行 消し方 縦書き。 返信用封筒の「行・宛」の消し方!二重線は縦横斜め?

ビジネスマナーとしての返信時の行・宛の消し方と御中・様の書き方

行 消し方 縦書き

文字には「流れ」というものがあります。 流れに逆らわないように処理するのが美しいです。 ですから縦書きであれば縦の二重線、横書きであれば横の二重線としておく方が自然です。 最も「必ずそうでなければならない」という規定ではありません。 」 「…くだらないことを考えて…」 「その発想はなかった!」 とばかりに、ネット上のネタになったような話です。 笑い話としてはいいですけど、知恵袋で教えるようなことではありません。 行を消した後の御中ですが、これも「文字の流れ」に従って考えます。 「縦書きなら下、ないし左」でスペースによって判断と考えてみましょう。 縦書きの文字は「上から下へ、右から左に」読んでいくことになります。 右に書くと「流れに逆らう」ことになるので、そうならなければ下でも左でもいいです。 もちろん下にも左にもスペースがなければ、右でも別に問題ありません。 こちらも「必ずこうでなければならない」というルールではありませんから時宜に応じて適切に判断して下さい。

次の

封筒の宛先「行」の消し方・「御中」への直し方・封筒のマナー

行 消し方 縦書き

大人になると、自分宛てにさまざまな手続きのお知らせや招待状が各所から届きます。 それらの書類を読んで、書いて、いざ投函しようというとき、宛名をもう一度確認してみましょう。 宛名に「行」や「宛」と書かれていませんか。 もしかしたら正しい宛名になっていない可能性があります。 相手側の名前や会社名のあとに「行」と事前に印刷されていることに気付かずに、ただ自分の名前や住所のみを書いて出してしまったことのある人は多いでしょう。 「行」を消さずに送ることは受け取った側もさほど気にすることがないような小さなミスですが、ここが完ぺきにできていれば、社会人としてのマナーの基礎ができているという印象を与えられます。 宛名の消し方や直し方が分からない人のために、これから正しい「行」の消し方をご紹介していきます。 今現在消し方が分からずに困っている人も、今から覚えておきたい人も、ぜひチェックしてみてください。 手紙の「行」の消し方 手紙は多くの場合が個人に向けて書かれるものなので、宛名の氏名のあとに「様」を付けることになります。 もし送り先が会社全体や部署全体なら「行」を消してから「御中」を書きます。 消し方は、縦書きなら縦の二重線、または右上から左下に斜めの二重線を引いて消します。 縦書きの場合の「行」は漢字の構造上、縦の線だと見にくい可能性もありますので、斜めの消し方がおすすめです。 横書きの場合の消し方は横の二重線で消します。 手紙の封筒には必ず自分の住所や名前も記載することを忘れないようにしましょう。 何かの理由で返送されるとき、自分の住所が明確に表記されていなければ返送にも手間がかかり大変です。 また、自分の名前のあとには何も書かず、名前のみを書きます。 縦書きのはがきも斜めの二重線で まずは宛名の「行」を「様」に直しましょう。 消し方は、縦書きなら縦か斜めの二重線、横書きなら横の二重線です。 個人ではなく会社の招待状の場合は「御中」にします。 結婚式などの招待状には、「ご出席」や「ご住所」「ご芳名」といった敬称が使われています。 送った人が、受け取る人に敬意を持って使う言葉です。 そのため、このまま丸を付けて送ったり、「ご芳名」のままで名前を書いて出すのではマナーとして良くありません。 必ず「ご」や「芳」を消すようにしましょう。 ここで気を付けたい消し方のポイントは、「ご」など一文字のみの場合は斜めの二重線で消しますが、二文字以上の場合の消し方は縦書きなら縦の二重線で、横書きなら横の二重線で消すことです。 出席か欠席のどちらかを選択するときは、出席であれば「ご」を斜めの二重線で消した後に出席を丸で囲み、欠席を縦か横の二重線で消します。 出席の場合の敬称の消し方・書き方 せっかく招待していただいたけれど用事があったり時間が合わなかったりして出席できないときは、欠席に丸を付け出席を消します。 消し方はご紹介済みのとおりです。 そして、簡単でいいので欠席理由や残念であるという意思を書くといいでしょう。 例えば、「残念ではありますが、今回は所用のため欠席させていただきます。 」というように、本当は行きたいけれどどうしても行けずに残念という気持ちを表現することで、招待した人も気分を悪くすることはありません。 ただ欠席に丸を付けただけでは素っ気なく冷たい印象を与えてしまうので注意しましょう。 これらは細かいことですが、受け取った人に不快感を与えないようにしっかりマスターしておくことが大事です。 封筒の「行」の消し方・書き方 機関から送られてきた手続きなどのお知らせには、返信用の封筒が同梱されていることが多いです。 ほとんどは宛名にあらかじめ「行」や「宛」と印刷されていますので、「行」や「宛」を消して「様」や「御中」に修正する必要があります。 縦書きの場合、消した「行」の真下に様や御中を書くか、「行」の左隣に書きます。 消し方としては、ご紹介済みですが二重線で消します。 縦書きの場合は縦に二本、横書きの場合は横に二本の線を引くのが正しい消し方です。 定規を使った二重線で消す人もいますが、まっすぐすぎると初心者や幼いという印象を与える場合もありますので、フリーハンドで書くか定規で書くかは状況に応じて使い分けましょう。 返信用封筒を作成する場合の「行」の書き方 「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。 また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!.

次の

宛名の「行」の消し方・「御中」への訂正方法|封筒/手紙

行 消し方 縦書き

行を御中や様に訂正する宛名の消し方と書き方のマナーについて紹介しています。 返信はがきや返信封筒には最初から送り先の住所や名前が印刷されています。 その場合、名前の下の行を御中や様に変更する必要があり宛名の消し方や訂正の仕方にマナーがあります。 では、ここでは相手への宛名をどのように訂正したらいいか?「行」の消し方と書き方を紹介していきます。 宛名の行を御中に訂正する場合とはどんな時?• 宛名の行を様に直す場合とはどんな時?• 行の消し方や訂正の仕方とは?• まとめ スポンサードリンク 宛名の行を御中に訂正する場合とはどんな時? 返信ハガキや封筒の宛名に「行」と書いているのは、自分をへりくだって言っている言い方です。 その為、相手に送るときに 「行」をそのままにしておくのは失礼に当たります。 ただ、「行」は必ず「御中」に訂正すると勘違いしている人も多いようなので注意が必要です。 確かに「行」は訂正をする必要がありますが、必ず「御中」に変えなければいけないというわけではありません。 行を御中に訂正するのは会社宛や部署宛の場合! 返信はがきや返信封筒の宛名を御中にする場合について紹介します。 宛名を「御中」に訂正が必要な場合というのは、 送り先が個人ではなく会社の部署など宛名が個人名でない場合です。 その団体もしくは会社の人であれば誰が見ても問題ないものを送る際に使用するのが「御中」となるのです。 宛名の行を様に直す場合とはどんな時? 先ほど、宛名の「行」を「御中」に訂正する場合のことをお話ししました。 会社や団体など多くの人が対象になるような手紙を送る場合の宛名の場合には「御中」を使用します。 では、個人にあてる場合にはどうすればよいのでしょうか? 宛名の行を様に修正するのは個人宛ての場合! 宛名の行を様に修正するのは、もっとも簡単だと思います。 年賀状などを知り合いなどの個人に贈るときにはどのように宛名を書きますか? もちろん最後に「様」をつけると思います。 これは相手から往復はがきなどをもらったときも同じです。 送る相手が個人名であった場合は宛名の最後の「行」を「様」に訂正するのがマナーです。 スポンサードリンク 行の消し方や訂正の仕方とは? 返信はがきや封筒を送るときにあらかじめ宛名の最後に記入されている「行」という文字を訂正し「御中」や「様」に書き直さなければならないということはわかったと思います。 しかし、意外と忘れがちなのが正しい「行」の消し方です。 「行」の消し方で絶対に行ってはいけない方法があるんです。 それは修正液で消してその上に「御中」や「様」を記入するという方法です。 修正液を使うということは、「あなたの書いた行は間違っていたので訂正しておきました」という意味になり、これは相手にかなり失礼にあたることです。 では、正しい「行」の消し方とはどのような方法なのでしょうか? 行の正しい消し方とは?縦書きと横書きで違うの? 宛名に書かれている「行」といっても• 縦書きの場合• 横書きの場合 と、いろいろなパターンがありますよね。 縦書きに宛名の名前が書かれたものの場合には右上から左下にかけて二重線で消します。 まっすぐ真上から真下でも間違えではありませんが、消してあることが見づらい場合もあるので斜めに消す方が間違いありません。 横書きに宛名の名前が書かれている場合には真横の二十線で消すのが正しい方法です。 行に訂正線を入れる時の線の引き方とは? そしてもう一つ気になるのが消す線のひき方。 定規で引いてもフリーハンドでも問題はありませんが、定規で引くと幼い印象を与えるのでフリーハンドのほうがよいでしょう。 御中や様を入れる場所とは? 「行」を正しく消したら「御中」や「様」をどこに書けばいいかも問題ですよね。 横書きであれば「行」の右に書くのが一般的です。 縦書きも真下に書くのがよいという人もいますが、中には右横や右斜め下・斜め左下に書くのがよいという人もいるので統一されていません。 しかし、どれもマナー違反とは言えず、とりあえず真下か左斜め下であれば無難のようです。 まとめ 今まで何度も「行」を訂正したことがあった人でも知らなかったことがあったのではないでしょうか? 相手にはがきや封筒を送る場合の宛名というのは大切なものです。 少なくてもマナー違反にならないように正しく宛名を消し訂正することが重要になってきます。

次の