吉野家 qr決済。 牛丼屋(松屋・吉野家)のQR/バーコード決済対応状況と現在の還元率

吉野家でQRコード決済を使ってお得に買い物をする

吉野家 qr決済

10月消費税10%でもありがたすぎるのが 『PayPay』です。 PayPayは 「入会金・決済手数料・月間費用0円」と、ノーリスクで今話題のスマホ決済対応にできます。 詳しくは 「」をご覧ください。 というか 10010円と元の金額10000円だと実質的に消費税が0%に近くなります。 現金で買い物をするということは 何の恩恵も受けれらません。 メルペイ サービス名 メルペイ 提供元 株式会社メルペイ 特徴 メルカリの売買で入手したポイントを使って、実店舗で買い物できる サービス開始時期 2019年2月より実装 公式サイト ORIGAMI Payとは 運営元 株式会社Origami サービス開始 2016年5月 利用可能実店舗 約10万か所 還元率 キャンペーン ほぼ毎日クーポン発行 決済方法 銀行口座・クレジットカード 公式サイト 日本で一番初めにスマホ決済を手掛けた会社です。 セキュリティの強いスマホ決済が特徴です。 PayPayやLINE Payのような大型キャンペーンはまだないですが、毎日のようにコンビニやファーストフードで使えるクーポンを発行してくれます。 また多くのスマホ決済と異なり、商品購入時点で割引になりますので、お得感があります。 全国で10万か所以上の主要なチェーン店で利用することができます。 よく吉野家を利用する方は、上記2つをチェックするとよいでしょう。 どちらもスマホひとつで確認することができますし、ORIGAMI Payを使って吉野家で半額で牛丼を食べることができました。 吉野家で使えるスマホ決済・キャッシュレス 支払い方法 現金・電子マネー・スマホ決済 スマホ決済 PayPay・LINE Pay・メルペイ・ORIGAMI Pay・We Chat Pay クレジットカード 使えない 電子マネー iD・WAON・nanaco・楽天Edy・QUICPay 交通系電子マネー 吉野家プリカ SuicaPASMO Kitaca ToiCA manaca ICOCA SUGOCAnimoca はやかけん 独自カード 吉野家プリカ 公式サイト.

次の

牛丼の吉野家にてQRコード決済のPayPay(ペイペイ)の利用が可能に

吉野家 qr決済

・ 牛丼チェーン店のスマホQR決済対応早見表 主要なスマホQR決済について、大手牛丼チェーン店での対応状況を下表にまとめた。 吉野家 松屋 すき屋 なか卯 LINE Pay — 〇 — — Pay Pay — 〇 — — 楽天ペイ — 〇 — — Origami Pay 〇 〇 — — d払い — — — — au Pay — 〇 — — Alipay — 〇 〇 — WeChato Pay — 〇 〇 — 牛丼チェーン店では、スマホQR決済の導入があまり進んでいない。 唯一、松屋だけは比較的導入が進んでおり、d払いを除く主要なスマホQR決済にすべて対応している。 吉野屋ではOrigami Payが利用可能。 Origami Payはシンプルな操作で誰にでも使いやすい。 ポイント還元ではなくクーポン配布というのもわかりやすい。 すき屋となか卯は、日本人向けのスマホQR決済には未対応となっている。 【参考】牛丼チェーン店の電子マネー対応早見表 参考までに、スマホQR決済と同様に利便性の高いキャッシュレス決済としてよく使われている主要な電子マネーについても、大手牛丼チェーン店の対応状況を下表にまとめた。 吉野家 松屋 すき屋 なか卯 iD 〇 〇 〇 — QUICPay 〇 〇 〇 — Suica 〇 〇 〇 — 楽天Edy 〇 〇 〇 — nanaco 〇 — — — WAWON 〇 — — — 日本ではスマホQR決済より先に電子マネーが盛んに利用されており、大手牛丼チェーン店では、スマホQR決済よりも電子マネーのほうが対応の幅が広いい。 Suciaの知名度や利便性はいうまでもない。 iDやQUIC Payはクレジットカードに搭載されていることが多く、クレジットカードと合わせて便利に使うことができる。 しかし、なか卯のみスマホQR決済と同様にいずれの電子マネーにも対応していないので注意しよう。 吉野家 吉野家で利用できるスマホQR決済はOrigami Payのみ。 Origami Payではポイント還元はないが、クーポン配布や加盟店での割引があるのが特徴。 なお、吉野家ではクレジットカードを利用できないため、キャッシュレス決済を行いたい場合はOrigami Payか対応電子マネーのいずれかを利用することになる。 複数の電子マネーを利用できる 吉野家では今回まとめた主要な電子マネーにすべて対応している(一部店舗を除く)。 場合によっては、スマホQR決済を利用するよりも、電子マネー利用やチャージによるポイント還元のほうがお得になる可能性がある。 Tポイントが貯まる、使える 吉野家はTカード提携先であり、Tポイントカード提示で200円につき1ポイントが貯まり、10ポイント=10円として利用可能。 スマホQR決済にしろ電子マネー決済にしろ、Tポイントカードを持っている場合は提示を忘れないようにしたい。 松屋 松屋ではスマホQR決済の導入が進んでおり、d払いを除く主要なサービスにすべて対応している。 よく使っているスマホQR決済をそのまま使うのもありだが、高還元率のクレジットカードの紐づけやキャンペーンを活用して、その時々で一番お得なスマホQR決済を使い分けることもできる。 クレジットカードは利用できないが、スマホQR決済も電子マネーも対応している種類が多く、キャッシュレス決済の選択肢が多い店といえる。 スマホQRも電子マネーも対応が多い 松屋では電子マネーにも複数対応している。 決済時の手軽さという点では、サービスにもよるが、スマホQR決済よりも電子マネーのほうがやや上を行く。 また、電子マネーでもチャージやクレジットカードの紐づけによりお得にポイント還元を受ける方法があるため、状況に応じてうまく使い分けよう。 すき家 すき屋では日本人向けのスマホQR決済に対応していないため、スマホQR決済をどうしても使いたい場合、他系列の店を利用するしかない。 ただし、クレジットカードや電子マネーには対応している店舗があるので、キャッシュレス決済を利用したいのであればそういった店舗を選ぼう。 ゼンショーグループの共通ポイントCooCa すき屋を含むゼンショーグループでは、CooCa(クーカ)という共通ポイントがある。 会計時にポイントカードを提示することで200円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用可能。 クレジットカードや電子マネーで決済を行う場合も忘れずに提示しよう。 主要なポイントが貯まる、使える すき屋では、楽天スーパーポイント、Pontaポイント、dポイントとそれぞれ提携している。 そのため、以下のようにポイントカード提示によりそれぞれのポイントを貯めること、そして使うことが可能だ。 楽天スーパーポイント• 対象のポイントカード提示で利用200円 税込 につき1ポイント貯まる• 10ポイント=10円として使う Pontaポイント• Pontaカード提示で200円 税込 利用につき1ポイント貯まる• 10ポイント=10円として使う dポイント• dカード提示で200円 税込 につき1ポイント貯まる• 10ポイント=10円として使う なか卯 なか卯はスマホQR決済、電子マネーともに一切対応していない。 またクレジットカードも利用できず、支払いは現金のみ。 なか卯では発券機で注文を行うが、支払い方法がシンプルな分使いやすいといえるかもしれない。 とはいえ、キャッシュレス決済を行いたい場合は他系列の店舗に行かざるをえない。 スマホQR決済なら松屋が便利 今回紹介した牛丼チェーン店のなかで、スマホQR決済の対応範囲がもっとも広いのは松屋だ。 電子マネーも利用できるものが多い。 そのため、キャッシュレス決済、特にスマホQR決済を便利に使いたいのであれば松屋がおすすめだ。 複数のキャッシュレス決済が使えるということは、その時々でお得なキャンペーンを利用できるということになる。 ポイント還元率の高いカードを紐づけるなどして、通常利用時のポイント還元率を上げることも忘れずに行いたい。 また、Origami Payなどで、行こうと思っている店の割引やクーポンがあるかどうかもチェックしておきたいところ。 電子マネーは比較的使える 大手牛丼チェーン店では、松屋を除きスマホQR決済への対応が限定的だ。 それに比べると、電子マネーは利用できるものが多い。 安さ、早さを求める牛丼チェーン店と、端末やカードをかざすだけで決済が完了する電子マネーの相性が良いのはうなずける。 電子マネーも、チャージなどでポイントを貯める場合が多いので、できるだけお得に使うようにしたいところ。 提携ポイントをチェックしよう スマホQR決済を含むキャッシュレス決済をお得に利用したい場合、対象店舗の提携ポイントをチェックしておきたい。 ポイントによるが、ポイントカード提示のみでポイントが貯まることも多く、ポイントの二重取り、三重取りが可能なのだ。 今回調べたなかでも、吉野家がTポイント、すき屋が楽天スーパーポイント、Pontaポイント、dポイントと提携しているなどがあった。

次の

吉野家で使えるクーポン&キャッシュレス決済まとめ。クレジットカードやタッチ決済、〇〇Payでおトクに支払いする方法

吉野家 qr決済

楽天ポイントアプリ、モバイルTポイントカードも利用可能。 現金いらず得点 4. 0点(5点満点中) WAONしか使えない時期が続いていましたが、2018年からようやく交通系電子マネー等に対応、2019年には各種QRコード決済にも対応した。 公式HP 概要• 吉野家で使える電子マネー 吉野家で使える電子マネーはWAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay、Tマネー(Tポイント非対応店は対象外)とSuicaやPASMO、manaca、SUGOCA、TOICA、nimoca、Kitaca、ICOCA、はやかけんの各種交通系電子マネーです。 吉野家と提携したWAONカードも発行されていますのでお好みで(発行手数料が300円かかります)。 そして牛丼のマークがかなり尖っています。 もちろん通常のWAONカード、モバイルWAON(Google Pay含む)も使えますのでご安心ください。 iDは未対応です。 ただし、一部フードコート内の店舗や空港内の店舗などでは各種電子マネーなどが使えるところもあります。 独自の電子マネー、吉野家プリカも開始 2018年12月3日からは独自のプリペイドカードとして 吉野家プリカも開始。 店頭で無料で発行可能です(ただし初回に1,000円以上のチャージが必要)。 チャージ方法は店頭での現金払いのみ。 1,000円単位で1回あたりの上限は49,000円、チャージの上限は140,000円です。 併用できるのは現金のみです。 吉野家でクレジットカードは使える? 吉野家はクレジットカードは基本的に使えません。 VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersなど種類を問わず基本的に使えません。 当然デビッドカードもダメ。 一部クレジットカードが使えるところもありますが、数は少ないのでほとんど期待できません。 現在はすき家などクレジットカードが使えるところも増えてきたので、吉野家にもぜひ頑張っていただきたいところです。 もしも吉野家でクレジットカードを使いたければ、 電子マネーにチャージをして間接的なクレジットカード払いをしましょう。 WAONへのチャージはイオンカードをお持ちなら可能、交通系電子マネー、モバイルSuica、SMART ICOCAは幅広いクレジットカードからチャージが可能です。 au PAY プリペイドカードやLINE Pay、ソフトバンクカード、dカードプリペイドなども直接支払いには使えませんが、スマートフォン経由で交通系電子マネーにチャージをすれば間接的に利用可能です。 吉野家で使えるQRコード決済 吉野家ではQRコード決済のPayPay、メルペイ、LINE Pay、d払い、楽天ペイ、QUOカード Pay、Alipay、WeChat Payが使えます。 2019年9月10日に他のQRコード決済も導入して順次対応を拡大しています。 店頭でバーコードを提示して支払います。 吉野家で使えるギフトカード・商品券 吉野家ではクレジットカード会社が発行するVISAのギフトカード、JCBギフトカードなどは使えません。 その代わり、 全国の飲食店で使えるジェフグルメカードが使えます。 おつりも出る商品券になっています。 吉野家で貯まる・使えるポイント 吉野家では 楽天ポイント、もしくは、Tポイントが200円につき1ポイント貯まります(還元率0. 5%)。 楽天ポイントは2020年4月15日から開始されました。 貯まった楽天ポイントは1ポイント=1円、Tポイントは10ポイント=10円で吉野家での支払いに利用することも可能です。 支払い方法に関わらず提示可能なので、決済手段との2重取りができます 楽天ポイントカードアプリ、モバイルTカードも利用可能です。 吉野家のモバイルオーダーについて 吉野家は2020年2月14日からお持ち帰り商品の事前注文サービスのモバイルオーダー「」を開始しました。 ただし、すき家のモバイルオーダーのように、WEB内で支払いまで完了できるわけではなく、あくまで注文専用のサービスとなります。 支払いは従来通り、レジで行いましょう。 以前はWAONしか使えなかった吉野家ですが、2018年には全店舗で交通系電子マネーのSuica、さらに2019年からはnanacoとQUICPay、次いで楽天EdyとiDも使えるようになりました。 2018年以前のWAONだけだった状態からかなり改善、拡大した形です。 クレジットカードが使えたらなお安心ですが、とりあえずモバイルSuicaやQUICPayなど間接的なカード払いで対応しましょう。

次の