リゼロ 設定 特徴。 スロット|リゼロの高設定と低設定の特徴や挙動を超々分かり易くまとめてみました!!

【パチスロ】リゼロの設定6はスランプグラフで丸分かり!

リゼロ 設定 特徴

この記事の目次• かっこ内の%は判別要素としての重要度の比率です。 順に解説させてもらいます。 実践値からの推測ですが、できれシナリオの選択率が 設定12の低設定域では10%以下、 設定6で70%程度の確率差があり、 設定判別はほぼこれだけで済むのではないかというくらいです。 実践上、 設定4で20%~30%と推測 注意点は、 引きツヨで自力シナリオなのにクジラに連勝してしまうパターンですが、これはシナリオ中にクジラに全勝しているか、強ATか弱ATか、コンビニ非経由かどうかを見ればほとんど見誤ることは無いと思います。 低確弱チェリーからの体操当選率 設定12では10%程度、 設定6では20~25%程度と推測されます。 例えば設定6でも朝イチ1発目の有利区間選択で、いきなり自力シナリオのモードA天井を選択してしまう場合もあります。 設定6を捨ててしまう可能性のある展開です。 そういった展開でも、 低確弱チェリーからの体操当選率がやけに高ければ、もう1周様子を見るという判断が出来ます。 レア役を連続で引いた場合や、夕方ステージ 高確率状態 で引いた弱チェリーはサンプルから除外しましょう。 体操ループ当選率 体操ループは、体操後に移行する可能性があります。 ループ中はハズレを含む全役で毎ゲーム体操を抽選します。 レア役を何も引いてないのに体操に当選したらこのループに当選していた可能性が高いです。 ループがやたら長く続くことがあるので、ループにはショートやロングがあるかもしれないです 設定1、2では体操がほとんどループしないのに対し、 設定6では体操後20%から25%程度移行すると推測されます。 注意点は、体操ループに当選しても体操自体に当選する前にループから転落する可能性があることです。 これは転生でいうところの伝承ミドルに入ったけれど、天破に当選する前に伝承から転落するのと原理的には同じです。 ただしこの場合も、 演出から体操ループの当選を確認できる場合があります。 1つは 夜ステージへの移行 クジラ本前兆or体操ループ状態確定 、もう1つは プチ前兆です。 リゼロはどんな些細な演出 セリフ演出とか でも、発生した時点でリゼロポイントの獲得or前兆 フェイクも含む が確定します。 体操ループ中は、なんらかの演出が起こり、ポイントの獲得も無し レア役を引いてない事が前提 という プチ前兆が頻発します。 体操には当選しなくてもプチ前兆が頻発していた場合、体操ループには当選していたと判断できます。 ただ、もしかしたら体操ループフェイクのようなものもあるかもしれないので過信は禁物です。 あくまで 他の判別要素の補助的な要素です。 高設定のツモり方 朝イチの立ち回り、見切り 私事で申し訳ないですが、僕はかなり見切りが早い方です。 僕の立ち回りは 高設定を捨ててしまう可能性をある程度ふくんでいることを先に書かせて下さい。 早めに見切ることで、その後第2の矢を継げたり、リセット狙いなどの期待値稼働への移行しやすいからです。 低設定を長時間打ってしまってお金と時間を失うリスクを減らして、高設定はなるべく捨てないというのが僕の立ち回りスタンスですのでその点をお許しください。 1回目の有利区間ができれシナリオの場合 1回目の有利区間ががちシナリオの場合 それぞれについてどうするべきかを書かせてもらいます。 1回目の有利区間ができれシナリオの場合 迷う必要なしで続行でOKです。 ただし、その日に高設定は1台しか入ってない確信があってかつ他の台で確定演出が出たなど、特殊な場合を除き続行で良いです。 最も設定差が大きい要素ですが、 低設定でもできれシナリオを引く可能性はあるので、過信は禁物です。 基本的には 3回目の有利区間まで様子を見ます。 その最中での挙動や、他の候補台の挙動次第で見切りを考えます。 1回目の有利区間が自力シナリオの場合 低確弱チェリーからの体操が1回も無ければ基本即やめです。 ただしその日に高設定が入る確信があり、かつ他の候補台も全台自力シナリオスタートだった場合は可能性が残るので続行します。 低確弱チェリーからの体操が何回かあった場合、もう1周様子を見ます。 ただし、他の候補台ができれシナリオスタートの場合は即やめです。 見切りが早過ぎるとは思いますが、リゼロの場合打ち始めてしまうとA天で最悪1時間拘束されるので、僕の場合はあえてそうしています。 高設定を捨てないことを重視するなら、 有利区間2回分は様子を見ても良いとは思います。 2回連続で自力シナリオだった場合は、諦めて見切るのが良いと思われます。 高設定のツモり方 後ヅモ 実際のホールで、 どういう台を打つべきか、 どういう台はスルーするべきかを書かせてもらいます。 画像付きで解説していきますので、実践において参考にして頂けると嬉しいです。 また後ヅモに限らず、ホールデータをチェックする時に、その店でその日に 高設定が使われていたのかどうかの判別にも使えると思います。 低設定の特徴、 高設定の特徴を画像付きで解説させてもらいます。 小さくてすみません。 拡大してご覧ください。 この台は終日で3500枚ほどプラスになっていますが、 低設定の可能性が高いです。 確かに出玉は出てはいますし、後半は早いゲーム数でクジラに全勝しています。 一見、できれシナリオにも見えますが・・・ これは、できれシナリオでは無く、 ヒキで自力でクジラを倒しまくっているだけの可能性が高いです。 なぜそう判断できるのかと言いますと、AT1回当たりの 獲得枚数が多すぎる 強AT からです。 この後に載せる、高設定のデータと比べて頂けば分かりやすいと思います。 強ATは1000枚前後~の獲得枚数になる事が多く、 逆に 弱ATは400~500枚くらいの獲得枚数と 2倍ほどのAT性能の差があります。 スランプからの情報だけでも高設定のものと見比べると、上昇下降が荒く、恐らくこの日この台では できれシナリオが選択されていないだろうと推測できます。 できれシナリオによる弱ATではなく、自力シナリオによる強ATの連続で出ていると判断できます。 既に書かせてもらった通り、この台の 大きな設定差はできれ シナリオの選択率にあります。 つまりこの台は低設定の可能性が高い、と推測できます。 朝イチからクジラに全勝しガッツリ右肩上がりになっている空き台を見つけても、 慌てて打ち出す前に一度冷静になり、それができれシナリオによるものなのか、 自力シナリオによるものなのかを判断してみてください。 しつこいですが大切なことなので繰り返させてもらいます。 この台の 大きな設定差はできれシナリオの選択率にあります。 そしてできれシナリオを見分けるポイントの一つは1回当たりのATの獲得枚数です。 抽象的な表現ですが、ぐんっと伸びている台よりも、 ギザギザ揉まれてシビレをを切らしてやめられた台の方が高設定の可能性が高いです。 小さくてすみません。 拡大してご覧ください。 先ほどの低設定濃厚データと同じように、早いゲーム数でAT突入を繰り返していますが、 大きな違いが2つあります。 1つ目は1回当たりのATの獲得枚数が少ない事です。 400~500枚前後の獲得枚数になっていて、弱ATが連続していると推測できます。 これが 典型的なできれシナリオ挙動です。 2つめは直撃ATが含まれることです。 自力シナリオの時にもごく稀に直撃ATを引くこともありますが、 ほとんどの直撃ATはできれシナリオ中に起こります。 特にこのデータでは、早い当りからの弱ATが連続していますので、 この直撃ATは この有利区間ができれシナリオであると断定できる要素になっています。 グラフからの情報だけでも、上昇下降が細かくギザギザしており、 一日を通して、有利区間選択の際に 何回もできれシナリオを選択していると推測できます。 おまけ 設定4、もしくは5の可能性が高いデータ 上昇下降が緩やかな、ギザギザ区間が何度か確認できます。 おそらく 3回ほどできれシナリオを選択していると推測されますが、 設定6というには終盤のグラフの形が荒いです。 自分がこの台を打っていたら、中盤までは設定6を意識していると思います。 確定演出の有無にも寄りますが、終盤の自力シナリオの連続から、 最終的には設定4か5という判断を下すと思われます。 最適なヤメ方 いずれの場合も コンビニから抜けた時にやめるのが基本になりますが、 なぜそうするのかの解説をさせてもらいます。 ハイエナ、もしくは低設定を見切る場合。 非有利区間 コンビニ から有利区間 温泉orひざまくら に入ったところで、 ステージを確認してヤメるのが基本です。 温泉かエミリア 銀髪 ならヤメ、 レム 青髪 かラム 赤髪 ならその有利区間が終わるまで続行です。 レムはモードB以上確定、ラムは天国か鬼天国確定です。 現状、温泉orひざまくらを消化して、カードのレアリティを見てやめられている台 32ゲーム前後 が多いですが、 実践上個人的には カードのレアリティを確認する行為に期待値は無いと思っています。 根拠は2つあります。 1つ目は カードのレアリティの信頼度が低い事です。 この台、 SSRが出ても平気でもA天に行きます 笑 そしてSSSRはめったに出ません。 現実的に出る可能性のある最上位示唆の SSRカードすら信頼出来ないので、そのために30ゲーム回す価値は無いと思われます。 2つめはこの台の仕様上、有利区間開始30ゲーム間は 当たる可能性がほぼ0だからです。 当たりを引ける可能性がそれなりにあるならまだしも、この台の場合は30ゲーム間に使用する コインをほぼ100%捨てる事になります。 1000円辺り50ゲーム前後のベースですので、30ゲームで使用するコインは30枚、約600円です。 600円払って、信頼度の低いカードを確認する価値があるとは思えません。 高設定を打ち切る場合のヤメ時 閉店時間との兼ね合い 結論から言わせてもらいますと、閉店時間から逆算して 2時間を切った時点でコンビニでヤメ推奨です。 この台の仕様上、有利区間は最大1500ゲーム続きます。 残り時間が2時間を切ると、せっかく良いシナリオを引いても、その シナリオを最後まで消化出来ない可能性が出てくるからです。 悪いシナリオを引いてA天まで持っていかれる確率と、いいシナリオを引いてそれをすべて取りきる確率とのバランスで出玉率が決まっています。 残り時間が少ない場合、 A天まで持っていかれる確率は変わらないですが、いいシナリオを引いたときに 獲得できる枚数が減ってしまうので、 出玉率の低下が起こります。 また精神衛生上も良くないので、しっかり取り切れる残り2時間くらいが目安になると考えます。 有利区間ランプについて 有利区間の終わるタイミングがたまたま 閉店時間にかなり近くなってしまった場合、 コンビニを回してひざまくらを確認する価値すら無いので、 AT終了画面 もしくは白鯨終了画面 で 有利区間ランプが消えたらその場で即ヤメ推奨です。 有利区間ランプが消えた場合、復活も有利区間継続も100%ありません。 少し得をする小技。 ひざまくらを確認してヤメる時、1ゲーム分得をする小技。 コンビニでスバルの顔がドアップになり、セット完了の文字が出たゲームでクレジットを落とします。 その後、1枚手入れで投入すると、1ゲーム余分に回さずにひざまくらステージの確認が出来ます。 AT完走時に枚数調整で獲得枚数を増やす小技。 AT完走が確定すると右上に総獲得枚数が表示されます。 例えば2390枚獲得している状態で最後のベルを取ると、総獲得枚数は12枚足して 2402枚となります。 15枚ベル-BET3枚=12枚増 この時、わざと押し順を無視して2399まで調整し、最後のベルを取ったとすると、総獲得枚数は 2411枚となり、少し 獲得枚数を増やすことが出来ます。 完走する機会はそんなに多くは無いですが、ほんの少しでも出玉率を上げるために活用してみてください。 注意点は、 枚数調整中に共通ベルを引いてしまい 取りこぼせないため 都合の悪いところで2400枚を超え、逆に獲得枚数を減らしてしまう可能性があることです。 なお 2400枚ちょうどでは終了しない 2400枚を超えたら終了 ので、 理論上の最大獲得枚数は2412枚になります。 最大獲得枚数を目指す方はまず 2388枚に調整して、そこからベルを2連続で取るようにすると良いと思います。 2400枚に調整しようとすると、調整中に共通ベルで事故が起こる可能性がありますが、この方法だと事故が起こりにくいからです。 今回の記事は以上になります! 少しでも皆さんのリゼロライフが良いものになる事をお祈りしております。

次の

リゼロ|設定差・判別のポイント・確定画面

リゼロ 設定 特徴

この記事では• モード移行率• ゾーン当選率• コンビニでのお釣り出現率• 弱AT 低性能AT 当選率• 白鯨攻略戦終了画面・AT終了画面の出現率• 設定4と6の判別ポイント についてまとめています。 いま大人気なリゼロでですが最も厄介なのが 大量にばら撒かれている 設定4の存在…。 「 解析も全部出ていないし、 設定4なのか設定6なのか分からない…。 」 完全に見抜くのは難しいですが 比較する際の参考になればと思います。 それでは詳細をご覧ください。 8 終日平均回数 平均10. 1回 平均17. 5回 終日稼働時の 特定回数以上 当たる確率 15回以上…9. 終日でRUSHの初当たりが20回を超えると 設定6の可能性がグンと上がりますね。 設定6の初当たりが取れやすい理由を 下で詳しく説明していきます。 有利区間引き継ぎ確率 実践値 設定 引き継ぎ確率 4 62. リゼロは白鯨攻略戦やAT終了後に コンビニステージへ移行せず、 有利区間を引き継ぐ場合があります。 実践上白鯨攻略戦後の引き継ぎは 次回のモード移行率にそれほど 影響を与えないことが判明しており… 逆に AT終了後に引き継いだ場合は 次回のモードが優遇されることになります。 実践上、設定6だと2回に1回以上は コンビニを経由していませんが、 設定4はこれよりも劣ると言われており、 このあたりも判別の参考になるかと思います。 *表の設定4の実践値はサンプル数が少ないので これよりも少し下がると予想しています。 有利区間継続で一番重要なのは 通常Bからの引き継ぎ確率。 他にも思うこと多々在りますが、一番重要視してるのは、 「B負けからのコンビニ非経由」 — スロリーマン 大阪 DDTR33 私の唯一の持ってる4と6の履歴です😅ツモれてないので🤣 4はBで有利区間が切れまくる😐 6はB1発ではまぁ切れない🙄 オレはそこを1番重視してるけど…あまり上打ててないのであてにならないかもです😅 — ジン 番長3 gloomy109 本日レムラムパネル如何でしたか? 新パネル導入でまた設定状況が盛り上がると良いですね🐰 では少し設定4と6についてを語ってみます。 設定4では通常Bからの引き継ぎ自体 なかなかお目にかかれないそうです。 この点は設定4・6判別において かなり重要なポイントとなりますね。 また、一度ループに突入すれば 途中で途切れづらいのも特徴で 何度も引き継ぐパターンは 設定6の期待度がUPすると思ってOKです。 結論として設定4に比べて設定6は どのモードに滞在していても 有利区間の引き継ぎはされやすいが、 中でも通常Bからの引き継ぎは設定差大! ということになります。 他には同じ高モード中であったとしても 初当たり確率に差があるのでは? という風にも言われていますが… ただその点に関しては あまり意識しなくてもいいかなと思います。 高設定濃厚台の朝一ゾーン振り分け実践値 *サンプル条件は下記リンク先に記載 *引用元:さん 上のデータは全て実践値です。 注目したいのは 通常Aが確定する555Gを超える確率。 設定6の初当たり683件のデータで 4. 設定6は通常Aへ移行しづらいことが分かります。 設定4と設定6は 有利区間スタート コンビニ 時の差は そこまで大きくありませんが、 コンビニ移行が4のほうが多い分、 大ハマりに繋がりやすくなりますね。 ただし、展開が悪ければこんなことも…。 ねぇ、ちょっとイキっていい?🙄 リゼロ朝から打ってたのよ。 モードA天井の750ゲーム3連続で踏んだのよ。 3連続750ハマりね? 456確すら出てない、捨てるやん?普通。 設定6の550G以降の当選率を見ると分かりますが、 低モード滞在時は白鯨戦を突破しづらい仕様です。 本来はハマるほどアイテムを獲得できるので 突破しやすいように思えますが、 低モードの方が異世界体操に入りづらいと 多くの人が言っています。 設定6は4と比べると、 表示されている継続率以上に突破しやすいです。 ジゴク耳さんによると通常Bの突破率は 設定4…約4. 5割、設定6が約7割程度ですが 設定6はさらに入りやすいとの情報も。 9割近いのでは?という意見もあります。 では、「 通常Bで負けて有利区間を引き継いだ」場合。 でも述べたとおり、 通常B滞在時の有利区間の引き継ぎは設定6の特徴です。 この場合は白鯨に負けてはいますが、 設定6の期待度UPと思ってOKです。 白鯨に負けること以上に 通常B滞在時の有利区間引き継ぎは 設定6挙動であるということです。 突破率に差がある理由の予想として 初期撃破率・内部白鯨数が優遇されている という線が可能性としては高そうです。 初期撃破率に関してはレムの連打で 見分けられることがあるので 「一撃」ではなく「連打」を選択しましょう。 これ6以外でほぼ見たことがない…。 6以外で見たことある方いらっしゃいますか??🤔🤔 下でも振り分けあるだろうけど結構設定差ついてそう。 — 有太郎 zenzai060237 こちらは設定6以外では ほぼ出現しないのでは?と言われています。 設定4濃厚台でも出現が確認されており、 確定演出などではなさそうです。 朝イチ以外のお釣り演出出現率 実践値 設定 246円 456円 666円 2 19. 246円… 偶数設定確定• 456円… 設定4以上確定• 666円… 設定6確定 確定演出は比較的出やすいですが、 朝一だけは注意が必要です。 コンビニのお釣り演出は朝イチは 出現しづらいという実践データが出ています。 カニ歩きするのもいいですが、 4以上でもなかなか出現しなさそうですね。 そして朝イチ以外の出現率は SNSでの反応、実践値を参考にしたところ 設定4と6の出現率はさほど変わらないと予想。 モードCor引き戻し滞在時の弱AT選択率• 弱AT…おねだりアタック中の上乗せが冷遇される• 強AT…おねだりアタック中の上乗せが優遇される と覚えておきましょう。 平均的な上乗せの目安として• 弱AT…約50ゲーム上乗せ• *7を狙え演出は7を揃えて 上乗せゲーム数を確認するのがおすすめです 逆に強ATの場合は10Gが基本で、 他も上乗せしやすくなっています。 通常A or 通常Bに滞在している時は 弱or強の見極めをしましょう。 どちらも弱ATが出るほど設定6に期待できます。 特に設定判別に使えるのが 通常B滞在時のAT性能に関して。 通常Bで強ATが出てくれば 危険だという認識でいて大丈夫です。 他の高モードに関しては 4と6に関係なく基本的に弱ATに当選します。 設定 通常 花 夕陽 夜 ヒロイン 1 93. 設定6は通常画面を選びづらく、 花を選択しやすい傾向があります。 AT終了画面設定6実践値 設定 通常 ペテルギウス 幼少期 王戦候補 温泉 6 65. ペテルギウスは高設定ほど出やすく、 設定4と6の判別に多少役立ちます。 *設定4の幼少期の出現率が高いのは サンプル不足が原因 また、設定6確定の温泉画面は 出現率がかなり低いと思われます。 星矢SPのように設定6よりも4の方が 設定4以上確定が出やすいというのは リゼロにはなさそうです。 比較すると設定6の通常B滞在時は• 当たり終了後に有利区間を引き継ぎやすい• ほとんどが弱ATに当選する これら3つはとても重要になってきます。 通常B滞在だと判断できた場合は 必ずチェックしておくようにしましょう。 設定4でも103. 今回ネット情報と自身のデータを合わせて 記事を書かせていただきましたが、 もしご意見、実践履歴などあれば ぜひコメント欄などに書いてください。

次の

【Re:ゼロ(リゼロ)設定6徹底解剖】Re:ゼロの設定 6 は白鯨攻略戦の勝率が鬼がかっている!?

リゼロ 設定 特徴

ゲーム性 通常時 G数解除がメイン CZ「白鯨攻略戦」 継続バトル突破型のAT ベルナビ5回保証 継続率に応じて撃破抽選を行う AT「ゼロからっしゅ」 G数上乗せ型 減少区間なし ボーナス 契機…青7揃い or 白7揃い or 超ゼロからルーレット 継続G数… 20G EPボーナス時は 50G 通常時はゲーム数解除がメインです。 まずは出玉区間「 白鯨攻略戦」を目指し 白鯨攻略戦を突破すればAT「 ゼロからっしゅ」へ。 白鯨攻略戦は継続バトル突破型のボーナスで、 通常時に白鯨攻略戦に役立つアイテムが 手に入る可能性もあります。 白鯨が1体目・2体目・3体目と出現し、 3体全て撃破できればAT突入確定です。 AT「 ゼロからっしゅ」は減少区間無しの 純増8枚。 必ず特化ゾーン「 おねだりAttack」に突入し、 初期ゲーム数を決定します。 *設定1の初期G数平均は100Gと言われています ベルナビによるパネルアタックやレア役で G数上乗せ・特化ゾーンなどを抽選しています。 設定判別ポイント ヒロイン集合は 設定6確定!• 初当たりの当選ゲームを見るだけでなく、フェイク前兆などを見て滞在モードを 推測していきましょう。 まず1つ目は上の表の「 モード毎の特徴」「 モード判別方法」を見て現在の挙動と当てはめてモードを判別してください。 2つ目は温泉・異世界体操・ひざまくらステージ終了時に出現するカードによるモード示唆です。 *PUSHボタンを押す必要あり 通常A以外に滞在しやすい高設定は必然的にレアカードの選択率が高くなります。 最近のだてめがねさんの動画投稿等を見て個人的に応援したいという気持ちが強まりました。 モード移行は鬼天国のループ性や偶数では似たような挙動に騙される可能性がありますので、一番はコンビニ経由率、白鯨勝率と想定しております。 終了画面はペテルギウスは偶数示唆、温泉は次回256位内解除確定、王候補集合は456確定、幼少レムラムは6確定です。 おそらく通常時のペテルギウスセリフはA否定だと思われますが、右下のキャラ出現は未だ共通点が見いだせておりません。 少しでもお役に立てば幸いです。 これからも応援しております。 以前3台分のデータを投稿したものです。 有利区間が残り600gを切らないとほぼコンビニ移行しないのが特徴です。 出玉の差は、A天が選ばれてしまったときに自力で解除できるかにかなりかかってると思います。 今日、これ設定3でしょうって台を打ちました。 設定3以上確定の白鯨終了画面を3回確認。 幼少期レムラムの終了画面を2回確認。 246確定や、456確定は終日確認できず。 おそらくですが、幼少期レムラムは番長でいうところの金閣寺のような終了画面というのが個人的な予想です。 となると王戦候補は456確、温泉は6確になるのではないでしょうか。 偶数設定は246確定の演出がちょこちょこ出るイメージですが、今日打ったリゼロは246確定が一向にでない割に3以上確定やら幼少期レムラムがちょこちょこ出る感じでした。 金閣寺のようなものと踏まえると、設定1でも細い確立で出現するのかもしれません。 実質的に3以上の可能性がかなり堅くなる示唆 5の期待度が最も高い だと思われますが、3だと微妙すぎるので他の示唆と照らし合わせつつ高設定に期待。 といった感じですかね〜 白鯨の設定3以上確定の終了画面も、3と5だとでやすいとかあるのかもです。 王戦候補だったり456円を確認した台では確認したことないので。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の