東京電力 電気料金。 東京電力の電気料金プラン「スタンダードS/L/X」の価格が改定されました。

【2019年度版】東京で電気料金が一番安い電力会社はどこ!?料金を一挙比較

東京電力 電気料金

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 「電気ご使用量のお知らせ」の中身を理解する 電気代を節約するには、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」の内容をしっかりと理解することが欠かせません。 電力量料金(従量料金)は使用量に応じて1段階料金、2段階料金、3段階料金の料金設定で課金されます。 お知らせを確認するときは、「請求予定金額」の項目しかチェックしていないという人も多いでしょう。 しかし、それでは電気代を上手に節約することはできません。 なかでも1段料金・2段料金・3段料金は、電気の使用量に応じて電力量料金に格差を設けたものです。 そのため、電気代の節約では三段料金の項目をしっかりと確認する必要があるのです。 【 三段料金の設定概念】 第1段階料金:憲法25条の生存権に基づく最低限度の生活水準を守るための安い料金単価 第2段階料金:標準的な家庭が1か月に使用する電力量を踏まえた平均的な料金水準 第3段階料金:省エネのための高い料金単価 アンペア制の電気料金は、基本料金と電力量料金(従量料金)に分かれています。 そのうち基本料金は、契約アンペア数によって異なる料金が設定されています。 東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの例では、10Aは280. 80円、15Aは421. 20円、20Aは561. 60円、30Aは842. 40円、40Aは1123. 20円、50Aは1404. 00円、60Aは1684. 80円(すべて1契約・2019年1月現在)です。 契約アンペア数が大きくなると、基本料金も連動して高くなります。 自分の生活には大きすぎるアンペア数で契約すると、余分な基本料金を毎月支払うことになりますので注意しましょう。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 契約アンペア(A) 料金(税込) 基本料金 10A 280. 80円 15A 421. 20円 20A 561. 60円 30A 842. 40円 40A 1123. 20円 50A 1404. 00円 60A 1684. 80円 そもそも三段料金とは何のこと? 三段料金とは、電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算することをいいます。 もともと三段料金の制度は、石油危機の際に省エネの推進を目的として制定されました。 東京電力の従量電灯Bの場合では、1段料金(電気使用量が120kWhまで)の電力量単価は19. 52円、2段料金(電気使用量が120kWhを超えて300kWhまで)の電力量単価は26. 00円、3段料金(電気使用量が300kWhを超えたぶん)の電力量単価は30. 02円です。 電気料金のうち電力量料金は、この三段料金に基づいて計算されます。 電力量料金は、使用する電力量が増えれば増えるほど金額が高くなります。 電気ご使用量のお知らせでは、該当する段階料金しか記載されません。 たとえば、1カ月の電気使用量が300kWhを超えていない場合には、2段料金までしかお知らせには記載されないことになっています。 また、三段料金は一般家庭に多い従量電灯Bや、事務所や商店などに多い従量電灯Cのような従量制の電気料金プランで採用されているものです。 毎月高額な基本料金を支払わないために、使用する電力量や適正な契約アンペア数を把握したうえでプランを決定することが大切です。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ 三段料金で電気代を節約する方法 三段料金の電気代を節約する方法として、4つのポイントを紹介します。 まず1つ目は、一人暮らしなどで電気の使用量が少ない家庭はできるだけ1段料金の120 kWhを超えないことがポイントです。 2つ目のポイントとしては、電気の使用量が多くなりそうな時期や2人以上の世帯の場合でも、2段料金までに抑える工夫をすることが欠かせません。 2段料金は一般的な家庭の電気使用量に応じたものなので、節約次第では2段料金の範囲内に使用量を抑えることは十分に可能です。 3つ目は、季節や世帯人数によっても違いはありますが、エアコンの設定温度や冷蔵庫の使い方、省エネ家電や照明をLEDに替えるなどの見直しをすることがあげられます。 電化製品の使い方を見直すだけでも電気代を抑えることができるため、まずは無理のない範囲内で簡単に取り組めそうなものから始めてみるとよいでしょう。 最後の4つ目は、電気使用量以外にも基本料金(契約アンペア数)を見直すという方法です。 アンペア数が上がるごとに基本料金も上がっていくため、契約している電気容量を見直すことで電気代を毎月抑えることができます。 電気使用量を抑えられない場合は? さまざまな節約方法を試してみても、電気使用量を抑えられないケースも実際にはあります。 学校や仕事などで居住者全員が日中は外に出ている世帯の場合には、工夫次第で電気使用量を抑えることが可能です。 しかし、自宅で仕事をしている場合や、介護が必要な高齢者や乳幼児のいる家庭などでは、24時間空調を切れないようなケースもあるでしょう。 このように、特別な事情を抱えている場合には、電気使用量を抑えることは難しいかもしれません。 「電気使用量が抑えられていない」と感じているのであれば、電気を使うほど料金が上がるシステムである三段料金を契約するのではなく、三段料金を採用していないプランに変更するという方法も検討してみましょう。 三段料金を採用していない電気プランは従量料金単価が一律での設定になっているため、電気をたくさん使っても従量料金単価が変わる事はありません。 三段料金を採用していない電力会社 プラン 対象エリア ジャストエネルギージャパン JEスマートプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 Looopでんき おうちプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 ビジネスプラン エルピオでんき スタンダードプランS 東北、中部 AIでんき 個人・ご家庭向けプラン 北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州 法人・ビジネス向けプラン エネワンでんき エネワンSプラン 関東 あしたでんき 標準プラン 東北、関東、中部、関西、中国、九州 たっぷりプラン この記事のまとめ 電気代は電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算する仕組みになっています。 電気代を理解し電化製品の使い方を工夫すれば上手に節約できるでしょう。 使用量に左右されないプランに変更する事も、電気代を抑えられる節約方法です。 電気代の節約には検針票の内容を理解し三段料金の項目を確認しよう• 電力使用量は三段料金によって課金される• 三段料金の節約ポイント ・1段料金、2段料金での使用量で抑える ・電化製品の使い方を見直す ・基本料金(契約アンペア)を見直す ・三段料金を使用しない電力会社に変更 電気代の節約術をいろいろ試してみると、電気代が抑えられる可能性があります。 しかし、節約方法を工夫しても電気使用量が減らないのであれば、使用量に応じて単価が上がる三段料金と自分のライフスタイルが合っていないのかもしれません。 このようなケースでは、電気使用量に左右されない料金プランに変更するのが賢明な方法です。 場合によっては電力会社の切り替えも候補に入れながら、電気代を賢く節約していきましょう。 電気代を比較できるなどを利用し現在の条件を入力して比較してみるのもいいでしょう。

次の

くらしTEPCO(東京電力エナジーパートナー)で電気料金試算。でんき家計簿で料金チェック!

東京電力 電気料金

東京電力の料金プラン|一人暮らしには30Aが最適な理由 そもそも、アンペア契約は何の為に選ぶかご存知でしょうか? 契約するアンペア数によって変わることは、次の2つです。 同時に使える家電製品の多さ(量)が違う• 電気の基本料金が違う で、まずは「同時に使える電化製品の多さ(量)」からなのですが、 アンペア数が小さければ小さいほど、ブレーカーが落ちやすくなります。 例えば、「20A」と「30A」だったら、20Aの方がブレーカーが落ちやすくなります。 とは言え、必要以上のアンペア数を契約すると、無駄なお金を払うことになってしまいます。 一人暮らしのアンペア契約はMAXでも40Aまで 東京電力の料金プランは60Aまでありますが、 一人暮らしの場合は40A以上は必要ありません。 一人暮らしで40Aを超える容量の家電製品を使うことは、ほぼないです。 なので、10A~40Aの範囲で違いを比較します。 【参考:電化製品の容量の目安】 電化製品 アンペア A 数 テレビ 2A 電子レンジ 13A 洗濯機 2A 冷蔵庫 2. 5A エアコン 6. 電気料金プラン10A(アンペア)の目安 10Aだと、ほとんど何もできません。 例えば、電子レンジをつけるだけでブレーカーが落ちるレベルです。 東京電力と東京ガス、まとめるならどちらがお得なのかについて解説しています。 東京電力のアンペア毎の基本料金の違い 次は、契約するアンペア毎の料金の違いです。 「大は小を兼ねる」と言いますし、値段に違いがなければ、容量の大きい方が良いですよね。 基本料金がどのくらい違うのか確認してみましょう。 20Aと30Aの基本料金の違い:280円80銭• 30Aと40Aの基本料金の違い:280円80銭 月々の基本料金が280円80銭違うので、1年間だと、3,369円60銭の違いです。 基本料金だけで3,369円も余分に払うのは勿体ないですし、かと言って、3,369円を節約するために頻繁にブレーカーが落ちるのも不便です。 なので、容量(アンペア)と値段のバランスがちょうど良い30Aが、一人暮らしには最適なプランということです。 スポンサーリンク 電気のアンペア変更は賃貸でも許可を取らなくてもOK? 「30Aで契約したけれど、容量が足りないので40Aに変更したい」 「30Aも必要ないので、20Aにプランを下げたい」 賃貸物件でアンペア変更をする場合、大家さんや管理会社への 許可が必要な場合もあります。 ほとんどの場合、 「ご自由にどうぞ」だと思いますが、中には連絡しておかないと、後で面倒なことを言ってくる人がいるかもしれません。 なので、電気のアンペア契約を変更する際は、大家さんや管理会社に一声かけておいた方が良いですね。 【まとめ】東京電力の料金プランで1人暮らしに最適なのは30A 一人暮らしの場合、東京電力の30Aを契約するのが最適です。 30Aあればブレーカーが落ちる心配も少ないですし、必要以上の基本料金を払わずに済みます。 とは言え、あなたが利用する電化製品の量にもよるので、【電化製品のアンペアの目安】を参考にして、プランを選ぶようにしてください。 【電化製品のアンペアの目安】 電化製品 アンペア A 数 テレビ 2A 電子レンジ 13A 洗濯機 2A 冷蔵庫 2. 5A エアコン 6. 5A ドライヤー 12A 卓上IHクッキングヒーター 14A 電球蛍光ランプ 1A ちなみに、 電気の契約は東京電力以外でも契約可能です。 もし、毎月の電気代が5,000円を超えるようなら、東京ガスで電気とガスをセットにした方が安くなることもあります。 詳しくは、こちらので比較しています。

次の

東京電力から東京ガスへの電気の乗り換えは本当にお得?

東京電力 電気料金

Contents• tepco. html これまでは、住んでいるエリアにより、契約(電気を購入)できる電力会社が決まっていました。 関東圏の場合、東京電力です。 2016年4月以降は「電力自由化」が始まり、複数の電力会社から消費者が自由に選べるようになります。 つまり、自分の生活スタイルに合った「一番おトクな会社の電気料金プラン」を選べるようになります。 auでんき、ソフトバンクでんき、、…と、さまざまな会社が参入してくる一方、東京電力エナジーパートナーは「既存顧客を大きく奪われてしまうリスク」が生じます。 そのため、東京電力エナジーパートナーとしては既存顧客の流出を防ぐために、他の業界(商社・通信・家電)のトップランナーたちと提携(リクルート、Ponta、Tポイントなど)を始めています。 今後は「電力・商社・通信・家電」がタッグを組みます。 くらしTEPCO 東京電力エナジーパートナーの「料金プラン一覧」を確認する まずは、東京電力エナジーパートナーの小売電気事業会社である東京電力エナジーパートナーが新しく発表した「料金プラン一覧」を確認してみます。 通常の家庭では(特段申込み手続きをしていない限り)「従来電灯BまたはCで契約」していることがほとんどです。 新しく追加された4プランは、生活スタイル、生活する人数、電気の使用量により、選ぶとおトクになることがあります。 従量電灯B,C(従来プラン) 少人数で、時間帯を気にせず電気を使いたいご家庭 スタンダードS,L,X 時間帯を気にせず電気を使いたいご家庭 プレミアム 大家族、ペットがいるなど使用量が多いご家庭 スマートライフ これからオール電化住宅にお住いのご家庭 夜トク8,12 日中は不在がちで、夜間の使用量が多いご家庭 うーん、携帯電話料金のように、複雑で考えるのがイヤになりそうですね; ただ、ご安心ください。 「くらしTEPCO」では 「自分が一番おトクなプランはどれか?」簡単に試算することができます。 料金プランをシミュレーションしてみる 料金プランを試算してみたいと思います。 入力事項は以下の通りです。 郵便番号• いまの電力会社• いまの契約プラン• アンペア• いまの電気代• 同一世帯の人数• オール電化住宅か否か• ライフスタイル 契約プラン・アンペア・電気代を確認する方法 上記の「3. いまの契約プラン」「4. アンペア」「5. いまの電気代」を正確に確認する方法は2種類あります。 毎月投函される「電気使用量のお知らせ」を確認する• ウェブサイト「でんき家計簿」で確認する 料金プラン試算の結果 私がシミュレーションしてみたところ、上記のように「現在のご契約がお客さまに合ったおトクなプランです」と表示されました。 つまり、私の場合は新設された料金プランにすると、割高になってしまうということです。 東京電力の契約を継続する場合、今のままでイイということですね。 でんき家計簿 過去2年間の電気料金をチェックできる 東京電力エナジーパートナーでは「でんき家計簿」というサービスを実施しています。 でんき家計簿に登録すると、オンラインで電気料金やご契約状況が確認できるようになるのでおすすめです。 私は実際に登録しているので、「でんき家計簿」に登録するとどんなことが分かるのか?ご紹介していきたいと思います。 電気使用量と料金をグラフで見れる 毎月、東京電力エナジーパートナーから郵便ポストに投函される「電気使用量のお知らせ」を確認すれば、前月の電気使用量・電気料金を把握できます。 ただし、紙1枚だけでは、電気使用量や電気料金が過去と比較してどうなのか?をひと目でチェックすることができません。 「でんき家計簿」に登録すると、 過去2年間の電気使用量・電気料金をチェックできるようになります。 電気使用量(kmh)• 青色グラフ:今年の電気使用量• 水色のグラフ:前年の電気使用量• 赤色のグラフ:他の人の平均使用量 上の画像は、私の家庭の過去2年間の電気使用量です。 うー、これは、8月があまりにも酷すぎますね…。 といった具合に、 でんき家計簿に登録すると、過去2年間の使用量と料金をグラフで確認できるようになります。 上記の私のグラフはちょっと極端すぎますが、12月~2月の暖房を多く使う時期・8月のクーラーを多用する時期は、やはり電気料金が高くなることがわかりますね。 室内の空気を循環させて冷暖房効率を上げる「サーキュレーター」を使うことで、節電に取り組んでみるのもよいかもしれません。 家電アシスト 家電アシストには、保有している白物家電(冷蔵庫、洗濯機、冷暖房)やTV・カメラ、パソコン、スマホ、給湯器・住宅設備を登録することで、 保証期間やリコールの情報を受けとることができるようになります。 また、以下は私の勝手な予想ですが、• そろそろ給湯器の交換時期です。 省エネグッズを探す 省エネに役立つグッズを紹介してもらえます。 現在は、大したコンテンツがありませんが、こちらも東京電力陣営に参入する家電量販店との提携が決まり次第、もっと具体的なコンテンツができるのだと思われます。 電気使用量をみんなと比べる 周りとの会話で「今月の電気料金はどうだったか?」という話題はあがりません。 ただし、気になるといえば気になるところ。 電気使用量を他のご家庭と比べてみたいと思います。 結果は見えていましたが、案の定「お客さまのご使用量は、お住まいの地域のよく似たご家庭を18%上回っています」…というダメ出しをいただきました。 これは改善策を本気で考えねばなりません。 各種お手続き 各種お手続きでは、以下の手続きをオンライン経由で行えます。 電気のお引越し手続き• ご契約アンペアの変更• お届け先住所の変更• 各種申込用紙の取り寄せ• 検針票お届け方法の変更• カード払いの申込み• ご契約名義の変更• 口座振替日の変更• 電力メーター情報発信サービスのお手続き 特に便利なのが、一番上の「電気のお引越し手続き」です。 東京電力の「引越れんらく帳」というサービスで、• NHK• クレジットカード• 損害保険• プロバイダ の 引越し手続きを一括して行うことができます。 住まいのお役立ち 住まいのお役立ち情報には、東京電力[9501]が提携を結んだリクルートホールディングス[6098]のサービスへのリンクがあります。 メールアドレス• 個人情報、• お客さま番号(毎月の「電気ご使用量のお知らせ」に記載) を入力し、東京電力エナジーパートナーから郵送されてくる「認証コード」を入力すれば完了します。 ポイントが貯まるのは新料金プランのみ 東京電力[9501]は、2015年内から「相次ぐ企業提携」を重ねてきました。 リクルートホールディングス[6098]• ロイヤリティマーケティング(Ponta)• カルチュア・コンビニエンス・クラブ(Tポイント) 今後、電気料金に応じてポイントが貯まるようになりますが、残念ながら「従量電灯B,Cプラン」の場合、ポイントは付きません。

次の