 吹雪「睦月ちゃんもまだグッスリだし。 これで明日大井さんに北上さんが轟沈したって伝えれば解決だね!」 北上「ん~!?」ジタバタ 夕立「北上さん、何か言いたいっぽい?」 吹雪「仕方ないなあ。 猿轡とってあげますけど、叫んだりしないでくださいよ? はい」 北上「・・・何でこんなことするのかしらないけど、さっき言ってたことは止めといたほうがいいと思うよ」 吹雪「大丈夫ですって。 ちょっとの間ですから。 そしたらすぐに解放してあげますから」 北上「きっと大変なことになる! 考えなお」ドスッ 吹雪「静かにって言ったじゃないですかもう。 ちょっと寝ててくださいね」 ~次の日~ 大井「キタカミサンキタカミサンドウシテカエッテコナイノキタカミサン」ブツブツ 夕立「うわあ・・・想像以上っぽい・・・」 吹雪「一晩戻ってこなかっただけでこれって、これで轟沈したって聞いたら本当にどうなっちゃうんだろ」 夕立「壊れちゃったりしないでほしいっぽい~」 吹雪「よし、じゃあ言ってくるよ」 吹雪「あの~・・・。 大井さん?」 大井「・・・何よ?」ギロリ 吹雪「(怖っ!?)・・・あの、大変言いにくいんですけど。 昨日北上さんが単機出撃したとき、運悪く轟沈したって報告が・・・」 大井「・・・・・・・・・・・・は?」 大井「何それ?ちょっとジョークのセンス無さ過ぎじゃないあなた」 吹雪「本当なんです! さっき長門秘書官が話してるのを聞いちゃって・・・(大嘘)」 大井「嘘よ! 北上さんが私を置いて逝くわけ無いじゃない!」 吹雪「嘘でこんなこと言いません! 北上さんは、もう・・・」 大井「そん・・・な・・・」 夕立(吹雪ちゃんすごい演技上手いっぽい) 大井「ありえない・・・ありえないわ・・・」 吹雪「大井さん・・・(なんか思ったより普通の反応だなあ。 もっと泣き叫んだりすると思ったのに」 大井「プッツン」 吹雪「ん?」 大井「あれは・・・キタカミサン?」 夕立「ぽい?」 吹雪「いや大井さん、あれは夕立ちゃんですよ?」 大井「キタカミサン! やっぱり轟沈したなんて嘘だったのね!」ダキツキー 夕立「ぽい!?」 大井「ああキタカミサン!もう二度と離さないわ!」ギュー 夕立「ちょっ!?私は夕立っぽい!」 吹雪「(まさか、夕立ちゃんを北上さんだと思ってる?」 大井「もう二度と私から離れないようにしないと・・・。 キタカミサンは私と一生一緒に居なくちゃいけないんだから!」クチビル奪う 夕立「むぐぅ!?」 大井「んっ...」チュッチュ 夕立「ぐむー!?」ジタバタ 吹雪「何これ・・・」 大井「ぷはっ・・・はあ・・・。 どうして逃げようとするのキタカミサン」 大井「悪いキタカミサンにはお仕置きが必要よね・・・」ガチャン 吹雪「(あれは、魚雷!?} 大井「私の愛をキタカミサンに注いであげます!」スカードビリー 夕立「きゃー!? 吹雪ちゃん助けてっぽいー!」 吹雪「お、落ち着いてください大井さん!」 大井「ジャマしないで!」バキッ! 吹雪「きゃあ!?」 大井「さあいきますねキタカミサン・・・」パンツビリー! 夕立「やだあ! 誰か助けてっぽい!」ガタガタブルブル 大井「ふっ!」ブチブチブチー 夕立「うっぎゃあああああ!? 痛い!痛いいいいい!!」 吹雪「あ、ああ・・・夕立ちゃん」ガタガタ 夕立「あ・・・う・・・」ガクガク 大井「この感触・・・キタカミサンじゃない・・・! どこなのキタカミサン!」ユウダチポイー 吹雪「あっ!大井さん!どこ行くんですか!っていうか大丈夫夕立ちゃん!?」 夕立「うっ・・・ぐすっ・・・。 初めてだったのにい・・・」グッタリ 吹雪「まさかこんなことになるなんて・・・。 もしかして北上さんはこのことを知ってて・・・」??? 「ヒエーッ!?」 吹雪「今の悲鳴、比叡さん!? 食堂の外から聞こえたような・・・」 夕立「ぐすっ・・・ぐすっ・・・」 吹雪「ごめん夕立ちゃん!私大井さんを追わないと!これはまずい気がする!」ダッシュ 夕立「吹雪ちゃん酷いっぽいぃ・・・」 ~外~ 吹雪「比叡さん!大丈夫ですか!?」 比叡「う・・・あう・・・」ビクンビクン 吹雪「遅かった・・・。 大井さん、まさか艦娘達を手当たりしだいに犯すつもりなんじゃ・・・」 吹雪「(それからの鎮守府は地獄絵図でした。 悲鳴のした方へいけば、服を剥ぎ取られ犯された艦娘が何人も倒れていました)」 響「」レイプメ 大井「今度こそキタカミサンよね! ねえ!」グリグリ 雷「やだっ!離してえ!」ジタバタ 電「うわあああああん!雷ちゃんを放してくださいのなのですー!」 暁「そうよ!こんなのレディーのすることじゃないわ!」 雷「痛い!そんなの入らないってばあ!」 大井「おかしいわね。 いつもはもっとすんなり入るのに・・・・えいっ!」ブチー! 雷「かっ・・・!?」 大井「コレも違う・・・。 一体どこに行ったのキタカミサン・・・」イカズチポイー 雷「ヒュー…ヒュー…」 電「雷ちゃん!?しっかりなのです!」ポロポロ 暁「よくも響や雷を!いくら雷巡の先輩だからって、こんなのないじゃない!」 大井「うん?分かった!あなたがキタカミサンなのね!」 暁「違うわよ! やだっ!来ないでえ!」 大井「キタカミサンは私といなきゃいけないんだから・・・!キタカミサンキタカミサンキタカミサン!」 吹雪「もう止めてください!」 何で俺オールしてまでこんなことやってんだろう・・・ 吹雪「北上さんが轟沈したの、嘘なんです!ちょっとした出来心で・・・。 だからもう正気に戻ってください!」 大井「はあ?キタカミサンが轟沈するわけないでしょ?今から私達良いことするんだからどこかいってくれないかしら?」グニグニ 暁「やだやだやだ! 痛いったらあ!」 電「暁ちゃん!?もう嫌なのです!」 吹雪「どうしよう・・・!このままじゃ暁ちゃんまで・・・!」 北上「あー、やっぱりこうなっちゃったかー。 だから言ったのに」 吹雪「北上さん!? どうしてここに!?」 北上「吹雪ちゃん、あんまり拘束上手くないねー。 あれじゃあ捕虜に逃げられちゃうよ」 吹雪「あの・・・私が言えた立場じゃないですけど・・・。 大井さんを止めて下さい!お願いします」 北上「んあ?もちろん。 そのために来たんだからさー」 北上「さて、と・・・。 大井っちー。 そこら辺にしとこうよ。 私ならここにいるからさ」 大井「キタカミサンキタカミサンキタカミサ・・・北上さん!?」 北上「そうそう。 だからその子離してあげてよ」 大井「あ、はい・・・」ハナシ 電「暁ちゃん!」ダキッ 暁「こ、怖かった・・・」チョロチョロチョロ… 吹雪「す、すごい・・・。 あの大井さんが正気に・・・!」 大井「北上さん・・・ごめんなさい。 私どうかしてて・・・」 北上「いいっていいって。 とりあえず部屋に帰ろうよ。 このことは全部長門秘書官に報告したから。 もうすぐ皆来ると思うよ。 じゃあねー」スタコラサッサー 吹雪「えっあっちょっ」 睦月「後日談」 睦月「こうして吹雪ちゃんの巻き起こした事件は収束しました。 犯された皆は工廠で修理と記憶の改ざんをするとのことです。 ただし夕立ちゃんは例外、吹雪ちゃんと二人で罰として一週間夕張さんの玩具にされたそうです」 睦月「罰を終えて帰ってきた2人はとても良い顔をしていました。 一体何をされたんだろう?」 睦月「何はともあれ、めでたし」 くう疲。 初めてSS書いたけどこんな疲れると思わんかった。 open2ch.

次の

【艦これSS】北上「離さない」

艦これ ss 北上

北上「提督、見てよこの酸素魚雷!すごくない?ねえねえ」 提督「はいはい、改二になってから毎日のように聞いてるから凄さはわかったよ」 北上「つれないなぁ、やっぱうれしいんだよ?前線で活躍できると思うと」 提督「そうかぁ?」 北上「提督の役にも立てるしね!」 提督「…そうか。 期待してるからな!」 北上「うん…そんだけ?」ジーッ 提督「…え、どういうこと? 」 北上「もう、わかってないなあ。 こういう時は素直に撫でてくれればいいんだよ」 提督「なんだそんなことか。 お前って時々子供っぽいこと言うよな」ナデナデ 北上「そうそう!それでいいんだよ」 提督「こういうことできるのはうれしいけど、同時にとても恐ろしくあるんだけど」ナデナデ 北上「どういう意味?」 提督「いや、もしあそこらへんに大井がいて、こんなところ見られてたら………さ……」 大井「…………」 北上「……思いっきり見てるんだけど」ボソボソ 提督「…そうだな」 北上「…」 提督「…」 北上「あたし、用事あるんだった!じゃね!」ピュー 提督「あっ、ずりい!ちょっとま」ガシッ 大井「…」 提督「」 提督「よ、よお。 どうした?北上はあっちだぞ?」 大井「…北上さんに手を出そうとしましたね?」ニコッ 提督「あ、あれは北上から…」 大井「え?」ニコニコ 提督「…すみませんでした。 絶対忘れねえから」 北上「ま、まあいいじゃん!提督は出撃しないんだから、たまには怪我とかも乙なもんでしょ?」 提督「お前なあ…。 にしても、お前大井と一緒で大変じゃない?あんなにべったりで、部屋では何をしているんですかねえ…」 北上「ちょっと、そんなことあるわけないっしょ~?」 提督「そうか?割とガチでありそうなんだが」 北上「ここに着任してきたときはべったりだったけど、最近はそんなでもないかな。 どっちかっていうと、最近は親友みたいな付き合いをしてるよ」 提督「ふぅん。 でもそれだと、北上といると大井にシメられる理由が説明できないんだがな」 北上「……それは自分で考えるべきだよ。 あたしが教えても仕方のないことだし……わざわざライバルは増やしたくないしね」ボソッ 提督「…?」 北上「何でもない!でも、提督は大井っちと付き合い長いじゃん」 提督「まあ、そうだな。 大井はここでは最古参の一人だし」 北上「ぶっちゃけ私に妬いちゃったり?……提督は大井っちのことどう思ってるの?」 提督「なんで俺がお前に妬くんだよ。 でも、そうだな…」 提督「正直、大井のことは少し苦手かもしれないな」 ガタッ 提督「ん?なんか落ちた?」 北上「え?」 提督「いや、なんか音がしたような気がしたんだけど…気のせいだったかな」 北上「気のせいじゃない? それより…なんで苦手なの?」 提督「ああ、大井の話か。 …なんかな、最近あいつのことがよくわからなくて」 北上「どういうこと?」 提督「そうだなぁ…お前が改二になる前くらいからかな、あいつのほうが俺の事を避けるようになった…気がする」 北上「そう?」 提督「うん。 お前といると俺を諌めるために来たりするんだけど、それ以外は極力俺を避けるようにしてるみたいだった」 北上「うん」 提督「俺だって前みたいに仲良く…仲良かったっけ?まあいい、普通に接してあげたいけど、最近はあいつが何を考えてるのかよくわからないんだ」 北上「……それじゃさ、提督」 提督「ん?」 北上「今度大井っちにあった時に抱きしめてみなよ!」 提督「な、何を言ってるんだお前は!割と真面目に悩んでるんだぞ!」 北上「ふざけってないって。 まあ、抱きつくまでとも言わなくても、今度一緒に食事でもして、腹を割って話してみなって!きっとうまくいくからさ」 提督「…そうか?」 北上「そうだよ。 北上さんより、あの人を目で追うようになっていたのは。 自分の気持ちを自覚するのが遅すぎたのかもしれない。 出来るだけ提督から離れて、自分の気持ちが落ち着くのを待とうとした。 でも 提督と北上さんが一緒にいると、どうしても耐え切れない胸の痛みに襲われて、 気が付いたら、北上さんをダシにして、提督を責めていた。 でも、気づいてしまった。 やっぱり私は、この人が好きなんだな、と。 北上さんには悪いと思った。 でも、思ってはいても、自覚した時には提督とは少し気まずくなってしまっていて 提督と触れ合える唯一の時間だと思うと…何より愛おしかった こうして、少しでも触れあっていれば、いつか、いつか提督のほうから歩み寄ってくれるかもしれない。 もう、自分の気持ちを隠すことはできそうにない。 私の中で、何かが零れ落ちたような音がした気がした。 どうした?」 大井「…私…」 提督「…北上か?だったら、部屋に戻ったぞ?」 大井「っ!」 ツカツカツカ 提督「お、おい!なんだ?」 大井「私、提督にお話があるんです」 提督「ちょうどいいな、俺もお前に話が……!? 防音性が高いから、声が聞こえる心配はありませんね」 提督「…こんなのおかしいぞ大井。 き、北上はどうしたんだ?お前は自他ともに認める北上loveだったはずだろ!」 大井「……ああ、北上さん?それなら、ここに」 ドサッ 北上「ンーッ!ン!」 提督「北上!……大井!! 北上を縛って、いったいどういうつもりなんだ! 」 大井「別に北上さんに危害を加えるつもりはありません。 ただ、そこで私達の行為を見てもらおうと思って連れてきました」 提督「…どういうことだ」 大井「北上さんを連れてきたのは、自分と決別するためです。 …素直になれなかった自分と、北上さんを愛していた自分との…決別」 大井「提督は気づいていらっしゃらないかと思いますが、私、提督の事が好きだったんですよ?」 提督「は?」 提督「そんな…だって…! 事実を書いたって仕方ないですよ。 後半の展開が駆け足なのはすみません。 vip2ch. メタ情報•

次の