ヤミ キューブ。 ルービックキューブ

藤木直人の立体パズルって?!あさイチでルービックキューブ完成動画あり!攻略法も!

ヤミ キューブ

さっそく揃え始めたいところですが、まずは揃え方の骨組みを理解しよう。 重要だよ! CFOP法 LBL法 を使うのが最適解 ルービックキューブの解法が確立した現在、世界的に最もメジャーな解法は「 CFOP法」という解き方です。 LBL法とも言います。 このCFOP法は4つの工程で構成されており、 それぞれの工程名の頭文字を取ってCFOP法と呼ばれています。 各工程をクリアするためには、 合計で119種類もの回し方のパターンを暗記する必要があります。 全体図 工程名 暗記の種類 Cross 暗記不要 F2L First Two Layer 41パターン OLL Orienting Last Layer 57パターン PLL Permuting Last Layer 21パターン 初心者の人がいきなり119パターンもの回し方を暗記するのはハードルが高すぎます。 なので「 CFOP法」から暗記する量を極力減らした「 初心者向けCFOP法」という解き方をご紹介します。 その初心者向けCFOP法は 7つの工程で構成されています。 初心者向けCFOP法でルービックキューブを揃えられるようになれば、暗記量を増やして 本来の「CFOP法」に移行することも可能です。 このような回転記号の並びを見て「 どの面をどの方向に回すのか」を理解きるようになると暗記が捗ります。 というか必修科目です。 下図の通り、各面の呼び名は、英語表記の頭文字を取っているだけなので覚えるのは簡単です。 「 手前の面を回すのがFという記号」だと思って下さい。 次に「 Rの面」を例に挙げて、4種類の回転記号の意味を説明します。 クロスを揃える 暗記は不要です。 下図のように、入れたいスロットの真上にターゲットのキューブを持ってきます。 「白青赤」のキューブを、入れたい場所の真上に持ってきます。 このポジションに持ってこれたら、 右トリガーという回し方を使います。 右手でトリガーを引く動作に似ています。 この動画では6回連続で右トリガーをしています。 次項では左手版の左トリガーも出てきます。 中段を揃える 中段の4つのエッジを揃えます。 先ほどの右トリガーのように、 決められた位置から狙った位置にキューブを入れ込む回し方があります。 下図の通り「 青赤」のキューブを左から中段に入れたい場合と、右から中段に入れたい場合の2種類の暗記が必要になります。 上段の「青赤」はセンターの色と合わせる必要があります。 まずは左から落とす方法です。  上面十字の回し方を実施する前に注意点があります。 それは上面の向きをどのように持って回すかということです。 上面の黄色がこの向きになるようにルービックキューブを持ち直してから回してください。 最大で3回繰り返す必要があり、最終的に上面十字が出来上がります。 上面を黄色に揃える 少し手順は長いですがトリガー系なので覚えやすいです。  回し始める時の上面の黄色の向きを確認して下さい。 上面の黄色がこの7種類のどれかの位置にくるようにルービックキューブを持ち替えてから回し始めます。 上段のコーナーを揃える まずルービックキューブを持ち替えます。 1つの面に同じ色のコーナーが2つ存在する面を左側に向けます 無い場合はそのままでOK いよいよ出てきましたね「Tパーム」が! 最初は何じゃこりゃー!! って感じかもしれませんが、回し慣れるととても回しやすくて気持ちいい14手だということが分かってきます。

次の

藤木直人の立体パズルって?!あさイチでルービックキューブ完成動画あり!攻略法も!

ヤミ キューブ

例えば、安定感評価の全平均が5で、レビュアーAによる安定感評価の平均は7だったとします。 この場合、レビュアーAの安定感評価はおよそ2ずつ下方修正されます。 この補正により、全レビュアーの評価尺度を近づけています。 レビュアーからのコメント 総合評価 88. 2 開封直後は動きが硬く、いつもの安かろう悪かろうのキューブかと思っていたが、ネジを思い切って緩めてからは一気に好印象に転じた。 エントリーモデルは初期状態が最適化されていないことがあるので気をつけたい。 Valk Eliteよりも高評価をつけたのはコストパフォーマンス的な意味ではなく、単純に性能が高いと思ったからだ。 回転の""足""がやや膨らんでいることから全体的にバランスが取れた安定感を与え、かつQiYiらしい直線的な回し心地はちゃんと残している。 センターキャップが取れやすいのが残念で、こういった細かい部分が省かれているのは価格相応か。 総合評価 86. 7 コストパフォーマンス最高です。 こういう書き方をすると「値段にしてはってこと? 」と感じる方もいらっしゃると思いますがフラッグシップに全く引けを取らない出来です。 開封直後はネジがきつく締まっていたので緩めると回しやすくなります。 始めたばかりで自分の好みがわからない、安く済ませたいという人はこれを選んでおけば間違いないです。 総合評価 84. 5 QiYiの廉価版マグネット入りキューブだがコストパフォーマンスは抜群。 強めのクリック感が特徴で、カラカラと軽快に回ってくれる。 安定感、柔軟性、耐久性、どれをとっても特に悪い部分が見当たらない。 強いて言えばコーナーカット性能がわずかにValk 3 Eliteや他社フラッグシップに劣るという印象だが、気になるほどではない。 マグネット入りキューブのエントリーモデルとして当分の間、高い地位を維持することになるだろう。 「高価格帯フラッグシップは手が出ないがそれなりの性能のマグネット入りキューブが欲しい」という方にオススメだ。 総合評価 80. 4 Thunderclapシリーズの新作が久しぶりに発売されました。 この価格帯でこの完成度はすごいの一言です。 力強くキューブを回すタイプの人に合う、ガシャガシャとした回し心地です。 各メーカーのフラッグシップモデルと比較しても、回転の軽さや耐POP・ピボット性能では引けを取っていません。 安定感と柔軟性に少し難がありますが、しっかりホールドし丁寧に回すことを意識すれば、回転が軽いこともあって気持ちよく回すことができます。 「一昔前のフラッグシップモデル」という表現がぴったり合うかもしれません。 総合評価 79. 2 一つぬきんでた特長があるわけではないが、安定して良キューブという印象だった。 内部構造も洗練されていて落ち着いた回し心地を作り出している。 総合評価 79. 0 回転の重さや速く回した時に暴れる点については安っぽさを感じるが、この価格にしては充分な性能だと言えるコスパ最強モデル。 思いっきり回してもピボットしそうでしない安定感を持っており、ネジを緩めても回転は若干重く感じるが、大会での緊張による手の震えや力みと上手くバランスが取れそうなキューブだ。 総合評価 75. 0 重量が重く、持った時にずっしりとした感じがある。 また回転も重めかつ安定感重視の構造であり、手順を正確に回すタイプのプレイヤーや、力を入れて回すタイプのプレイヤーにはかなり向いていると言える。 逆に近年のトップ層には向かないだろう。 ステッカーレスパズルにはステッカーが無いため、表面には無数の擦り傷があります。 また、別の色のプラスチックなど不純物が混入したパーツが高い確率で使用されています。 triboxでは以下のような不良のあるパーツを弾き、交換してからお客様にお届けしております。 ・通常の使用ではつかないような大きな傷がある ・パズル表面に不純物が露出している 写真上段 ・明らかな色ムラがある 写真下段 ・外観または回し心地からわかる成形不良がある この中に、細かな表面の傷は含まれておりません。 細かな表面の傷が無いパーツはほとんど無いため、価格が数十倍になってしまうためです。 この点ご理解頂ける場合のみお買い求め頂ますよう、お願い申し上げます。 磁力無しには戻れない!? 私の手持ちキューブで言うとTangLongに近く感じます。 普段のメインキューブはGAN356airで滑らかスムースなんですが、真逆です。 ただ、いきなりパーソナルベストタイムが出ました! 力強く回すタイプの人には合ってると思います。 しばらくメインで使おうかな。 変換ミスです。 チーイーの神! とにかくコスパが最高でもう以前のキューブに戻れないキューブだと思った。 感動した。 ただ、私の場合回している時にキューブがグシャッと崩れることがあります 回すのが下手なだけかもしれませんが。 なので安定感は少し劣っている印象があります。 もともと回転が軽いので、回転を安定させる潤滑剤 speedyなど を注すと良いでしょう。 僕はキューブの評価を上げている動画を見て購入しました。 初心者は、いきなりGAN356XSのような高値のキューブはあまり買いたくないため、いいと思います。 実際、他の同じ値段のキューブと性能を比較してみると、コーナーカットがずば抜けていることがわかりました。 これは1300円では安すぎる、コスパ最高のキューブです。 ただし、 これは競技用キューブに一貫して言えることですが Tパームなどの時、きっちり回さないタイプの人は回転記号Fのあたりにキューブが変に回って訳が分からなくなったりすることがあったり、サブキューブが外れたりすることがありますね。 コスパ最強! キューブの中でも群を抜いている気がします。 同じ価格帯のguhongV3Mなどもお勧めだと思いますが、商品ページにもあったように、クセが強いので、安全? なのはサンクラですね。 タイトルにもあるように、初心者の方から上級者の方にもお勧めだと思います。 コーナーカット、耐ピボット性、耐ポップ性、共にGood!! サンクラの特徴:少し音が大きい、磁力が強い、直線的• どんな人にもお勧めできます。 ロゴがシール式です。 つまり剥がすだけで目隠し競技に対応できます。 最近のキューブはロゴがプリントされているので、目隠しをしようとすると研磨剤等で削り落とす必要がありますが、そういったことは不要です。 メインキューブ DaYan TengYunを使っています はロゴを落とそうか悩みましたが、価格の安さから遠慮なく? ロゴを落とせます。 今後再購入の機会がありましたら、番号をふって実際に挑戦してみようと思います。 低価格帯キューブを淘汰・一掃する良キューブです。 さすがQiYiといったところです。 内部構造はYJ YuLong V2に近く、コーナーパーツ接地面の溝、エッジパーツ内部からセンター下に潜り込む出っ張り、磁力の強さなど似通った部分も多いですが、こちらの回転の方が柔らかく感じまして非常にスムーズでした。 上記2種で『「良さの中にも安さが見え隠れする」という格安キューブの特徴が一切ない』と評しましたが、こちらもそこからさらに内部を洗練させたような、非常に気持ちのいい回し心地でした。 もう少し磁気が弱い方が好みですが、重すぎるわけではありません。 上記2種より蓋が外れにくくなっているのも嬉しい。 コーナーカットも広く、それでこの値段となると、同価格帯のキューブ群に加え、「もう少し出してこっちを買おう」と格安キューブ群も淘汰・一掃されるくらいのキューブです。 入門者はこれで間違いないと断言できます。 Valk3を持っていないのでそちらとの比較も聞いてみたいです。 十分メインになるキューブです。

次の

所持キューブ紹介

ヤミ キューブ

ほええぇぇえ……色んな世界があるんですねぇ……。 ここで初心者向け簡単レクチャー すごすぎる話ばかり出てきたが、読者の中には「1面揃えるのもよく分からない」という人も多いと思う。 初心者に向けの1面揃える方法ぐらいなら私にだって教えることはできる……! という訳で、簡単にレクチャーしてみよう。 まず、揃えたい色を上の真ん中に持ってくる。 青を揃えようとしてみる つぎに側面。 両脇を回転させてみよう。 いくつかは簡単に上面にくるブロックがあるはず。 簡単に揃えられるところから揃えていく 回転させると、こっちにも青があったので、上に持ってくる 次は「どうやってこの状態を崩さず残りの色を移動させるか」だ。 ひとつずつ「どのブロックをどこへ移動させたらいいか」を考える。 このブロックをこの目的地に持って行きたい 移動するブロックを一度退避させてから、目的地へ持っていく そこそこ揃ってきた あとは逃がしたり戻したりしてるうちにだいたい揃う。 もし逃がしたときに上の面が崩れてしまう場合でも、一度別の場所に移動させればなんとかなる。 「揃えようとしている上の面」を崩さないようにしつつ• ひとつずつ、退避させつつ移動させる ものすごく初心者向けはこんな感じかなぁ、というのが個人的見解だ。 自分の苦手箇所をレクチャーされたい 冒頭にも書いたが、私はルービックキューブがまあまあ得意ではある。 このぐらいであればすぐに揃えられる。 ここまではくる けど、ここから先はやり方がよく分からない。 いつもなんとなく回してるうちに、運よくすべての面が揃うこともあるが、何分もかかる。 そもそもこのサークルを見学させてもらうことにした動機は「数秒で揃えるやり方が分からないので、レクチャーしてもらいたい」だった。 攻略サイトを見たことは何度かあるが、なんだかよく分からず、すぐに「もういいや!」となる。 手っ取り早く教えてもらいたいのだ。 最後のほうまではすぐに揃えられるんですよ…….

次の