ふれ 愛 交通。 株式会社ふれ愛交通(大阪市平野区平野東)|エキテン

【大阪】急成長したタクシー会社「ふれ愛交通」 新型コロナでまさかの倒産

ふれ 愛 交通

観光産業を中心に倒産が相次ぎ、人材流出の動きが強まっている。 3府県の緊急事態宣言は21日に解除されたが、再生の道筋は見えていない。 まさか、3か月後に倒産するとは想像もしなかった」 13日、大阪地裁から破産開始決定を受けたタクシー会社「ふれ愛交通」(大阪市)元社長の道野隆さん(61)が語る。 運送会社での勤務経験を生かし、2004年に同社を設立。 タクシー約15台から始まった会社は、訪日外国人増加の波に乗ってタクシー約100台、従業員120人に急成長した。 しかし、新型コロナの感染が拡大した3月に入って客が減り始め、緊急事態宣言が出た4月の売り上げは前年比80%減と急落した。 「今が我慢のしどき」。 運転手らに説明して予約だけの営業に切り替え、各方面から借金をしたが、今月、資金繰りがつかなくなった。 11日、残務整理などの一部の従業員を除き、30歳代~70歳代の運転手約80人を解雇。 解雇を告げた従業員たちからは「頑張って続けられないのか」「もっと早く決断できなかったのか」と厳しい声をあびた。 道野さんは「今の情勢では従業員の再就職も厳しく、他に方法はなかったかと悩み、寝られない。 新型コロナが憎い」と悔やんだ。 ファッションの街・神戸では、感染拡大の影響でアパレル関連の5社が経営破綻した。 その一つ、婦人服店を経営する「バロン」(神戸市)の創業者の橘川高春さん(40)は「アパレルは外出自粛の影響を受けやすく、どうしようもなかった。 今は何も考えられない」とうなだれた。 ホテルチェーンや空港での土産物の納品業者などの観光産業が目立つ。 関西経済の予測・分析を行う「アジア太平洋研究所」(大阪市)は、3府県の経済損失は宣言発令後1か月間だけでも6984億円にのぼると試算した。 稲田義久・数量経済分析センター長(甲南大教授)は「関西経済は訪日外国人客への依存度が高く、より大きな影響が出てしまった。 宣言が解除されても渡航制限は継続されており、人との接触を避ける行動などで経済活動の低迷も続く。 今後の先行きは暗い」と指摘した。 関西経済を下支えした観光産業では人材流出の兆候が出始めている。 人材サービス会社「エン・ジャパン」(東京)が提供する転職サイトでは、ホテル従業員や旅行会社従業員らの転職希望者の登録が急増。 1~3月は前年比4割増の約7000人に達し、過去最高水準となった。 担当者は「今後、再生に向かっていく際に担い手不足という新たな問題が生じかねない」と懸念する。 京都市内でゲストハウスを経営する金志遠さん(41)は、利用客らの人脈を活用して、西陣織マスクを海外へ販売する事業の準備を進めている。 京都市では3月、主要ホテルを利用した外国人が約9割減少。 欧米の観光客で連日満室だった金さんの宿も3月以降は予約がなくなった。 廃業が頭をよぎった時に思いついたのが、商店街の店頭で見かけた西陣織のマスク。 欧米人が好むデザインで、マスク文化が定着しそうな海外で売れると判断した。 「新たな一歩を踏み出すつもりだが、今後、日本や世界がどうなるのかわからず、不安がぬぐえない。 新事業で何とか生き残ろうとする人は多く、公的支援を続けてほしい」。 金さんはそう訴えた。 70 ID:CUYFzdvJ0 芸能界に金をばらまくより、こういった真面目な会社を支えてやれよ。 > 観光産業を中心に倒産が相次ぎ、人材流出の動きが強まっている。 3府県の緊急事態宣言は21日に解除されたが、再生の道筋は見えていない。 13 ID:BLQESUnR0 従業員は利害関係者だから厳しいことは言うだろうが、これをわざわざ 記事にして報道するのはサラリーマン根性だ。 サラリーマンは転職したら 済む。 倒産した経営者に同情するのが人として当然だ。 マジで。 無茶言い過ぎだわ。 70 ID:HQTjzRfy0 福祉タクシー部門は続けるみたいね.

次の

株式会社ふれ愛交通(大阪市平野区平野東)|エキテン

ふれ 愛 交通

概要 [ ] 1月に設立。 当初は梱包などの運送付帯サービスを主力に手掛けていたが、8月に関連会社である東陽運輸から福祉タクシー事業を譲受してタクシー事業へ進出。 5月に福祉限定免許が解除されたと同時に一般タクシー事業へ進出。 タクシー事業の他にも、病院福祉施設や特別支援学校の送迎などを手掛けていた。 女性乗務員が運転するピンク色のタクシーは、「幸せを運ぶ、ピンクのタクシー」と親しまれ、メディアに取り上げられた。 2016年5月期には約7億円の売上があった。 しかし、乗務員不足による稼働率の低下や人件費上昇により、収益が悪化したと同時にに転落。 ふれ愛交通はセーフティネット融資や雇用調整助成金などを検討していたが、2020年5月分の給与に間に合わないことから断念。 2020年5月11日付で全従業員を解雇し事業を停止。 同年5月13日にへ破産を申請し、同日付で破産手続開始決定を受けた。 負債総額は約1億3000万円。 タクシー事業者で、新型コロナウイルスに関連する倒産は初となった。 ふれ愛交通が手掛けていた事業の内、介護タクシー事業に関しては、管理の下で事業を継続する予定である。 営業区域 [ ] 一般は、大阪市域交通圏(、、、、、、、、)とを営業区域にしていた。 福祉タクシーの営業区域は、大阪府内全域を営業区域にしていた。 脚注 [ ].

次の

タクシー業界では初のコロナ関連倒産…「ふれ愛交通」自己破産申請で運転手81人解雇

ふれ 愛 交通

タクシー業界では初のコロナ関連倒産…「ふれ愛交通」自己破産申請で運転手81人解雇 MBS 関西のニュース — ケッケロ k66sergeant この件について、時事通信などは以下のように報じています。 東京商工リサーチによると、大阪府のタクシー会社「ふれ愛交通」(大阪市)が13日、大阪地裁へ破産を申請し、開始決定を受けた。 負債総額は約1億3000万円。 新型コロナウイルスの影響でタクシー会社が倒産するのは全国初という。 ふれ愛交通は大阪市平野区平野東に本社を構えるタクシー会社。 一般的なタクシー事業の他にも、介護タクシー事業も行っており地域に貢献してきました。 今回の倒産にともなって、タクシー事業は11日付けでの廃業が報じられています。 一方、介護事業などについては今後どのようになるのか?は今のところ報じられていません。 ふれ愛交通の道野隆社長は無念のコメント タクシー社長「悔しい」 コロナで廃業、運転手全員解雇 「ふれ愛交通」(大阪市)は売上高が急減して資金繰りが悪化するなか、11日付でタクシー事業を停止。 道野隆社長は「悔しい気持ち」を抱えたまま、会社そのものの廃業を決めたという。 あらゆる経済活動が停滞するなかで、ふれ愛交通以外にもタクシー業界全体が悲鳴をあげている状況。 今回の倒産について、ふれ愛交通の道野社長はメディアの取材に対して以下のようなコメントを出しています。 「乗務員を解雇して申し訳ない。 悔しい思いでいっぱいです。 」 MBSなどによれば、現在所属している81人のタクシー運転手は全員解雇されるとのことです。

次の