勃起 力。 勃起力改善・精力を増強させる食べ物15つをおすすめメニューと共に解説!

「勃起力が回復する生活習慣」毎日できる改善方法

勃起 力

勃起力を高めるためには、日々の鍛錬が欠かせません。 いきなり車の運転ができないように、いきなり勃起の角度を上げることはできません。 まさにローマは1日にしてならず。 女性が驚き、視線がくぎ付けになるほどの勃起力を手に入れるためには、ときに 「アリのような忍耐力」も必要になるのです。 ただ、継続が大事といっても、やはり成果は早く出れば出るほどいいもの。 「鉄は熱いうちに打て」とはよく言いますが、冷めてしまっては全て遅すぎます。 せっかちになりすぎず、かと言って落ち着きすぎるのもNG。 適度に焦ることも大事なのです。 そこで今回は、 少しでも早く・より硬い勃起力を手に入れるためのトレーニング法をご紹介します。 力強い勃起には 「骨盤底筋群」という筋肉の働きが欠かせません。 こんな感じの筋肉 骨盤底筋群が発達していると、ペニスを締め付ける力が上がり、勃起力が向上し、中折れが起こることもなくなります。 骨盤底筋群は木で言うところの根っこです。 根っこがしっかりしていない木が立派に育つことはないように、骨盤底筋群が弱いままで硬いペニスができあがることはないのです。 じゃあこの骨盤底筋群をどうやって鍛えればいいか。 その方法が ワイドスクワットです。 スクワットは下半身の大きな筋肉を総動員させるので、下半身の血流をよくして勃起力を高めてくれます。 スクワットで鍛えられる筋肉たち ワイドスクワットは、肩幅の2倍くらいに足を開いて行うスクワット法のことですが、ワイドスクワットでは普通のスクワットより 「内転筋」への刺激が強くなります。 内転筋を刺激することで内転筋とつながっている骨盤底筋群にも刺激を与え鍛えることができる 骨盤底筋群をより強化できるので、 ワイドスクワットは普通のスクワットよりも勃起力アップ効果が高いということになります。 ワイドスクワットはいうなれば勃起力アップのための 「勃起力スクワット」なのです。 ワイドスクワットのやり方は脚を肩幅の2倍ほどに開いてスクワットをするだけ。 イメージがしづらい場合はこちらの動画が役立ちます。

次の

【完全版】勃起力アップのために、今すぐできる10の方法

勃起 力

管理人のまことです! この記事では勃起力を上げるトレーニングを多数紹介しています。 勃起力トレーニングの主な方法としては、 「 筋力トレーニング」になります。 セックス中に中折れをしたり、勃起力が低下する原因としては、血流が悪いことが挙げられます。 血流が悪くなるのは、食生活や運動不足などが考えられますが、中高年男性の勃起力が弱い原因としては、 筋肉不足が大いに起因しています。 筋肉がなければ、血液を循環させるポンプの働きが弱くなるので、結果的にペニスに血液を流し込む力が弱くなり中折れしたり、勃起力が低下してしまうのです。 これから勃起力を上げるトレーニング方法を多数紹介していきますので、 できることから気軽に始めてみましょう!^^ 目次• PC筋(恥骨尾骨筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 PC筋とはペニスと肛門の間にある筋肉です。 おしっこや射精を我慢する時に使う筋肉でこのPC筋をトレーニングすることで勃起力を上げることができます。 どうしてPC筋を鍛えることで勃起力が向上するのでしょうか? それは、 一度男性器に流れ込んだ血液を長時間止めておく働きをしてくれるからです。 このPC筋が弱いとペニスに流れ込んだ血液がすぐに引いてしまい、勃起が弱まることになります。 また、 このPC筋ですが、肛門と尿道を締める働きもあります。 つまり、早漏で悩んでいる男性にとっては、鍛えるべき筋肉NO1なのです。 PC筋が強化されることで射精感がこみ上げてきた時に「ぐっ」と我慢する助けとなります。 PC筋を鍛えることで「中折れ」だけではなく、「早漏」も防ぐことが出来ますので、勃起不全・早漏に悩んでいる男性は必ずPC筋を鍛えるようにしてください。 それでは、PC筋を鍛えるトレーニング方法をご紹介していきましょう。 PC筋を鍛える方法 PC筋を鍛えるには、「肛門に力を入れる」だけです。 ・手順• 肛門にぐっと力を入れ10秒間キープします• 10秒間、力を抜いてリラックス」 この1と2の繰り返しを 1日5セット行ってください。 この 勃起力トレーニングは自宅でテレビを見ている時でも、仕事中でも、電車に乗っている時でも、いつでもどこでも実践可能です。 早い方で2週間程度、遅くても2ヶ月〜3ヶ月くらいで勃起力が強まります。 勃起時のペニスの張りが変わってきますので、効果を実感しやすいでしょう。 BC筋(球海綿体筋)を鍛える! 画像引用元:著書「おしっこの本」参照 BC筋とPC筋は同じと思われている方もいらっしゃいますが、全く違う筋肉になります。 PC筋はペニスと肛門の間にある筋肉ですが、 BC筋はペニスの付け根にある筋肉になります。 BC筋の働きは尿や精子を出す力になることです。 この BC筋が強いと射精距離が伸び、快感が増すと言われています。 また、尿道の周りに張り巡らされているので、射精感がおそってきた時に、我慢するための筋肉でもあります。 つまり、 射精をコントロールすることができるのです。 PC筋と同様、このBC筋をトレーニングすることで早漏改善、射精コントロール、勃起力アップの効果を得ることができますので、是非、PC筋と一緒にBC筋も一緒にトレーニングしてください。 BC筋を鍛える方法 では、BC筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか? それは、PC筋を鍛えるのとほぼ同じです。 PC筋を鍛える時には、肛門に力を入れ、力を抜いて、の繰り返しでしたが、 BC筋を鍛える時には、 肛門に力を入れている時に、ペニスをピクピクさせます。 これで、BC筋に負荷がかかり、勃起力トレーニングにつながるのです。 BC筋のトレーニングも場所や時間を気にせずに実践できますので、PC筋トレーニングと一緒に取り組んでみてください。 勃起力を上げるための下半身筋肉部位 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 今まで、PC筋、BC筋を鍛えてダイレクトな勃起力トレーニングを紹介してきました。 今回は下半身を鍛えるという内容でご紹介したいと思います。 勃起力を安定的に上げるなら、一緒に下半身を鍛えると効果的です。 結局、中折れしたり、勃起力が弱々しい原因として、血流が悪くなっていることが関係しています。 勃起の仕組みとしては、陰茎海綿体に血液が急激に流れこむことにより勃起しますので、 血流が悪いだけで勃起力は低下してしまうのです。 しかし、筋肉が血流を良くするって疑問に思う方もいらっしゃると思います。 血流は、心臓がポンプ代わりになっていて、心臓から血が全身に流れ込み循環していると学校で習いましたよね。 しかし、血流を促すのは心臓だけではなく、筋肉もその役割を担っているのです。 血管の周りにある筋肉が血管を膨張させたり、収縮させたりすることで血流を促しています。 また、 筋肉量が増えれば、その分、毛細血管が増えますので、血流の絶対量が増えて、結果的に陰茎海綿体に流れる血液量も増え、勃起力が向上するのです。 つまり、筋肉を増やすことが勃起力アップの要とも言えるのです。 では、具体的に下半身のどこの筋肉を鍛えれば効果的に勃起力トレーニングができるのでしょうか紹介します。 画像引用元:著書「病気の9割は歩くだけで治る」参照 下半身には、• 「大腿四頭筋」(だいたいしとうきん)• 「大臀筋」(だいでんきん)• 「大腿二頭筋」(だいたいにとうきん) と言う3つの大きな筋肉が備わっています。 「 大臀筋」とは、お尻の周りについている大きな筋肉で性交時にピストン運動をする時の助けになる筋肉になります。 「 大腿四頭筋」とは、太ももの表側にある大きな筋肉でスクワット運動で使う筋肉になります。 「 大腿二頭筋」(ハムストリング筋)は体が全面に倒れないように支えている大事な筋肉でこの部位も下半身の血流を促す大きな筋肉ですね。 この3つの筋肉を鍛えるには、「スクワット運動」が一番効果的です。 しかし、ただスクワット運動をするだけでは効果が薄いのです。 勃起力を上げるためには、筋肉の「量」を増やす必要があります。 筋肉は、瞬発力の筋肉と、持久力の筋肉があります。 瞬発力の筋肉とはあまり肥大せず突発的に動かす筋肉ですので、筋肉量的には少ないのです。 血流を促進して勃起力を強くするためには、「筋肉量」を増やす必要がありますから、 「持久力筋肉」を鍛える必要があります。 そのためには、 スクワットをゆっくりと行いましょう。 ゆっくりと10回程度で限界がくるトレーニングを行いましょう。 このスロートレーニングで、持久力の筋肉がつきますので、筋肉が肥大していきます。 3-1. 筋力トレーニングのときは意識を集中させる 筋力トレーニングをするときには、筋肉に集中して行いましょう。 決してテレビを見ながら行ってはいけません。 筋肉を使っている時は、 「筋肉を使っている意識」を持って行うことで、何気なく筋肉を使う時よりも、筋肉により負荷がかかりますので、効率的な筋力とレーニングになります。 ジムなどに行くと、 鏡の前でダンベルを持ち上げている方がいますが、 これは、 筋肉を見たり、意識することで、効果的に負荷をかけられることを知っているからです。 3-2. ご年配の方は無理をせず ご年配の方がスクワットトレーニングをする場合には無理は厳禁です。 無理に負荷をかけると腰を痛めたりする可能性があります。 腰が弱い方は、大股でのウォーキングをしたり、 椅子に座りながら足を上げ下げする運動などをして無理せず勃起力トレーニングをするようにしてください。 3-3. 豆知識:筋力トレーニングは男性ホルモン(テストステロン)を促進する!? 勃起力トレーニングには筋トレが良いことはわかったけど、 血流を促すだけで勃起力は増すの!?って思いませんか? 実は、筋トレは、精力を上げることに直結しています。 まず、筋トレをします。 筋トレをすると、筋肉細胞が壊れて、 脳は筋肉を修復させようと、テストステロン(男性ホルモン)を分泌します。 このテストステロンが勃起力を上げる元になるのです。 性的な刺激を五感から感じると男性の脳は、テストステロンを分泌します。 そして、テストステロンが神経興奮物質になるドーパミンを発することで、ペニスに血液が流れ込み、勃起するのです。 つまり、性的な興奮があった時に、 脳からテストステロンを出すことができなければ興奮せず、 勃起できない、もしくは勃起力が低下するのです。 勃起するために必要な テストステロンは筋トレをすることで、分泌させることができるので、勃起力トレーニングとして筋トレが有効なのです。 しかしながら、筋トレをしすぎると、 逆にテストステロンを消耗してしまいます。 筋肉修復にテストステロンを全て消耗してしまい、もともとあったテストステロンも消耗する可能性があるからです。 勃起力を上げる筋力トレーニングとしては、 ジムでガッチガチに行うようなものではなく、1週間に数回行う、体を痛めない程度の筋トレが最適なのです。 肺活量を上げると勃起力が向上するって本当!? 画像引用元:著書「腰痛実学」参照 勃起力トレーニングでもう1つおすすめしたいものがあります。 それは、 肺活量を上げるトレーニングです。 肺とペニスは血管で直接的に繋がっているので、肺を鍛えることで勃起力も向上します。 肺から取り入れられた酸素は血液中の赤血球と結びつき、全身の血管を流れていきます(血流)。 人間の体を代謝させるエネルギーを作り出すために酸素は必要不可欠なのです。 この酸素を取り入れる力が強くなることで、 血流がスムーズになってきますので、 結果的に男性器への血流も改善し、 勃起力が向上します。 肺活量を上げるトレーニング法としては、ウォーキングをしたり、水泳をしたり基本的に 「有酸素運動」によって可能となります。 しかし、忙しい現代において毎日運動することが難しいケースもあるかと思います。 その場合には、両手を横に広げて大きくゆっくり深呼吸することでも、肺活量は活性化します。 普段から運動ができない方は、ぜひこの両手広げ深呼吸を習慣にしてみてください。 勃起力が上がるだけではなく、持久力・体力も向上し、リラックスもできちゃいます。 勃起力トレーニングまとめ 勃起力トレーニングには、• PC筋トレ• BC筋トレ• 下半身のトレーニング• 有酸素運動で肺を鍛える この4つが有効的です。 PC筋、BC筋のトレーニングはいつでもどこでもできるので「習慣化」し、 できるときに、下半身と、肺のトレーニングをしてみてください。 必ず、勃起力が向上し、ED(勃起不全)、中折れを改善する糧となるでしょう。 「飲むだけ」の勃起力トレーニング? ここまでは、• 「筋肉を鍛えて」• 「血流をアップさせ」• 勃起力を強化しよう! という話をしてきました。 それに合わせて、 「内側」から勃起力を強化できる方法を紹介したいと思います。 「 シトルリン」というスイカなどのウリ科植物に含まれている成分は、 血管拡張作用があり、ED(勃起不全)や弱々しい勃起を改善してくれる効果があります。 スイカだけで勃起力を強化しようとすると、 1日にスイカを何玉も食べないといけません。 それは無理ですが、 サプリメントなら勃起力を強化するレベルの量を毎日摂取できます。 シトルリンが主成分になった精力サプリですと、「 バイタルアンサー」が実績もあり、 特に「30代〜40代」の男性に人気があります。

次の

【完全版】勃起力アップのために、今すぐできる10の方法

勃起 力

[ もくじ ]• 「スクワット」で中折れ防止! 勃起力をアップさせるために必要な筋トレとは何か。 例えばペニスに重りを取り付けて……なんて馬鹿な真似はしません。 あなたもよく知るあの筋トレが実は勃起力アップにつながるのです。 その筋トレとはズバリ「スクワット」なのです。 なぜスクワットをすると勃起力アップにつながるの? スクワットによって大殿筋、大腿四頭筋、大腿二頭筋などを鍛えて、勃起時の持続力の助長、血流の改善、勃起不全の防止に加えて、セックスを長時間できるだけの体力をつけられます。 またスクワットをすると筋肉量が増加するので、成長ホルモンと男性ホルモン(テストステロン)を増加させることができ、性欲が高まり、より積極的にセックスができるようになります。 またスクワットをすると勃起力に深い関係がある「骨盤底筋群」が鍛えられます。 「骨盤底筋群」は勃起時に流れ込んだ血液が外に逃げないように、ペニスの根本を締め付ける役割をしています。 つまりこの筋肉群を鍛えることで、血液が外に逃げにくくなり中折れをする可能性が低くなります。 正しいスクワットの仕方とは?• まずはムリのない回数から始めましょう。 なれてきたら徐々に回数を増やしていきます。 50回もできるようになれば、立派な骨盤底筋群になり効果を実感することができるでしょう。 「PC筋」を鍛えてペニスの強度アップ PC筋とは肛門から恥骨の間辺りにある筋肉で、主に排泄をする際に使われている筋肉です。 PC筋はペニスの根本を締め付け、勃起した時にペニスに流れ込んだ血液を逃がさないようにする働きをしています。 そのため、PC筋が衰えると勃起力も弱くなり、硬さもサイズも大幅に低下してしまうのです。 PC筋はインナーマッスルであり、体の表面からは確認できないぶん、衰えを自覚しにくいのです。 そんな目で確認することが難しいPC筋ですが、その衰えを自分で確認する方法があります。 尿の切れが悪くなったり、残尿感を感じるようになったら要注意。 加齢や運動不足によってPC筋が衰えている可能性大です。 PC筋と増大サプリメントとの関係性は? PC筋を鍛えることでペニスの根元を支える力が強くなり、ペニスの強度が増すため、中折れしにくくなります。 また、PC筋は性欲を感じて海面平滑筋が弛緩した際、ペニスに血液を送り出すポンプとしての役割も担っています。 なので、勃起時のサイズアップにも一役買ってくれます。 増大サプリメントなどに多く含まれるアルギニンやシトルリンはこれらの血流を促す成分です。 PC筋の重要性は理解していただけたでしょうか? ペニスを支える? そもそもPC筋は鍛えられないの? ペニスを支える筋肉を鍛えるなんてめんどくさいことをするより、ペニスそのものを鍛えたら? と思ったあなた。 実はこのPC筋、非常に簡単に鍛えることができるのです。 PC筋を鍛えることはペニスの根元を支える力を強くすることにつながり、その結果ペニスの強度が増すため、中折れしにくくなります。 また、PC筋は性欲を感じて海面平滑筋が弛緩した際、ペニスに血液を送り出すポンプとしての役割も担っています。 なので、勃起時のサイズアップにも一役買ってくれます。 PC筋の重要性は理解していただけたでしょうか? そこで今回は誰にでも簡単にできるPC筋の鍛え方を紹介します。 PC筋トレーニングの仕方 肛門運動の方法はとても簡単で、椅子に座りながらでも行うことができます。 ゆっくり肛門を締めていきます 5秒くらいかけて• 1を10秒間キープします• その後、力を抜いて5秒間休みます。 以上の動作を繰り返します。 5〜10回 肛門を引き締めたまま10秒間維持するのは意外と大変なので、慣れないうちは1回あたり5秒間のキープでもかまいません。 逆に慣れてきたら、キープ時間を15秒、20秒と伸ばしてみたり、セット回数を増やしてみたりすると、よりスピーディにPC筋を鍛えられます。 肛門を10秒間ぐっと締め付けるという簡単なトレーニングですが、これを5〜10回繰り返すことで、スロートレーニング(ゆっくり行うトレーニング)を実践することになり、より強いPC筋を作り出すことができます。 PC筋はどこにある?確認の仕方はこう! 肛門運動で鍛えるPC筋は体に奥にある筋肉なので、どこを意識して筋トレすればよいのかわかりにくいところです。 PC筋の場所を確認する方法は簡単で、排尿を途中で一度止めてみることです。 すると、ペニスの付け根あたりの筋肉が収縮しているのを実感できます。 そこがPC筋です。 どうですか? 確認できましたか? トレーニングの際は意識をPC筋に向けることでさらなる効果が期待できます。 また、「おしっこをしているときに、このPC筋を鍛えるトレーニングをして、おしっこを一瞬切る」という習慣をつけておくと、尿漏れ予防の効果も期待できます。 勃起力を鍛えつつ尿漏れも予防できる。 「BC筋」を鍛えて陰茎へ血液をどんどん流そう! PC筋の他にも力強い勃起に欠かせない筋肉があります。 それがBC筋です。 BC筋とは、Bulbocavernosus Muscle、すなわち球海綿体筋のことを指します。 この筋肉は精液の射精と排尿の調節に関連する筋肉で、排尿中に排尿を止めるとBC筋肉がどこにあるか感じることができると思います。 BC筋 上の画像で言えば、赤くなっている部分がBC筋です。 BC筋肉の強化運動を続けると、勃起時に陰茎への血液の流入が増し、より硬い勃起が可能となり勃起の持続時間も延びるなどの効果が期待できるようになります。 そして自ら射精を遅延させることのできるようになったり、早漏にも優れた効果が期待できるようになったりするようです。 また、前立腺や膀胱を安定させて前立腺肥大症や前立腺炎の症状を緩和する効果がある男性にとっては非常に大事な筋肉です。 日本人はBC筋が衰えている!? トレーニング方法は至って簡単で、先ほど紹介したPC筋を鍛える方法と同じ手順でBC筋も鍛えることが可能です。 まさに一石二鳥ですね。 現代人にとってこのPC筋、BC筋の両筋肉は衰えている可能性が非常に高いです。 特に日本人はその傾向が強いです。 一概には言えないものの、日本人は他の国々に比べて勤務時間が長いというデータも出ています。 勤務中は長時間座ったままデスクワークを強いられ、それ以外の時間でも、パソコンを見たりテレビを見たりと座っている時間がとても多いですよね。 座っている間は肛門が緩んだ状態になっています。 パソコンの操作に限らず、長時間イスに座っている姿勢が続くと肛門が常に緩んでいる状態となり、PC筋、BC筋がダメージを受けて衰えてしまいます。 普段からこれらの筋肉を鍛えるトレーニングは怠らないようにしましょう。 継続して行うことがPC筋、BC筋の筋力アップにつながります。 「鍛えすぎ」なオーバーワークには気を付けよう ここまでPC筋、BC筋の重要性、トレーニングの方法をお伝えしましたが、注意してほしいことがあります。 それは鍛えすぎによる筋力低下です。 PC筋を鍛えすぎると筋肉痛になります。 やりすぎて変な病気にかかったりEDになったりすることまではありませんが、トレーニングのしすぎはやはり逆効果です。 少しでもペニスサイズをアップさせたいからと言って、筋肉痛になっても「効果があるんだ」と考えて休みなくPC筋のトレーニングをしている方は要注意です。 休むことでより大きな効果が期待できる 一般的な筋トレでは、翌日以降に筋肉痛がおきます。 筋肉痛が起きている状態のまま筋トレを続けたりせず、痛みが取れるまでは一旦ストップする、という方が多いと思います。 グリコーゲンによって硬くなった筋肉は、十分な休みを得る事によって、より強固な筋肉となります。 トレーニングをしてから一旦休んで少しだけ強くなる。 またトレーニングして一旦休んでそれからまた少しだけ強くなる。 これが超回復です。 これとは逆に、休みを一切取らずにトレーニングを続けると、筋肉はトレーニング以前よりもどんどん落ちていってしまうんです。 これがオーバーワークです。 つまり、PC筋を休みなくずっと続けていくと、一般的な筋トレと一緒でオーバーワークになってしまい、鍛えているつもりが逆に悪化していくという最悪な結果につながります。 ですのでストイックにトレーニングしすぎないように注意しましょう。 ツボを刺激して勃起力アップ! 体には勃起力アップ、ペニス増大に効果が期待できるツボがたくさんあります。 ちょっとした合間にこつこつと続けることをおすすめします。 関元(かんげん) 別名「丹田(たんでん)」とも言われます。 へそから指4本分ほど下に下がったところにあるツボで、肝経や腎経、脾経などの性機能をつかさどる経路集まる場所で、精力増強や勃起力アップに効果があるとされています。 両手の親指で、息を吐きながらゆっくりと、力を入れずに押してください。 大赫(だいせき) へそから指4本分くらい下、体の中心線からやや外側にあるツボです。 睾丸に作用し、男性ホルモンの分泌を促進する働きが期待できます。 両手の人差し指・中指・薬指をそれぞれ左右の大赫にあてて、ゆっくりと呼吸をしながら押します。 強く押しすぎず、下腹部の脂肪が軽くへこむ程度にしてください。 ドライヤーの温風などで温めるのも効果的です。 「少し熱いかな」と思うくらいの温度で、火傷に気をつけて行ってください。 三陰交(さんいんこう) 足の内側、くるぶしから10cmほど上にあるツボです。 すねの骨と筋肉のちょうど間にあたります。 ペニスに血液を送るための信号や副交感神経を優位にしてくれるツボです。 ゆっくりと息を吐きながら5秒程度押し、また息を吸いながら5秒かけて離して下さい。 この繰り返しを5回程度行いましょう。 腎愈(じんゆ) 背中側、へその真後ろから4cm左右にずれたところにあるツボです。 腎臓機能を強化したり、副交感神経を優位にしてくれます。 腎臓はホルモンを分泌する重要な器官なので、ここを刺激すると成長ホルモンが分泌され、勃起力 アップに効果が期待できるそうですよ。 他にも勃起力アップの効果を期待できるツボやマッサージについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。 気になる方はぜひチェックしてみてください。 勃起力を高める食材を摂取しよう サプリなどに頼る前に、まずは自然の食材から勃起力アップが期待できる栄養素を摂取してみましょう。 牡蠣 牡蠣には亜鉛が多く含まれています。 亜鉛は人の体のさまざまな酵素やホルモンの働きを活性化させる重要なミネラルで、男性らしい体作りには欠かせない、テストステロンの分泌も活性化させてくれます。 勃起力をアップさせたい時に食べてみてくださいね。 うなぎ 夏バテに効くと言われ、土用の丑の日によく食べられるうなぎ。 牡蠣同様、亜鉛などのミネラルとタンパク質を多く含んでいます。 男性機能を高めるといわれ、ほとんどの増大サプリにも含まれている「アルギニン」に関しては、牡蠣の2倍以上も含まれています。 メロン・スイカ これらには、「シトルリン」という、こちらも増大サプリに含まれていることの多いアミノ酸が多く含まれています。 このアミノ酸には体の血行を促す効果があるため、メロンやスイカを摂取するとペニスへの血液の流れがよくなり、勃起力や持続性に効果が期待できます。 アボカド 「森のバター」とも言われるアボカド。 タンパク質の代謝を助けて、エネルギーを増加させてくれます。 カリウムを増やして男性ホルモンを生産する、ビタミンB6も多く含有しています。 まだまだ勃起力アップが期待できる食材はたくさんあります。 以下の記事でも、勃起力アップに効果的な食材をご紹介しています。 気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。 体を温めてペニス周りの血行促進 体が冷えると体温を保つために、手足など末端の血管が収縮し、血液を体の中心に送り込もうとします。 その結果、手足の末端の体温が下がる。 これが冷え性の原因です。 ペニスは体の末端の中でも特に毛細血管が詰まっているので、冷え性による血管の収縮の影響力が高く、勃起力が落ちる原因になります。 また、寒いときに陰嚢が縮むように、冷え性だと精巣への血流量も減ってしまいます。 お風呂にゆっくり入って血流をよくしたり、しょうが、ネギ、にんにくなどの体を温める食べ物を摂取することも効果的です。 さきほど紹介したスクワットやウォーキングで下半身を鍛えることも、冷え性予防につながります。 生活習慣を改める 些細なことだと軽視されがちですが、生活習慣を改めてみることで、勃起力アップにつながることもあります。 禁煙する たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮させ、血管壁をボロボロにしてしまう可能性があります。 さらにタバコを吸うことで、血中の酸素量も少なくなるため、細胞への栄養が滞ってしまいます。 喫煙者を好まない女性も少なくありません。 禁煙して損はありません。 ストレスをためない あなたは普段ストレスに対して上手に息抜きができていますか? ストレスが溜まると、自律神経が乱れ、血流が悪くなるだけでなく、脳の指令がどんどん鈍ってしまいます。 血流が悪くなるとペニスに栄養素が運搬されにくくなり、脳の指令が鈍る、勃起するための指令も鈍ってしまいかねません。 ストレスを感じないのは現代社会では難しいかもしれませんが、趣味や自分の時間を確保して、ストレスを溜めないように気を配ってみてください。 金冷法に挑戦してみる 実は昔からあるこの方法。 お風呂から上がる前に、冷たい水を睾丸に数分間当てて冷やす、といったものです。 この金冷法では、睾丸を冷やすことで、精子の運動率を高め、勃起力をアップさせることが期待できます。 では詳しく説明していきましょう。 体温より5〜6度低いくらいになるまでしっかり冷やします。 陰のうが引き締まり、しっかり収縮するのがわかるくらい冷えればオッケーです。 冷やすときは洗面器に水を張って、そこに睾丸を浸す、もしくは冷たいシャワーを当てるなどしてください。 1分間ほど続けて、睾丸をしっかり冷やしてください。 冷たすぎる水をかけると睾丸に負担をかけてしまうので、冷たすぎず耐えられる温度の水をかけるようにしてください。 温まってくると収縮していた睾丸はゆるんだ状態になります。 そのまま湯船に浸かってしまうのが手っ取り早くておすすめです。 1度だけでもいいですが、時間のある方は何度か繰り返すと、さらに高い精力増強効果が期待できそうです。 合わせてサプリメントを摂取する もしもあなたにお金の余裕があるのなら、これらの対策に合わせてサプリを試してみるのもいいでしょう。 勃起力アップのサプリには血液をより多く体に流す成分がたくさん入っています。 つまり、サプリでペニスにたくさんの血液を流し、その血液をPC筋や太ももの筋肉でしっかり保持する。 これが勃起力アップには1番効く流れです。 あとは血液をよりサラサラにしたり、ストレスを減らすために健康的な生活を心がけてください。 その生活を三か月ほど続ければ、あなたのペニスはかつての輝きを取り戻し、男としての自信がよみがえること間違いなしです。 さあ、手軽にできる筋トレから素晴らしいペニスを取り戻しましょう。 勃起力アップについて詳しく書かれている記事を紹介するので気になる方は参考にしてください。 おすすめ1.

次の