十 四 松。 太极拳基本技法十要是什么?_百度知道

四是四绕口令

十 四 松

练拳时讲究头部的头正、 4102顶平、 项直 、颏收,要求头顶的百 1653会穴处要向上轻轻顶起,同时又须保持头顶的平正。 要使头正、顶平,就必须使颈项竖直、下颏里收。 顶劲不可过分用力,要有自然虚灵之意。 做到虚灵顶劲,精神才提得起来,动作才能沉稳。 用腹式呼吸来加深气息的深长,应自然、匀细、徐徐吞吐,要与动作自然配合,不能用强制的方法。 要求整套动作都要与一呼一吸结合得非常密切,应根据动作的开合、屈伸、,起落旦进退、虚实等变化,自然地去配合。 一般地说,呼吸一总是与胸廓的张缩、肩肿的活动自然结合着。 在一个动作里,往往就伴随着一呼一吸,而不是一个动作固定为一吸或是一呼。 这种与动作自然配合的方法运用得当,可以使动作更加协调、圆活、轻灵、沉稳。 (三)含胸拔背:含胸是胸廓略向内涵虚,使胸部有舒宽的感觉。 这样有利于做好腹式呼吸,能在肩锁关节放松、 两肩微含、两肋微敛的姿势下,通过动作使胸腔上下径放长,横隔有下降舒展的机会。 它既能使重心下降,又使肺脏、横膈活动加强。 拔背与含胸是相互联系的,要含胸就势必拔背。 拔背是在胸略向内涵虚时背部肌肉向下松沉,两肩中间颈下第三脊骨鼓起上提并略向后上方拉起,不能单纯地往后拉。 这样背部肌肉就会有一定的张、弹力,皮肤有绷紧的感觉。 含胸拔背,胸背肌肉须松沉,不能故意做作。 (四)松腰敛臀:太极拳要求合胸、沉气,因此在含胸时就必须松腰。 松腰不仅帮助沉气和下肢的稳固,更主要的是它对动作的进退旋转、用躯干带动四肢的活动及动作的完整性,起着主导作用。 敛臀则是在含胸拔背和松腰的基础上使臀部稍作内收。 敛臀时,可尽量放松臀、腰部肌肉,使臀肌向外下方舒展,然后轻轻向前、向里收敛,象用臀把小腹托起来似的。 (五)圆裆松胯:裆即会阴部位。 裆要圆,又要实。 胯撑开,两膝微向里扣,裆自圆。 会阴处虚上提,裆自会实;加上腰的松沉、臀的收敛,自然产生裆劲。 因此银部关节须放松,膝关节须灵活,才能保证上体旋转自如,踢腿、换步灵便。 (六)沉肩坠肘;太极拳在松肩的前提下要求沉肩坠肘,两臂由于肩、肘的下坠会有一种沉重的内劲感觉,这就是上肢内在的道劲。 *两肩除沉之外,还要有些微向前合抱的意思,这能使胸部完全涵虚,使脊背团成圆形。 两肘下坠之外,也要有一些微向里的裹劲。 这样的沉肩坠肘,才能使劲力贯串到上肢手臂。 (七)舒指坐腕:舒指是掌指自然伸展,坐腕是腕关节向手背、虎口的一侧自然屈起。 因之太极拳运动时极重视尾阎中正,不论是直的或是斜的动作姿势,都必须保持尾闾与脊椎成直线,处于中正状态。 更重要的是,尾阎中正还影响着下盘的稳固。 所以尾闾中正同样是和以上七点联贯统一的。 能够统一地做到这八点,就可以使躯干、上肢、下肢的内在劲力达到完整如一的地步。 (九)内宜鼓荡,外示安逸:鼓荡是对内在精神所提的要求,鼓荡是精神振奋的意思。 (十)运动如抽丝,迈步如猫行:太极拳运动要象抽丝那样既缓又匀、又稳又静,迈步又要象猫那样轻起轻落,提步、落步都要有轻灵的感觉。 静是太极拳特点之一,练太极拳首要的条件就是要做到心理安静,排除杂念,使精神完全集中到运动上来。 太极拳又讲究速度均匀,要求保持适当的等速运动,又需象抽丝那样均匀地抽拉。 其步法必须相应地象猫迈步那样轻灵。

次の

第40章:近松十人众_火影之神级职业系统_玄幻魔法

十 四 松

こんばんは。 tsuneです。 第十四番札所は会津若松市北会津町にある 「真言宗松命山蓮華寺 下荒井観音」です。 しもあらいかんのん 〈目次〉• 第十三番札所からは5㎞ぐらいの距離にあります。 「舘観音」からは県道72号を通って下荒井の集落に入ります。 この信号を右に曲がってください。 集落の中に入って少し進むと案内板があります。 観音堂に続く参道です。 参道を進むと観音堂の前は曲がりくねっています。 観音堂 元々は村北びあったそうですが、寛永年間(1624~1643年)に蓮華寺の境内に移転したそうです。 蓮華寺の開基は紀州生まれの僧・仁範が康暦元年(1397年)七代葦名直盛の進めにより建立したとのことです。 言い伝えによると仁範が故郷・高野山で臨終を遂げたいと思い歩いていたところ、蟹川で観世音の化身である翁に呼び止められこの地に留まったそうです。 御詠歌にはその縁が詠まれています。 現在の観音堂は江戸時代後期の寛政元年(1789年)に改築されたものでお堂の水引虹梁には見事な龍の彫刻がほどこされています。 お堂には 「銀山街道と下荒井集落」「飯盛山と蓮華寺」「御詠歌と三鈷の松の由来」「左下観音と下荒井の地名の由来」「三鈷の松とは」など額に入れられ奥の説明が書かれています。 お堂の中も覗いてみました。 観音様を見ることはできません。 観音堂の案内板です。 虚空蔵堂 観音堂の隣には 虚空蔵堂があります。 お堂は平成15年に再建されたそうです。 正面のしめ縄は 「けんだい」と言われるそうです。 虚空蔵堂の中も覗いてみました。 虚空蔵堂の案内板です。 三鈷の松と子育地蔵 観音堂の手前には御詠歌にも詠われている 「三鈷の松」と 「子育地蔵」があります。 優しい顔をしたお地蔵様です。 御朱印 御朱印は集落内にある 「宝寿院」でいただけます。 お堂に地図が貼ってあります。 参道を戻って入口の信号機の手前にあります。 大きなお寺です。 こちらがいただいた御朱印です。 アクセス 下荒井観音(しもあらいかんのん)について 御本尊:聖観世音菩薩 会津若松市北会津町下荒井60 駐車場:駐車場はありません。 観音堂の手前が広くなっていますのでそこに停めれます。 祭礼:1月17日 御詠歌 「高野山よそに在らじの下荒井 三鈷の松の法の朝風」 たかのやまよそのあらじのしもあら さんこのまつののりのあさかぜ tsuneでした。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 simauma10.

次の

五棵松十年内的第四个名字,这回打算如何把“凯迪拉克中心”叫响?_荔枝网新闻

十 四 松

关于四是四十是十绕口令歌有:四是四,十是十,十四是十四,四十是四十。 莫把四字说成十,休将十字说成四。 若要分清四十和十四,经常练说十和四。 其它四是四十是十绕口令歌 四是四,十是十,十四是十四,四十是四十。 莫把四字说成十,休将十字说成四。 若要分清四十和十四,经常练说十和四。 四不是十,四里没十;十不是四,十里有四。 十四不是四十,十四里有十有四;四十不是十四,四十有四个十,四十有十个四。 如错把四念十、十念四,十四就会变四十,四十就会变十四。 四和十,四是四,十是十。 要想说对四,舌头碰牙齿;要想说对十,舌头别伸直。 要想说对四和十,多多练习十和四。 四是四,十是十,十四是十四,四十是四十。 这是不同的数字。 谁说十四是四十, 或说四十是十四,轻者造成误会,重者耽误大事。 四是四,十是十,十四是十四,四十是四十,谁能说准四十、十四、四十四,谁来试一试,谁说十四是四十,就打谁十四,谁说四十是细席,就打谁四十。 平舌四,翘舌十,时时思,事事试。 念准四和十,就能念准十四和四十,念准十四和四十,十四就不会变四十,四十也不会变十四。

次の