背中 ぶつぶつ かゆみ。 背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?

背中のぶつぶつが急にできるようになった私の原因はこれでした!ケア方法の体験談も

背中 ぶつぶつ かゆみ

赤いブツブツのてっぺんが光沢のある感じ• ニキビのように潰しても膿がでない• 10個近く一気にできた 一番わかりやすいのは、一か所に何個も密集している場合ですね。 ニキビは不規則にできますが、 マラセチア毛包炎は近くに何個もできることが多いです。 他にも、少し痛みやかゆみを感じる場合もあります。 マラセチア毛包炎はニキビとは違い、自宅で治すことや自然に治ることは難しいので、判断が難しい場合は皮膚科で診てもらうようにしましょう。 肌が触れる場所を清潔にする• 汗がこもらないように対策する• 抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を使う マラセチア毛包炎を早く治すには、マラセチア菌を減らすことです。 増える原因を対策して治していきましょう。 1.肌が触れる場所を清潔にする マラセチア毛包炎を治すには、 汚れや雑菌など肌に長時間汚れが残らないようにすること。 マラセチア菌が増える理由のところでも紹介しましたが、• シャンプーやボディーソープのすすぎ残し• パジャマを洗うのは数週間に1回だけ• 布団のシーツなどをほとんど洗わない• 同じTシャツや肌着を洗わないで何回も着る など、不衛生な状態が続いてしまうと、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。 寝る前にお風呂に入ってきれいだし、寝るだけだからと思って、パジャマや寝具を洗わない方もいますが、 人は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかいています。 特に、梅雨から夏にかけてはジメジメとした日が続き、何もしなくても湿気が高くなるので要注意! 汗をこまめに拭いたり、替えの肌着を用意するなど対策しておきましょう。 3.抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を使う 効果を早く実感しやすいのは、薬や石鹸のように外側からのケアになります。 皮膚科でもらえるニゾラールを使う以外に自宅でケアしたい・早く治したいなら 抗真菌 抗カビ 成分配合の石鹸を利用してください。 PickUP!! 抗真菌成分配合の「コラージュフルフル 液体石鹸」 評価4. 5ヶ月分) 価格:2,500円 皮膚科でも勧められることもあるのが 「コラージュフルフル 液体石鹸」。

次の

背中のぶつぶつが急にできるようになった私の原因はこれでした!ケア方法の体験談も

背中 ぶつぶつ かゆみ

背中が痒い場合の対処法と解消法! 、手が痒い、お腹が痒い、足が痒い。 痒みというのは、体のいたるところで起こるものですが、その中でも 背中が痒い時というのはいつもに増してつらいものではないでしょうか。 なぜなら、背中はお腹や頭のように簡単に掻くことができないからです。 近くに家族や恋人がいれば、「ちょっと背中を掻いてもらえる?」と頼むこともできますが、一人暮らしであればそれは叶いません。 痒いのに手が届かないイライラというのは、誰しも一度は経験したことがあると思いますが、本当に苦痛です。 もちろん、家族や恋人がそばにいたとしても、外出中に背中をボリボリと掻いてもらうのは難しいですが・・。 今回はそんな、背中の痒みについて調べてみました。 なぜ 背中が痒くなるのか、その 原因や対処法をご紹介したいと思います。 背中が痒くなる原因は? 何だか背中が痒いな・・と思うことが増えてきたと思うのは、大抵、秋から冬に掛けてではないでしょうか? 背中の痒みに季節が関係あるの?と思うかも知れませんが、それがあるのです。 寒くなるにつれ、空気が乾燥していきますが、この乾燥こそが背中の痒みの原因と言われています。 冬は顔や手が乾燥しやすくなることから、マスクやクリームが手放せないという方は多いと思いますが、顔や手と同様に背中も周りの空気によって乾燥しやすくなっています。 また、「私は湿度の高い夏も背中が痒くなる」という方がいらっしゃると思います。 夏は気温が高いため汗をかきやすく、汗による雑菌の繁殖などから痒みを引き起こすこともありますが、実は汗をかいて乾いた後というのは皮膚表面の水分も一緒に蒸発してしまうため、以外と乾燥しています。 そのため、夏だからといって肌は乾燥しないわけではなく、夏であっても冬と同じように乾燥による背中の痒みが起こる場合もあるのです。 背中のかゆみがあり湿疹やブツブツが出る場合の原因は? 普段、自分の背中を見る機会というのはなかなかないと思いますが、痒みを感じてガリガリと掻いていたら、ふと指先にニキビのようなものがあたったように感じたり、鏡越しに背中を見てみたら赤くブツブツとした湿疹ができていた、なんてことはありますよね。 このような場合、考えられるのはシャンプーやボディーソープなどの洗い残し。 しっかりと流してるつもりです、背中にはくぼみがあるため、そこに洗い残しが付着し、雑菌が繁殖して痒みとともに湿疹を発症させてしまう場合があります。 また、実は背中は顔と同じくらい皮脂腺が多く分布しており、ニキビなどができやすいところなのです。 人の皮膚には、常在菌といって誰にでも住みついている菌がいます。 常在菌は通常は何も悪さをしないのですが、増えすぎるとニキビや湿疹などの原因となってしまいます。 特にマラセチア菌などは皮脂をエサにしているので、皮脂が多いところで増殖しやすいと言えます。 背中のかゆみが伴う病気は?内臓疾患の可能性は? 背中の痒みの主な原因は乾燥と言われていますが、その他に「病気が起因する」場合もあります。 中でも、糖尿病や肝硬変など、気が付かないうちに病状が進行していることが多い病気は、痒みが初期症状として現れるケースも少なくありません。 また、リンパ性白血病や多発性硬化症などでも、初期症状として背中の痒みが起こる場合があります。 そのため、背中の保湿やケアをしているにも関わらず痒みが続く場合や、背中の痒みの他に発熱など気になる症状がある場合には、内臓疾患の可能性もあるため早めに病院を受診するようにしましょう。 背中が痒い時にやってはいけない事! 背中に限らず痒いところがあると、つい爪でガリガリと掻いてしまいますよね。 でも、掻いている時は気持ちよくても、掻き終わるとヒリヒリした痛みを感じたり、前よりももっと痒みが増したりと、掻かなければよかったと後悔することも少なくありません。 実は、痒みに対して掻くという対処法としてはよいとは言えません。 爪や指先で掻いてしまうことで、背中に傷がつき、そこに雑菌が繁殖する可能性があります。 なお、一人でも背中が掻ける孫の手も、力加減が難しく皮膚を傷付けてしまう場合があるため、使うのは控えた方がよいでしょう。 また、痒いところを温める方がいらっしゃいますが、これは返って逆効果になります。 温めると血管が拡張するため、血流がよくなって余計に痒みがひどくなります。 そのため、 痒い時は冷やす方が痒みを止めるよい方法と言えます。 背中のかゆみを抑えるための対処法 背中の痒みを抑えるためには、次の方法を試してみましょう。 また、血管が拡張されると痒みが増しますので、 ぬるま湯にさっと浸かる程度にしておきましょう。 また、ナイロン製のタオルなどで洗うのも肌を傷つけやすいことから、 背中が痒くて湿疹がある時は手で洗うようにしましょう。 自然乾燥させると、水分が蒸発する時に肌に必要な潤いが逃げやすくなってしまいます。 背中のかゆみに効果的な市販薬! 乾燥に気を付けたり、保湿を行っても改善しない背中の痒みには、市販薬を使ってみるのもおすすめです。 ここでは、背中の痒みに効果的な市販薬をご紹介したいと思います。 新レスタミンコーワ軟膏 ステロイドが入っていないため、ステロイドは避けたいという方でも安心して使えます。 ジフェンヒドラミン塩酸塩が、痒みや炎症の元となっているヒスタミンの働きを抑えてくれます。 参考URL: ポリベビー ステロイド不使用のため、赤ちゃんの肌でも安心して使うことができます。 参考URL: メンソレータムAPソフト 背中の痒みを抑える治療効果に加え、保湿力もプラスされています。 参考URL: 背中が痒い原因とかゆみを抑える対処法!病気の可能性は?のまとめ 背中の痒みがあると、夜も満足に眠れなかったり、仕事や勉強に集中できなかったりと、生活の質を低下させてしまいます。 そのため、背中に痒みを感じたら、早めに対処を行い、痒みの程度や範囲をできるだけ最小に留めるようにするのがよいでしょう。 なお、背中の痒みがなかなか改善しない時は、皮膚科を受診して適切な治療を受けるだけではなく、発熱や倦怠感など気になる症状がある場合は内科など、一見皮膚とは関係ない診療科を受診することも検討してみましょう。 スキンケアの関連記事.

次の

背中のぶつぶつが急にできるようになった私の原因はこれでした!ケア方法の体験談も

背中 ぶつぶつ かゆみ

背中の湿疹がかゆい!これって病気? 背中に湿疹ができてかゆくなる。 病気かどうかの判断材料として、 かゆみの時間の長さがカギとなってくるでしょう。 すぐにかゆみが治まるようであればそれはただのかゆみで、すぐに治まる可能性があります。 しかし、かゆみがなかなか治まらず、長引く場合は病気の可能性も少なくはありません。 背中湿疹ができるというのはカラダからの 何かしらのSOSだと思っておいた方が良さそうです。 ただの背中のかゆみだと軽く考えがちですが、重大な病気が隠されている可能性もあるので知っておいてくださいね。 糖尿病• 慢性腎不全• 原発性胆汁性肝硬変 どれも怖い病気ですよね。 この病気を発症するのは稀ですがご参考までに。 背中の湿疹が出る原因は?ストレスも関係してる? では、背中の湿疹が出る原因を探っていきましょう。 背中の湿疹で痒みが起こる原因として• 温度の変化• 体の水分不足(乾燥)• アトピー性皮膚炎• ノミやシラミ• 接触性皮膚炎 などが主なものとして挙げられますがその他にも、 衣類に使った洗剤や柔軟剤が肌に合わなかったり、運動などで大量に汗をかいて拭き取らずにあせもになってしまったり背中湿疹の原因は様々です。 そして、目に見えない原因として 「ストレス」があります。 えっ、ストレスで湿疹なんて・・・って思いますよね。 でも、あるんです! その名も 「ストレス性皮膚炎」と言ってちゃんとした病名も付いてるんですよ。 ストレスは自律神経が不安定になり、 ホルモンバランスまで崩れてしまう状態なので背中湿疹はもちろん肌荒れや内臓疾患の恐れもあります。 ストレスは大小ありますが、小さなストレスでも積み重なってしまえば 結果的に大きなストレスとなってカラダに様々な悪影響を及ぼしてしまいます。 かゆみが出たときの対処法は? かゆみに耐え切れず、掻きたくなるのは分かりますがまず第一に掻きむしらず 我慢です! 掻いてしまう手には数多くの菌があります。 その手で掻くと、患部を傷付けるだけでなくベタベタと菌を塗りこんでいるようなものです。 想像するだけで怖いですよね。 背中湿疹ができてしまっても背中を清潔に保つためにお風呂やシャワーは大切です。 あなたはバスタイムで体を洗う時に ついついゴシゴシと洗っていませんか? 洗いすぎは体の水分や油分を奪って痒みの元となる乾燥を引き起こします。 ボディタオルを使うなら柔らかいモノをチョイスして撫でるように洗ってくださいね。 ちなみに私はボディタオルをやめてフワフワの泡で自分の手で体を洗っています。 手だけでも十分汚れは落ちますので、この方法はオススメですよ! 洗うボディソープも無添加のものを選ぶのがベストです。 そして、バスタイムの お湯の温度。 熱ければ掻いてしまった箇所がヒリヒリなんてことも! 刺激を与えてしまうと、さらに痒みがひどくなるのでぬるま湯ぐらいでOKです。 もしかして背中ニキビ?それは肌の乾燥が原因! 乾燥肌の人はもしかしたら湿疹ではなくて 「背中ニキビ」かも? 何度も繰り返したり、黒ずんだニキビ跡が残るのもイヤですね。 背中ニキビの大きな原因はお肌の乾燥です! かゆいからと言ってゴシゴシ洗うと余計に乾燥したり傷付けたりして悪循環! そんなときは、背中ニキビ専用の保湿クリームを使ってみるといいですよ。 おわりに 背中にできる湿疹は、見た目では「この病気に違いない」と判断するのはとても難しいですよね。 しばらくしてもかゆみが治まらない場合は独自で判断せず、まずは皮膚科に行って相談することが大切です。 背中ってなかなか見る機会もないですが、背中から出しているカラダのSOSを見逃さないで下さいね!.

次の