サンスポ ズバット。 【ズバッと!言いたい放題】ユニコーンS&函館スプリントS

ポケGO、ゲーム内でハロウィーン限定イベント開催

サンスポ ズバット

27 12:00• 25 12:01• 25 12:00• 25 12:00• 24 12:03• 24 12:02• 24 12:01• 24 12:00• 23 12:00• 22 12:00• 21 12:00• 20 12:00• 19 12:00• 18 12:00• 18 12:00• 17 12:02• 17 12:01• 17 12:00• 16 12:00• 15 12:00• 14 12:00• 13 12:00• 12 12:00• 11 12:00• 11 12:00• 10 12:01• 10 12:00• 09 12:00• 08 12:00• 07 12:00• 06 12:00• 05 12:00• 04 12:00• 04 12:00• 03 12:02• 03 12:01• 03 12:00• 02 12:00• 01 12:00• 31 12:00.

次の

ズバット車販売の非公開車両を使ってみたら口コミどおりガリバーの販売員からの電話が面倒だったが

サンスポ ズバット

ダート3戦3勝のデュードヴァン しの 東京は3歳ダートの出世レース。 GIIIとはいえ楽しみなメンバーがそろいました。 大王 デュードヴァンの前走、青竜Sの勝ちタイム1分36秒2は同開催のLオアシスSに0秒3差という優秀なもの。 メンタル面が強いし、同舞台で3戦無敗というのもいい。 東京サンスポ・柴田 「ヒヤシンスSの直前にトモの感じが良くなくて自重したけど、そこから2度使っていい状態」と加藤征調教師。 ムードは悪くないね。 しの 青竜Sで0秒2差3着だったタガノビューティーはヒヤシンスSでも0秒2差2着。 これを物差しにするとカフェファラオも同様の評価ができます。 柴田 追い切りはレーン騎手が抑え切れないぐらいの手応えだった。 フットワークも力強かったし、久々でも走る気満々。 水谷 物差しにされたタガノビューティーは「今回の舞台が一番合っている。 馬の状態はすごくいいので、あとは展開と仕掛けのタイミング」と、西園調教師が逆転を狙っとったで。 しの 私はレッチェバロックのスピードに賭けてみたい。 距離延長は心配ですが、血統的にはマイルまでこなせそう。 東京サンスポ・漆山 気性の勝ったタイプだからどうかな。 「乗り慣れた鞍上で克服してほしい」と、藤沢和調教師も半信半疑といった感じ。 ただ、規格外の怪物の可能性はあるかも。 大王 フルフラットはサウジダービーV。 海外からの帰国戦になるが、栗東坂路で4F49秒台を連発しているし、力は出せるだろう。 水谷 森調教師も「完璧に仕上がった」と自信ありそうやったな。 大王 他に端午Sを勝ったサトノラファールもいる。 水谷 中竹調教師は「跳びが大きいので器用さには欠けるが、ワンターンのマイルならうまく走れるはず」と。 漆山 穴ならケンシンコウ。 良馬場での前走タイム1分36秒7は優秀。 「前走はうまく折り合いがついた。 たまればいい脚を使える」と、小西調教師も好感触だった。 しの 函館はサマースプリントシリーズの初戦。 大王 ダイアトニックを信頼したい。 高松宮記念は直線で大きな不利がありながらもタイム差なしの3着。 重馬場での好走歴から力の要る洋芝も問題ない。 東京サンスポ・内海 岩本助手は「馬の感じはいいんで、斤量だけですね」と。 58キロを気にしてた。 しの ライトオンキューはドバイへの空遠征を挟んでいますが、仕上がりはどうでしょう? 内海 古川騎手が調教に付きっ切り。 「休み明けって感じがしないわけでもないけど、力を出せないほどではない。 今年は時計が速いが、この馬は対応できる」と。 大王 高松宮記念で0秒3差5着に突っ込んできたシヴァージは、末脚が生きる展開なら。 内海 雰囲気が良かったのは、エイティーンガール、グランドボヌール、マリアズハートあたりかな。 しの あとはこの時季だけに空模様が心配。 ところで先週は気持ち良く当ててましたね、水谷さん。 水谷 日曜メーンを当てるのは気分がええなあ。 ちなみに函館はここ6年で5回も的中している最も相性がいい重賞やで。 しの そうでした。 すっかり忘れていましたけど。 まさかそれで守りに入ったりしませんよね? 水谷 ん? どやろなあ…。 (夕刊フジ).

次の

ポケGO、ゲーム内でハロウィーン限定イベント開催

サンスポ ズバット

27 12:00• 25 12:01• 25 12:00• 25 12:00• 24 12:03• 24 12:02• 24 12:01• 24 12:00• 23 12:00• 22 12:00• 21 12:00• 20 12:00• 19 12:00• 18 12:00• 18 12:00• 17 12:02• 17 12:01• 17 12:00• 16 12:00• 15 12:00• 14 12:00• 13 12:00• 12 12:00• 11 12:00• 11 12:00• 10 12:01• 10 12:00• 09 12:00• 08 12:00• 07 12:00• 06 12:00• 05 12:00• 04 12:00• 04 12:00• 03 12:02• 03 12:01• 03 12:00• 02 12:00• 01 12:00• 31 12:00.

次の