エクセル プルダウン 作成。 プロのエクセル活用術「プルダウン」作成・活用術【サンプル付】

Excel(エクセル)でプルダウンリストを作成する方法

エクセル プルダウン 作成

Q.エクセル初心者です。 入力規則でドロップダウンリストに空欄を作りたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか。 A.入力フォームなどを作成していて、入力される値が決まっているものには、複数の候補から選ぶだけの入力規則のリストという便利な機能があります。 ドロップダウンされた候補から選ぶだけなので、手間が省けるうえ入力ミスもなくなります。 さて、ご質問では「その他」という選択肢ではなく「空欄」も候補に加えたいということですので、簡単な方法をご紹介します。 例として図1のように「コース選択」をドロップダウンさせてみました。 図1 「エクセル2007」「エクセル2010」「エクセル2013」です。 この下に空欄を表示させます。 データタブ「データツール」グループにある入力規則をクリックするとデータの入力規則ダイアログボックスが表示されます。 入力値の種類から「リスト」を選び「元の値」には図2のように選択肢を半角カンマで区切って入力します。 図2 そして空欄ですが、全角でスペースを挿入します。 半角ではなく全角です。 ドロップダウンリストに空欄ができました。 図3 または、別のセルに項目欄下に空欄セルも含めたリストを作成し、範囲選択で指定すれば空欄もドロップダウンリストに入ります。 図4 さらに、ご使用予定のリスト範囲を、数式タブ「定義された名前」グループにある「名前の定義」機能で指定すれば、今後増えていく可能性があるものにも自動的に対応できます。

次の

【エクセル時短】ドロップダウンリストの項目を追加・編集するには? 元の作成方法に合わせて対処しよう

エクセル プルダウン 作成

スポンサードリンク 入力規則の「リスト」を使う• ドロップダウンリスト プルダウンリスト から選択するため、入力の間違いが少なくなります。 入力する字句を覚えておく必要が無くなります。 Excel2007以降では別シートのセルを直接参照できるようになりました。 ただし、Excel2010で設定したファイルをExcel2007以前で編集すると入力規則が消えるケースがありますのでご注意ください。 関連事項• リストの数が少ないときは入力規則のダイアログで直接入力しておく方法が使えます。 リストのデータ数が多いときはシートでデータを書き出してセル参照する方法が適切と考えます。 設定手順• 入力規則を設定するセルを選択します。 [データ]タブの「データツール」グループにある[データの入力規則]を実行します。 入力値の種類で「リスト」を選択します。 元の値に「野菜,肉,果物」と「,」カンマ区切りで値を入力します。 ここでは「" ダブルクォーテーション 」でくくる必要はありません。 「ドロップダウンリストから選択する」はチェックが入った状態にします。 このチェックが入っていないと、ドロップダウンリスト プルダウンリスト が表示されません。 A2セルへ入力規則のリストが設定されました。 B2:B13」のように入力することで、「Sheet2! 」と他のシートを参照できるようになりました。 従来のようにセル範囲に定義した名前を利用することもできます。 エクセル2010からはダイアログボックスから別シートのセル範囲を選択して指定できるようになっています。 操作手順• 入力規則の「リスト」で表示するデータを入力します。 下図はSheet2のC3:C11に入力した例を示しています。 入力規則を設定するセルを選択します。 この例ではSheet1のA1セルを選択しています。 [データ]タブの「データツール」グループにある[データの入力規則]を実行します。 入力値の種類で「リスト」を選択します。 「空白を無視する」にチェックが入っているのを確認します。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っているのを確認します。 Sheet1のA1セルに入力規則のリストが設定されました。 「空白を無視する」とは? リスト範囲に空白セルが含まれているおり、元の値で名前を利用している時に違いが出ます。 Sheet2! このセル範囲のC5セルは空白 未入力 になっています。 「空白を無視する」にチェックが入っています。 リストに無いデータを入力することができます。 下図では「りんご」と入力できた例です。 「空白を無視する」にチェックを外すと・・・・「りんご」と入力すると・・・メッセージが表示され、入力ができません。 「ドロップダウンリストから選択する」のチェックを外すと・・・? セルを選択してもドロップダウンリスト プルダウンリスト が表示されません。 リストからの選択ができなくなってしまいます。 従来と同じように リスト範囲に名前を定義しても、別シートのリストが利用できます。• 別のシートのリストに名前を付けておき、「元の値」に名前を指定します。 Sheet2! のC3:C11にデータを入力し、C3:C11を選択して名前ボックスに「野菜」と入力しました。 Sheet1のA1セルをクリックしてアクティブにします。 [データ]タブの[データツール]グループの[データの入力規則]を実行します。 「入力値の種類」で「リスト」を選択します。 または、 「元の値」の欄をクリックし、[F3]キーを押します。 『野菜』を選択し、[Enter]キーを押します。 [データ]タブの[データツール]グループにある[データの入力規則]を実行し、[設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。 [詳細設定]を選択し、「オブジェクトの表示」で「すべて」にチェックを入れます。 スポンサードリンク |||データの入力規則でプルダウン ドロップダウンリスト を作成する.

次の

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

エクセル プルダウン 作成

こんにちは、管理部のゆりえです。 梅雨が明け、急に暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか。 水分補給をしっかりして熱中症には気をつけてくださいね。 体が資本です。 さて、今回はエクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリストとも言います)の作成方法をお伝えします。 プルダウンリストのメリット 簡単な項目の場合、手入力をしたりコピー&ペーストすればいいのに、なぜプルダウンリストを使うのでしょうか。 その理由は、こんなメリットがあるからです。 入力ミスがゼロになる すでに決まった項目の中から選ぶため、タイプミスや変換ミスなどの入力ミスをなくすことができます。 入力時間を短縮できる 都度手入力すると、入力ミスを修正したり、内容を思い出したりと、意外と時間がかかります。 プルダウンリストをクリックして選択するだけだと、時間短縮になります。 表記を統一できる 半角・全角、スペースなど表記を統一することができます。 「引っ越し」と「引越」などのような表記のゆれも、プルダウンによって防ぐことができます。 集計がしやすくなる 表記を統一していることで集計が格段にやりやすくなります。 また、リスト以外の項目を想定する必要がなくなるため、レポートなどの設計が簡単です。 こんなときに便利! プルダウンリストを使うと、いろいろと効率化できます。 たとえば私は人事なので、LIGのメンバーの名簿を作成しよう!と思って以下のような情報をまとめるとします。 名前 そめひこ 性別 男 役職 人事部長 このとき、性別は「男」「女」の2つだけなので、プルダウンリストにして2種類から選択できるようにすると入力が楽ですね! 「役職」についても、「性別」より種類が多く都度入力に手間がかかるため、リスト化することで更に効率が上がります。 プルダウンリストから選ぶことで、「あの人、人事部長だっけ人事マネージャーだったっけ」といった私の最近の悩みも解消することができます。 また、同じ答えでも「男」「男性」「MEN」「male」などさまざまな表現方法がありますが、同じ名簿の中で表現方法が異なっていると判別しづらいですし、集計をするときに難しくなりますよね。 それが、プルダウンリストから選ぶことで、 表記が統一され、集計のときにリスト以外の情報を排除して考えることができます。 それでは、実際にプルダウンリストを作成してみましょう。 プルダウンリストを作成する たとえば、こういう感じの名簿を作成するとします。 このシートで「性別」と「役職・職種」をプルダウンリスト化して、入力時の効率をUPさせましょう! 「データの入力規則」を設定する プルダウンを適用させたいセルを選択します。 リボンの「データ」タブを選択し、「データツール」エリアの「データの入力規則」をクリック、「データの入力規則…」を選択します。 すると、「データの入力規則」ダイアログが表示されます。 ここで、プルダウンリストの設定ができます。 ダイアログの「設定」タブで、「入力値の種類」のプルダウンから「リスト」を選択します。 (「リスト」以外の項目はプルダウンではなく、数字や日付などの入力ルールを設定できます。 ) 「元の値」の中に、プルダウンリストに表示させたい項目を「カンマ」区切りで入力します。 今回の場合は「男,女」となります。 ここをクリックし、無事「男」「女」のリストが表示されたら、プルダウンリストの作成が完了です。 プルダウンリストを使って「性別」欄を埋めることができました。

次の