前橋 高校 進学 実績。 「医学部進学に強い高校」ランキングTOP100

大学合格実績|進学指導|桜丘中学・高等学校

前橋 高校 進学 実績

2020大学入試結果• 東京大学 9名 合格• 京都大学 4名 合格• 国公立大医学部医学科 8名• 東北大 16名• 大阪大 3名• 北海道大 2名• 筑波大 5名• 名古屋大 2名• 東京医科歯科大 1名• 千葉大 8名• 横浜国立大 4名• 群馬大 30名• 新潟大 10名• 信州大 4名• 首都大学東京 4名• 高崎経済大 12名• 群馬県立女子大 2名• 早稲田大 39名• 慶応義塾大 13名• 上智大 8名• 東京理科大 35名• 明治大 31名• 青山学院大 4名• 立教大 13名• 中央大 23名• 法政大 20名• 同志社大 9名• 立命館大 11名• 他多数合格• 講習生・模試生は含んでおりません。

次の

都立富士高校の進学実績

前橋 高校 進学 実績

複数の私立大学の医学部で、浪人生や女子を不利に扱う入試の実態が発覚した。 浪人生は受験勉強の期間が長いアドバンテージがある。 女子が優位なのは、結婚や出産を経ても仕事が続けやすい医師を目指し、優秀な女子受験生が集中するため。 さらに地道な受験勉強を続ける女子は、男子より学力が高い傾向にあることも無視できない。 一部の大学で女子や浪人生を不利に扱う入試が常態化していたのは、定員が少ない医学部の間口は狭く、入試のハードルが高いためだ。 注目度が高まっている医学部入試。 この難関学部に強い高校はどこなのか。 現役男子の優遇というバイアスがかからない、国公立大医学部の5年間の合格実績から検証してみた。 5年間比較としたのは、単年比較では、順位にブレが生じるため。 医学部合格実績が高い高校でも、現役生が数多く合格した翌年は、力のある浪人生が相対的に減少するため、高校全体の合格者数が減る傾向にある。 医学部に5年で572人合格した東海がトップ 医学部合格者数ランキングの1位は、この5年間で572人が合格している 東海。 難関がゆえに隔年現象が起こりやすい国公立大医学部入試にあって、2016年から3年連続で合格者が増え続けている。 単年比較の合格者数ランキングでも、2018年春まで11年連続でトップを続けている。 東海の合格者が最も多いのは名古屋大学で、2018年度は38人が合格。 同大医学部のおよそ3人に1人は東海出身者だ。 学費が安い国公立大医学部は日本全国の大学が志望対象となるが、地元に設置大学が多いに越したことはない。 東海がある中部圏には、名古屋大学に加え浜松医科大学、岐阜大学、名古屋市立大学、三重大学の5校が医学部を設置しており、こうした環境も合格実績を支えている。 中部圏でランクインしている高校には、22位の 南山、25位の 滝、28位の 旭丘などがある。 2位以下は、2位 ラ・サール、3位 洛南、4位 灘、5位 久留米大学附設、6位 開成と続き、7位の 東大寺学園までが5年間で300人を超える合格実績を出している。 とくに灘は医学部の中でも最難関の東京大学と京都大学の合格者が多く、2018年は両校合わせて37人が合格。 同年の灘の全国公立大医学部合格者数の4割近くを占めている。

次の

都立富士高校の進学実績

前橋 高校 進学 実績

ダイレクトメールやチラシもしかりです。 ここではその合格実績なるものを俎上に乗せて考えてみましょう! 下の2つの表は両方共今年の当塾の実績です。 左が見慣れた合格実績、右は進学実績です。 違いは何かと言うと合格実績には滑り止めの高校の合格も入っているからです。 特に熊谷高校や群馬高専・熊谷女子高校といった最難関校を狙う成績上位者は入試の倍率も高いので安全を見てたくさん滑り止めも確保するのです。 そのため見栄えの良い合格実績になるのです。 保護者の方はたくさん教室がある中で他教室の上位の成績優秀者が一人で何個も稼いだ合格実績をみせられて、あたかも自分の子供も同じような成績になれると勘違いさせられているのではないでしょうか?見る人の錯覚を利用するような手段は当塾のポリシーにあわないので、数年前から3月の広告では全員の進学実績を載せるようにしました。 また私達は基本的には入塾試験を科しておりません。 ですから、標準的な生徒が集まって、大地学習塾はこの進学実績になるのです。 私立高校はもとより公立高校も各種のデーターにおいて合格実績しか明示しません。 以前、私立高校にお願いしたときも『データーとして明示できない』との答えでしたし、県立高校も受験生向けの資料に出ているものはすべて合格実績です。 でもそれでは本当の力量がわかりません。 ですから当塾では卒塾生に頼んで県立高校の在校生向けの資料を見せてもらったり、私立高校の校内に張り出してある合格者名から重複を除いて数えたりして進路相談の資料としているのです。 また、卒塾生のネットワークや私立高校の先生から伺った話では、一部の大手の塾や私立高校では広告塔である合格実績をあげるために受験生の意志を無視してたくさんの学校を受けさせたり、中には塾や高校が受験料を負担して受験させているところまであると聞きました。 それでは誰のための受験か分かりません。 私達はそのようにふくらませた合格実績では、大切な進路を見誤ると考えています。 それゆえ自分の塾の進学実績も公開しているのです。 そのような観点で、他の塾のホームページと見比べてください。 いかに私達が自信を持ってデーターを開示しているかわかっていただけると思います。 ただ、私立は単願か併願かによっても難易度が違います。 更に詳しいデーターをご希望の方はご連絡下さい。 また、下には過去3年間の合格実績・進学実績も載せましたのでご覧になってください。

次の