アンジェス ビルゲイツ。 新型コロナウイルスのパンデミックは2019年に予想されていた?

ビルゲイツ推奨のワクチンは危険!?コロナ発生の予言は人口削減計画の一部か|ソクラテスのつぶやき

アンジェス ビルゲイツ

パンデミックをシミュレーションした「イベント201」とは? 新型コロナウイルスがまだ発生していない2019年10月18日、ニューヨーク。 「次に来るのはコロナウイルスによるパンデミック」であることを想定して議論を重ねる『イベント201』は行われていた。 同イベントの想定した内容は、「18カ月以内に6500万人の死者を出し、世界経済を大暴落に追い込んでいく」というものだったが、 驚くべきことに「イベント201」が行われたわずか1ヶ月半後、現実に新型コロナウイルスの初感染者が中国武漢で確認され、その後、感染者は爆発的に増加。 偶然にしては出来すぎており、「イベント201ではパンデミックが計画されていたのでは?」と疑う人も少なからず存在しているようだ。 人口削減を公言? マイクロソフト元会長ビル・ゲイツ 「イベント201」は主催者としてビル&メリンダ・ゲイツ財団が関与。 この話題は各メディアによって大きく報じられ、世間は歓喜した。 臨床試験(治験)を9月までに開始できる見通しで、並行して大量供給に向けた準備を進めているという。 およそ10億回分接種できる量を提供できるという予防ワクチンに、「朗報だ」「早いな」など喜ぶ声が多かったようだ。 しかし、この話を聞いた後でも素直に喜べるだろうか? それは「イベント201」にはジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の副社長が参加しているという事実である。 想像してみてほしい。 「ワクチンによる人口削減」を公言するビル・ゲイツの元に「ワクチンを提供する企業 (J&J) 」が身を寄せ、共にパンデミックが起きた際のシミュレーションをしていたのである。 「イベント201」から数ヵ月後、 周知の事実としてパンデミックは今や現実となった。 新型コロナウイルスの存在について「自然界の中で偶然に起こる現象ではない」 とした研究者もいたようだが、人工物かどうかはさておき、この一連の流れをマッチポンプ(自作自演)ではないと言い切れる人はいるだろうか。 安倍総理の緊急事態宣言で『ワクチン義務化』? 3月26日、日本政府は法律に基づく「政府対策本部」を設置した。 これにより、必要に応じて総理大臣が「緊急事態宣言」を行えるようになったが、もし宣言が出された場合には次のことが可能となる。 J&Jは2021年初めにワクチンを提供するらしいが、そのときには我が国の感染者数は甚大なものとなっているだろう。 もしかすると数ヵ月後には「ワクチンを受けざるをえない風潮」の中に追い込まれているかもしれないのだ。 では、ここで我が国のパンデミックワクチンの予防接種はどのようにして行われるのかを見ていこうと思う。 これについては以下を参照してみてほしい。 ここで疑問なのは、 「住民に対する予防接種の実施」 がどれほどの強制力を持つのかということだが、この答えについては、厚生労働省の「緊急事態宣言の有無による住民摂取」が参考になりそうだ。 下表の「緊急事態宣言が行われている場合」を確認して欲しい。 緊急事態宣言が行われている場合は、ワクチン接種の「努力義務」がある。 「努力義務」 とはどういった意味なのか。 努力義務(どりょくぎむ)とは、日本の法制上「〜するよう努めなければならない」などと規定され、違反しても刑事罰や過料等の法的制裁を受けない作為 義務・不作為 義務のことである。 遵守されるか否かは当事者の任意の協力にのみ左右され、またその達成度も当事者の判断に委ねられる。 つまり、接種については「推奨」はされるかもしれないが選択はあなたの判断に委ねられるということ。 ただ、これから先に状況が悪化の一途をたどれば「やむなし」と法改正され、接種が義務化される可能性があるかもしれない。 かつての日本ではワクチン接種が義務だった時代もあるようだが、そんな時代の再来にならないことを願いたい。 いずれにせよジョンソン・エンド・ジョンソンが開発したワクチンだけは遠慮しておきたいものである。

次の

ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が広域流行病シミュレーション・ライブ配信を主催

アンジェス ビルゲイツ

ニューヨーク-- --(ビジネスワイヤ) -- ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターは、世界経済フォーラムおよびビル&メリンダ・ゲイツ財団と共に、 2019年10月18日(金曜)にニューヨーク市で開催される世界的広域流行病マルチメディアシミュレーションのを主催します。 一般市民は、 東部標準時(夏時間)午前8時50分~午後0時30分に英語で実施される同時進行のに、 より登録・参加いただけます。 本演習は、深刻な広域流行病が経済・社会に及ぼす影響の緩和に向けた世界規模での官民協力の必要性を浮き彫りにするものです。 近年、世界で発生している流行病の事案は年間約200件と増加しており、限られた資源に負担をかけています。 世界的な大規模の広域流行病は健康、経済、社会に破壊的な影響を与えます。 経済調査によれば、広域流行病は年間平均で世界GDPの0. 企業、政府、公衆衛生の分野に携わるがプレーヤーとなる「イベント201」は、広域流行病発生中にプレッシャーの下で対処しなければならない実際的な政策問題を具体的に提示するものとなります。 ビデオを駆使した本演習において、プレーヤーは論議を呼ぶ未解決の政治・経済問題が明らかとなるシナリオを提示されますが、それらの問題は十分な政治的意思、財政投資、注意によって解決し得るであろうものです。 ブルームバーグ公衆衛生大学院のトム・イングルズビー所長(MD)は、次のように述べています。 「広域流行病は、健康と医療制度にとって解決が困難な課題を突き付けるのみならず、経済と社会に深刻な連鎖的影響をもたらす可能性があります。 深刻な広域流行病に対しては、政府も民間産業も単独では適切な対応をとることができないため、互いに協力する必要があります。 当センターは、生物学的脅威に準備し対処する上で必要な意思決定についての理解を手助けすべく、有無を言わせぬ状況にリーダーらを関与させる『イベント201』をデザインしました。 」 の世界健康安全保障プロジェクトリードであるライアン・モーハードは、次のように述べています。 「伝染病の突発的流行は避けられませんが、もたらされる経済的損害は避けることができます。 人命を救い、経済・社会的影響を最小限に抑えるためには、深刻な広域流行病が発生する前から、マルチステークホルダーの広範な連合体が持続的な注意を払う必要があります。 」 グローバル開発担当プレジデントのクリス・イライアスは、次のように述べています。 「イベント201や、先行するのようなシミュレーションは、世界的な公衆衛生上の危機に有効に対処するために何が必要であるかのみならず、準備ができていない場合に生じる結果についても理解する上で不可欠なツールです。 」 本演習は、オープン・フィランソロピー・プロジェクトより資金援助を受けています。 詳細情報については、、、、をご覧ください。 「イベント201」は架空の想定に基づく演習および疾患です 編集者向け注記:座席確保、録画・録音の制約に関する情報についてはご連絡ください。 ビデオ、画像、音声、写真、インタビューは当日に利用いただけます。 「イベント201」のとその他のをご覧ください。 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。 翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。 翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

次の

ビル&メリンダ・ゲイツ財団と日本の関係は? 2020年、日本が担う大きな役割とは(J

アンジェス ビルゲイツ

画期的な薬剤:イベルメクチンはコロナウイルスに対して「驚異的な」結果を示す newsmax 2020年5月22日金曜日23:16 Google翻訳 米国および海外での複数の試験からの金曜日のレポートは、寄生虫感染を治療するためにFDAによって既に承認された薬剤が「驚異的な」結果を示しており、SARS-CoV-2ウイルスを根絶するための取り組みの突破口を表す可能性があることを示しています世界的なパンデミック。 医師は、いくつかの国でいくつかの同時試験でイベルメクチン薬を投与したことがあり、他の一般的な薬物療法と併用することもあります。 研究に参加した医師は、患者のウイルス量が、寄生虫、疥癬、アタマジラミとの闘いが承認された広く利用可能な処方薬であるイベルメクチンの投与を開始したほぼ直後に減少し始めたと報告しています。 COVID-19患者には承認されていませんが、臨床試験に詳しい医師は患者の結果を劇的だと説明しました。 フロリダ州パームビーチ郡の救急医であるピーターH. ヒバード医師は、金曜日の夕方の独占インタビューでニューズマックスに語った。 COVID-19医薬品として使用するためのFDA承認を獲得しています。 彼はそれが複数の大陸での臨床試験で医師に感銘を与えたと述べました。 「ここには共通点があります」とヒバード氏は言います。 「この薬は人々を死の床から救い出しています。 」 いくつかのケースでは、医師はイベルメクチンの1回の投与だけで患者の状態を著しく改善したと報告しました。 米国の患者は単回経口投与を受け、一部の患者は7日後に追加投与を受けました。 寄生虫感染についてはFDA承認の用量を使用した。 オーストラリアのビクトリア州の研究者が来月の抗ウイルス研究ジャーナルに発表する研究が試験管内のウイルスを一掃したことを示した後、この薬は最初にコロナウイルス治療の可能性があるとして浮上した。 木曜日に、フロリダ州フォートローダーデールのブロワードヘルスメディカルセンターにいるジャンジャックレイター博士が率いる米国の医師のチームは、調査結果を施設の審査委員会に提出しました。 この研究に詳しい医療関係者によると、約250人のコロナウイルス患者がブロワード試験に参加しました。 情報筋によれば、結果は劇的で、「統計的に有意な死亡率の改善」でした。 4月の初めに治療された最初の患者の血中酸素濃度は70%でしたが、数時間以内に50%まで低下しました。 インバーメクチン投与後、24時間以内に安定し、1週間で退院した。 一部の患者が緊急に薬を受け取っている間、FDAは5月1日に次の勧告を発表したことに注意することが重要です。 「人や動物でのイベルメクチンの使用は承認されていますが、予防または治療は承認されていません。 COVID-19の。 COVID-19を予防するために、医療提供者によって処方され、合法的な情報源から入手した場合を除き、薬を服用しないでください。 」 地球の反対側の別の試験で、バングラデシュの医師のチームは 金曜日に 、彼らがそこでイベルメクチンと一般的な抗生物質であるドキシサイクリンの組み合わせをそこで60人のコロナウイルス患者に投与したと報告しました。 そのチームは、薬を受け取ってから72時間以内に、患者のウイルス検査が陰性であり、4日目までに回復したと報告しました。 バングラデシュ医科大学病院の上級医師であるTarek Alam博士はインドのZeeNewsに、結果は「驚異的」であり、すべての患者が「完全な回復を経験した」と語った。 FDAが注意を払っている理由の1つは、薬物が他の薬物と相互作用し、場合によっては、吐き気、下痢、胃の痛み、めまい、突然の血圧低下、肝臓の問題、その他の副作用などの合併症を引き起こす可能性があることです。 TrialSiteNews. comによると、ゲイツ財団はフランスで3番目のイベルメクチンの臨床試験に資金を提供し ています。 ヒバード氏は、イベルメクチンの試験は、ワクチンへの架け橋を提供し、ウイルスを捕まえる下側リスクを潜在的に減らす「効果的な治療法」であることを示していると語った。 「それは私たちが仕事に行くことができて心配する必要がないことを意味します」と彼は効果的な治療薬を持っている見通しについて述べました。 「あなたはそれをキャッチし、私たちはあなたを扱い、私たちは国として前進します。 88).

次の