医療 事務 ユーキャン。 ユーキャン 医療事務講座 内容・口コミ・資格名・合格率

医療事務資格の勉強法

医療 事務 ユーキャン

学習だけでなく、資格試験も在宅受験が可能で、小さな子供がいて自宅を離れられないとか、忙しい人にも向いている講座内容です。 月々3,800円~講座受講が可能で、安さももちろんですが 分割支払にしても、一括払い(49,000円)よりもわずか400円高いだけの金額(49,400円)で受講できることも魅力だと思います。 さらに資格取得後の就業サポート体制も整っています。 医療事務講座で取得出来るのは、技能認定振興協会が主催するで、この試験はソラスト(旧ニック)の講座でも目指す資格となっています。 ユーキャンではこの試験の在宅受験が可能です。 (1)か(2)のいずれかに当てはまる人が対象です。 医療事務講座の標準学習期間は半年となっていて、短期間で資格取得が目指せます。 医療事務講座の料金は一括で49,000円ですが、 教育訓練給付制度を利用すると20%が戻るので、39,200円で受講ができます。 修了認定証がもらえる ユーキャンでは、修了認定試験に合格すると修了認定証がもらえます。 これは講座で医療事務の知識と技能を身に付けたという証明になり、履歴書にも書く事ができるそうです。 ただ、この修了証だけではあまり役に立たなかったという情報もあるため、やはりきちんと医療事務管理士(R の認定試験には合格するつもりで勉強していった方が良いです。 「就職ガイド」で就職活動サポート 「就職ガイド」という冊子がもらえ、これには ・どんなところで働けるのか ・実際にどんな仕事をするのか といった医療事務の現状が分かるようになっています。 それに加えて ・就職活動をする際何をすればよいのか ・面接時に好感をもたれるポイント ・病院の採用担当者のインタビュー などなど「就職活動虎の巻」として重宝出来る仕上がりとなっているそうです。 その他、履歴書の書き方お手本や、ユーキャンの修了生用の履歴書用紙などのセットも付くとか。 履歴書の書き方のお手本は、なにげに役立つと思います。 どのように書いたら良いのかすぐわかります。 人材派遣会社にスタッフ登録できる アデコ(株)に無料登録ができます。 大病院を中心に、医療事務職員は派遣会社へ委託するケースが急増しているため、派遣という選択肢を考えている方は是非検討してみて良いと思います。 メールで質問出来たり、掲示板で受験生同士コミュニケーションが取れるようになっているそうです。 ユーキャンは試験の在宅受験ができる 技能認定試験は、会場受験ももちろんできますが、ユーキャンの修了認定試験に合格後、受講期限内に実施される試験の在宅受験資格が得られます! お子さんが小さいとか、遠くの受験会場まで行けない、または忙しいなど理由がある方も安心して試験が受けられます。 ユーキャンの実績は? 医療事務講座で目指す資格であるの平成20年度の合格者は10,764名だったそうですが、そのうち3,405名がユーキャンの受講生だったそうです。 (全合格者の3. 2人に1人がユーキャン受講生) 資料請求して来た資料の中に 、マンガで分かる「医療事務」という冊子が付いていて、まさに進研ゼミで良く来るマンガ付きパンフレット、みたいな感じなのですが。 分かりやすく解説してあるので、ユーキャンが気になっている人はもらってみる価値ありです。 医療事務講座は必ず比較してから決めるべき!です。 1度の入力で、複数の医療事務講座の資料請求ができます(無料です) 医療事務講座の資料をまとめて請求して比較できます。 【取得資格+就職サポート+料金+教材を総合的に比較しました】 【第1位】 合格率75%の資格を確実に目指し、かつ 医療事務の最高峰試験である、診療報酬請求事務能力認定試験を最終的に目指せる。 とても現実的だし、W取得はかなり安心感があります。 基本の医療事務講座にプラスして、医事コンピュータ、レセプトチェックなどオーダーメード感覚で学びたいものだけ受講が可能というのも評価点が高いです。 就職支援制度も手厚く、求人内容もパート・正社員・派遣と豊富。 なかでも 正社員の求人数の多さが最大の魅力です!堂々の総合第1位です。 【第2位】 40年以上の歴史を持つ医療事務講座。 ニチイの修了生5万人以上が現在医療機関で働いていて、実績&信頼が厚いです。 年間6万人が受験する、日本最大規模の試験医療事務技能審査試験を目指します。 契約医療機関数は11,000件。 医療機関との太いパイプが就職サポートを後押ししてくれます。 通学、通信にWeb上で学べるWebカレッジも加わり、益々学習スタイルが選びやすくなりました。 認定試験には対応していないため、総合比較第2位です。 【第3位】 医療事務の最高峰&最難関試験である 診療報酬請求事務能力認定試験に対応。 そのほか医療秘書資格、医事コンピュータ資格等最大5つの資格が目指せます。 「医療保険士」資格は 100%合格保証制度付き。 就職サポートはヒューマンリソシアによる就職先の紹介となります。 5つの資格を取得できるのは魅力大!ですが、料金設定が高めなため総合第3位です。 他の講座とも比べてみましょう!•

次の

ユーキャン 医療事務講座 内容・口コミ・資格名・合格率

医療 事務 ユーキャン

医療事務の学習を通信講座でやろうと考えているけれど、有名どころはニチイ学館とユーキャン、どっちがいいの? そんな、よくある疑問。 ほかにもソラストやヒューマンアカデミー(たのまな)といったあたりが大手ですよね。 医療事務の通信講座を受講する場合、この大手4社のどれかを選んでいる人が大多数なはず。 今回は、これらの医療系(医療事務)通信講座大手の4社について、いったいどっちがいい(どこがいい)んだ?ということについて書いていきます。 いきなり初めに結論を書いておくと、ヒューマンアカデミー(たのまな)の「診療報酬請求事務能力認定試験対策講座 」がお勧めです、というかそれ一択です。 ヒューマンアカデミー(たのまな)の「診療報酬請求事務能力認定試験対策講座」が良い理由をざっくりと挙げると、 人気ブログランキング (別タブで開きます) 医療事務通信講座ニチイとユーキャンどっちがいい?とかじゃなく、「どの資格を取得するか」が最重要 いきなり核心をつくと、医療事務通信講座を選ぶにあたって、もっとも重要なのは「どの資格を取得するか」です。 え?だから、医療事務の資格だけど・・・?という人は、要注意! 医療事務の資格は、かなりの種類があり、難易度も、資格が実際「使える」か全然異なります。 「医療事務」という資格はないんです。 ニチイ学館、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミーの通信講座大手4社では、それぞれ取得できる資格が異なるのです! 有名なニチイ学館と、ユーキャンに絞って、「業者はどっちがいい?」なんて言ってちゃだめですよ! 医療事務の通信講座では「業者」を選ぶのではなく「取得する資格」を選ぶ、というのが、超大事なポイント! ニチイ学館、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミーがそれぞれ推している(取得できる)資格は、以下の通り。 医療事務通信講座は「どの資格を取得するか」で選ぶべき理由 医療事務の資格を取得するためにお金を支払って講座を受講するなら、信頼のおける、ちゃんとした業者がいいですよね。 だったら大手の方が安心です・・・怪しい業者は怖いし。 じゃあ、よく広告で見かけるニチイ学館とユーキャンどっちがいいかな? あるいは、ソラストやヒューマンアカデミーはどちらがいいかな? こういった思考に陥りがちです。 しかし、前述のように、医療事務講座では「業者」を選ぶのではなく「取得する資格」を決めるが先です。 同じ「医療事務通信講座」でも、どの資格を対象にするかで価値は全く異なるから。 別記事でも書いていますが、医療事務の関連資格には取得しても「意味がない」ものが沢山あります。 医療事務の関連資格は乱立していて、玉石混合状態。 ほとんどの資格は、簡単すぎてだれても持っていたり、知名度が低すぎたり、実務で使えるものではなかったり・・・。 悪く言うと、詐欺のような資格もあるのが現状です。 せっかく医療事務の資格を取得しても、あまりに知名度の低いと面接で「何その資格?知らない」と言われます。 皆が取得している簡単な資格なんか取っても、「そんな資格みんなもってるから」と、たいして評価してもらえません。 医療事務通信講座で使用するの教材や、授業の質も大事ですが、「就職や実務で通用する医療事務資格」が欲しいはず。 そこを見極めて、意味のある医療事務資格を取得しましょう。 役に立たない資格を目指す医療事務通信講座を受講しても、お金と時間の無駄です。 ・メディカル クラーク ・医療事務認定実務者 ・医療事務技能士 ・医療事務管理士 ・診療報酬請求事務能力認定試験 【メディカルクラーク】ニチイ学館 ニチイ学館の医療事務講座で取得できます。 窓口業務や診療報酬請求事務業務といった基本的な医療事務の業務能力を備えていると認定される資格です。 合格率は50%前後で、医療事務の関連資格としては普通くらいの難易度ですね。 歴史が古く、ニチイ学館が大体的に宣伝していることもあり、資格保有者は90万人近く。 現時点では取得者が多すぎて、飽和気味の資格です。 知名度は高い資格ですが、実務で使えるレベルではないため(あくまで基本レベル)、未経験者がメディカルクラークの資格を持っていてもあまり採用時に評価されることはありません。 知識なしで、医療事務の世界に飛び込むよりはまし、といった程度でしょう。 【医療事務認定実務者】ユーキャン ユーキャンの医療事務講座で取得可能。 2016年に新設されたばかりの資格試験ですので、だれでも保有者が多いわけではないですがその分知名度が圧倒的に低いです。 履歴書に書いても「こんな資格あったっけ?」と言われて悔しい思いをするでしょう。 また、受付業務をはじめとした、医療事務に必要な接遇の知識を中心としたもので、超ビギナー向けの資格ですので、専門的な実務で役立つかどうかといわれれば厳しいです。 試験の合格率が高く(~80%)、いざとなれば独学でも資格取得を目指せますから、お金をかけてまで取得を目指すかどうか疑問ですね。 【医療事務技能士】 ソラスト 技能認定振興協会(JSMA)が運営している医療事務関連資格の一つ。 ソラストの医療事務講座(スタンダードコース)で取得を目指せます。 「医療事務業務の基盤となる資格として、一定水準の技能があること」を証明する資格とされていますが、合格率は85%程で、かなり難易度の低い資格です。 後述する「医療事務管理士」の簡易版といった感じで、とりあえずなんでもいいから医療事務関連資格が欲しいという人向けですね。 そんな資格ですから、取得していても採用時に有利になることはあまり期待できません。 どうせお金を払ってまで、取得をめざすなら、もう一つ難易度の高い「医療事務管理士」のほうが良いでしょう。 【医療事務管理士】 ソラスト こちらも技能認定振興協会(JSMA)による医療事務関連資格です。 受講するなら、ソラストの医療事務講座(管理士コース)になります。 最も古い歴史のある医療事務資格の一つで、50年ほど前から存在しています。 合格率は50%程度です。 ニチイ学館のメディカルクラークと同程度の難易度になりますが、どちらかというと診療報酬明細書(レセプト)の作成・点検に関する知識やスキルに重点をおいているため、実際に働き出した後に役立つ要素が多いです。 【診療報酬請求事務能力認定試験】 ヒューマンアカデミー(たのまな) 公益財団法人日本医療保険事務協会が実施。 ヒューマンアカデミー(たのまな)の診療報酬請求事務能力認定試験対策講座で合格を目指すします。 合格率は約30%という、医療事務関連資格のなかで最高レベルの難関資格です。 ただし、未経験でも取得していれば一目おかれ、経験者が圧倒的有利な医療事務の就職市場で、唯一価値のある資格となります。 診療報酬請求事務能力認定試験に合格すれば、資格手当がでる病院もあり、現役の医療事務員や実務経験者でも、取得を目指している資格です。 価値の高い医療事務資格ですので、それなりに需要があり、対策テキストや問題集が市販されています。 そのため万が一、通信講座修了後に合格できなくても、独学で合格を目指すことができます。 「医療事務の資格なんて意味ない」という人もいますが、診療報酬請求事務能力認定試験は別格でしょう。 はっきり言ってしまうと、お金を払ってまで講座を受講して、資格取得を目指す価値があるのはこの「診療報酬請求事務能力認定試験」ですね。 医療事務通信講座はヒューマンアカデミー(たのまな)の「診療報酬請求事務能力認定試験対策講座」の一択 上でも書いているように、お金を払って、時間と労力をかけるなら「診療報酬請求事務能力認定試験」の一択です。 ニチイ学館、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミーの医療事務通信講座について一覧にまとめました。 【医療事務通信講座比較】 ニチイ学館, ユーキャン, ソラスト, ヒューマンアカデミー 各社比較した際に、取得できる医療事務資格の価値が異なるにも関わらず、料金や学習期間にそれほど大きな差はありませんよね。 費用は5万円前後、期間は3~6か月と考えておきましょう(ニチイ学館の医療事務講座は最短1. 5か月なんてアピールしていますが、それだけ簡単でだれでも合格できるということです)。 やはりこの中では、ヒューマンアカデミー(たのまな)の「診療報酬請求事務能力認定試験対策講座」の一択になります。 冒頭でも書いていますが、下記の点がやはり優れています。 ・医療事務資格で最強の「診療報酬請求事務能力認定試験」に特化 ・コストパフォーマンスが良い ・そのほかの医療事務関連学習と組み合わせてカスタマイズ可能 ・修了後は関連会社「ヒューマンリソシア」からの就職サポートあり 診療報酬請求事務能力認定試験対策講座であれば、最安コースで43800円とかなりコストパフォーマンスが良いことがわかります。 さらに、毎月無料でオンラインセミナーの受講が可能ですので、ひとりで黙々とテキストを勉強するだけでは続ける自信がない人もOKです。 ちなみに、これにプラスして医療事務の基礎が学べる「医療事務講座」と組み合わせて受講することも可能です。 この場合は、教育給付金の対象となります。 (ヒューマンアカデミーの場合、ほかにもeラーニングコースや、DVD付のオプションや、コンピューター講座との組み合わせなど、学習内容のカスタマイズできるようになっています) 修了後は、関連の人材紹介会社である「ヒューマンリソシア」から就職サポートをうけることができるので、ほかの3社と遜色ありません。 医療事務通信講座の費用や労力はすぐにペイできる 医療事務の通信講座で数万円のお金を払ったり、数か月の学習をすることを躊躇していまう人もいるかと思います。 たしかに先行投資はもったいないと感じるかもしれません。 「未経験・無資格でも医療事務になれました!」なんて人がいるのも事実。 とはいえ、医療事務の仕事は競争率も高く、ライバルに少しでも差をつけないと簡単には採用されません。 勉強して、ある程度の知識があれば仕事を始めてからも、多少楽になるのも確実です。 別記事でも書いているように、医療事務の仕事は複雑で、未経験・知識ゼロで仕事を始めるとかなり苦労します。 医療事務通信講座の費用や労力は先行投資しても、必ずペイできます。 個人的なおすすめは、「未経験・無資格の状態で気になる求人があれば応募しながら、通信講座で学習も並行して行う」です。 運よく、資格取得前に採用されても、ある程度知識はありますし、実務をやりながら通信講座は継続することで成長速度は加速していきますから。 医療事務通信講座ニチイとユーキャンどっちがいい?ヒューマンアカデミーとソラストもあるぞ【まとめ】 というわけで、まとめますと、医療事務の通信講座で勉強をするなら、ヒューマンアカデミー(たのまな)の「診療報酬請求事務能力認定試験対策講座」の一択です。 有名だから、とかCMでよく見るから、という理由で「ニチイとユーキャンどっちがいいかな?」なんて選ぶと後悔します。 医療事務の講座は「どの業者か」ではなく「どの資格をとるか」で選ぶべき。 意味のない医療事務資格を取得したところで、採用や実務で役にたちません。 多少難しくても、診療報酬請求事務能力認定試験を目指しましょう。 ちなみにヒューマンアカデミーの場合、通学型の講座もあります。 通学型、通信型どちらも資料請求は無料です。

次の

医療事務通信講座ニチイとユーキャンどっちがいい?ヒューマンアカデミーとソラストもあるぞ

医療 事務 ユーキャン

もくじ• 資格欄でスキルと熱意を主張する 採用担当者はあなたの保有資格を見て、一体何を判断しているのでしょうか?それはズバリ、 「スキル」と 「熱意」の2点だけです。 「熱意」 資格は簡単に取得できるのもではありません。 日々コツコツと勉強をして知識を蓄え、試験対策の準備を行い、試験に合格しなければなりません。 つまり資格とは、あなたの「血と汗の結晶」「努力の賜物」です! 資格取得に向かって努力したという事実は、それだけで興味関心・熱意があることが現れています。 採用担当者は「医療事務」に興味ある人を採用したいのは当然のことです。 「スキル」 資格は、客観的にスキル(能力)を証明してくれるツールです。 採用担当者は「この資格を持っているのなら、この仕事が任せられそうだ!」とパッと簡単にイメージを与えることができます。 医療事務に関連する資格だけではなく、エクセルやワードといったパソコン関連の資格もあれば、あなたのスキルを裏付ける大きなアピールになります。 大切なのは、西暦と和暦を混ぜ合わせて使わないことです。 履歴書内での年月表記は統一するように心がけましょう! (西暦和暦変換表) 西暦 和暦 西暦 和暦 1953年 昭和28年 1981年 昭和56年 1954年 昭和29年 1982年 昭和57年 1955年 昭和30年 1983年 昭和58年 1956年 昭和31年 1984年 昭和59年 1957年 昭和32年 1985年 昭和60年 1958年 昭和33年 1986年 昭和61年 1959年 昭和34年 1987年 昭和62年 1960年 昭和35年 1988年 昭和63年 1961年 昭和36年 1989年 平成元年 1962年 昭和37年 1990年 平成2年 1963年 昭和38年 1991年 平成3年 1964年 昭和39年 1992年 平成4年 1965年 昭和40年 1993年 平成5年 1966年 昭和41年 1994年 平成6年 1967年 昭和42年 1995年 平成7年 1968年 昭和43年 1996年 平成8年 1969年 昭和44年 1997年 平成9年 1970年 昭和45年 1998年 平成10年 1971年 昭和46年 1999年 平成11年 1972年 昭和47年 2000年 平成12年 1973年 昭和48年 2001年 平成13年 1974年 昭和49年 2002年 平成14年 1975年 昭和50年 2003年 平成15年 1976年 昭和51年 2004年 平成16年 1977年 昭和52年 2005年 平成17年 1978年 昭和53年 2006年 平成18年 1979年 昭和54年 2007年 平成19年 1980年 昭和55年 2008年 平成20年 資格名は正式名称で書く 履歴書や職務経歴書に資格名を記載するときに、略称や通称で書くことは絶対にダメです。 なぜなら、医療事務の資格は30種類以上あり似通った名前が多く、採用担当者も全て把握しているとは限りません。 その資格をインターネットで調べる可能性もあるため、必ず正式名称で記載するようにしましょう。 注意! より丁寧な履歴書を書くのであれば、対象資格の主催団体も書くようにしましょう。 例)資格取得年月 主催団体 資格正式名称 合格 例)2018年7月 医療保険学院 医療保険士 合格 以下に、一般的な医療事務関連の資格の「正式名称と主催団体」をまとめました。 あなたの保持している医療事務資格の正式名称を確認してみましょう。 資格の正式名称一覧 医療事務の資格は、漢字ばかり並んでいるため覚えることが困難ですよね。 以下に、医療事務に関連する資格の正式名称をまとめましたので、チェックしてみましょう。 ユーキャン• 履歴書で最も重要なアピールポイントである「資格欄」。 誤字や脱字・名称記載のミスのないように十分注意して、採用担当者にあなたの本当の魅力を伝えましょう。

次の