大谷翔平。 大谷翔平がエンゼルスにもたらした絶大な効果

大谷翔平選手の目標達成シート例 ダウンロードご自由に♪【効果ありすぎ】

大谷翔平

「500フィートに近い打球をかっ飛ばし、同時に100マイルの球を投げる能力」 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっている米メジャーリーグ。 復活が近づいている大谷。 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」では完全復活が近づいている大谷のエンゼルスでのキャリアを振り返り「球界が100年もの間目にしたことがない才能」と、改めて絶賛した。 エンゼルスのこれまでの歴史を回顧する「ジ・アスレチック」の記事。 アルバート・プホルス内野手やマイク・トラウト外野手らとともに大谷についても触れ「ショウヘイ・オオタニは2017年(12月)にエンゼルスを選んだ。 プホルスが同球団への入団を決めてから6年が経ったときのことだった。 エンゼルスがより輝かしい未来を送る可能性を示したのだ」と記した。 2017年のオフ、大争奪戦の末に大谷はエンゼルスへの入団を決断した。 当時のことを記事では「球団には既にトラウトがいた。 球界最高の選手だ。 ロースター上の才能が彼らにとっての誇りで、ベテランの存在感を発揮するプホルスも擁していた。 そして、球界が100年もの間目にしたことがない才能を彼らは獲得した」と、振り返っている。 記事では、大谷がエンゼルスへの入団を決め、代理人のネズ・バレロ氏から連絡を受けたビリー・エプラーGMが驚きのあまり膝の力が抜けて転倒したエピソードも紹介。 「(飛距離が)500フィートに近い打球をかっ飛ばし、同時に100マイルの球を投げる能力を備えた選手だった」と、改めてその能力を絶賛する内容となっていた。 (Full-Count編集部).

次の

大谷翔平:モチベーションの上がる名言90選

大谷翔平

目標達成シート「マンダラチャート」とは?• マンダラチャートの使い方• マンダラチャートの活用方法 大谷翔平を「怪物」にした目標達成シート「マンダラチャート」とは? 現在の大谷翔平選手の強さを実現した目標達成シート「 マンダラチャート」について説明する前に、まずは大谷翔平選手のプロフィールについて簡単に紹介します。 プロ野球史に名を残す選手「大谷翔平」とは? 大谷翔平選手=2019年5月10日、米ボルチモアでKeith Allison氏撮影/Wikipedia Creative Commons 非常に稀な 投手と野手の二刀流として活躍するプロ野球選手・大谷翔平選手。 1994年7月5日生まれ、193センチ。 岩手県奥州市出身で、県内の花巻東高校に進学し甲子園にも出場しました。 高校卒業後はドラフト1位指名で北海道日本ハムファイターズに入団。 入団翌年の2014年度には、プロ野球史上初めてとなる10勝・10本塁打を記録。 2018年には、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍し、移籍後は3試合連続で本塁打、2ケタ三振の両方を同一シーズンで達成しています(史上3人目)。 日本のプロ野球だけでなく、メジャーリーグでも「怪物」っぷりを発揮している大谷翔平選手。 日本だけでなく世界が注目する、まさに世界の球史に名を残すであろう野球選手です。 大谷翔平選手に「マンダラチャート」を教えた恩師・佐々木洋氏 大谷翔平選手がここまでの「怪物」となったのには、花巻東高校時代の監督・佐々木洋氏が大谷翔平選手に与えた「 目標達成シート」が非常に重要な役割を果たしたといわれています。 下図が、大谷翔平選手が高校1年の時に書いたマンダラチャートです。 マンダラチャートを利用するメリット 「 マンダラチャート」とも呼ばれる目標達成シートは、株式会社クローバ経営研究所・社長の松村寧雄氏が考案したフレームワークのこと。 マンダラチャートを利用することで、• 目標が明確になる• 目標を達成するために必要な項目がわかる• コミットしなければいけないことが可視化される などのメリットがあります。 マンダラチャートの書き方・使い方の3ステップ 次に、マンダラチャートの書き方について紹介します。 マンダラチャートは以下の3つのステップで作成します。 STEP2.真ん中から1マス離れた8マスに「成し遂げたいこと」を達成するために必要な「要素」を書く• STEP3.「8つの要素」を得るために必要な「8つの行動目標」を書く それぞれのステップごとの詳細を、大谷翔平選手の活用方法を例に順を追って解説します。 マンダラチャートは非常に構造が単純なフレームワークであるため、ぜひ本記事を機に覚えてくださいね。 先にマスを作っておくと、後々の目標記入などがやりやすくなるため、最初にやっておきましょう。 なお、テンプレートを利用することで、マスを作成する手間を省けます。 「自分の成し遂げたいこと」を書く• 真ん中に記入する目標は「定量的/定性的」どちらでもOK• チームでマンダラチャートを用いる場合は「全員が挑戦できる」「数値化しやすいもの」を目標にすると、今後の項目記入がしやすくなる STEP2.真ん中から1マス離れた8マスに「成し遂げたいこと」を達成するために必要な「要素」を書く シートの真ん中に「成し遂げたいこと」を記入したら、 周りのマスに「成し遂げたいこと」を達成するのに必要な要素を書いてきましょう。 マンダラチャートに記入するときは、左上のマスを始点に「 重要だと思う要素から時計回り」で書いていくことがポイントです。 大谷翔平選手の場合は「8球団からドラフト1位指名」を成し遂げるために、「体づくり、コントロール、キレ、スピード、変化球、運、人間性、メンタル」といった8要素を設定しています。 成し遂げたいことが達成されるためには、複数の要素が絡み合ってできていることがほとんどです。 その複雑な要素を洗い出し、いったん整理できることがマンダラチャートの利点だといえるでしょう。 もし8個以上思い浮かんでしまうのであれば、 優先順位をつけ取捨選択をします。 自分に足りていない要素を優先的に洗い出すことで、自分の弱みを最速で補うことができる点もマンダラチャートのメリットです。 仕事の目標などの場合は「心・技・体・生活」の要素を満たすことを心がける• 「自分」だけでなく「他者の視点」を含めて、8つの要素を洗い出す 例:「部署にどう貢献するか」「社会にどんな影響を残したいのか」「他の人にどんな振る舞いをするのか」 STEP3.「8つの要素」を得るための「8つの行動目標」を書く 中心に書いた目標を達成するために必要な「要素」を得るためには、同じように複数のことを「努力する」必要があります。 行動目標を設定する際は、 数字や期日などを意識すると目標としての精度が高くなるはずです。 8要素を身につけるための行動目標をそれぞれの要素に設定していくと、 合計64個の「ToDo」が明確になります。 以上で、マンダラチャートは完成です。 行動目標には、可能な限り数字や期日などを定める• 行動目標は「期日行動」「ルーティン行動」の2種類で設定する• 技術やスキルを身につけることを目標とする場合は、「ルーティン行動」を目標設定する このように、マンダラチャートでは中心の「成し遂げたいこと」に対して、64個の「ToDo」に分解することができます。 分解した64のTODOを続けることで、理論上では「成し遂げたいこと」への道が確立されるのです。 大谷翔平選手はマンダラチャートに自らが記した要素すべてを手に入れ、高卒ルーキーとして日本のみならずメジャーでも活躍できる存在となりました。 マンダラチャートを作成しただけで満足せず、達成するために必要なことを地道に行いましょう。 マンダラチャートを作成するときの3つのポイント いざマンダラチャートを作成しようとしても、思ったように作成が進まないこともあるでしょう。 次に、マンダラチャートを作成するときの3つのポイントを紹介します。 1.すべての項目を無理に埋めなくてもよい マンダラチャートを作成するときには、「マスが埋まらない……」ということも少なくありません。 何を埋めたらいいのかわからない場合には、 無理に埋めなくてもOK。 なんとしてでもすべてのマスを埋めようとして、無意味なことを付け足しては、目標達成への遠回りをすることになったり、ムダな努力をすることになったりしてしまいます。 現時点で自分が必要だと思う要素だけを記入し、 行動していく中でさらに必要だと思った内容を追記するようにしましょう。 2.仕事・プライベートなどテーマごとにマンダラチャートを変える 達成したい目標が複数ある場合は、 テーマごとにマンダラチャートを変えることがポイントです。 例えば、仕事での目標、プライベートでの目標はそれぞれ別のマンダラチャートを作成するといいでしょう。 しかし、あまりにもマンダラチャートを作成しすぎると、注力するべきTODOが多くなりすぎて、結局どれも達成できなかった……ということになりかねません。 仕事での目標の場合「営業スキルを上げる」「マネジメントスキルを上げる」「ビジネスマナーを身につける」などそれぞれマンダラチャートを作成するのではなく、「デキるビジネスマンになる」を目標にし、それに必要な要素を8つ洗い出すことがおすすめです。 3.達成するために定量化し、期日を決める マンダラチャートで、目標や行うべきことが明確になりました。 しかし当然、何も行動しなければ目標達成することは叶いません。 目標を確実に達成するためにも、64のTODOを 定量化し、達成するときの 期日を決めておくことがおすすめです。 マンダラチャートの中に期日を入れておくと見にくくなってしまうため、別の紙に期日別にTODOを書き出しておくのもいいでしょう。 マンダラチャートの使い方は「目標達成」だけじゃない! マンダラチャートは目標達成のために使うシートだと思っている方も多いでしょう。 しかし、マンダラチャートは、 問題解決や情報整理のためにも使えることをご存知でしょうか。 次に、マンダラチャートの活用方法について紹介します。 「問題解決」「情報整理」「情報伝達」「発想整理」にも使える マンダラチャートは、中央に書く内容を変えるだけで、様々な使い方ができます。 真ん中に「解決したい問題」を置けば「問題解決」としてのマンダラチャートになり、真ん中に「評価したいもの」を置けば「評価チェックリスト」としてのマンダラチャートとして機能します。 自分の頭の中で展開したことを書き留めるという点で、マンダラチャートはマインドマップと似ていると感じる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、マンダラチャートは展開する要素を必ず8個に収めなければならないため、後で見直したときに雑然としたものになることがデメリットです。 マインドマップが直感で理解するのに対し、 マンダラチャートは論理的な理解ができることが特徴だといえるでしょう。 マンダラチャートを活用できるおすすめアプリ「72Action」 「まずはマンダラチャートを試しに使ってみたい!」という人におすすめなのが「」というアプリです。 アプリでマンダラチャートをチェックできるため、すぐに「64個のTo Do」を確認することができます。 無料でダウンロードできて、使い勝手もいいと評判のため、ぜひ活用しみてください。 また、アプリに頼らず、あえて手書きすることで目標を強く自覚するのもいいでしょう。 手帳やテンプレートなど、自分が必要な時に見返しやすい方法で作成しましょう。 マンダラチャートを日常の様々なことに当てはめることで、自分が今何を考えているのか、何をすればいいのか具体的に理解ができるようになります。 テンプレートも活用しつつ、ぜひ一度マンダラチャートを作成してみてはいかがでしょうか。 マンダラチャートを仕事にも活かそう.

次の

大谷翔平:モチベーションの上がる名言90選

大谷翔平

大谷翔平選手が所属するアメリカ・メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスの本拠地であるエンゼルスタジアム・オブ・アナハイム(筆者撮影) 2019年のメジャーリーグは、ワシントン・ナショナルズの初優勝で幕を閉じたが、日本で最も注目されていたのは、2年目のシーズンを過ごした大谷翔平選手の一挙手一投足といっても過言ではないだろう。 史上初の「二刀流」選手として海を渡ったが、2019年シーズンは右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたこともあり、指名打者としての出場に専念。 大谷選手自身は「個人としてもチームとしても、今まででいちばん悔しいシーズン」と振り返った今シーズンだったが、メジャーリーグで日本人初となるサイクル安打をはじめ、その活躍は連日多くのメディアで取り上げられた。 9月には左膝の二分膝蓋骨(しつがいこつ)の手術を受けることが発表され、一足早くシーズン終了を迎えたが、すでにリハビリやキャッチボールを開始しており、来シーズンの「二刀流」復活に向けた準備は着々と進められているようだ。 「大谷フィーバー」は本当に存在するのか? この2年間、投打の双方で活躍してきた大谷選手を語るうえで欠かせないのが、「大谷フィーバー」なる現象だ。 大谷選手の活躍にスタジアムの観衆が魅了され、その様子を伝えたメディアによって、アメリカ全土で大谷選手の人気が拡大していくというもので、さまざまな切り口から「大谷フィーバー」が報道された。 筆者はその実像に迫るべく、アナハイムにあるエンゼルスタジアムを訪れた。 エンゼルスの試合を観に訪れた日本人ファンは大谷のユニフォームを着ていた(筆者撮影) この日は、奇しくも大谷選手が左膝の手術を決断した9月11日のインディアンス戦だったが、スタジアムでとりわけ目立ったのが、意外にも日本人観光客の姿であった。 エンゼルスのポストシーズンに進出する可能性が潰えつつあったこともあってか、スタジアムに来場しているおよそ20〜30%を日本人が占めているという印象で、スタジアム正面には、マイク・トラウト、アルバート・プホルスなどの名選手と並んで大谷翔平選手のパネルが掲げられている。 その前には、記念撮影を待つ日本人観光客の列ができていた。 大阪から訪れたという8人組の大学生は、「日本のメディアが大谷選手を持ち上げているだけではないかと思っていましたが、球場の正面にあるパネルを見て、そうではないことを確信しました。 大谷選手は『日本の宝だ』と思っているので頑張ってほしい」と、現地の印象を語る。

次の