鹿児島 高野連。 鹿児島高野連「県の頂点目指せる道」2段階の独自大会 予選7地区来月22日から決勝T|【西日本スポーツ】

KKB鹿児島放送|高校野球関連情報ページ|

鹿児島 高野連

鹿児島県高校野球連盟は5日、感染拡大の影響で中止になった夏の甲子園出場権を懸けた地方大会に代わる独自大会の開催を決め、概要を発表した。 県内7地区の予選を勝ち抜いた16校が参加し、7月22~28日の日程で決勝トーナメントを行う。 トーナメント会場は鹿児島市の平和リース球場と鴨池市民球場。 原則無観客で控え部員や保護者の入場は認める。 大会名は「2020鹿児島県夏季高等学校野球大会」。 鹿児島市・南薩・北薩・姶良伊佐・大隅・熊毛・大島の7地区で、6月下旬から主に土日に地区内の球場で試合を行う。 決勝トーナメントに進むチーム数は参加校数に応じて割り当てる。 ベンチ入り人数や試合方式なども地区ごとに検討する。 6月27日に地区予選と決勝トーナメントの組み合わせ抽選を行う。 同県高野連の月野功会長は「県の頂点を等しく目指せる道をつくれたと思う。 優勝目指して頑張ってほしい」と話した。 (上野和重).

次の

鹿児島高野連「県の頂点目指せる道」2段階の独自大会 予選7地区来月22日から決勝T|【西日本スポーツ】

鹿児島 高野連

地区大会、決勝トーナメント方式で 【鹿児島】鹿児島県高校野球連盟は5日、臨時の役員・常任理事会を開いた。 中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島県大会の代替大会として、2020鹿児島県夏季高校野球大会を6月下旬から7月にかけて、地区大会、決勝トーナメント方式で実施すると発表した。 硬式に関しては6月下旬から7月中旬にかけて鹿児島市、南薩、北薩、姶良・伊佐、大隅、熊毛、大島の各7地区で予選を実施する。 各地区からのトーナメント出場校配分など詳細は後日発表する。 抽選会は6月27日、理事による代理抽選を行う。 新型コロナウイルス感染拡大防止策に万全を尽くすため、開閉会式は行わず原則無観客試合。 ただし、保護者や控え部員の応援は認める。 抽選会は硬式と同日に行う。 県高野連では代替大会として様々な方式が検討された。 通常の県大会同様に近いトーナメントを要望する声も多かったが、感染が完全な終息に至っていないこと、練習が不十分で熱中症対策などが万全でないことなどを考慮して、このような方式が採用された。 中森俊朗理事長は「これから7月28日の決勝戦が終わるまで感染防止対策を徹底し、安心・安全に試合が終わるために全力を尽くしたい。 その上で3年生がしっかりと高校野球に区切りをつけて次の目標に向かっていって欲しい」と話した。 (政純一郎) 大島、代替開催決定に歓喜 県大会の代替開催決定の一報に、奄美市名瀬の大島高校野球部(塗木哲哉監督、部員60人)でも歓喜の声が広がった。 全国高校野球選手権鹿児島大会の中止決定後も手を緩めることなく代替開催を信じて練習に励んできた部員たち。 塗木監督は「最後があるのとないのでは大きく違う。 まずは尽力いただいた関係者に感謝を申し上げたい」と安堵の表情で話した。 昨年の全国高校野球選手権鹿児島大会ではベスト8に食い込んだ大島。 3年生が引退後の新チームで臨んだ昨秋の九州地区高校野球大会県予選でも8強入りを果たすなど、〝力のある世代〟として今年も大きな期待が寄せられていた。 午後4時、県高野連の速報が伝えられると、塗木監督が部員を集めて代替大会の開催決定を報告。 「ありがたいという気持ちを忘れず地区予選を勝ち抜き、県立鴨池球場で野球ができるよう目標を切り替えて頑張ろう」と部員を前に発破をかけた。 進学校にも関わらず、一人も離脱することなく最後の夏を信じて、普段と変わらぬ〝量より質〟の練習を続けてきた3年生22人(選手18人、マネージャー4人)を含む部員たち。 3年・藤本涼也主将は「中止を聞いた時は悔しく複雑な気持ちだったが、(開催を)信じて待った。 最後まで勝ちにこだわり、これまで頑張ってきた仲間と一緒に全力で挑みたい」と前を向き、3年・川畑妃羅莉マネージャーも「大会の最後まで、しっかり支えたい」と気を引き締めた。 戦いに向けての課題はやはり〝実戦感〟。 塗木監督は「試合で起きるプレーや連携を想定しながら、しっかり準備を整えたい」と抱負。 部訓の「エンジョイング・ザ・ベースボール」を胸に、最後の覇を目指す。

次の

鹿児島高校野球掲示板|爆サイ.com九州版

鹿児島 高野連

地区大会、決勝トーナメント方式で 【鹿児島】鹿児島県高校野球連盟は5日、臨時の役員・常任理事会を開いた。 中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島県大会の代替大会として、2020鹿児島県夏季高校野球大会を6月下旬から7月にかけて、地区大会、決勝トーナメント方式で実施すると発表した。 硬式に関しては6月下旬から7月中旬にかけて鹿児島市、南薩、北薩、姶良・伊佐、大隅、熊毛、大島の各7地区で予選を実施する。 各地区からのトーナメント出場校配分など詳細は後日発表する。 抽選会は6月27日、理事による代理抽選を行う。 新型コロナウイルス感染拡大防止策に万全を尽くすため、開閉会式は行わず原則無観客試合。 ただし、保護者や控え部員の応援は認める。 抽選会は硬式と同日に行う。 県高野連では代替大会として様々な方式が検討された。 通常の県大会同様に近いトーナメントを要望する声も多かったが、感染が完全な終息に至っていないこと、練習が不十分で熱中症対策などが万全でないことなどを考慮して、このような方式が採用された。 中森俊朗理事長は「これから7月28日の決勝戦が終わるまで感染防止対策を徹底し、安心・安全に試合が終わるために全力を尽くしたい。 その上で3年生がしっかりと高校野球に区切りをつけて次の目標に向かっていって欲しい」と話した。 (政純一郎) 大島、代替開催決定に歓喜 県大会の代替開催決定の一報に、奄美市名瀬の大島高校野球部(塗木哲哉監督、部員60人)でも歓喜の声が広がった。 全国高校野球選手権鹿児島大会の中止決定後も手を緩めることなく代替開催を信じて練習に励んできた部員たち。 塗木監督は「最後があるのとないのでは大きく違う。 まずは尽力いただいた関係者に感謝を申し上げたい」と安堵の表情で話した。 昨年の全国高校野球選手権鹿児島大会ではベスト8に食い込んだ大島。 3年生が引退後の新チームで臨んだ昨秋の九州地区高校野球大会県予選でも8強入りを果たすなど、〝力のある世代〟として今年も大きな期待が寄せられていた。 午後4時、県高野連の速報が伝えられると、塗木監督が部員を集めて代替大会の開催決定を報告。 「ありがたいという気持ちを忘れず地区予選を勝ち抜き、県立鴨池球場で野球ができるよう目標を切り替えて頑張ろう」と部員を前に発破をかけた。 進学校にも関わらず、一人も離脱することなく最後の夏を信じて、普段と変わらぬ〝量より質〟の練習を続けてきた3年生22人(選手18人、マネージャー4人)を含む部員たち。 3年・藤本涼也主将は「中止を聞いた時は悔しく複雑な気持ちだったが、(開催を)信じて待った。 最後まで勝ちにこだわり、これまで頑張ってきた仲間と一緒に全力で挑みたい」と前を向き、3年・川畑妃羅莉マネージャーも「大会の最後まで、しっかり支えたい」と気を引き締めた。 戦いに向けての課題はやはり〝実戦感〟。 塗木監督は「試合で起きるプレーや連携を想定しながら、しっかり準備を整えたい」と抱負。 部訓の「エンジョイング・ザ・ベースボール」を胸に、最後の覇を目指す。

次の