太平洋 戦争 敗因。 太平洋戦争の真実!その原因と影響を探る!!4

【概要】戦争終結

太平洋 戦争 敗因

学生時代、私は 「 太平洋戦争は日本が侵略戦争したから起こった」という教育を受けましたが、大人になってから本当にそんな単純な理由だったのか?と疑問に思いつつも、面倒なので史実を調べようとはしませんでした。 しかし、最近小学生の息子に 「なんで日本はアメリカと戦争したの?」と質問され、勉強不足だった私はうまく回答できず、 「今度、息子にちゃんと説明しよう」という事で内容の整理をかねてアウトプットしました。 同じように、アメリカと戦争した理由がいまいちわかっていない人はご一読いただければと思います。 帝国主義にならざるをえなかった日本 幕末、世界は帝国主義真っ只中。 当時の国は 「植民地になる」か 「侵略者に立ち向かい独立を死守する」の2つの道しかなかったのです。 当時の日本は鎖国状態。 周辺のアジアの国が次々に欧米諸国の植民地となっていきました。 欧米諸国に比べて遅れていた日本ももちろん植民地のターゲット。 特に、アメリカ、イギリス、ロシアが日本にとっての脅威でした。 アメリカ合衆国 幕末、ペリーが黒船に乗って日本にやって来て脅しをかけます。 船の燃料補給地として、港を開放して下さいね~。 アメリカは東アジア、特に清(中国)との貿易をしていたのですが、その中継地として日本は位置的にうってつけ、ということもあり、 「下田と箱館の港を開きましょう」という事で『日米和親条約』が結ばれました。 その4年後、1858年(安政5年)に『日米修好通商条約』という不平等条約が結ばれました。 じわりじわりと日本を侵略していくかにみえましたが、アメリカは自国で『南北戦争 』(1861~1865年)が起こってしまったので、そこにかかりきりになり外国に目を向ける余裕がなくなってしまったのです。 しかし、1857年(安政4年)に植民地のインドで起こった『セポイの乱 』や、同時期に清で起こった『アロー戦争 』~『太平天国の乱 』の鎮圧で兵力、資金、時間を消耗してしまいます。 また、1863年(文久3年)に薩摩藩との間で起こった『薩英戦争 』で 「え!?日本って意外と強いんだ。 やるじゃないか」とイギリスに思わせるわけです。 そして、日本の武士の存在が脅威であること、地理的に派兵が難しい、などの理由で植民地化ではなく、薩摩藩を裏から支援し、幕府を倒させて傀儡政権を作ろうと目論んでいたふしがあります。 しかし、薩摩藩はイギリスとうまく距離をとり、明治維新後も独立した政権を運営しました。 ロシア帝国 ロシアは歴史的にずっと南下政策(南方にある土地を獲得)をとっています。 理由は 「凍らない港が欲しい」、コレだけです。 四方を海に囲まれた日本は、もし、ロシアの軍隊が朝鮮半島から船で日本へ侵攻、という事態になれば、当時は飛行機やレーダーがないので、日本のどこから侵入されるかの確認が非常に困難でした。 そのため、日本としてはロシアを朝鮮半島で食い止める必要がありました。 本来であれば、日本、清、朝鮮が協力して立ち向かえばよかったのですが、この2国は国を近代化させる事に消極的だったのです。 いずれ、ロシアと衝突する事がわかっていましたので、日本は清、朝鮮との協力を諦め、欧米と同じく 国力増強のために植民地を獲得して国の力を増強させる帝国主義を採りました。 日清・日露戦争 日本はロシアの南下政策を朝鮮半島で食い止めたい、清(中国)はもっと朝鮮への影響力を強めたい(植民地化)したい、という事で衝突、1894年(明治27年)『日清戦争』が勃発。 日本は勝利し、清から割譲された土地の一つに『遼東半島』がありました。 By LERK - modified , , 中国東北部(満州)を支配していたロシアは、 「 日本が遼東半島を支配していると、朝鮮半島進出に邪魔」、そして、日本をこれ以上調子づかせないために、ということで、ロシアは、ドイツ、フランスを誘って日本にこう言いました(『三国干渉』)。 割譲された『遼東半島』を清に返せ! ジャイアンロシアの言うとおりにするしかなかったのです。 しかし、その後なんとロシアは『遼東半島』の一部を租借するのです。 これはたまったものじゃありません。 この時、『臥薪嘗胆(がしんしょうたん)』という言葉が流行します。 意味は 「復讐のために耐え忍ぶこと」。 「この恨みは忘れない、いつかロシアをやっつけてやる」と。 その後、ロシアはジリジリと朝鮮半島に南下してくる気配をみせます。 日本としてはこのまま朝鮮半島に侵攻されると防衛上非常にマズい、ということでロシアと交渉するも決裂、1904年(明治37年)『日露戦争』が勃発します。 『日英同盟』によるイギリス、戦争当初から 「日本を全面支持する」と宣言していたアメリカ、それぞれの協力もあって、何とかロシアに勝利しました。 日本は名実ともに大国の仲間入りを果たしますが、欧米諸国はメキメキと力をつけてきた 日本を脅威に感じてくるのです。 満州をめぐってアメリカとぎくしゃく 『日露戦争』に勝利したことで日本は韓国や満州(中国東北部)を手中に収めます。 そして、欧米各国からも韓国支配のお墨付きをもらいます。 フランスはベトナムを支配します。 日本は朝鮮半島を支配して下さい。 このように、 「 韓国を放置すると、また東アジアが混乱する。 韓国は日本が保護すべきだ」という意見は、 当時の国際社会では常識でしたので、欧米各国は軒並み賛成しました。 さて、日本は満州の権益を独占したい、と思うようになります。 『日清戦争』、『日露戦争』で多大な犠牲のうえに獲得したのですから、独り占めしたい、と考えるのは当然といえば当然ですよね。 しかし、アメリカも中国という巨大市場で一儲けしたい、とずっと思っています。 元々、アメリカが幕末に日本を開港させた理由の一つに、中国と貿易するための中継地として利用したいから、というのがありました。 日本は『日露戦争』に勝利したことで、ロシアが経営していた『南満州鉄道』の利権を得ますが、戦争で国家財政は逼迫していましたので余裕がありません。 そこに、アメリカの鉄道王エドワード・ヘンリー・ハリマンが現れます。 『日英同盟』にのっとって、日本に陸軍の応援を依頼したのに断ってきやがった。 逆にアメリカは第一次世界大戦に参戦してくれたし、お金も貸してくれた。 『日英同盟』はやめてアメリカと手を組んだほうが良さそうだな。 白人同士だし。 アメリカは『日英同盟』をやっかんでいて、何とか破棄させたい、と考えていました。 イギリスに対してお金を貸していたアメリカは、イギリスに負けられるとお金を回収できなくなるので困る・・・という事で参戦してイギリスを援護、大きな貸しを作りました。 そんな状況で、アメリカから 「 アメリカと日本、どちらを選ぶんだ」と凄まれたら、『日英同盟』を解消、アメリカと手を組む、という事になるのは必然でした。 日中戦争と第二次世界大戦 1929年(昭和4年)に『世界大恐慌』が発生します。 植民地を持っている国は自国を守るため『ブロック経済』を展開します。 『ブロック経済』とは、例えばイギリスだとアフリカ、インド、オーストラリアといった植民地で『経済ブロック』という勢力圏を設定し、その勢力圏以外からの輸入品に莫大な関税をかけて、実質他国からの製品をしめ出す、という政策です。 関税(かんぜい)は、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から、輸入貨物に対して課される税金 出典: 『第二次世界大戦』で勝利した『連合国』側は、上記のイギリスの他に、アメリカは南北アメリカ大陸を勢力圏、フランスはベトナムやアフリカなどを勢力圏にして、自国や植民地で石油といった資源を賄う事ができました。 出典: 一方、負けた『枢軸国』側は自国で資源を賄えない国でした。 ドイツ: 「 第一次世界大戦の賠償金をやっと払い終える」と思ったところで世界大恐慌が発生。 自国だけではどうしようもないので、『経済ブロック』拡大のため 中央、東ヨーロッパへ侵攻。 イタリア: 「植民地を持ってないし、資源もない・・・」。 『経済ブロック』拡大のため エチオピアへ侵攻。 『経済ブロック』拡大のため 中国へ侵攻。 と、他国を侵攻して資源を確保するか、何もせずに餓死するのを待つか、どちらかの選択しかなかったのです。 日中戦争 中国は『清』時代に日本と結んだ不平等な条約などの破棄を一方的に宣言する国権回復運動が盛んになっていました。 この運動は、強制的に日本人を住居から立ち退かせる、日本人に土地を貸さない、売らない、日本企業の締め出し、といった排日運動に繋がり、日本政府は外務省を通じて中国政府と事態の解決に向けて交渉しようとしましたが、一向に進展しませんでした。 また、日本は『日露戦争』後、『南満州鉄道』を手中におさめていましたが、中国は新たに鉄道路線を作り経営競争を仕掛けてきました。 安価な中国側の路線に客を奪われ、満鉄は社員3000人を解雇するなど、経営的に打撃を受けました。 満州駐在の関東軍はこういった状況からある作戦を決行します。 1931年(昭和6年)9月18日、何者かによって『南満州鉄道』の線路が爆破されました。 関東軍は 「中国の仕業だ!」として、満州全域を占領します。 しかし、実際は関東軍の自作自演・・・。 翌年には『満州国』が建国され、トップに清の最後の皇帝『溥儀(ふぎ)』が就きますが、実際は日本が動かしている傀儡政権です。 もちろん、中国は 「満鉄爆破は日本の自作自演だ!」と『国際連盟』に訴え、派遣された『リットン調査団』が真実を暴きだします。 窮地に立たされた日本は『国際連盟』から脱退。 1937年(昭和12年)7月、『盧溝橋事件』等の衝突から『日中戦争』勃発。 日中戦争の激化、長期化で通常の経済状態では戦費を賄えなくなる恐れのあった日本は、翌年『国家総動員法』を制定します。 総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。 出典: この法律によって、いわゆる赤紙が来れば、兵隊として戦争に行かなくてはいけなくなってしまったのです。 そして、1939年(昭和14年)にヨーロッパで『第二次世界大戦』が勃発します。 太平洋戦争 『第二次世界大戦』当初、ドイツは連戦連勝し、海を隔てたイギリスにも攻撃をしかけます。 イギリスのチャーチル首相はアメリカのルーズベルト大統領に助けを求めます。 ただ、国民を戦場に送らないことを選挙公約にしているからなぁ・・・。 そうだ!日本を挑発して先制攻撃させて、同盟国のドイツを参戦させよう! そんな中、1940年(昭和15年)に日本がフランス領インドシナへ進駐。 アメリカが植民地にしていたフィリピンとインドシナは近く、 「 このままでは植民地が危ない!日本を止めねば!」とアメリカは考えます。 また、 「日本はインドシナを拠点に、イギリスがアジアで持っている植民地を奪い取ろうとしているんじゃないか?」と世界から受け止められ、イギリスを全面バックアップしているアメリカは激怒、日本への石油輸出をストップし、アメリカにある日本の資産を凍結。 1~2年で備蓄している石油が無くなる状態となった日本に、アメリカは最後通牒として無理難題な『ハル・ノート』を突きつけます。 そこには中国から撤退するよう書かれていましたが、『日清戦争』、『日露戦争』で多大な犠牲とお金と時間を使って獲得した中国からの撤退は、日本としては当然ありえません。 石油が無くなって工場が停止して何千万人も餓死させるのか? それとも、自衛のために戦争するのか? 日本は後者を選択、真珠湾を攻撃しました。 という事で、 英米の思惑どおりに日本に先制攻撃させて日米開戦(『太平洋戦争』)、同盟国ドイツもアメリカに宣戦布告しました。 チャーチルは日米開戦の知らせを受け勝利を確信し喜んだ。 出典: まとめ 『太平洋戦争』の原因は、日本の侵略にアメリカが裁きの鉄槌を下した、という事を簡単に言う大人がいまだにいますが、実際はこのようにそれぞれの思惑があったのです。 確かに、中国や朝鮮の人にとっては日本は侵略者でした。 しかし、欧米各国も同じようにアジア諸国を侵略していました。 多くの植民地を取って国力を増強しないと逆に植民地にされる、それが帝国主義時代でした。 アメリカにいたっては、アラスカ、ハワイ、フィリピン、グァムといった太平洋側の領土を持っていましたが、急速に力をつけた日本海軍を脅威に感じ、 いつでも日本と戦争できるように『オレンジ計画』を作成していました。 オレンジ計画(オレンジけいかく、オレンジプラン、War Plan Orange)とは、戦間期(1920年代から1930年代)において立案された、起こり得る大日本帝国(日本)との戦争へ対処するためのアメリカ海軍の戦争計画である。 出典: 「本当に日本だけが悪かったのか?そんな単純な話なのか?」ぜひ考えていただければと思います。

次の

5分で分かる太平洋戦争!原因、激戦地について分かりやすく解説!

太平洋 戦争 敗因

そして占領… 満身創痍になった日本は、ついに敗けを認め、 連合国による日本の 占領政策がはじまりました。 まず、 東京裁判。 この裁判は、「裁判」という形をとっていますが、実質は連合国による日本への復讐でした。 「私たちアメリカやイギリス、連合国は正しい。 戦争することは良くないが、日本が悪かったためやむをえず戦争になった。 」 このような意識から、 「日本=悪」の図式で、裁判が進んでいきます。 しかし、日本の悪行をなかなか見つけられない連合国は、南京大虐殺を作り上げ日本を悪に仕立て上げました。 次に日本の 弱体化政策。 日本の力に恐怖したアメリカは、二度と日本がアメリカの脅威にならないよう、日本の体制を変えていきます。 経済面では財閥解体と農地解放。 これにより、私有財産が排除され、経済が大打撃を受けます。 精神面では 自虐史観植え付けと 宗教破壊。 明治維新から急速に発展し、アメリカを恐怖に陥れるまでに成長した日本。 加えて、神風特攻隊の存在。 これを危険視したアメリカは日本の精神を破壊していきます。 自虐史観の植え付け ・ 日本の指導者が悪かったから、日本は戦争をはじめた ・ 国民が苦しくなったのは、日本の指導者のせいである ・ 日本は戦争で悪いことをした このような考え方をもとに連合国最高司令のマッカーサーが徹底的に 言論統制を開始。 マッカーサーの機嫌を損ねるものは、印刷しても発売前に回収されました。 当時、紙はとても貴重だったので、せっかく印刷しても販売できなければ大赤字。 そのため、マスコミ各社はマッカーサーが気に入るように「日本=悪」の記事を書きはじめます。 マッカーサーはテレビでも「日本=悪」をアピール。 NHKで3年にわたり、 「アメリカは日本の軍部から日本国民を救いだし、自由と民主主義をくれた」と放送し続けます。 宗教観や精神の破壊 日本人の精神構造を恐れたアメリカは、日本の 宗教も破壊します。 キリスト教徒のマッカーサーにとってキリスト教の教えこそ正しい教え。 そのため、日本の宗教観は到底受け入れられるものではなく、 「天皇人間宣言」が出されることとなります。 また、日本人の精神を弱らせるため、関係するものを次々に排除。 武道はスポーツに成り下がり、道徳を教えていたも軍国主義に利用されたことを理由に廃止されます。 さらに、日本語を排除して文化まで壊そうとしました。

次の

日本軍の敗因

太平洋 戦争 敗因

開戦前(1914-1941. 11) 太平洋戦争(大東亜戦争)は1941年12月8日の日本軍による真珠湾奇襲攻撃によって始まりました。 しかし、戦争の原因はそれより前に遡ります。 この項では、第一次世界大戦から日中戦争に至るまでを駆け足で振り返ってみましょう。 第一次世界大戦とシベリア出兵(1914-1922) 日本は 第一次世界大戦(1914年~1918年)の際、中国におけるドイツの 租借地(そしゃくち)である山東省青島(チンタオ)を攻撃し、占領しました。 また赤道以北のドイツ領の南洋諸島も占領します。 翌年には中国に対して、ドイツが持っていた山東省の利権を日本に譲ること、旅順・大連の租借期限や 南満州鉄道の経営期限の延長を求める「 対華二十一カ条」を認めさせました。 第一次世界大戦中の1917年、ロシアで レーニンの指導の下革命が起こります( ロシア革命)。 社会主義の拡大を警戒した西側諸国は シベリアに出兵し、 ソビエト政府をけん制。 日本も1918年8月にウラジオストクに上陸、シベリア東部、 満州北部、 樺太北部の主要都市を占領しました。 1922年に樺太北部の駐留軍を残してシベリアから引き揚げました。 大陸への野心の膨張(1923-1930) 第一次世界大戦後の不況、シベリア出兵の戦費がかさんだこと、1923年(大正12年)の 関東大震災などが重なり、1920年代の日本は経済的な苦境に立たされていました。 それを解決するために、中国大陸の資源、土地、権益をもとめ、中国東北部への進出を強めました。 しかし、1924年以降、 蒋介石(しょうかいせき)率いる国民革命軍の活躍により、日本の対中輸出がうまくいかなくなるなど、日本にとって不都合な事態が起こります。 そこで日本軍部( 関東軍)は日本が支援していた 軍閥(ぐんばつ)の 張作霖(ちょうさくりん)の乗っている汽車を爆破して殺害し、中国側のせいにすることで中国へ進出する口実を作ろうとしました。 殺害には成功したものの、この事実が軍閥側に漏れ、軍閥は敵対していた国民革命軍と協力関係を結び、日本と対立するようになります。 結果として、日本は中国での影響力を弱めることになりました。 【詳細ページ】• 満州事変と満州国建国(1931-1936) 1929年(昭和4年)、 世界恐慌の波は日本にもやってきました。 不況にあえぐ国内景気を回復させるためには中国における権益強化しかないという意見が軍部や国家主義者の間で台頭します。 1931年9月、関東軍は奉天郊外の南満州鉄道の線路を爆破し、これを中国軍の仕業と、濡れ衣をかぶせます( 柳条湖事件)。 日本政府の不拡大方針を無視し、関東軍は軍事行動を開始しました( 満州事変)。 1932(昭和7)年、関東軍は 清朝(しんちょう)最後の皇帝 溥儀(ふぎ)を執政とし、「 満州国」の建国を宣言させます。 満州国の実権はすべて日本が握っており、日本の 傀儡(かいらい)国家でした。 これらの日本の行動を中国は侵略であると非難。 国際連盟は「 リットン調査団」を派遣し、満州国の独立は認められないが、日本の満州における権益は認められるべき、とする報告書を発表。 満州国を認めることが必須条件と考えていた日本は、これを受けて1933年3月、日本は国際連盟を脱退し、国際的な孤立を深めます。 【詳細ページ】• 日中開戦と東南アジアへの進出(1937-1940) 満州国建国後、日本はさらに中国北部へ進出します。 しかし、蒋介石の国民政府と 毛沢東が率いる 中国共産党が協力をし、日本への対抗(抗日)を強めます。 そのような折、北京郊外にかかる盧溝橋(ろこうきょう)付近で日本軍部隊への発砲をきっかけとして、日本軍が中国軍へ攻撃を開始しました( 盧溝橋事件)。 1937(昭和12)年7月7日のこの出来事をきっかけに、日中は戦争の泥沼へと入っていきます。 1939(昭和14)年9月、ドイツが突如ポーランドへ侵攻。 第二次世界大戦が始まります。 そして翌年の1940年9月には日本はドイツ、イタリアと 三国軍事同盟を締結。 軍事、経済、政治の他分野にわたり相互に援助関係を結びました。 資源が少ない日本は、東南アジアの資源地帯に目を付けます。 1940年9月、ドイツに攻撃され弱体化したフランスに付け込み、北部仏印(ほくぶふついん、現在のベトナム北部)へ軍を進めます。 【詳細ページ】• アメリカの反発(1940-1941) 日本のこのような動きに対し、中国大陸における権益を狙っていたアメリカが反発します。 アメリカはくず鉄の日本への輸出を禁止。 またイギリスも日本を包囲する動きを見せます。 さらに日本軍は南部仏印(現在のベトナム南部)へも兵を進めると、アメリカにある日本の資産を凍結します。 さらに日本への石油輸出を全面禁止。 イギリス、オランダもこれにならいます。 石油や鉄などの重要な資源の多くをアメリカや当時オランダ領であったインドネシアなどに依存していた日本は、輸入が閉ざされれば戦争はおろか、基本的な国家運営さえも難しくなってしまいます。 日本政府は日米関係を改善するため、外交交渉を行いますが、アメリカは態度を軟化させず、最終的にアメリカ国務長官コーデル・ハルによって到底受け入れることのできない条件を突き付けられ、アメリカとの戦争を決定します。 【詳細ページ】• 💡 大平洋戦争の流れ 目次.

次の