六竜フルオート。 【グラブル】光六竜HL「ル・オー(白)」攻略!強制全滅技(超越)に注意

【グラブル】水六竜HL「ワムデュス(碧)」攻略!デバフ対策が重要

六竜フルオート

メイン石:ティアマト・マグナ4凸• ジャッジメント4凸• カーバンクル・ペリドット• 黒麒麟2体 フレンド石はティアマグ4凸を選択しました。 フレイも入れたかったんですが枠がなかったのでこの形に。 実践 一通りのバフとデバフを使い、ついでに攻撃デバフ目的でティアマトも召喚してから攻撃。 (ツープラトンは使いません) 今後アンチラの3アビ、4アビやニオの2アビ、3アビはCTが戻ってくる毎に使用していきます。 カレヲンは通常攻撃はしてこないんですが、CTがたまるごとにやたら痛い特殊技を撃ってくるので、CTMAXの技を受けるときは 全員ガード。 グリームニル1アビがあれば押してから通過するのもありですかね。 ただ、 クラストリゲインだけはダメージが無いのでガードしません。 (敵の弱体効果5つ回復) ニオの4アビが使用可能になるまではこんな感じで進めていくのが良いかと。 予兆解除の条件は25回攻撃ですが、追撃とTAのおかげで確定で解除出来ます。 アトミックサラウンドは食らうことはないです。 というか食らうと失敗すると思います。 次ターンは初手に使用したグリームニルの2アビが戻ってくるのでそれを使用し攻撃。 最後は奥義をONにしてフルチェインとかで終わるかなと。 HPにそこそこ余裕を持って倒すことが出来ました。 敵のCT技は全員ガード or グリームニル1アビ• クラスト・リゲインはガードしなくて良いがデバフも打たないようにする。 (直後に消される)• アトミック・サラウンドは、ニオ4アビやツープラトンで解除し受けないようにする。 気を付けるのはこれくらいですかね。 慣れればサクサク倒せそうな気がします。

次の

【グラブル】闇六竜HL「フェディエル(黒)」攻略!フルオートも成功

六竜フルオート

火六竜ウィルナスのフルオート攻略。 6周年の目玉として満を持して実装された割にはしょうもないバージョンアップだったV2。 UIの刷新やPTメンバー拡張くらいはあるだろうと思っていたので肩透かしでした。 目新しい要素が予兆とガードって・・・。 手動で攻略するとガードをポチポチするのが面倒なV2ですが、再挑戦可能になった六竜のフルオートは編成を試行錯誤出来て面白いです。 ぶっちゃけブレイブグラウンドよりこっちの方が楽しい。 個人的な主観に基づくフルオート難易度は以下の通り。 朱:難易度3 神石 無属性攻撃と超火力で押して来る。 碧:難易度4 神石 デバフがいやらしい上に火力も高い。 単純に強い。 金:難易度2 神石 バレグリム接待ボス。 白:難易度1 神石 よわい。 黒:難易度3 神石 ガードの存在意義・・・。 対策すれば何とかなる。 六竜全般に言えることだが、武器編成よりもキャラの持ち物チェックの要素が大きいのでリミ武器染めにする必要は無い。 もっとも、安定して攻略を目指すなら堅守武器の1本は欲しい所ではある。 ジョブはウォーロックorセージ。 メインにブルースフィアを持てることが全て。 ウォーロックの方が火力もデバフ命中率も高いのだが、リリィだけではハドロンスフィアのショートを解除出来ないので、マウントキャラが別途必要となる。 マグマチェンバーをかばわせる場合のキャラ編成。 ウィルナスには恐怖が利く 何度でも ので、ヴァジラも編成優先度は高い。 ジョブをウォーロックにする場合はカタリナを控えにしてヴェインと交代させる。 残りはドランク、マキュラ、ウーノあたり。 武器編成。 終末武器は進境を採用。 HPが削られた後半でも火力を落とさないで済む。 メテオラは水属性唯一の堅守武器なのだが、堅守 小 というのが六竜相手には何とも不足で、1本程度では気休めレベルである。 まあそれでも幻影切れの時に主人公に熱線が飛んで来たりしたらアウトである。 マグマチェンバーを素受けする場合のキャラ編成。 特に属性軽減の効果が大きく、終盤の超火力に対しても粘り強く戦うことが出来る。 魅了はレジストされるものの、他のアビリティもフルオート向けで強い。 主人公とリリィがチェンバーを喰らうという最悪の引きだったが、何とかクリア。 APが80と高いので、何度も試行していると汁消費が馬鹿にならないが、半額時に遊ぶにはいいコンテンツだと思う。

次の

【グラブル】六竜討伐戦「朱」ウィルナスをフルオート討伐(片面カグヤ編成)。攻撃に関してはほとんど素で受けていくので、ブラッククレバス辺りは10万越えのダメージ。単体攻撃が多いので奥義で幻影が付与できるブルースフィアを装備して挑戦。ただ最終的にバトルメンバーは3人に…..

六竜フルオート

スポンサーリンク ル・オー戦 攻撃とギミック 通常攻撃 ル・オーの通常は合計4~5発の多段攻撃。 40%以下になると7発程に増えます。 堅守無し背水だとそれなりに痛く感じるので、マグナ背水編成でやる場合は麒麟剣(最大17. 5%軽減)は入れておきたいところ。 万全を期すなら光鞄を入れる手もあり。 特殊技はほぼ全て多段攻撃 ル・オーの特殊技は40%予兆技「極輝」と後述の強制全滅技を除くと全て多段攻撃となっています。 特殊技はガードすればまず死ぬことはないレベルの威力だが(40%は未確認)、ガード無しだったりニーアの2アビ(被ダメ50%軽減)だけだとそれなりに痛い(堅守無し背水の場合)。 シス2アビで多段特殊は封殺可能 特殊が多段攻撃ばかりなので、シス2アビに奥義や4アビを重ねるとガード機能を使わなくても簡単に回避することができます。 40%予兆技「極輝」は単体に超特大ダメージ 40%予兆技の「極輝」は六竜の単体特殊技の例に漏れず対策無しで受けると10万超えのダメージを与えてきます。 単体技なのでバレクラの幻影だったり予告キャラにシャレム2アビだったりシス2・4アビを使う等の方法でこれも簡単に回避可能です。 敵と味方のHPを毎ターン回復するフィールド効果あり ル・オー戦は毎ターン敵がHP100万、味方は最大5%HPが回復するフィールドが常時展開する仕様になっています。 40%以下のCTMAX技(導の破閃)を食らうと強制全滅 今回の初見殺し的要素。 40%以下のCTMAX技(導の破閃)を食らうと問答無用で強制全滅させられます。 ようはアルバハの超越やルシファーのジ・エンドと同系統の技。 初見時は残り6%でこれが出てきて解除条件が99回攻撃とか書いてあるしなんかヤベー技が来そうだからどんなものかちょっと見ておくかみたいな軽いノリでガードして受けたら強制全滅食らって思わずは?ってなりました。 99回攻撃とか書いてある時点で察するべきだったか・・・ 強制全滅(導の破閃)を防ぐ方法 義賊のルピフリップは現実的とは言えないのでそれ以外の方法を掲載。 テュポーンでリセット アルバハの超越ゾーン同様テュポーン(CTリセット)は有効みたいなので、火力が足りない場合はテュポーンを入れる。 無凸で十分です。 火力で押し切る 火力がある程度あるならCTがMAXになる前に火力で押し切るほうが簡単。 ニーアデスラー ニーアをデス(アーカルム石)を殺して他3人に残執効果を付けてHPが一切回復しないようにしてから水着ゾーイのコンジャクションを使ってHPを1に固定した後、黒麒麟召喚を使ってレスラーのツープラトン等で稼ぐ通称デスラー。 背水編成のデスラーは非常に強いのでこれを使えばCTMAXになることはまずありません。 開幕コンジャクの後デスでゾーイを落とす 開幕コンジャクを使った後にデスを召喚して4番手のゾーイを落としてバレクラを出します。 80%予兆技「磁気嵐」の麻痺を防ぐのと(マウント)、その時敵に付く攻撃力アップを3アビのディスペルで消すのがバレクラの仕事。 これが終わったらバレクラは適当なところで落とします。 ニーア登場 恋人の正位置で全員に渇望(リレイズ)が付いて1回は死んでも復活できるようになるので一気に戦いやすくなります。 初回クリア時はニーア2アビだけで特殊技を受けたら主人公が死んでリレイズのお世話になりました。 ニーアが登場したタイミングでエウロペを使用して開幕に落としたゾーイを復活させます。 ニーアが出てくる前にエウロペを使ってしまうとバレクラを落とした後にニーアではなくゾーイが出てきてしまうので、 ニーアが出てくる前にエウロペ召喚は厳禁。 ニーアを落としてゾーイを呼び戻す ニーアが一度死んで渇望が消えたらデスを召喚してニーアを落としてゾーイを呼び戻します。 ちょうどゾーイ2アビのリキャも戻っている頃なのですぐコンジャクを起動してHP1状態で殴ることができます。 あとは黒麒麟等を使ってレスラーツープラで消し飛ばして終了。 25%予兆技「紫電散華」の解除条件30回攻撃は簡単に満たすことができて、通常攻撃もシス2アビや黒麒麟後にコンジャク再使用で一切受けずに済むのでここまで来たら負ける要素は皆無です。 後半の火力が過剰なのと序盤が結構危なっかしかったのでもうちょっといいムーブを考えたいですね。 お勧めキャラ ・ シス ・ ターニャ ・ バレクラ ・ 黒騎士 後半一気に消し飛ばす火力がない場合はスロウとディスペル持ちのキャラが重要。 特にターニャは火力が低くてテュポーンもない方にとっては救世主レベルのキャラかもしれません。 シスはスロウやディスペルは持っていないが2アビで通常や多段特殊を回避できて、CTをMAXにしてはいけない後半を超火力で削ってくれるので今回もかなり使えると思います。 他にもル・オー戦で活躍できる闇キャラはたくさんいそうですが、挙げるとキリがなさそうなのでとりあえず今日はここで一旦打ち止め。

次の