オセロニア バハムート。 バハムート

オセロニア 『6分で分かる/ルシファー/ヴィーナス/バハムート』

オセロニア バハムート

Tier4 コンセプトデッキ デッキ名 属性 評価点 順位変動 神 8. 0点 DOWN 魔 8. 0点 - 魔 7. 5点 - 神 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 竜 7. スキルがバフ系の竜駒とコンボで追加特殊ダメージを与える駒を組み合わせて大きなダメージを狙う戦い方となります。 デッキのバランスが良く組みやすいのが特徴で、初心者の方にもおすすめです。 デバフで「神単デッキ」や「暗黒デッキ」を抑えつつ、「魔フェリヤ」の強力な毒を中心に相手のHPを削っていきます。 「魔フェリヤ」の毒で安定してダメージを与えていけるので事故が少なく、 どんな補正でも勝率が高いデッキです。 神駒も多めに編成することでHPを高く保ち、毒や呪いでライフアドバンテージを取っていく戦い方となります。 特に 無補正やHPダウンで活躍できる強力なデッキと言えるでしょう。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした攻撃型の神単デッキです。 バフと囁きでATKを上げ、大きな特殊ダメージを与えていきます。 HPも高いので使いやすく、特に 神アップやHPダウンの補正で活躍してくれるデッキとなります。 神駒を増やし続け、中盤以降から強力な特殊ダメージを与えていくことができます。 特に 神HPアップの補正で活躍できるデッキです。 デバフで相手の高火力攻撃を抑えつつ、毒や吸収で攻撃していくのが基本的な戦い方となります。 ATK依存の攻撃をしてくるデッキに対して有利に立ち回れるデッキです。 発動条件が緩い罠を編成することで、相手に大ダメージを与えられます。 高火力アタッカーが多く編成された「」相手に有利に戦えるのが特徴です。 手駒竜鱗の登場によって安定感が増し、多くのデッキに対して優位に立てるデッキとなっています。 ただし、捕食・竜鱗・暗黒のスキルを持つキャラを揃えなければならないため、編成難易度は高くなっています。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした竜単デッキです。 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 竜のHPやATKが上昇する竜アップの補正やコロシアム等で活躍できるデッキです。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 終盤はアタッカー駒でバフコンボと繋げて大ダメージを叩き出せるデッキです。 雷撃ダメージは罠や防御に妨害されないため、 中盤以降に安定したダメージを出すことができます。 固定特殊やライフバーストのキャラも共に編成しておくことで、より安定感が増すデッキです。 「ヨシノ」でライフアドバンテージを取り、毒・呪い・吸収といった強力な魔駒で攻めていきます。 また、 神駒を編成できることもメリットで、通常の魔単よりも高HPで戦うことができます。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。 吸収効果がアップしているウィークリーコロシアムでは無類の強さを発揮するデッキとなります。 罠スキルや、デバフなどを駆使しながら バフで殴っていく特殊な立ち回りが可能です。 「」や「」といった高火力バフアタッカーが必須になるので編成難易度は少し高いです。 「」「」がコレクション限定なので編成難易度は高めですが、 HPアップの補正の時は無類の強さを発揮します。 相手のキャラ駒数に応じて火力が上昇するので 定石とは違った立ち回りが必要となる玄人向けのデッキです。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 オセロで盤面を制圧し相手とのHP差で勝利します。 相手のデッキによって勝率が左右するデッキとなっている上、充分なオセロ力も必要とされるのが特徴です。 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 耐久デッキにも強くHPアップや魔補正で活躍できるデッキです。 そのため、「ベルゼブブ」などので「」と非常に相性がよく、強力な魔駒を生かしやすいデッキです。 先攻の際は「」をすることで「夜行」を最大限生かすことができます。 バフと囁きでATKを上げ、大きな物理ダメージを与えていきます。 HPが高いので使いやすいですが、Tier2で紹介した神単デッキと比べるとデッキパワーが落ちてしまいます。 デッキパワーでは、「ヨシノデッキ」や「魔フェリヤデッキ」に劣りますがキャラが揃っていると非常に面白い立ち回りができます。 竜鱗や捕食スキルも編成して長期戦に持ち込み、大量の呪いを移す戦い方になります。

次の

竜駒バハムートを使ってみました

オセロニア バハムート

本当はバハムートに対する悪口を10分近く掛けて言いたい所でしたが明日は予定があり最後は慌ただしく編集しました。 すみません 鼻ほじ 本編 これは2ヶ月くらい前の話である。 私の勤めている会社はある程度大きいので『組合活動』と言う制度 拷問 があります。 わかりやすく説明すると『地域貢献』です。 …ッッッッと言うのは会社上の建前で 組合に参加するのは我々新入社員… 勤務外 休日 に1日1500円と言う端金でいいように会社に利用されるのが『組合活動』と言う制度となります。 活動内容は『老人ホーム清掃』『平和講習会』など誰がどう考えても面倒なものばかりである。 …前回の『組合活動』はそれを遥かに凌駕する内容でした。 『地獄の遠足編』 私はある日『組合活動に参加して欲しい』と上司に頼まれ拒否権もないので素直に引き受けた。 活動内容は『小学生達と工場見学』だった。 私は家に帰って『嫌だァァア行きたくないぃい』と近所迷惑も考えずに叫び散らかしました。 なんと憂鬱な活動内容だろうか… 子供は嫌いではないがとにかく憂鬱である。 当日は自らのモチベーションを上げる為に可愛い小さな女の子達に囲まれるイメージトレーニング? をして気持ちを高めて行きました。 現地に着くと『四千頭身の石橋に似ている』と騒がれて滅茶苦茶煩い男子に囲まれました。 全く似てないです 何故か物凄く子供達に好かれ、生命力諸々奪われていきました。 子供の元気って凄いですよね 小並感 帰る頃には別れを惜しんでくれる子も多く沢山の風船を頂きました 私は何度も『自分で持って帰りんさい』と語りかけましたが… 『割れると怖い』と言う理由で無理矢理風船を押し付けられました。 その数 驚異の5個ッッッッ 子供達の前で割って捨てるわけにはいかないので仕方なく持ち帰りました。 5つの風船を持って歩く私に対して高校生のグループに『あいつ病気だろwww』とすれ違いに悪口を言われました。 もう二度と子供には話しかけん。

次の

【オセロニア】最強デッキランキング【最新版】|ゲームエイト

オセロニア バハムート

語源 [ ] 聖書『』のの借用だとされる。 陸獣ベヒモスを遡源とする魚というのは整合性を欠くが 、これについては世界牛をベヒモス、世界魚を海獣に比定すべきを、あべこべに混同したという指摘がある。 レインによる要約 [ ] バハムートとは、アラビア語の某宇宙誌( ()による要約)に従えば、大地の下で世界を支える巨魚である。 バハムートの巨躯は、全世界の海洋をその鼻孔に入れても、に置かれた芥子粒ほどしかならないと比喩される。 その巨魚を支えるのはあたり一面の水であり、その水域の下には暗闇があるが、そのさらに深淵は何があるか人には知れない、とされる。 アラビア語原典 [ ] レインが記述したような内容のアラビア語の『宇宙誌』の原典(13世紀以降)は大同小異で数種ある。 原典に違いがなくとも、アラビア語のなかには異なる翻訳になっている単語や表現もある。 原典にはの宝石であると明言しているものが多い。 カズウィーニー系統 ()(没)は、レインが要約の原典と明記していて、レイン要約に多く合致する。 ただし、この作品は手写本の数も多く、違いも多いとされている。 実は、いずれの文献とも ()(8世紀没)の談としこれを語っている。 よって本来ならば同一なはずである。 そしてアル=ダミリはカズウィーニーの転記に過ぎないともいわれている。 ヤークート系統 () 没 の著述作品(『驚異の真珠』)は、レインが異聞の資料として挙げている文献であるが、当該部分は (1229年没)『諸国集成』を再構成・集約しただけのほぼ丸写しだとも、別の文献を間接的に介した剽窃とも言われている。 上の系統と比べて、巨牛と巨魚との間に砂丘が置かれたという点や、巨魚より深くの幾つかの層についての説明が異なっている。 こちらの系統によれば、神が創造を行った順序が、天使、そして牛、そして岩盤となっており、岩盤を牛の背の瘤の上に乗せたと表現されている。 また、巨魚や巨牛が、潮の満干や、地震と関係するような記述も見られる。 ヤークートの方は、牛の呼吸が満干に関わる記述しか載せないが 、イブン・アル=ワルディー『真珠』では、これ に加えて巨魚と巨牛が海の水を飲み、満腹になると興奮するという記述も載せている。 については後述する。 諸預言者伝 この巨魚や巨牛関わる宇宙誌が記載される最古の文献は、 ()編と ()編の二編の ()とされている。 地震 [ ] ヤークート所収の説話には、(イスラムの悪魔)が巨魚をそそのかして、地震を発生させようとしたが、神が魚の目に羽虫を差し向けて注意を引きつけこれを収めた(異説では、神が刀状の魚を遣わすと、その姿に心酔した巨魚が、目を奪われた)とある。 同様の説話は、アル=サラビー編『諸預言者伝』にもあるが、そちらでは神が何かしらの生物を鼻経由でその脳に達しさせ、巨魚ルティーヤーを屈服させたとある。 さらには説話の語り手を ()(7世紀没)としているが 、この人物は、ユダヤ教からの改宗者で、ユダヤ=イスラームの伝統をアラブ人に伝えた最古の権威と言われている。 このように地震を巨魚と結びつけた一例もあるが、イスラム文化圏では一般的に巨牛の地震発生説や、 ()にちなむ説のほうが敷衍している。 アルゼンチンの作家は、日本の「地震魚」(が暴れると地震が起こるという俗説)の由来はバハムートであると指摘した。 民俗学者のの研究によれば、地震牛の民間信仰はイスラーム圏に集中して分布し(北アフリカ、アラブ半島、パキスタン、マレー半島など) 、「世界魚が動くと地震を起こす」というモチーフは、日本全土をはじめ、中国やインドシナに分布するという。 ボルヘス [ ] 「バハムート」の項はまた、作家の『幻獣辞典』に収録された。 ()を主要資料として書かれている。 千夜一夜物語 [ ] 『』の第496夜に登場するイサ()が見た巨魚は、名前は明記されないが、その上の巨牛が岩と天使と大地を支えるという設定になっており 、バハムートのことであるとボルヘスは考察した。 この物語では、イサは神に魚の巨大さを把握できたか問われるが、巨魚が通り過ぎるのを見るなり失神したイサは、魚は見えなかったが、その全長が三日の行程ほどもある牛を見たと返答する。 それは牛ではなく魚の頭であったと神に諭される。 また、世界を最下層で支えるのが大蛇 ()としている。 大衆文化 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年9月) 以下は、いずれも爬虫類を思わせるの姿でデザインされた同名のキャラクター。 これら以降、現代フィクションにおいてバハムートと名のつくものは、ドラゴンの姿に寄せる文化が根付いている。 () - の『』において姿のバハムートが登場。 プラチナ色の強大な力を持つ神のドラゴンで、の海神をもとにしたドラゴンの女神 ()と対をなす設定になっている。 () - のゲーム「」の第1作『』に竜王としてドラゴンの姿のバハムートが登場。 第3作『』では黒色ドラゴンで、作品中最上級のとされる。 以降のシリーズ作品においても継続的に召喚獣として登場する。 詳細は「」を参照。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• レインのように「ルビー」と訳することも不可ではないが(ペロン仏訳にもみられる )、原語の「ヤークート」では必ずしもそう特定できない。 しかもアラビア語の原典の多くは「緑色」の石だと明言しているので、「緑の」などと訳出されている。 詳述は以下でする。 それ以外に緑色とされている原典を挙げる。 たとえば「緑のコランダム」 "green corundum" が の地誌の英訳に 、「緑のエメラルド」 : smaragdum viridem が ()の『驚異の真珠』ラテン訳に 、「緑石」 "green rock" が最も古い文献ひとつ、 ()の『諸預言者伝』英訳にみられる。 牛の目や足数も4千なのでレインと一致する。 ペロン(Perron)によるフランス語訳と比べた場合。 牛の目や足数が4千でなく4万である。 アル=ダミリの古い刊行本の、本文ではなく欄外ところに、カズウィーニーの宇宙誌の抜粋が刷られていた。 ただし「バハムート」とするアル=ワルディーの刊行本もある• より古いアル=サラビー編『諸預言者伝』にもみられる。 なお、イブン・アル=ワルディーにも所収される。 は既にこの巨牛について、ペルシアの「大地の牛」に相当、某小説の「世界開闢論」を参考など付注している。 出典 [ ]• 217—218. Brill ltd. IV: p. 615 ,• , pp. 237—238 及び 注271。 "太古の文献のどこにもベヒモスが水棲だとする記述は見えない"ため(Heinen, Islamic Cosmology, p. 235より引用)。 Guest, Grace D. 298"• 独訳カズウィーニー著『被造物の驚異と万物の珍奇』, p. 488、巻末注。 145, 5行目に対する注。 , Bouchard-Huzard, p. 615 , : p. 457の箇所に対するPerron の巻末注14。 298。 106-107 , (英語)• 216、注198。 Rustomji, Nerina 2013. Columbia University Press. "green jacinth", シュトレックによる『イスラーム百科事典』内のカズウィーニーの宇宙誌に関する英語での要約、, p. 615• , pp. 36—37. , p. 297. 216と注199。 、 p. 107、注2。 カズウィーニーでの当該箇所は"Wahb ben Munabbih sagt... (曰く)"(ドイツ語訳では)に始まっており。 アル=ダミリについては、レイン自ら"Ed-Demeeree, on the authority of Wahb Ibn-Munebbih"としている。 844. 、 p. 19、 注4。 、 p. 216、 注198。 16, 15)• 『真珠』ラテン語訳では"Belhut", , pp. 36—37• 14)。 、 p. 107、注 3。 、 p. 106、注 1。 , pp. 216—217. , p. 34、注 1。 , p. 235. 217、注201• Brill ltd. IV: p. 583 ,• , p. 217. , pp. 219—221, 226, 238. , pp. 105-106. , pp. 114, 230。 典拠は 1952 The Sacred Scriptures of The Japanese, p. 495 とするが、"Jinshin-uwo"と誤記される。 大林太良 1979 、『神話の話』、pp. 84-89。 大林太良 1979 、『神話の話』、pp. 93-96。 , p. 25、および Hurley による巻末注 p. 221。 "The earth was, it is said... "以下は、Lane, Arabian Societyから採られているとする。 65—87• 323—325 , (英語)• ; Guerrero, Margarita 2005. trans. New York:. 25—26. (英語) 参考文献 [ ] 1次資料• Jwaideh, Wadie. Brill Archive. 1835 , Tornberg, Carolus Johannes, ed. , , Reg. Acad. Typ. , pp. 35—37 , (アラビア語); (ラテン語)• al-Qazwini, Zakariya 1849. (アラビア語)• al-Qazwini, Zakariya 1868. (ドイツ語) 2次資料• Chalyan-Daffner, Kristine 2013年. Heidelberg University.. 213—252. 関連項目 [ ]• - 鳥の姿になる前は鯤という巨大な魚の姿をしている。 この項目は、に関連した です。 この項目は、 に関連した です。

次の