アンドロイド すぐ熱くなる。 【注意】「スマホが熱い」は故障の原因!?発熱のリスクと正しいスマホの冷まし方

スマホが熱くてバッテリーがすぐ減る!その原因と対策5選!

アンドロイド すぐ熱くなる

GPSの起動や動画視聴など高負荷のアプリを使用した• スマホを充電しながら使っている• 高温や直射日光の当たる場所に置いた• バッテリーの劣化• そのほか、重くなる原因と同じ iPhoneの動作が重いときの対処方法 前項で列挙したなかで、よくある動作の重い原因を改善する方法について解説します。 アプリは適度に終了させる アプリを使ったあとホーム画面に戻っても、画面表示が消えただけで場合によっては裏で動作をつづけます。 少しなら問題ないですが、いくつも起動したままだと重くなる原因になりかねません。 ホームボタンを2回連打 2. 画面下部から上方向へスワイプし、途中で指を止めて指を離す 2. 起動中アプリが表示されるので、消したいものを上にスワイプ キャッシュを削除する キャッシュとは、そのアプリやデータを起動した際に保存された記憶データです。 次回の起動を早めるためのものですが、溜まりすぎると動作を遅くさせる原因になります。 iPhoneのキャッシュを削除する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。 iPhoneケースを外して冷ます• アプリを起動したままポケットやカバンに入れない• ほかにバックグラウンドで起動しているアプリを消す• 充電しながら使用しない アプリを使っているのに、もう電池がない!というときに「ながら使い」していませんか? 充電だけでも熱を持つのに、そのうえアプリを起動すれば高温になってしまいます。 バッテリーも劣化するのでやめましょう。 高温や直射日光の当たる場所に置かない 電化製品は基本的に熱を持つものです。 しかし、熱が上がりすぎると電源が落ちたり、故障や劣化の原因になったりします。 そこで直射日光の当たる場所や、車内など高温の場所に置かないようにしてください。 かといって逆に冷蔵庫などで冷やすのもNGです。 冷やすと、場合によっては結露して水没故障の原因になります。 常温がベストです。 それでも症状が改善しないときは? 上記の対処をしてみても、症状の改善が見られない・・・というとき、つぎのような可能性が考えられます。 アプリ、ゲーム自体が重い そもそも利用しているアプリが3Dの高画質ゲームや、利用者が多いアプリだとサーバーに負荷がかかっていて、動作が重くなることがあります。 「ほかのアプリは重くないのにこれだけ重い」なら、この説が有力です。 こういう場合、アプリやゲームの設定で「画質」「エフェクト」などを下げたり、キャッシュ削除したりすると、改善する場合があります。 また、アプリのアップデートなどで軽くなる場合もあるので、最新バージョンが公開されたら更新してみるとよいでしょう。 通信量が超過してしまった 各キャリアとも、スマホでの通信量は毎月の上限が設定されています。 その通信量を越えてしまうと、通信制限(速度制限)が課せられてしまうのです。 通信制限を受けるとネットやアプリの通信速度が大幅に下がり、非常に読み込みが遅くなるので、重いと感じる場合もあるでしょう。 とくにSoftbankは、動画視聴にも上限が設定されているので、動画を観すぎると、制限を受けます。 これらの制限を解除するには、キャリアから届いた通信制限の通知から通信量を購入するか、来月に解除されるのを待つしかありません。 バッテリーが劣化している可能性 スマホを使うほどバッテリーは劣化していきます。 また充電しながらや、過充電などを日常的に繰り返すと早く劣化します。 バッテリーのみ交換したい場合は、街にある非正規の修理店で依頼するとよいでしょう。 こちらは予約不要で数分で交換してもらえる場合があります。 まとめ iPhoneが重いと感じたときの対処法をひと通りまとめました。

次の

「スマホが熱くなる」は実は故障じゃない? 素早く安全に冷やす方法を検証|TIME&SPACE by KDDI

アンドロイド すぐ熱くなる

スマホの充電器が熱いのは結構危険 基本的に電気が流れているんですから 熱が発生するのは当然のことです。 とは言え、通常はせいぜい 「あったか~い」と感じる程度で、 触れた時に明らかに「熱い」 と感じたり、 握っていられないくらい熱い 場合には注意が必要です。 あまりに温度が高くなってしまうと、コンセント周りのビニル部分が溶け出したり、変色したり、 最悪発火に至る場合もあるんです。 それが原因で、 機器の故障や火災にまで発展するってケースもあるくらい結構危険な状態です。 スマホの充電器が熱くなる原因 スマホの充電器が熱くなってしまう原因としては、以下の様なケースが考えられます。 コンセントの接触不良• タコ足配線• 充電器の劣化 中でも タコ足配線に関しては実際に使用している方も多く、これが原因の火災などはよくニュースで目にする機会もあるかと思います。 特に パソコン周りなんかはタコ足配線になりがちでホコリなども溜まりやすいため、火災の原因としてよく取りあげられており注意する必要があります。 こういったことにならないためにも、 自分の使用状況に合わせた予防策や対処法を用意しておきたいところです。 スマホ充電器の発熱の予防策と対処法 続いてスマホの充電器が熱くならないための予防策と、なってしまった場合の対処法についてまとめてみたいと思います スマホ充電器が熱くならないための予防策 コンセントを奥までしっかり差し込む コンセントがしっかり差し込めてなくて半差しになっていたり、形が歪んでしまっていてそもそも奥まで差し込めなかったりといった場合、必然的に コンセントの接触面が狭くなってしまいます。 狭くなったからと言って 流れる電流は変わらないため、その分 狭い領域に余計に負荷がかかってしまうため、温度が異常に高くなっちゃうわけです。 コンセント部が半差しになっていないかきちんと確認したり、変形してしまっている場合にはその充電器は使わないようにするのが無難かと思います。 タコ足配線を極力避ける よく問題になる タコ足配線ですが、世の中が便利になっていくにつれ必然的に電気もその分必要になります。 基本的にタコ足配線というのは 差込口を無理やり増やしてたくさんの機器を同時に使えるようにしているわけですから、 その分負荷がかかるのも当然ですよね。 とは言え壁のコンセント数にも限界があるので、やっぱりタコ足配線をどうしても使わざるを得ないって状況もあるかと思います。 そんな時にオススメなのが、 スイッチ式のタコ足タップです。 各差込口に電源ON/OFFのスイッチが付いてるもので、 使用している部分のみに電気を流すことができます。 こういった便利なツールなどを使って、 できるだけ同時に接続する機器を減らすようにすることで、充電器が熱くなったりと言ったトラブルを防ぐことができます。 充電器に異常がないか確認する 充電器の劣化による発熱も、十分起こりうるケースです。 接触部分が錆びてしまっていたり、 ケーブルが中で断線していたりすると、 電気が流れた時に負荷が余計にかかってしまうことがあります。 そういったちょっとした汚損・破損が原因で、うまく電気が流れずに発火した、なんてこともあるので 充電器に異常が無いかどうか定期的にチェックしておくといいかと思います。 スマホ充電器が熱くなってしまった時は もうすでに現状で、 スマホの充電器が握れないほど熱くなってしまっているといった場合には、 潔くその充電器の使用をストップしましょう。 もったいないからと言って使い続けていると、そこから大きな火事に繋がったりもするので、必ず 修理や買い替えを検討するようにしてください。 まとめ 今回は スマホの充電器が熱くなってしまう原因や予防策についてまとめてみました。 ざっくりと振り返ると、.

次の

おや?スマホの充電ができない!? 覚えておこう!充電トラブルの原因と対処法

アンドロイド すぐ熱くなる

スマートフォンは複雑に部品が絡み合った機械ですので、発熱したというだけで原因がどこかを絞り込むのは難しいものがあります。 ただ、実際に起きる発熱トラブルの原因の多くは、バッテリーか CPU のどちらかにあります。 最近のバッテリーは大容量化しているにもかかわらず、そのサイズはコンパクトなまま。 この負荷が熱という形で現れていることがあります。 CPU はスマートフォンの頭脳にあたる部分、バッテリー同様、高性能化していくことで、より熱を持ちやすくなっています。 このような、充電をしながらスマホを使用する『ながら充電』はスマホが熱くなる事例の中でも最も多くの人が経験したことのある事例です。 原因2、長時間動画やアニメーションをみる YOUTUBEやNetflixなどで動画やアニメーションをついつい長時間見てしまう方は多いのではないでしょうか? この行為がスマホのバッテリーとCPUにとって高負荷になることは想像にかたくありませんよね。 原因3、そもそもバッテリーが劣化してきている バッテリーが古くなってくると、効率が悪くなるため発熱量も増えてきます。 XPERIAの場合、少なくとも2年間は快適に使用可能な長持ちバッテリーが使用されていますが、2年を過ぎて使用し続けている方や、最近電池の減りが早いと感じられている方は、発熱にも気をつけてみましょう。 しかし、これはその分だけバッテリーに高負荷を加えることになるため、発熱量も増えると考えて良いでしょう。 対策1、アプリの複数使用は控える マルチタスク機能を利用して、いろいろなアプリを立ち上げすぎなどは控えるようにしましょう。 対策2、ながら充電を控える 発熱の原因1でもお話しした内容ですが、充電しながらの携帯操作にも要注意。 充電中はそれだけでバッテリーが多少発熱するもの。 そこにCPUに処理を行わせて負荷をかければ、相乗的に熱は高まりますし、バッテリーの劣化にもつながります。 発熱した際は、マルチタスクや充電しながらの操作を避け、できるだけ XPERIA に負荷のかからない状態を作ってあげましょう。 再起動してみるのも良い手です。 対策3、スマホカバーを外す スマホを冷やす方法として冷蔵庫に入れたり、防水機能のついているものであれば水につけて冷やすことは避けましょう。 急冷によってスマホ内部で結露が発生し、劣化やショートの原因となってしまう可能性があります。 スマホが熱い時にはスマホカバーを外し、放熱性能を高めることが重要です。 基本的にスマホには温度センサーが備え付けられており、45度付近を超えるとセーフティ機能が働き、それ以上温度が上がらないように自動で給電を止めたり処理速度を下げるようになっています。 しかしその他の原因として、リチウムイオン電池に穴が空いていたりすると、持てないくらい熱くなり燃えたり発火する可能性もあるので、怖い場合はすぐに専門店へ持ち込みましょう。 可能性としては本体内の基盤やバッテリー、その他パーツの不具合が考えられます。 XPERIA 修理王ではこのようなケースでは、まずはバッテリー交換をして様子を見ることになります。 XPERIA が熱くなったまま放置してしまうと、熱暴走によって内部のデータが破損してしまう可能性もあります。 そうなる前に、早めに XPERIA 修理王にご相談頂ければと思います。

次の