六世占星。 細木数子先生の六星占星術について~2020年の運勢は?~ 無料占い

細木数子先生の六星占星術について~2020年の運勢は?~ 無料占い

六世占星

細木数子の六星占術は当たってますか? なるべくたくさんの方から回答頂けたら嬉しいです。 毎年 この時期に発売される細木数子さんの六星占術の本を買っていましたがいつも年運が全く当たらないので買うのを辞めました。 性格や苦手な月 大殺界の月 は割りと当たってる気がしますが…。 具体的に話すと、達成の年に好きな人と酷い別れをし、父が急逝し 鬱になり精神科通いしました。 再会の年には全くいい出逢いはなく、人に騙されたり欺かれたりが激しい心労が耐えない年でした。 財政の年は病気になり仕事ができず、極貧を味わいました。 安定の年には仕事の契約の話が違ってたり突然契約切られたりで転職を二回しました。 減退の年は前年の父の死や別れを引きずり 暗かったと思いますが、体調を大幅に崩すことなく自分の味方になってくれる人に出逢える一年だった気がします。 私のようにこんなにハズレる方いますか?私の実際の誕生日が戸籍とは違うのかと疑ってしまうくらいです 笑 幼なじみ 女性ですが… も大殺界の年に今の旦那さんと出逢い結婚しましたが、10年近く経った今も幸せそうです。 幼なじみのように大殺界の年に人生の転機に繋がるいいことあった方いますか? 私は来年から大殺界なのでとても心配なのでそんな話が聞きたいです。 いい年運でもこれだけ不運が重なってるので大殺界なんかきたら 死んでしまうんでは…とさえ思います。 私のように全く六星占術 年運 が当たらない方いらっしゃいますか?.

次の

六星占術の「運命周期」をわかりやすく解説します(2020年対応版)

六世占星

冬の季節、つまり大殺界を乗り越えた次期で、恋愛や結婚、就職など、新しい物事のスタートに適しているとされ、この年に始めた事象は大きな実りを結ぶとされています。 したがって、冬の時期に貯金や学習などで蓄積を行い、この種子の時期にチャレンジをはじめのが、六星占術の基本的な使い方ということになります。 緑生 六星占術では、緑生は「春」にあたるとされています。 蒔かれた種が芽吹くときで、イメージとしては「種子」で始めた事柄が、よい方向に動き始めるという感覚です。 芽が出るという意味から、この時期に得た愛情は本物であると細木数子さんは書いており、恋愛や結婚のチャンスです。 結婚相手や恋愛相手を探している人は、今以上に、お見合いや合コンなどにチャレンジしてみてください。 また、仕事やその他でも同様のことが言えるでしょう。 新しいプロジェクトや新人の指導に成果が出たり、転職先に馴染めたりといった効果が期待されます。 ただし、新芽は新芽であり、耐久性は弱いとも細木数子さんは説いていますから、注意して物事を進めてください。 立花 六星占術では、立花は「春」にあたるとされています。 そして「春」の中でも、「立花」は運気の盛り上がりがピークに達する運命周期であると細木数子さんは説いており、この時期に得たものは「生涯不動である」としています。 つまり、結婚や起業、転職のチャンスということです。 この時期に行った結婚は長く続き、始めた仕事も長く続く、という感覚でしょうか。 従って、この年は「チャンス」がキーワードであり、強気に出て、自分からチャンスをつかみ取りに行かねばなりません。 この年を消極的に、受け身に過ごすというのは人生の無駄遣いであり、もったいないことです。 健弱 小殺界 六星占術では、緑生は「夏」にあたるとされています。 大殺界に対応する「小殺界」はこの健弱の時期に始まります。 どうして夏が「小殺界」なのか。 それは運勢が中だるみになり、健康方面でも問題が起りやすい時期だからであると、細木数子さんは書いています。 また、この運勢の中だるみは、前年までの強い運気であれこれ頑張った結果、蓄積した疲労であるとも説いています。 従って、前年に大きく動いた方は、休憩が必要であると言えます。 とはいえ、細木数子さんの言を信じれば、蓄積した疲労が出てくる年ということなので、前年あまり動かなかった方は、それほど気にされることもないと思います。 達成 六星占術では、達成は「夏」にあたるとされています。 12ある運命周期の中で、「達成」はもっとも運気が強い年だとされており、愛情面でも家庭面でも、全てうまく行くと言われています。 細木数子さんは「勝負の年です。 ここを逃す手はありません」と説いており、前年ゆっくり休んで得た体力で、一気に勝負をかけるのが得策と言えそうです。 達成の時期を見越して、健弱から体制を整えていかれてはどうでしょうか。 それこそが、六星占術と運命周期の適切な使い方だと言えます。 乱気 中殺界 六星占術では、乱気は「夏」にあたるとされています。 前年の絶好調から一転して、運気が下がるとされています。 この年を細木数子さんは「中殺界」としており、休養に心がけ、無理をしないで休むことが必要です。 精神面での不安定がうっかりミスや、イライラを産むとも細木数子さんは説いています。 こういった精神面での乱調は、仕事のミスなどで具現化しやすいというのもあるのですが、実際に運勢を落とす原因ともなります。 無理や喧嘩をしないで、精神的な落ち着きを大事にしていきましょう。 再会 六星占術では、再会は「秋」にあたるとされています。 ここからの三年間は、ふたたび運気が上昇する運命周期であると、細木数子さんは説いています。 特に人間関係の面で大きな変化があり、メンターなど、人生に影響を及ぼす出会いが期待されます。 そして面白いことに、愛情面では復活愛の可能性が高まるとされています。 恋人を探している人は、過去の恋人と再会する可能性があります。 また、昔からの知人や、最近連絡を取っていなかった人などに、再度アプローチしてみる時期だと言えます。 仕事に関しても同様で、過去の人間関係や人脈を再評価してみたり、過去の仕事で共同作業をしたパートナーに連絡を取ってみてはどうでしょうか。 財成 六星占術では、財成は「秋」にあたるとされています。 字の通り、財産面での収穫が大きくなりますが、その他の面でも好調を持続します。 仕事などでも大きな成功を得やすいと言われます。 安定 六星占術では、安定は「秋」にあたるとされています。 ただし、この次の年から三年間、運勢は下降運に入ります。 従って、この年は幸運や金銭の蓄積を心がけ、体力の回復に努めるべきです。 資格を撮ったり、手に職をつけたり、副収入が得られるよう、準備するのもよいでしょう。 そうすると波風にも耐えられますし、精神的にもかなり楽になります。 トータルすると、「悪い年ではないが、来年はから苦しくなるので、チャレンジせずに守れ。 凶運に立ち向かう準備をしろ。 そうすれば大丈夫」といったところでしょう。 陰影 大殺界 六星占術では、陰影は大殺界とされる「冬」にあたります。 ここからは我慢の三年間がはじまる、と細木数子さんは説いています。 特に陰影は下降運の始めということで、裏切りや詐欺など、人間関係での禍が多くなると言われています。 結婚や起業などは要注意で、パートナーの浮気や裏切りに気を配る必要があるでしょう。 大殺界の期間は長く、その間、何もしないというわけにもいきません。 どうしても行わないといけないことがあれば、細木数子さんのアドバイスを聞いて、しっかり警戒して、慎重に物事を進めましょう。 停止 大殺界 六星占術では、停止は大殺界とされる「冬」にあたります。 運気が落ち込んでいる年で、何をやっても良い結果が出ない、と細木数子さんは説いています。 新たな収穫や実りを得ることは難しく、過去の蓄積を食いつぶすという時期です。 従って、この年までに十分な蓄積を行えるかが、大殺界の三年間の最後である、次の「減退」を乗り切れるかの鍵となるでしょう。 減退 大殺界 六星占術では、減退は大殺界とされる「冬」にあたります。 この年が、12ある運命周期のなかで、運気が最も落ち込んでいる時期です。 人によっては、陰影からの三年間ではなく、この「減退」の年をもって「大殺界」と呼んでいるようです。 事を起こせば間違いなく災いが起るので、とにかく堪え忍べ、と細木数子さんは述べており、これに従うのであれば、辛い一年間となりそうです。 しかし現実的には、一年間何もしないというわけにはいきません。 なるべく保守的に行動し、保険かリカバリープランをしっかり立て、人にだまされないよう警戒して、外見上は明るく振る舞うことで、凶を払いのけましょう。 運命周期について、プロの占い師から一言 以上、12ある運命周期について見てきました。 「何もするな」という年がことのほか多く、これに従っていては生きていられないのではないか…という気もしますが、この周期の通りに運勢の流れが進んでいくのであれば「来年は悪いから今年で蓄積を作れ」「去年は忙しかったはずだから今年は休め、来年大変だから」という、真っ当なアドバイスになっているというのが、正直な感想です。 しかしながら「この年はこうだから来年はこうしろ」式の蓄積がこの運命周期ですので、「この年がこうでなかった」のであるならば、次の年にどうすれば良いかは当然、違ってくるはずです。 例えば「健弱」は「立花」で蓄積された疲労を落とす年とされていますが、「立花」で何も起っていない、起こしていない、疲労していないのであれば、好運期にあたる「夏」の初めの年を無為に過ごすのは勿体ないとも言えます。

次の

六星占術・火星人マイナス(−)の2020年の運勢を徹底解説

六世占星

冬の季節、つまり大殺界を乗り越えた次期で、恋愛や結婚、就職など、新しい物事のスタートに適しているとされ、この年に始めた事象は大きな実りを結ぶとされています。 したがって、冬の時期に貯金や学習などで蓄積を行い、この種子の時期にチャレンジをはじめのが、六星占術の基本的な使い方ということになります。 緑生 六星占術では、緑生は「春」にあたるとされています。 蒔かれた種が芽吹くときで、イメージとしては「種子」で始めた事柄が、よい方向に動き始めるという感覚です。 芽が出るという意味から、この時期に得た愛情は本物であると細木数子さんは書いており、恋愛や結婚のチャンスです。 結婚相手や恋愛相手を探している人は、今以上に、お見合いや合コンなどにチャレンジしてみてください。 また、仕事やその他でも同様のことが言えるでしょう。 新しいプロジェクトや新人の指導に成果が出たり、転職先に馴染めたりといった効果が期待されます。 ただし、新芽は新芽であり、耐久性は弱いとも細木数子さんは説いていますから、注意して物事を進めてください。 立花 六星占術では、立花は「春」にあたるとされています。 そして「春」の中でも、「立花」は運気の盛り上がりがピークに達する運命周期であると細木数子さんは説いており、この時期に得たものは「生涯不動である」としています。 つまり、結婚や起業、転職のチャンスということです。 この時期に行った結婚は長く続き、始めた仕事も長く続く、という感覚でしょうか。 従って、この年は「チャンス」がキーワードであり、強気に出て、自分からチャンスをつかみ取りに行かねばなりません。 この年を消極的に、受け身に過ごすというのは人生の無駄遣いであり、もったいないことです。 健弱 小殺界 六星占術では、緑生は「夏」にあたるとされています。 大殺界に対応する「小殺界」はこの健弱の時期に始まります。 どうして夏が「小殺界」なのか。 それは運勢が中だるみになり、健康方面でも問題が起りやすい時期だからであると、細木数子さんは書いています。 また、この運勢の中だるみは、前年までの強い運気であれこれ頑張った結果、蓄積した疲労であるとも説いています。 従って、前年に大きく動いた方は、休憩が必要であると言えます。 とはいえ、細木数子さんの言を信じれば、蓄積した疲労が出てくる年ということなので、前年あまり動かなかった方は、それほど気にされることもないと思います。 達成 六星占術では、達成は「夏」にあたるとされています。 12ある運命周期の中で、「達成」はもっとも運気が強い年だとされており、愛情面でも家庭面でも、全てうまく行くと言われています。 細木数子さんは「勝負の年です。 ここを逃す手はありません」と説いており、前年ゆっくり休んで得た体力で、一気に勝負をかけるのが得策と言えそうです。 達成の時期を見越して、健弱から体制を整えていかれてはどうでしょうか。 それこそが、六星占術と運命周期の適切な使い方だと言えます。 乱気 中殺界 六星占術では、乱気は「夏」にあたるとされています。 前年の絶好調から一転して、運気が下がるとされています。 この年を細木数子さんは「中殺界」としており、休養に心がけ、無理をしないで休むことが必要です。 精神面での不安定がうっかりミスや、イライラを産むとも細木数子さんは説いています。 こういった精神面での乱調は、仕事のミスなどで具現化しやすいというのもあるのですが、実際に運勢を落とす原因ともなります。 無理や喧嘩をしないで、精神的な落ち着きを大事にしていきましょう。 再会 六星占術では、再会は「秋」にあたるとされています。 ここからの三年間は、ふたたび運気が上昇する運命周期であると、細木数子さんは説いています。 特に人間関係の面で大きな変化があり、メンターなど、人生に影響を及ぼす出会いが期待されます。 そして面白いことに、愛情面では復活愛の可能性が高まるとされています。 恋人を探している人は、過去の恋人と再会する可能性があります。 また、昔からの知人や、最近連絡を取っていなかった人などに、再度アプローチしてみる時期だと言えます。 仕事に関しても同様で、過去の人間関係や人脈を再評価してみたり、過去の仕事で共同作業をしたパートナーに連絡を取ってみてはどうでしょうか。 財成 六星占術では、財成は「秋」にあたるとされています。 字の通り、財産面での収穫が大きくなりますが、その他の面でも好調を持続します。 仕事などでも大きな成功を得やすいと言われます。 安定 六星占術では、安定は「秋」にあたるとされています。 ただし、この次の年から三年間、運勢は下降運に入ります。 従って、この年は幸運や金銭の蓄積を心がけ、体力の回復に努めるべきです。 資格を撮ったり、手に職をつけたり、副収入が得られるよう、準備するのもよいでしょう。 そうすると波風にも耐えられますし、精神的にもかなり楽になります。 トータルすると、「悪い年ではないが、来年はから苦しくなるので、チャレンジせずに守れ。 凶運に立ち向かう準備をしろ。 そうすれば大丈夫」といったところでしょう。 陰影 大殺界 六星占術では、陰影は大殺界とされる「冬」にあたります。 ここからは我慢の三年間がはじまる、と細木数子さんは説いています。 特に陰影は下降運の始めということで、裏切りや詐欺など、人間関係での禍が多くなると言われています。 結婚や起業などは要注意で、パートナーの浮気や裏切りに気を配る必要があるでしょう。 大殺界の期間は長く、その間、何もしないというわけにもいきません。 どうしても行わないといけないことがあれば、細木数子さんのアドバイスを聞いて、しっかり警戒して、慎重に物事を進めましょう。 停止 大殺界 六星占術では、停止は大殺界とされる「冬」にあたります。 運気が落ち込んでいる年で、何をやっても良い結果が出ない、と細木数子さんは説いています。 新たな収穫や実りを得ることは難しく、過去の蓄積を食いつぶすという時期です。 従って、この年までに十分な蓄積を行えるかが、大殺界の三年間の最後である、次の「減退」を乗り切れるかの鍵となるでしょう。 減退 大殺界 六星占術では、減退は大殺界とされる「冬」にあたります。 この年が、12ある運命周期のなかで、運気が最も落ち込んでいる時期です。 人によっては、陰影からの三年間ではなく、この「減退」の年をもって「大殺界」と呼んでいるようです。 事を起こせば間違いなく災いが起るので、とにかく堪え忍べ、と細木数子さんは述べており、これに従うのであれば、辛い一年間となりそうです。 しかし現実的には、一年間何もしないというわけにはいきません。 なるべく保守的に行動し、保険かリカバリープランをしっかり立て、人にだまされないよう警戒して、外見上は明るく振る舞うことで、凶を払いのけましょう。 運命周期について、プロの占い師から一言 以上、12ある運命周期について見てきました。 「何もするな」という年がことのほか多く、これに従っていては生きていられないのではないか…という気もしますが、この周期の通りに運勢の流れが進んでいくのであれば「来年は悪いから今年で蓄積を作れ」「去年は忙しかったはずだから今年は休め、来年大変だから」という、真っ当なアドバイスになっているというのが、正直な感想です。 しかしながら「この年はこうだから来年はこうしろ」式の蓄積がこの運命周期ですので、「この年がこうでなかった」のであるならば、次の年にどうすれば良いかは当然、違ってくるはずです。 例えば「健弱」は「立花」で蓄積された疲労を落とす年とされていますが、「立花」で何も起っていない、起こしていない、疲労していないのであれば、好運期にあたる「夏」の初めの年を無為に過ごすのは勿体ないとも言えます。

次の