ロング ショット 僕 と 彼女 の ありえない 恋。 映画「ロングショット 僕と彼女のありえない恋」のあらすじキャストや見所は?主題歌や予告の動画も!

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』ネタバレ・あらすじ・結末。シャーリーズ・セロンの美しさにため息が出る映画。

ロング ショット 僕 と 彼女 の ありえない 恋

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』では、米国の大統領候補の美しきシャーロットが、なぜかイケメンでもない無職のジャーナリストに恋をしてしまうので、その理由について紹介しましょう。 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の動画配信 ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋を見られる動画配信は です。 U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』を2日間は見る事ができます(2020年5月時点)。 さらに、アニメや映画・など多くの物を見る事も可能です。 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のキャスト のラディー映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は、日本で2020年1月3日に上映されました。 監督&脚本• 監督:• 脚本:ダン・グ&リズ・ハンナ 女優&男優• シャーロット(演:)大統領候補の女性長官• シャーロット-少女期(演:・モンジロ)若い頃のシャーロット• フレッド(演:)熱血漢なジャーナリスト• フレッド-少年期(演:ブストン・ヘルダ)幼き時期のフレッド• ランス(演:オシェア・ジャクソン・Jr)フレッドの友人• パーカー(演:)心卑しきメディア王• マギー(演:ジューン・ダイアン・ラファエル)シャーロットの側近• チャンバース大統領(演:)俳優を目指す大統領• ジェームズ(演:)カナダのイケメン首相• トム(演:ラヴィ・パテル)シャーロットの陽気なスタッフ• エージェントM(演:トリスタン・D・ララ)シャーロットのド 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のストーリー フレッドは、ジャーナリストとして危険な潜入取材を行ってしまい、命を落としかけてしまいます。 しかし『自分はこれで良いんだ』と言い聞かせていましたが、そんな時に フレッドが勤めていた新聞社が大嫌いな成金経営の企業に買収されて憤慨! 熱血漢の フレッドは会社を辞めてしまいますが、そんな時にランスにパーティに誘われて、何と米国の大統領候補のシャーロットと会ってしまいます。 一見すると全く縁がない二人のように見えましたが、実は二人は幼馴染でした。 シャーロットは久しぶりにフレッドを見て、彼を側近のライターとして原稿を書かせようとします。 そして、二人の関係は少しずつ縮まっていき、深い関係に堕ちていきました。 しかし、 シャーロットが推し進める環境対策を気に入らない人物が、政策を変えなければ二人の関係を公表するぞと脅してきたのです。 大統領選の日が迫っていましたが、シャーロットはどうするのでしょうか? 『シャーロットがフレッドを選んだ理由』 シャーロットがフレッドを選んだ理由は、幼馴染というだけではないでしょう。 二人は政策の考えが一致していて、弱者である地球を何とか救おうとしていて、お互いに相思相愛でした。 いかに イケメンが相手であっても、気持ちの所が一致していなければ上手く行く訳がありません。 そして、 シャーロットがフレッドの突っ走る性格に頭を悩ませていても、自分自身が色々と妥協しようとするので、内心ではフレッドの性格が羨ましいと思っていたのでしょう。 そのような理由から、シャーロットがフレッドを好きになったと考えられます。 『シャーロットがイケメンを選ばないのは正解?』 マギーは、シャーロットに「美形同士のルでなければ支持率が下がります」と苦言をていしましたが、本当にそうでしょうか? 日本の芸能界で、美形同士の方たちが付き合ったり、結婚したりして好感度が上がったでしょうか?下がりはしなくても急激に上がる事は少ないハズです。 それに引き換え、 美人女優と思われていた方が、あまりイケメンでもない男性芸能人と結婚したほうが好感度がグーンと上がるケースがあります。 なぜなら、多くの男性や女性たちが『あれだけ綺麗な方でも、外見より中身を見て相手を選んだ』と拍手を送るからです。 そういった事を考えれば、 シャーロットがフレッドを選ぶのはあながち間違っていないでしょう。 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』と他の作品を比較 映画 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』と対照的な映画があって、それが『リベンジgirl』です。 リベンジgirlは、 宝石(演:)が大物政治家の御曹司に振られてしまって、最低男にリベンジするために日本初の総理大臣になろうとします。 ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋では、カ発の女性大統領にスポットを当てた作品という事を考えたら、その作品のライバルと言えるものはリベンジgirlを置いて他にはないでしょう。 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のまとめ 米国初の女性大統領となる人物が、さえないジャーナリストの男と付き合うのは、なかなか面白いストーリーで見応えがありましたね。 そして、下品なギャグがいくつも飛び出しますが、そこは個人の好みによって評価が分かれる所でしょう。 しかし、 この作品を見ていたら、人は外見だけで決まるものではないと思えるので、かりにモテない人生を送っている方でも勇気がわいてくる作品ですね。 個人的には、フレッドはもう少し周りの事を考えてあげれば良いのにと思ってしまう所がありますが、そこはストーリーを盛り上げるためには仕方のない部分かなと思いました。 akira2013web.

次の

Amazon

ロング ショット 僕 と 彼女 の ありえない 恋

解説 才色兼備の国務長官とうだつのあがらないジャーナリストとの恋愛をシニカルに描いた、シャーリーズ・セロンとセス・ローゲン主演のラブコメディ。 アメリカの国務長官として活躍するシャーロット・フィールドは目前に控えた大統領選の選挙スピーチ原稿作りをジャーナリストのフレッドに依頼する。 常に世間から注目され、脚光を浴びるシャーロットと行動をともにするうちに、彼女が高嶺の花であることがわかっていながらフレッドは恋に落ちてしまう。 しかし、この恋にはクリアしなければいけないさまざまな高いハードルが待ち受けていた。 シャーロット役をセロン、フレッド役をローゲンがそれぞれ演じるほか、オシェア・ジャクソン・Jr. 、アンディ・サーキス、アレクサンダー・スカルスガルドらが脇を固める。 2019年製作/125分/PG12/アメリカ 原題:Long Shot 配給:ポニーキャニオン スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む MeToo時代だから、というだけでなく、時代の変遷を意識して、かなり意図的にラブコメの王道パターンの男女逆転に挑んでいる。 モチーフとなるのは、映画で描かれてきたキャリアの中でもステイタスという点ではとんでもなく高い合衆国大統領。 女性が目指すなんて設定がありえなかった時代はもうひと昔もふた昔も前だと思うが、本作では「内助の功」というワードが浮かぶくらいに、究極のキャリア志向をサポートする役割を男性が担っている。 とはいえ、男女の役割を逆転させただけで面白いラブコメができるわけではなく、そこは脚本も演技も主演ふたりの相性も素晴らしい。 特にセス・ローゲンという存在には下ネタが付き物だが、ここまでクライマックスにガッツリと下ネタが絡んでくるのに、ほっこりさせてしまう力業は天晴れと言うしかない。 ひとつだけ気になったのは、この「男女の役割反転」というコンセプトが、現時点ではわずかに時代遅れになってしまっているように思えること。 聞けば脚本は何年も前から評判を呼んでいたものだそうで、映画になるまでのタイムラグによって、時代が脚本を追い越した例だと思う。 もはや時代は、「役割を入れ替える」という段階よりもっと先を見据えようとしているのではないか。 だからといって映画の面白さが減じるわけではなまったくないのですが。 セス・ローゲンとシャーリーズ・セロンが製作主演を務める男女逆転版『プリティ・ウーマン』は、笑いと毒っ気が散りばめられた王道のラブストーリーでした! ちなみに、タイトルの『ロング・ショット』は「勝つ見込みの低い候補者」を意味するそうですが、おそらく「フレッドが発射するアレ」のシーンも含めたダブルミーニングと思われます。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『アトミック・ブロンド』など、百戦錬磨の女性役のイメージが強いセロンは、全編ジョークを吐きまくるローゲンとは食い合わせが悪いのでは、と疑っていたのですが、そんな心配を吹き飛ばしてくれる相性の良さを見せてくれました。 普段は政治家として気品ある佇まいを崩さない、セロン演じるシャーロットが、クスリでラリったまま「ある重要な職務」を全うする姿は爆笑必死です。 物語のキーは、ローゲン演じるフレッドの親友で、二人の恋を常に応援してくれるランスというキャラクター。 彼が終盤、ずっと隠していた「ある秘密」を明かし、フレッドを激怒させますが、それを通じてフレッド自身も「自身の主張とは裏腹に、自分の中にも無自覚な差別意識があった」ことに気付くシーンは、見ている観客にも自分の差別意識について考えさせる名場面だと感じました。 ライターとしての能力を十二分に発揮し、陰からシャーロットを支えることを選ぶフレッドの姿は、社会的地位の高低にかかわらず、自分の強みを生かして人生を歩むことの尊さを教えてくれます。 実はこっそり出演しているアンディ・サーキスにもご注目を。

次の

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋 劇場情報

ロング ショット 僕 と 彼女 の ありえない 恋

映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の作品概要 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』原題『 Long Shot 』 2019 年のアメリカ合衆国映画。 才色兼備な女性が世界を飛び回り、アメリカ発の女性大統領を目指す中で繰り広げられるロマンティック・コメディ映画。 監督はジョナサン・レヴィン、主演はシャーリーズ・セロンとセス・ローゲン。 映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』のあらすじ・ネタバレ 才色兼備、頭脳明晰、性格良好の女性、シャーロット・フィールド(シャーリーズ・セロン) は大統領に仕える国務長官を完璧にこなしている。 ある日、大統領が次期大統領選挙には立候補しないと明言。 ハリウッドスターを目指すという。 代わりにシャーロットを推することを約束する。 幼少の頃から大統領を夢見ているシャーロットは嬉々する。 そして彼女を大統領にするためのチームが結成される。 一方、左派系のジャーナリスト、フレッド・フラスキー(セス・ローゲン)は会社が敵対メディアに買収され、勢いで仕事を辞める。 二人はあるパーティーで出会う。 二人は幼馴染であった。 スピーチライターを探していたシャーロットがフレッドを採用する。 そして世界各国へ遊説に行くが、、、。 二人の恋の行方は、シャーロットは女性初の大統領になれるのか、、、。 アメリカ合衆国の国務長官のシャーロット・フィールド(シャーリーズ・セロン) は 容姿端麗、頭脳明晰、性格良好の完璧な女性です。 次期大統領候補に推挙されます。 その女性にうだつの上がらない、 左派系のジャーナリストが恋に落ちるという物語ですが、設定に無理があります。 シャーロットが完璧すぎて共感が得られません。 何かしら欠点欲しいのです。 その女性が毛もくじゃらの幼馴染と再会して恋の炎が燃え上がるのですが、理由がわからないのです。 唯一の欠点は「ブサイクで、うだつのあがらない、短気なダメ男を好きになる」ってことですか?うーん、共感できないです。 それはハイクラスの人からの目線ですから。 恋の障害が低すぎる ジャーナリストのフレッド・フラスキー(セス・ローゲン) がシャーロットに惹かれるのはわかります。 そりゃあ、あれだけの美貌ですから。 大抵の男はノックアウトでしょう。 身分の差を超えての大人の物語ですが、本映画の 二人に立ちはだかる障害がそれほど高くないのです。 映画を観ていて予想が立ちます。 貧富の差とか家柄とかは大して障害になりません。 (フレッドが有色人種という設定であるのなら、大きな障害を感じ、二人を応援したくなります) ダメ男をメリットにする方法がある 映画の行く先が見えてしまいます。 このジャーナリストの短気で節操のない性格が後ほど大騒動を巻き起こすのだろうと。 実際、 その通りになりました。 それが二人の障害になりますが、その 障害の壁は実に低いのです。 大統領を目指していたシャーロットには致命的な打撃を与えません。 むしろ フレッドの起こした問題をプラスの方に転換することで好感度を獲得するというプロットも見えてしまうのです。 ただ実際にフレッドの恥ずかしい映像がネットに流出して、それを見た人たちは彼らを支持しないでしょう。 映画と現実は異なります。 『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』が公開された理由 本映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』が、 今年公開された理由はアメリカ大統領選選挙戦が本年からスタートするからだと思います。 女性大統領誕生への羨望もありますが、この映画ではトランプ色を感じます。 まず主演のセス・ローゲンがユダヤ系であることが大きな理由です。 トランプの愛娘のイヴァンカの夫のジャレッド・クシュナーがバリバリのユダヤ人です。 彼らユダヤ人の結束は固いでしょう。 そしてもうひとつ理由があります。 本映画に出演していたランス演じるオシェア・ジャクソン・ Jr. が映画の中で「俺は共和党支持者なんだ」と明言しています。 彼はアフリカ系アメリカ人です。 アフリカ系の人の多くは民主党を支持していますが、あえてこの映画の中で共和党を支持している辺りにこの映画が誰に忖度しているのかわかるのです。 トランプは支持されている可能性が高いのでは もっともわたしたちは日本に住んでおり、アメリカ大統領であるトランプの情報はメディアという都合の良いフィルターを通してしか知りません。 大抵は悪い噂ばかりです。 でもアメリカに住んでいる人たちは案外 トランプ大統領を支持しているのではないでしょうか。 彼は毒舌で物議を醸し出しますが、公約で言ったことをやっているだけだと思うのです。 とても優秀なビジネスマンです。 そしてトランプはこの 4 年間、大きな戦争をやっていません。 それがとても評価に値します。 大抵のアメリカの大統領は戦争をしています。 ブッシュ親子、クリントン、オバマもです。 オバマは平和的なイメージがありますが、イラク等への空爆許可は最多なのです。 彼の署名によって途轍もない民間人が死んでいます。 美しいバラのトゲほど痛いものはない 話は逸れましたが、この映画から伝わってくるのは「美しいバラにはトゲがある」です。 シャーロットのように美しい才女ほど、恐ろしい存在はないと歴史も証明しています。 イギリスの歴代女王も然り、中国の西太后然り。 かなり脱線しました。 日本人にはわかりにくい薬物問題 さて、この映画の演出で気になった点があります。 マリファナや覚せい剤などが平然と登場します。 確かコカインとかモーリーとかいう薬物もありました(その他たくさん出ましたが、知らない名前ばかりで覚えられませんでした) これらの薬物を将来の大統領候補者が人目をはばからず摂取するのです。 全く理解できませんでした。 さっぱりわかりません。 笑えません。 つまり、アメリカではごく普通に手に入るという意味なのでしょうか。 いくら頭を捻ってもわからないのです。 「アメリカは病んでいる」という言葉しか出てきません。 結局この映画はシャーリーズ・セロンの美しさにため息をつく映画だということです。 *映画の中のやりとりで度々出てきた話があります。 「テレビから映画の世界へ移って成功した俳優はジョージ・クルーニーとウディ・ハミルソンだけ」この言葉がとても印象に残りました。 アメリカのエンターテイメントではやはり映画俳優のステイタスが高いことがわかります。 順位的には映画がダントツ。 何歩か下がってテレビ。 CM はずっとずっと下位の俳優が出演します。 特に CM に出るのはハリウッド俳優にとっては恥ずかしいことだと言われています。 自分という商品、つまりは一番のキャラクターがありながら、商品の太鼓持ちをすることで印象を下げるからです。 *昔は日本のコマーシャルにアメリカの俳優は出ていましたが、契約には「絶対にアメリカでは公開しないこと」という条項があったそうです。 ゆえに日本に観光で訪れたアメリカ人が日本滞在中、テレビに映し出されるハリウッドスターを見て驚いたそうです。 日本は逆ですね。 CM へ出て日銭を稼いでいます。 仕方ないといえば仕方ないです。 邦画におけるギャラは安いですから。 右、左、上、下のどこから見てもパーフェクトなのです。 それでいて気品があるのです。 この映画では才色兼備で仕事もできる、誰からも好かれるという役を演じています。 何も欠点がありません。 そこに羨望の念を持ちますが、心底の共感までは得ることができません。 人間は確かに自分より美しい人や頭の良い人に憧れますが、それが高すぎると冷めてくるのです。 高嶺の花でも頑張れば手が届くくらいが良いのですが、ここまでパーフェクトだと諦めてしまいます。 この映画はセロンの美しさを全面的にアピールするために作られているのか感じてしまいました。 ファッションショーなの?ってツッコミを入れたくなるほど衣装を着替えています。 フレッド・フラスキー(セス・ローゲン) キャラクター的にはこのようなめちゃくちゃな人間はいないです。 大人になれば分別が付きますから、問題行動は慎むでしょう。 映画としてのキャラクターですが、もうひとつ工夫をすべきだと思いました。 ヒゲもじゃの設定はユダヤ系であることを強調していると思われます。 ランス(オシェア・ジャクソン・Jr. ) アフリカ系アメリカ人でベンチャー企業の社長という役柄。 フレッドの親友で彼が失業した際に励まします。 気前の良いお兄ちゃんを演じています。 フレッドとシャーロットの関係を応援します。 最後に二人に大きなサプライズをプレゼントします。 演技的には可もなく不可もなくです。 まとめ 映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』一言で言うと! 「毛虫のような男を愛する風変わりな姫がいる」 確かに平安時代の姫君だったと思います。 『虫愛づる姫君』虫が好きで飼育している様を表しています。 喰わず嫌いではありませんが、人とは違った感性を持っている女性もいます。 もちろん男性もです。 そういう人と過ごすととてもエキサイティングな人生が待っているような気がします。 合わせて観たい映画 【活躍するアメリカ女性を描いた映画】 映画『RBG 最強の85才』 アメリカの強い女性の活躍する映画 映画『ビリーブ 未来への大逆転』 ルース・ベイダー・ギンズバーグも美しい 映画『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』の作品情報 スタッフ・キャスト 監督 ジョナサン・レビン 製作 エバン・ゴールドバーグ セス・ローゲン ジェームズ・ウィーバー シャーリーズ・セロン A・J・ディックス ベス・コノ 製作総指揮 ケリー・コノップ バーバラ・A・ホール ダン・スターリング ジョン・パワーズ・ミドルトン アレクサンドリア・マカティー ジョナサン・レビン ネイサン・カヘイン エリン・ウェスターマン ジョー・ドレイク 原案 ダン・スターリング 脚本 ダン・スターリング リズ・ハンナ 撮影 イブ・ベランジェ 美術 カリーナ・イワノフ 衣装 メアリー・E・ボグト 編集 メリッサ・ブレザートン エバン・ヘンケ 音楽 マルコ・ベルトラミ マイルズ・ハンキンズ 音楽監修 ゲイブ・ヒルファー シャーロット・フィールド(シャーリーズ・セロン) フレッド・フラスキー(セス・ローゲン) ランス(オシェア・ジャクソン・Jr. ) パーカー・ウェンブリー(アンディ・サーキス) マギー・ミリキン(ジューン・ダイアン・ラファエル) チェンバーズ大統領(ボブ・オデンカーク) ジェームズ・スチュワート首相(アレクサンダー・スカルスガルド) トム(ラビ・パテル) 2019年製作/125分/PG12/アメリカ 原題:Long Shot 配給:ポニーキャニオン.

次の