ピーチ 奄美。 バニラ奄美-関空線終了 ピーチと統合、再開10月

ピーチ航空の手荷物【やっぱり厳しい!】料金・サイズ(大きさ)まとめ

ピーチ 奄美

機内持ち込みの手荷物の基本ルール ご存知の方も多いかとは思いますが、まずはピーチの手荷物の基本ルールについて触れておきます。 手荷物は身の回りのもの+手荷物の合計2個 となっています。 重要なのは重量制限で 上のものすべて合わせて合計7. 0kgまでです。 以前は10kgまでだったのですが、2018年10月28日に改悪されてしまいました。 この「身の回りのもの」というのが曖昧というかグレーゾーンです。 公式サイトには「ハンドバッグ、カメラ、傘など」と記載されています。 よほどのことがなければ、手にちょっとしたモノを2、3個持っていても何も言われません。 合計7kg超えなければまず大丈夫です。 さらに手荷物にはサイズ制限があります。 より 3辺合計が115cm以内、かつ確辺のサイズを超える手荷物は預かってもらえません。 日本と海外では異なる基準 搭乗者が二人いる場合、関西国際空港では以下のような状況ではいつも何も言われません。 A 8kgのスーツケース B 小さなバッグ(1kg以下) しかし、海外の空港、桃園國際空港(台湾)や香港国際空港だとかなり厳しくチェックされます。 実際に上のケースの場合、桃園國際空港でのチェックイン時に 「8kgのスーツケースが重量オーバー」と言われました。 確かに1人あたりという見方をしたらそうかもしれませんが、二人で10kg以下なのでいいだろうと言ったのですが、駄目だと。 そこで、その場でスーツケースの中に入れていたお土産の袋を出して、Bの荷物としたらOKとなりました。 なんじゃそりゃ!?どうでもいいわって感じです(笑 接客とかなんでも適当なことが多いのに、こんなどうでもいいことに神経を尖らせるのは謎ですが、従わないと通してもらえません。 もちろん、 関西国際空港で何も言われないのはたまたまかもしれません。 厳しい人に当たってしまったらNGとなるかもしれませんので、その点は忘れないでください。 また、海外の空港でも何も言わない人もいます。 関西国際空港の手荷物チェックはタイミングによる これは関西国際空港の話ですが、空港には自動チェックイン機があります。 ですので、手荷物に対してはほぼノーチェックです。 受託荷物がなければチェックインしてそのまま保安検査場へ向かいますので、荷物の重量をチェックするタイミングがないんです。 一応、自動チェックイン機のそばにサイズと重量を量る機械があって、お姉さんがいます。 しかし、 あまりきちんとチェックしているようには見えないんですけどね。 明らかに重量オーバーだろうという人には声をかけているのかもしれませんが・・・。 昔はもうちょっとちゃんと測っていたような気がしますが、2019年現在は緩くなっているような気がします。 ただし、海外の空港は厳しめにチェックする傾向なので、行きはよくても帰りは・・・ですのでご注意を。 お土産の機内持ち込みについて お土産の機内持ち込みについては特に注意する必要があります。 よくやってしまうのが、ビン類です。 調味料の入ったビンをお土産として購入して保安検査場で没収。 私は2回ほどやってしまいました。 これは 液体とみなされるので、100ml以上はアウトです。 それと歯磨き粉に関しても、大きめのサイズのものは駄目。 コンパクトサイズなら大丈夫。 経験談です(笑 ハサミなどの基準が曖昧 公式では「先の尖っていない6cm以下のハサミ」であれば機内持ち込み可能。 となっていますが、 この先が尖っているかどうかの定義が曖昧です。 以前、6cm以下の小さな糸切ばさみを持ち込んだ際に没収されました。 また、別のときに魚釣りの道具でフィッシングプライヤーというものがあるんですが、 どうみても6cm以上あったにもかかわらずなぜかスルー。 フィッシングプライヤーは完全に忘れていて、機内に持ち込んでしまったのですが、不思議と何も言われませんでしたね。 絶対機内に持ち込んだら駄目っぽいですけど(笑 液体の機内持ち込みについて 国内線は水やジュースであれば、普通に持ち込めます。 ただし アルコールは度数によって変わってきます。 国際線は厳しいです。 100mlを超える液体物は機内持ち込みが禁止されています。 重い物を手に持つ裏技 これはちょっとしたおまけというか、絶対使えるという技ではないですが、私が以前使った裏技です。 海外の空港でぎりぎり7kgをオーバーした際に、一度列から離れてスーツケースに入れていたiPadを手に持ちました。 ipadは500gぐらいありますので、重量としてはこれでクリアです。 ポイントとしてはさりげなくスマホを持つような感じでipadを持ちます。 手に持っている小物まで重量を量ることはあまりありませんので。 ただ、厳しい人にあたってしまった場合は、この技も通用しないかもしれませんが。 まとめ:事前の備えで乗り切る LCCの手荷物に関する基準はフラッグキャリアに比べてかなり厳しいです。 融通も全然効きません。 さらに上でも書きましたが、空港によって違っていたり、人によっても違うというのが現実です。 もちろんその分航空券が安いので、うまく利用すれば賢く空の旅を楽しめます。 なので、何かあっても大丈夫なように事前の備えをしておきましょう。 ピーチに関してはこちらもどうぞ。 海外旅行が好きな人にはこちら。

次の

奄美のLCC就航路線|格安航空会社LCC研究所

ピーチ 奄美

奄美のLCC国内線就航路線 スカイマーク 鹿児島 バニラエア 成田、関西 奄美のLCC国際線就航路線 奄美にLCC国際線はありません。 奄美空港のLCC将来像 画像:鹿児島県ウェブサイトより 奄美に就航しているレガシーキャリアはJAL系がメインです。 羽田、伊丹はJAL本体の運航で、福岡、鹿児島、喜界、沖永良部などへは子会社のJACが運航。 さらに那覇は関連会社のRACが運航しています。 こんな「JALの牙城」奄美空港ですが、格安航空会社LCCとして、2014年7月にバニラエアが参入。 初めて成田線を開設しました。 バニラエアの就航で、高止まりしていた東京方面の運賃が劇的に安くなり、奄美観光が活性化したと評価する声が多いです。 また、2010~2011年に鹿児島線を運航していたスカイマークが2018年に再就航しました。 奄美空港は、LCC就航で活性化し、注目されています。 国際線に関しては、とくに大きな動きはありません。

次の

ピーチ航空搭乗レポート!東京成田空港から奄美大島まで【エコノミー/MM545便】

ピーチ 奄美

こんにちは!「Tekito style」を運営しているです。 2019年11月16日〜19日に、リモートワークと休養を兼ねて奄美大島へ3泊4日滞在してきました。 ということで本記事では、ピーチ航空の成田空港-奄美空港間の搭乗体験をレポートをしていきます。 ピーチ航空のカウンターから機内の様子はもちろん、奄美空港の到着ロビー・フロアについても合わせて紹介していきますので、これから奄美へ旅行する予定の方はぜひチェックしてみて下さいね。 成田空港到着後、さっそくピーチ航空のカウンターへ ピーチ航空が発着しているのは、成田空港第3ターミナル。 東京駅の南口からバスで1時間ほど(1,000円)なので、とても楽ですね。 ちなみに僕は普段出発予定時刻の2〜3時間前には空港に着くようにしています。 第3ターミナルは他のターミナルと比べてかなり狭いので、初めて来る方は気をつけてくださいね。 さっそくチェックインすべくピーチ航空のカウンターへ向かいます。 当日のタイムテーブルを電子掲示板で確認すると、 ピーチ航空のカウンターは「F」でした。 チケットはこちらの自動発券機で発券することができます。 チケット予約時に予約番号が表示されるので、事前にメモしておきましょう。 今回は3泊4日だったので、預け荷物はなしで機内持ち込みだけにしました。 お値段もお得になるので。 機内持ち込み数は2つ、合計7kgまでです!小さなスールケースくらいであれば、サイズ的には収まるかなと思います。 重さはカウンター前にある秤で荷物の重さを量ることができますよ。 9kgとギリギリセーフでした。 今回は全くチェックされませんでしたが、場合によっては重さを超えると別料金がかかることもあるようなので、持ち込み過ぎないように注意しておきましょう。 今回は土曜のお昼でしたが、カウンターは意外と空いていました。 実は自動発券機がエラーになり発券できなかったので、カウンターで発券してもらいました! 搭乗開始時間は11時55分、164番ゲート。 席は27番目F列。 できれば窓側に座りたい派なので、予約しておきました。 成田空港内を散策 時間に余裕があったので、成田空港を少しプラプラします。 第3ターミナル内にあるお店や飲食店を並べておきますので、初めて来る方は参考にしてみてください。 必要最低限のものは揃っている感じではあります。 ローソン Fa So La BOOKS Drug Store 保険&両替 フードコート カフェやうどん、寿司など、計7店舗あります。 当日あまりお腹が空いてなかったので、お昼はたこ焼きとフライドポテトというジャンキーさ……。 国内線出発ロビーへ移動 ということで出発ロビーへ向かいます。 ピーチ航空「MM545便」の出発ゲートは164番。 少し奥に行ったところにあります。 国内線の出発ロビーに入るとマジで何もないので、用事はできれば入る前に済ませておくと良いです! ジェットスター運営の小さいコンビニしかありません! 「164」番ゲート。 今回乗るピーチ航空の飛行機。 10分ほど待つと、搭乗のアナウンスが。 先に窓際席の人が並べるらしいです。 効率的! 近くで見るとなかなか迫力がありますね。 奄美空港へ到着 出発しておよそ3時間ほど、ついに奄美空港へ到着しました!!あっという間でした。 海外とかと比較すると、東京からかなり近いです! 天気は快晴!ワクワクしてきました!! 奄美空港の様子。 思ったよりもコンパクトそう。 空港の建物周辺の様子。 目の前には大自然が……。 空港の外観。 こじんまりとした佇まい。 奄美空港の到着フロアもレポート! 奄美空港の到着フロアの様子も合わせて紹介していきますね。 観光案内所 困ったらまずはこちらへ! ありむら ちょっとしたお土産を買えます。 以上です!!到着フロアには上記以外特に何もありません!! タクシー乗り場 建物を出るとすぐタクシー乗り場があるので、レンタカーを借りない人はこちらへ。 参考:ちなみに出発フロアは? 2階へ階段を上がると、出発フロアがあります。 Joyfull 初めて見ましたが、Joyfullというファミレスがありました!カレーが有名なんですかね。 まえだ屋 まえだ屋という少し大きめのお土産屋さんが!ある程度のお土産はここで買えるので、市内で買い忘れても安心です。 屋上展望台 階段を一番上まで上がると、屋上の展望台があります! 参考:出発ロビー内 最後に、出発ロビー内の様子も合わせて紹介します。 ブースで仕切られた机が数個ほどありました。 電源も完備! 中には小さいキオスクが2店のみ。 お土産などは先ほど紹介した出発フロアで買いましょう! まとめ 今回はピーチ航空で行く、成田-奄美間のフライト搭乗レポートをさせていただきましたが、なかなか快適な空の旅でした!LCCですが、2〜3時間くらいの搭乗なので全然問題なし! それでは良い旅を!.

次の