グランピング 人気。 グランピングが楽しめる東海で人気の宿泊スポットおすすめ11選!

グランピング

グランピング 人気

そして近年はいろいろなスタイルのグランピング施設が登場し、ひとくくりにグランピングはこれといい難くなってきました。 そこで、オズモールでは、読者からの「アウトドアは楽しんでみたいけど、道具や器材の手配、設置は面倒くさいから無理!(I. Oさん 34歳)」「グランピングはしたいけど、外に寝るのはちょっと抵抗がある(M. Sさん 30歳)」などの声をもとに、グランピングを再定義。 各施設のグランピングCHECKをみながらお気に入りを探して 大人の休日にふさわしい、ラグジュアリーなグランピングを体験できる施設は、ここ数年でどんどん増加中。 ベルテント、コットンテントなどのテント型のほかにも、ホテル型など宿泊スタイルもバリエーション豊かに。 さらに、キャンプ場、グランピング専門施設など施設のタイプもさまざまになって、2020年もニュースポットが続々と誕生しており、今注目のアウトドア&レジャー。 オープンエアで楽しむアウトドアごはんやたき火など、キャンプの醍醐味をしっかり味わえ、贅沢かつ快適なアウトドア体験がかなう施設のなかでも、本格的なアウトドア気分を満喫できるテント型と、豪華なキャンプを楽しめるコテージ・キャビン型の2タイプをピックアップ。 今回は、都心から行きやすい関東と、近畿の代表的なグランピング施設12をご紹介します。 2018年3月に誕生した奥多摩湖にほど近い優雅なグランピング施設。 ホテルさながらの設備が整う心ときめくフォトジェニックなテントや、シェフが腕を振るう料理など、至れり尽くせりのアウトドア体験が待っている。 com 予約に関して:reservation circusoutdoor. com 住所:東京都奥多摩町川野290-1 アクセス:[バス] JR「奥多摩駅」からバスで約25分(【中奥多摩湖】バス停前) 2017年6月にオープンした奥多摩の豪華なグランピング・オーベルジュ。 都心から車で1時間とは思えないほどの大自然に囲まれた空間で、専属シェフが調理しサーブする食事を楽しむ、高級なアウトドア体験がかなう。 JR「武蔵五日市駅」前バスターミナル1番乗り場「上養沢行き」に乗車し、【神谷】バス停で下車・約23分 [車] 新宿~あきる野IC(首都高速4号新宿線・中央自動車道・八王子JCT・首都圏中央連絡自動車道)60分 都心から60分とほど近い秋川渓谷の清流の近くの森で、マイナスイオンをたっぷり浴びながらアウトドアを満喫できるキャンプ場。 寝具やBBQ器材などすべてが揃っているので、なにも準備せず気軽に手ぶらで訪れよう。 都心から30分とアクセス抜群で、オープンエアのアウトドアリビングで準備不要のアメリカンBBQを味わえる。 養老渓谷や美しい草花、夜のライティングに包まれるフォトジェニックな空間で、温泉や心地いいテント、手ぶらBBQなど、優雅なアウトドアライフを。 Wi-Fiやエアコンなど設備整うテントやキャンピングトレーラーに泊まり、天然温泉にも入れる快適な滞在がかなう。 ホテルのシェフが厳選した食材を使ったおまかせBBQを楽しむ優雅なひとときを過ごせる。 アウトドアを知り尽くしたグランピングマスターが、楽しみ方を提案してくれる。 ホテルのような豪華なキャビンに泊まり、高級感あるアウトドア体験を。 雨天や雪の場合は使用不可) 電話番号:0570073066 星のや総合予約(9:00~20:00) 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408 アクセス:[電車]富士急行「河口湖駅」からタクシーで約18分 [車]河口湖ICから約20分 浅間高原に広がる3万坪の敷地に森と小川と草原を抱いた、人気のオートキャンプ場。 さまざまなアクティビティが揃い、コテージで丸鶏やピザなど薪ストーブを使った本格的なアウトドア料理に挑戦できる。 水辺に佇む豪華なヴィラからカヌーで漕ぎ出したり、星空のもとで焚き火をしたり。 大自然を感じるひとときを過ごせる。 ベルテントやコットンテントなどのテント宿泊や高級キャビンやコテージなど、都内をはじめ、千葉や埼玉、山梨などの関東を中心に、近畿エリアまで2020年におすすめのグランピングスポットを16ご紹介しています。 有名なキャンプ場、北軽井沢スウィートグラスなどでちょっと本格的なアウトドアがしたい方から、山梨県河口湖の星のや富士、伊勢志摩エバーグレイズなど、ちょっとアウトドア気分も味わいつつホテルライクな滞在が望む方まで、さまざまなタイプをおすすめしています。 お気に入りのグランピングスポットをみつけて、大人のオフタイムを充実させて.

次の

千葉県のおすすめコテージ・ヴィラ特集「お洒落にグランピングが楽しめる人気14施設」

グランピング 人気

【関東近郊】グランピング施設おすすめ9選!都心から2時間半以内で行ける! 2019. 24 今流行のグランピング。 世界的建築家隈研吾氏がデザインを手がけたモバイルハウス 海を眺めながらゆっくりと寛げる 三浦半島エリアでリゾートホテルなど観光事業を展開している京急グループと、アウトドアメーカーとして有名なスノーピークがコラボレーションしてオープンしたこの施設。 新スタイルのグランピング。 絶景が広がるテラス。 みなとみらいを一望するルーフトップや緑に囲まれた水辺のテラスで優雅なひと時を楽しもう。 グランピングを楽しめる「WILDKINGDOM」、白砂ビーチを備えバーベキューもできるカフェレストラン「THEBEACH77」、アメリカンモーテルをモチーフにしたホテル「RHINOS」で構成されている、広大な敷地の複合施設です。 入り口近くは絶好のフォトスポット! 「WILDKINGDOM」で優雅にのんびりキャンプを グランピングは「WILDKINGDOM」で。 「アメリカ」を体験出来る直輸入のヴィンテージトレーラーなどキャンプ施設の選択肢は様々!食材、グリルや炭火にいたるまでこだわりのバーベキューも楽しめます。 最近のアウトドアは進化中!/「THE FARM CAMP」のリバーサイドエリア。 16棟のテントが水辺にゆったり配される 夕暮れ時の雰囲気は抜群。 朝晩が冷える時期もテント内には冷暖房も用意され、いたれりつくせり 2019年のオープン期間:3月1日~12月(予定) 都心から車で約90分、森に囲まれた農園リゾート内に設けられたグランピング施設。 ウッドデッキには北欧ノルディック社のテントが設置され、朝は大自然を眺めながらコーヒーを楽しみ、夜はハンモックに揺られながら夜空に広がる星を観賞する贅沢な時間を味わえます。 リゾートエリア内には温泉施設やレストランがあり、農園での収穫体験も可能。 バーベキューでは1ポンドのステーキや、ここの農園で採れた新鮮な野菜が味わえる。 リバーサイド16棟のほか、1日1組限定のフォレストエリアにも注目です。 北総地区では珍しい天然温泉の日帰り温泉施設「かりんの湯」 広々とした大露天風呂でゆったり.

次の

静岡県でグランピングができる人気施設13選!初心者におすすめ!

グランピング 人気

— 9月 25, 2017 at 5:14午前 PDT 今「グランピング」というキーワードで検索率が高いのが、栃木にある「ツインリンクもてぎ」です。 株式会社モビリティという、株式会社鈴鹿サーキットランドと株式会社ツインリンクもてぎが対等合併してできた会社が運営しています。 「森と星空のキャンプヴィレッジ」という人気の施設に、新しくグランピングが仲間入りしました。 広々とした快適なテント、シェフが厳選したバーベキュー、夜は美しい星空を眺めながら焚き火を囲む、まさに大人の優雅なひと時を楽しむことができる施設です。 また、2018年3月30日には1日3組限定の特別ルームである「グランルーム」も誕生します。 車だけでなく、公共交通機関も充実しています。 デイキャンプも可能です。 《車で30分以内のところになにがあるか》 坪淵の滝や竹原かぐや姫の郷、大瀬観光やななどの自然を満喫できる観光があります。 また益子町にも近いので、益子陶芸美術館や日下田藍染工房、外池酒造など大人が楽しめるスポットも。 《誰と、どんなシーンに向いているか》 優雅で静か、リッチな雰囲気に浸るなら大人同士の数名グループが最適でしょう。 ワインやシャンパンを片手に、アヒージョやカナッペはいかがでしょうか? 利用者の声 『テントの中はベッドにソファ、冷蔵庫、ホットカーペット、暖房、空気清浄機まであり、ちょっとしたホテルでした。 夜はスタッフが天体望遠鏡を持って、各テントを廻ってくれるので、月を観たり、エンジョイできましたヨ。 』 『テントにもしっかり鍵がかかりますし、お風呂は隣接したホテル、テント側に設置されているトイレや洗面所も、大変きれいで、お着替えも、フルメイクwも個室でできます!』 出典:トリップアドバイザー 《混雑している時期》 施設内にはサーキットやアスレチックなどアクティビティも豊富な上、イベントも四季を通じて行っているので、春休みやGW、夏休み、紅葉のシーズンは特に混雑します。 自然の中で四季折々の風景を楽しむことができますが、春は桜がとても美しく、しかもキャビンの中からでも鑑賞できるという、大人の花見を体験できます。 膨大な敷地面積の中にあるさまざまなアウトドア施設は、初めて訪れる人をたちまち魅了してしまうでしょう。 《施設名》星のや富士 《アクセス》 東京から約2時間の場所にある「星のや富士」へは、JR・新幹線または車が便利です。 ワイワイと騒ぐというより、ラグジュアリーなひと時にじっくりと浸るといったメンバーがおススメ。 乗馬や湖上カヌー、樹海ネイチャリング、グラマラスフィッシングなどを一緒に楽しめる仲間がベストでしょう。 利用者の声 『非日常を楽しむ施設だけあって、別世界へ連れて行ってくれます。 部屋は高級ホテルなみで、外に出るとかなり施設の整ったキャンプ場という感じでした。 』 『シンプルなツインベッドに全面窓がフレームのようになった真正面には、どどーんと河口湖ごしの富士山と、なんと東京から2週間遅れの満開の桜。 これは最高でした。 』 出典:トリップアドバイザー 《一押しポイント》 初めてのグランピングで、どう過ごしたらよいか迷ってしまう方には「グランピングマスター」がアドバイスをしてくれます。 グランピングは日帰りプランからロイヤルスィートまで、さまざまなタイプから選ぶことができ、アウトドアらしいティピーテントの宿泊やラグジュアリー感溢れる豪華な部屋まで、希望に叶うグランピングが楽しめます。 《施設名》NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸) 《アクセス》 公共交通機関も多い地域なので、電車やバスも多く、車でもアクセスしやすい場所です。 参加メンバーに応じて変えるのもいいでしょう。 ファミリーや愛犬連れでも、カップルでも、グループでもさまざまな楽しみ方ができます。 また、テニスやフットサル、バブルサッカーなどスポーツ関連も充実していますのでスポーツ愛好家も満足できるでしょう。 利用者の声 『子連れ旅行には最適です。 滞在中、何一つ不満がありませんでした。 完璧です。 』 『ロビーも広々と、対応もよく、今は、夜はイルミネーションショー、お花畑のライトアップと、デートにも使えるイベントは、素敵でした。 』 出典:トリップアドバイザー 《一押しポイント》 アクティビティの豊富さと、イルミネーションの豪華さは圧巻です。 ボルダリングは全天候型なので雨天でも安心です。 疲れた体を癒すなら「延羽の湯」でのんびりとくつろいではいかがでしょうか。 《混雑している時期》 大きなプールがありますので夏休みは混雑します。 またイルミネーションが美しい冬や、イベント開催時は混雑しています。 行かれる方は早めの情報収集をおススメします。 まるでおとぎ話の世界に入り込んでしまったかのような、可愛らしいフォルムのグランピング施設は、さまざまな生き物と触れあえる体験型の施設です。 雄大な阿蘇山のお膝元にあるこの「阿蘇ファームランド」は健康をテーマに、小さなお子さまからご高齢の方まで楽しめるように考えられています。 食事も阿蘇ファームランドに隣接している「阿蘇健康農園」で採れた野菜を使用し、安全が目に見えるように配慮がなされています。 《施設名》阿蘇ファームランド 《アクセス》 2500台収容可能な駐車場がある阿蘇ファームランドへは車で行くのが一番よいでしょう。 公式HPではアクセス方法を動画でもご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。 その他、健康志向を重視する方や、背伸びしないグランピングをお求めの方に向いています。 利用者の声 『のびのび遊べます!子供達も、私もかなり体使って遊べました!温泉も広くて良いです。 』 『食事のバイキングも種類も豊富で味も良く好き嫌いの多い子供達にもokでした。 』 出典:トリップアドバイザー 《一押しポイント》 温泉は「阿蘇健康火山温泉」でゆったりくつろげます。 角質を食べてくれるドクター・フィッシュも居ます。 食事はバイキング形式で種類が豊富と評判です。 柱のない可愛らしいフォルムのお部屋は「ヴィレッジ」「ロイヤル」「ドリーム」ゾーンの3タイプがありますが、「ヴィレッジゾーン」と「ロイヤルゾーン」は、2018年4月1日より「大自然阿蘇健康の森」の専用宿泊施設になりますのでご注意ください。 「大自然阿蘇健康の森」は更に健康をテーマにした大人向けの施設になっています。 キャンピカ富士ぐりんぱ(静岡県) — 1月 12, 2018 at 6:54午前 PST 東海地方には富士山が一望できるグランピング施設があります。 テント型の宿泊だけでなくコテージはもちろん、トレーラーハウスもあります。 こちらはPICAリゾートが運営している施設の一部で、富士の他にも、秩父や初島、富士西湖などから選ぶことができるので、目的のアクティビティやイベント、人数や希望のグランピングスタイルに合わせてプランを組めます。 《施設名》キャンピカ富士ぐりんぱ 《アクセス》 PICAリゾートが運営している施設がまとまっている場所なので、宿泊する施設に応じて車で行くのがおススメです。 どんな組み合わせでも楽しめるようになっています。 利用者の声 『富士山の二合目に位置するキャンプ場なので朝晩とても気持ちが良い風が吹き、コテージから富士山もはっきり見えます。 』 『テントも張れない。 道具もない。 でもキャンプがしたい!という我が家では、いつも重宝させて戴いております。 』 出典:トリップアドバイザー 《一押しポイント》 何と、等身大のシルバニアファミリー「きいちご林のかわいいお家」と「森の小さなお家」が体験できます。 冬季はクローズしているので、この春に体験してみてはいかがでしょうか?またPICAリゾートでは会員制度もあり、ポイントカードが発行されます。 年会費は無料で、宿泊するごとにポイントが貯まり、会員のステージがアップするごとに会員特典を受けられます。 中でも人気なのが「ニセココテージボンゴ広場」です。 通年営業しており、現在は冬のグランピングを開催中です。 ベルテントの中には石油ストーブもあり、通気口と警報器をちゃんと完備してありますので、春といえど寒い夜なども安心してくつろぐことができます。 《施設名》ニセココテージボンゴ広場 《アクセス》 公式HPに手描きのイラスト付きでご案内されています。 《タイプ》森 《誰と、どんなシーンに向いているか》 ファミリーでも楽しめますが、年齢層は小学生高学年レベルからでしょうか。 ベルテントの中で揺れるライトの明かりは幻想的でロマンティックです。 ジャズを聴きながら大人のひと時を楽しむのもいいですね。 春以降、夏休みや外の気温が心地よく感じる季節はお子さま連れでも十分楽しめます。 《一押しポイント》 ニセコは今、外国人にも人気のエリアです。 この施設周辺にも観光スポットがたくさんあります。 自分で設営するキャンプより料金が高めになるグランピングですが、ここは敢えて非日常を愉しむ大人の遊びと考えて、贅沢を味わってください。 題して「昼桜GLAMPING」。

次の