アコギ ネック 調整。 テイラーギターのトラスロッドを回して、ネックと弦高の調整する

ギター保管で弦を緩めるメリットとデメリット

アコギ ネック 調整

ギターの練習方法や、演奏時のちょっとした悩みについての記事一覧です。 ピッキングの練習方法や弦のサビ対策、弦がすぐに切れる原因、指の痛みへの対処などの記事が人気です。 ギターを保管しておく時の注意点や、持ち運びの方法、扱い方、調整とリペアについての記事一覧です。 弦やフレットの交換時期の目安、保管時に弦を緩めるかどうか、湿度管理などの記事が人気です。 弦、ピック、ギターケースの種類や使い方など、ギターに必要な道具類についての記事一覧です。 コーティング弦や雨の日のギターの運び方、弦の種類などの記事が人気です。 アコギとエレアコについての記事一覧です。 エレアコの選び方や使い方、アコギの練習場所などの記事が人気です。 コード、スケールなどの音楽理論についての記事一覧です。 ルート音や音程など基本的な部分の記事が人気です。 家の防音対策についての記事一覧です。 防音の基本と、防音室を自作した際のまとめ記事が人気です。 まだたむすぎたーではジャンル分けしていない記事の一覧です。 著作権とローンの組み方についての記事が人気です。 楽器・付属品・防音材を探す.

次の

【再生】ギターネックの反りを調整するには?ネックの反りの原因と調整方法を詳しく紹介! 2020年6月

アコギ ネック 調整

A ベストアンサー アコースティック系のギターで弦高を上げるように調整するとしたら、ブリッジサドルを交換する必要があるでしょう。 交換用のサドルは付属していないのが普通です。 新しい交換用パーツは楽器店でも取り扱っていますので、それを購入して成形しなおし、交換することになりますね。 ただし、調整に関してはある程度専門的なスキルを要するところもあります。 もし、そうした調整に自信がなければ、リペアに出してチューンアップしてもらうのが良いでしょう。 なお、弦高を調整するためにネックの反りを変えるのは、個人的にはあまりお勧めしません。 弦高に関しては、あくまでもナットの溝の深さとサドルの高さで調整するのが基本だと思います。 反りでごまかすのは、その反りが他の部分で不具合として表れる可能性も考えられるので、あまり勧められません。 多くのアコースティックギターでは、アジャスタブルトラスロッドの調整ネジがヘッド側にないとしたら、ネックの根元、サウンドホールの中にあると思います。 参考まで。 A ベストアンサー No. 3です。 なかなか難しい状況のようですね。 まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。 ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。 これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。 しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。 (結局アイロンでしょうか?) 当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。 とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。 そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。 (クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。 3です。 なかなか難しい状況のようですね。 まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。 ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。 これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。 しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。 (結局アイロンでしょうか?) 当初はボルトオンというこ... A ベストアンサー オベーションのエレアコといってもたくさんあります。 トップの材質も1種類ではありません。 その亀裂というのが塗装面だけの亀裂であれば、さほど気にする必要はありません。 直すとなるとタッチアップまたは塗装し直しまたはオーバーラッカーを行うことになるかと思います。 もし亀裂がトップ材に及んでいるとするとボディ内部からパッチをあてるなどが考えられますが、オベーションの場合サウンドホールから手を入れられない機種があるのでその場合は一旦トップを剥がすしかありません。 見積りをみて直すか捨てるかの選択になるでしょう。 あてずっぽうですが、数万円台の機種であればトップは合板だと思うので材に亀裂が入ることは考えにくいです。 またアダマスのような木ではないものもしかり。 亀裂が木目に沿っていないようであればたぶん塗装面のみのクラックでしょうから、そのまま使っても実害はありません。 おそらく亀裂が進行したり、他の部分にも発生する可能性も大きいと思われます。 冬場は乾燥しますので、木材でできたギターには危険な季節でもあります。 場合によっては適度の加湿も必要です。 A ベストアンサー こんにちは。 「勝手な意見」でよいとのことなので、本当に勝手な意見を少しばかり。 マーチンは手工品、オベーションは規格品。 マーチンはきれいな鈴や鐘の音 シャリ~ン、ゴーン がするが、オベーションは雨が傘に当たる音 パラパラ がする。 マーチンを聴くと心が震えるが、オベーションを聴くと鼓膜が振動する。 先輩のマーチンは「これぞ弦楽器!! 」という音がしたが、友人のディープ・ボウル プリアンプなし は、「これぞ打楽器!! 」という音がした 二十数年前の話。 友人のオベーションのおかげで、私のハカランダ単版製国産ギターは、天使の歌声のように聞こえた。 ありがとう、オベーション。 ネックの頑丈さと耐ハウリング性能を、ステージ栄えするルックスで包み込んだのがオベーションです。 しかし、そのうち前二者は、もはやオベーションの独壇場ではなくなりましたよね。 いまとなっては、ルックスだけが売りなのでは、という気がします。 そして、生音もルックスも悪くないエレアコは、いまや数え切れないほどあるじゃあないですか。 そういえば、ヤマハやタカミネのデザイン、エレアコ性能が飛躍的にアップしたら、南こうせつはアダマスをあまり使わなくなりましたっけ……。 と、ここで気付いたのですが、オブジェとしてなら、オベーションのウクレレでいいじゃないですかっ!! 実は、私も飾り兼爪弾き用として、一時真剣に考えていたのです。 」というながれで、いつのまにか夢と消えたのですが……。 目立たないけど何でもできる素敵な娘マチ子ちゃんと付き合っていて、彼女に飽きたから、ブランド命のボディコン女 古いっ!! に目移りしているように感じちゃうのは私だけでしょーか? ううっ、マチ子ちゃんが可哀想だ……。 大まじめな話、今回の件、賛同しかねます。 妄言多謝 こんにちは。 「勝手な意見」でよいとのことなので、本当に勝手な意見を少しばかり。 マーチンは手工品、オベーションは規格品。 マーチンはきれいな鈴や鐘の音 シャリ~ン、ゴーン がするが、オベーションは雨が傘に当たる音 パラパラ がする。 マーチンを聴くと心が震えるが、オベーションを聴くと鼓膜が振動する。 先輩のマーチンは「これぞ弦楽器!! 」という音がしたが、友人のディープ・ボウル プリアンプなし は、「これぞ打楽器!! 」という音がした 二十数年前の話。 友人のオベーショ... A ベストアンサー Pro Martin! 懐かしいですねえ。 国産パチものです。 つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。 おそらく今は作ってないんじゃないかな。 GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。 むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。 今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・) そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。 というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。 (そういうのがほしけりゃまた別ですが) A ベストアンサー ネック周りを中心に、ギターの状態をチェックしてみるのがよいと思います。 とりあえず、まずは弦が古いものであれば新しいものと交換して、チューニングを正確に整えてみるのが良いでしょう。 購入直後でも、買ってから弦を交換していなければ、お店の方で張ってからどれくらい経過しているのかがわからないので、新しい弦に変えた方が良いかも知れません。 弦が関係する部分の調整については、できるだけ新しい弦で状態を測る方が良いでしょう。 また、状態を見るときにはきちんとチューニングを整えた状態で見るのが妥当です。 例えばネックの反りの状態は、弦を張るとネックが引っ張られて動くので、演奏の時に適正な状態になるように、弦を正確にチューニングして状態を見る必要があります。 また、弦が緩ければ、その分振幅幅も大きくなりがちで、ビビリを誘発しやすくなります。 弦が新しい物で、チューニングも正確に合わせた上でビビリが酷い場合は、ネックが逆反りしていないかをチェックし、その上で弦高の調整をするのが良いでしょう。 ビビリについてはフレットと弦が接触していることが原因で起こるもので、基本的には弦高を上げる方向で対処するのが妥当です。 ただし、弦高の調整については、まずネックの状態を適正な状態にしてから行うのがより良いでしょう。 ネックの状態のチェックについては、同一弦上で1fと最終フレットを押さえ、中間あたりの弦とフレットの隙間を見ます。 この時隙間が見られなければ、ネックが逆反りしています。 厚紙一枚程度の隙間が開いていれば適正な状態、それよりも開きが大きい場合は順反り過多と見ます。 トラスロッドの調整については、逆反りしている場合はトラスロッドを緩めて弦の引っ張りに追従させるようにし、順反りがきつい時にはトラスロッドを締めて逆反り方向に力が加わるようにします。 具体的にどちらに回せばいいのかは、ギターに付属のマニュアルで確認してください。 なお、トラスロッドについては、一度に大幅に回したりするとネックに深刻なダメージを与える可能性があります。 下手をすると、トラスロッドが指板やネックをひび割れさせてしまうかも知れません。 8分の1から4分の1回転ほどくらいずつ回すようにして、急激に回したりしないようにするのが良いでしょう。 トラスロッド調整に関しては、特に慎重に行うことをお勧めします。 ネックの状態が適正で、なおビビリが出るようであれば、サドルを上げて弦高を上げるのが良いでしょう。 とりあえず、そのあたりをもう一度見直してみるのが良いように思います。 なお、ネックの反りの補正や弦高の調整をした後は、オクターブ調整をやり直しておくのが妥当です。 どうしてもギターの調整がままならないように感じる場合は、ギターの扱いに慣れた人にお任せするのが良いでしょう。 ネック調整などはそれなりに慎重に対応する必要がありますので、手に余ると感じる時には無理せずリペアに出す方が無難です。 なお、ビビリについては、弦の弾き方に原因がある場合も考えられます。 ピッキングが粗く、力いっぱいに弦を弾いている場合は、弦も暴れやすく、ビビリにつながることもあります。 もしピッキングを丁寧にするように意識してみて、ビビリが収まるようであれば、弾き方自体を見直してみるのも良いかも知れません。 特にピッキングは力任せに無造作にやってはなかなかコントロールがきかず、良い音も出しにくいと思います。 ピッキングについては、繊細なコントロールを必要とするものですので、丁寧にやってみるように気を遣うこともお勧めします。 参考になれば。 長々と失礼しました。 ネック周りを中心に、ギターの状態をチェックしてみるのがよいと思います。 とりあえず、まずは弦が古いものであれば新しいものと交換して、チューニングを正確に整えてみるのが良いでしょう。 購入直後でも、買ってから弦を交換していなければ、お店の方で張ってからどれくらい経過しているのかがわからないので、新しい弦に変えた方が良いかも知れません。 弦が関係する部分の調整については、できるだけ新しい弦で状態を測る方が良いでしょう。 また、状態を見るときにはきちんとチューニングを整えた状態で見... A ベストアンサー 初めまして、私は楽器店で働いていた経験と、自分自身もギタリストです。 若干、片寄った意見になってしまうかもしれませんが、参考になればと思いまして! 基本的に、ギターの弦の選び方の考え方の1つとして・・・まずは自分の使いやすい物を選ぶ事だと思います。 ただ、自分の音楽性や、弾きたい曲に対して、「音圧が無い」とか「コードを弾いた時のまとまり感がない。 」など、弦の太さに対して、テンション(弦の張り具合・強度)も変わってきます。 太い弦は、テンションがきつめで、しっかりとした音色になり、低音も安定感があります。 従って、イメージとしては「硬い感じ」がします。 指が痛くなりやすいですね^^; 細い弦は、テンションは緩めで繊細な音色になりますね! 従って、イメージとしては「軟らかい感じ」がします。 細い弦は、思いっきり6本を鳴らした時に、一瞬チューニングが狂ったと思う時があったりします。 後、サスティーンが短くなるようにも思います。 チョーキングをするから!という理由でエクストラライトを使用するという点においては、個人的にはオススメしませんが、サウンド面も含めて気に入っているのであれば、全く問題ないと思います。 目安としては、太い音が出したい場合は、太い弦で、繊細な音が出したい場合は細めの弦ということになりますね^^ 後、ギターの種類によっては、決められたゲージしか使えないギターもありますので要注意です! 誤って使い続けていると、ネックが反ってきたり、全くチューニングが合わない!という現象がおきたりもします。 本題ですが、プロの方でも音楽性によって様々だと思いますが、Extralightのゲージを使用している方は、私の知る限りでは少ないように思います。 ハード系の方は、やはり太いサウンドを好む確率が高いように思いますし、パワフルに演奏されますので、太めかと。。。 ポップス系などでも、カッティングのようなプレーをされる方なども太めのゲージを使用されているようなイメージです。 レコーディングなどでは、曲ごとに張り替えてる方も少なくはないようです。 スタジオミュージシャンの方々は、仕事上、ジャンルが広い為、Extralightを使用することも少なくはないと聞いたことはあります。 シングルのPUや、ハムバッカーPUでのサウンド面の違いがあるように弦の太さでもかなり変化します。 その代わり、低音は若干損なわれますが。。。 色々、試してみて下さい。 頑張って下さいね! 初めまして、私は楽器店で働いていた経験と、自分自身もギタリストです。 若干、片寄った意見になってしまうかもしれませんが、参考になればと思いまして! 基本的に、ギターの弦の選び方の考え方の1つとして・・・まずは自分の使いやすい物を選ぶ事だと思います。 ただ、自分の音楽性や、弾きたい曲に対して、「音圧が無い」とか「コードを弾いた時のまとまり感がない。 」など、弦の太さに対して、テンション(弦の張り具合・強度)も変わってきます。 太い弦は、テンションがきつめで、しっかりとした音色に... A ベストアンサー エレアコやエレキギターほか愛用しています。 さて、、、可能性のある事項は、 1 エレアコ本体の横っ腹あたりにある「電源ON」ボタンが入っていない。 2 電池格納コーナーの接点不良もしくはその周辺回路の断線とかハンダはずれ。 3 シールド類の断線もしくは接触不良。 4 エレアコ回路深部の断線もしくはコンデンサなどのパンク。 5 ピエゾPUマイク関係の断線等。 6 アンプ側の不調。 その他いろいろ試行錯誤してみると、原因が絞り込める筈です。 がんばってください。

次の

【再生】ギターネックの反りを調整するには?ネックの反りの原因と調整方法を詳しく紹介! 2020年6月

アコギ ネック 調整

この記事のもくじ• ギターネックの反りの種類 ギターネックの「反り」とは、ネックが何らかの原因で ねじれたり曲がったりすることを指します。 ネックの反りには大きく4つの種類があり、それぞれ演奏のしやすいさに影響を及ぼしてしまうのです。 また、 ベースの方が弦の張力が強いためネックが反りやすい傾向があります。 以下では、ギターネックの反りの種類について紹介します。 順反り 順反りは、ギターネック反りの中で 最も多いタイプであり、ギターネック中央部、7フレット〜12フレットあたりが変形している状態のことです。 順反りになっているギターを横から見ると、指板中央部と弦との距離が開き、弓なり状にネックが曲がって見えます。 順反り気味になってしまうと、弦がネックから浮いてしまい、 弦高が高くなるため弾きにくくなってしまいます。 また、特定のポジションで音がビリつきやすくなることもあります。 逆反り 逆反りは順反りと反対の方向にネックが反ってしまうタイプで、ギターヘッドが弦と反対方向、つまり下がるように変形します。 少しくらいの逆反りなら演奏に支障はありませんが、反りが大きくなると 音詰まりが起きたり、 ビビりを感じやすくなります。 あまりに大きな反りだと 演奏自体できなくなる場合もあるので注意しましょう。 逆反りは弦の張力と反対の方向に変形していく反りであるため、使用中のギターにはあまり見られず、しばらく使っていなかったギターによく見られる反りになります。 ねじれ・波打ち ねじれ・波打ちは「順反り」や「逆反り」のようにネック全体に反りが起こるわけではなく、 部分的に反りが発生する状態を指します。 中には、順反りと逆反りが混在しているような 複雑なケースも見られます。 ねじれが起こる場合、多くは高音弦側が沈み込み、低音弦側が起き上がる形になります。 そのため、 特定のポジションで音がビリつくときは、ねじれや波打ちを疑いましょう。 ハイ起き ハイ起きとは、ネックのつなぎ目部分から ネック部が上側に持ち上がってしまう状態のことです。 ハイ起きが起こると、ハイポジションでの 音詰まりが発生します。 また、ハイ起きはトラス・ロッドが効かない部分が反っているため、修正するのは大変です。 ギターネックの調整と一緒に、弦の種類の記事も読んでみて! ライブUtaTenの関連記事! ネックが反る原因は? ネックが反ってしまう原因は環境によるものと、 弦のテンションによるものがあります。 原因を知ることができれば、ネックが反ってしまう前に対処することができますよ。 ここでは、 ネックが反る原因について紹介します。 温度変化 ギターは木でできているため、温度変化によってギターの体積が変化してしまい、 木に負担がかかることでネック反りが起こります。 湿度変化 湿度の変化もネック反りの原因になります。 湿度が高いとギターの体積が大きくなり、湿度が低くなると体積が小さくなります。 このように、湿度の変化によってギターが 膨らんだり縮んだりすることで、ネック反りが起こってしまうのです。 弦のテンション ギターは、弦を張っているだけで 相当な負荷がかかっています。 そのため、ネックが弦の引っ張りの力に負けてしまい、その結果ネックが反ってしまうことがあります。 短い期間に目に見えるほどネックが反ってしまった場合は、 弦のテンションによる反りが考えられます。 弦のテンションで起こる反りを防ぐためには、 保管するときに弦を緩めるようにしましょう。 外部からの衝撃 スタジオやライブなど、ギターを持ち運ぶ機会は多いですよね。 持ち運びの際に、他の楽器と重ねて運んだり、アンプと一緒に運んだりすることで、 ギターネックの反りが起こることがあります。 ギターを運ぶときは、しっかりとした ケースに入れて慎重に運ぶようにしましょう。 ギターの弦も一緒に張り替えるなら、この記事も読んでみてください! ライブUtaTenの関連記事! ギターネックの反り確認方法 ギターのネックは若干反りぎみの方が良いと言われることもあるため、 少しくらいの反りは気にならないことが多いです。 しかし、弦高が高くて弾きにくい状態が続いたり、音がビリつきやすくなっているときはギターネックの反り具合を確認しましょう。 この記事では、 自分でギターネックの反りを確認する方法を紹介します。 2点押さえて弦高を見る 正確にネック反りを確認したい場合に有効なのが、フレット2点を指で軽く同時に押さえて 弦高を調べる方法です。 この方法を使うときは、ギターをしっかりとチューニングした状態で行いましょう。 ギターのチューニングができたら、まずギターの1フレットと最終フレットを同時に押さえます。 このとき、8フレット〜12フレットあたりで ネックと弦の間に適切な隙間があるかどうかを調べます。 5mmくらいの隙間があればネック反りしていない状態と言えます。 また、弦高が変わってしまう原因はネック反りの他にも、ナットやサドル側に問題があるケースもあるということを頭に入れておきましょう。 反りがない場合 反りがない場合、フレット中央部(8フレット〜12フレットあたり)をタップしたときに、弦とフレットがぶつかってカチカチと音がなる状態になります。 2点を押さえたままで、ネックと弦の間に 0. 5mm程度の隙間が確認できれば正常です。 順反りの場合 2点を押さえた状態で、フレット中央部(8フレット〜12フレットあたり)のネックと弦の間に 0. 7mm以上の隙間が確認された場合、順反りが起きていると言えます。 順反り方向に反りが起きている場合、ビビり音やタッピングのような はっきりした音が出ていることがあります。 逆反りの場合 2点を押さえた状態で、フレット中央部(8〜12フレットあたり)のネックと弦の間の隙間が 0. 4mm以下になってしまった場合は、逆反りが起きていると言えます。 逆反りが起きると、タップしても カチカチという音が出なくなります。 ねじれ・波打ちの場合 フレットの場所によって 弦とネックの隙間の間隔にバラつきがある場合は、ねじれや波打ちが起きている可能性があります。 1弦側と6弦側でネックの反り方向が違う場合は ねじれ、ネックの場所ごとに反り方向が異なる場合は 波打ちが起こっていると言えます。 目視でネックを確認 ネック反りを目視で確認する方法もあります。 明らかな反りがある場合や、ねじれや波打ちの確認には 目視の方がわかりやすい場合も多いです。 ここからは、目視でネックの反りを確認する方法を紹介します。 真横から見る ギターネックの反りを目視確認する場合、まずは 真横からネックの状態を見ます。 このとき、ギターを目線の高さと同じになるようにしましょう。 わかりにくい場合は、定規を使ったり、 写真に撮って状態を確認すると便利ですよ。 ヘッド・ボディ側から見る 目視でネック反りを確認するときは、真横から見る他にも、ヘッド側(ナット側)、ボディ側(ブリッジ側)からも 必ず状態の確認を行いましょう。 このときも、 目線の高さをフレットの面と同じくらいにするようにしてください。 トラスロッドでネックの反りを調整する方法 実際にギターネックの反りが確認できたら、反りの調整も自分でしたいですよね。 自分でネック反りを調整するときは、ネックの中に埋め込まれている トラスロッドと呼ばれる金属の棒を使います。 トラスロッドをパイプレンチで回すとことで、ネック反りを調整できます。 ただし、ギターによっては ネックを外さないとトラスロッドが回せないものもあります。 ここでは、ネックを外してロッドを回す方法と、ネックを外さずヘッドからロッドを回す方法を紹介します。 ネックを外して調整するタイプ 特にアコースティックギターなどでは、トラスロッドが サウンドホール内のネックのつなぎ目部分にある場合があり、その場合はネックを外してロッドを回していきます。 手順は以下の通りです。 弦をヘッドから外す まず全ての弦を緩めて、弦をヘッドから完全に取り外します。 ネックをボディから外す ギターを裏返したら、4本のボルトを取り外し、ボディからネックを取り外します。 ボルトを取り外すときはネックを押さえながら作業するようにしましょう。 トラスロッドを回す ネックのつなぎ目に付いているロッドを回しながら少しずつネックの反りを調整していきます。 順反りの場合は時計まわりに、逆反りの場合は反時計まわりに少しずつ回しながら反りを調整していきます。 ネックをボディに戻して弦を張る 調整が終わったらネックをボディに戻し、ギターを裏返してボルトを取り付けます。 そして、弦を張り付けましょう。 ヘッドから調整するタイプ ギターのヘッドにレンチ穴がある場合は、 ヘッド部でトラスロッドを回しながらギターの反りを調整することができます。 手順は以下の通りです。 弦を緩める まずは全ての弦を緩めます。 ここでは弦を取り外す必要はありません。 トラスロッドカバーを外す 多くのギターはレンチ穴がカバーで覆われているので、カバーも完全に取り外しておきましょう。 トラスロッドを回す ロッドを回しながらネックの反りを調整します。 順反りの場合は時計まわりに、逆反りの場合は反時計まわりに少しずつ回しながら反りを調整してきましょう。 弦とカバーを戻す 調整ができたら、弦とカバーを元の状態に戻して調整完了です。 トラスロッドの回しすぎには注意 ネック反りを確認しながらトラスロッドを回していると、つい回しすぎてしまうこともあります。 ただし、回しすぎるとネックが変形することもあるので、 回したとしても45度〜90度までにしてください。 ネックが反らないように普段から温度や湿度に気を付ける事が大事!自分で調整するのが難しい場合はリペアショップに相談しよう 自分で確認・調整ができるギターネックの反りですが、普段から 徹底した管理をしてネックの反りが起こらないように気をつけることが大切です。 ネック反りはよくあることなので、自分のギターネックが反ってしまったからといって慌てることはありません。 しかし、大きな反りや波打ち・ねじれなど複雑な反りの場合は、 自分で調整するとギターを痛めてしまうこともあります。 難しい場合は、リペアショップに相談するのがおすすめですよ。

次の