サッカー トレセン。 トレセン

小中学のサッカーの県トレセンのスタッフにお聞きしたい。トレセンとはどん...

サッカー トレセン

トレセン制度 日本のユース育成の中心的役割を果たしているのが「トレセン制度:ナショナルトレーニングセンター制度」です。 「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表選手となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い指導を与えること」を目的に始まったこの制度は、男子ではすでに25年を経て(女子は2005年度より本格的整備が開始)、さまざまな変革を行いながら、組織的にも活動内容においても充実したものとなり、トレセンを経験した選手から各年代の日本代表選手の多くが選出されるようになりました。 トレセンでは、チーム強化ではなく、あくまでも「個」を高めることが目標です。 世界で闘うためには、やはり「個」をもっともっと高めていかなくてはなりません。 レベルの高い「個」が自分のチームで楽にプレーができてしまって、ぬるま湯のような環境の中で刺激なく悪い習慣をつけてしまうことを避けるために、レベルの高い「個」同士を集めて、良い環境、良い指導を与えること、レベルの高い者同士が互いに刺激となる状況をつくることがトレセンの目的です。 テクニックやフィジカルの面から、その「個」のレベルに合ったトレーニング環境を提供することは、育成年代において非常に重要な考え方です。 ナショナルトレセン概要 「トレセン制度」の中核を形成する「ナショナルトレセン」は、各地域から選抜された選手たちにより良いトレーニング環境を与える強化育成の場であるとともに、指導者のレベルアップの場でもあります。 1996年度より情報発信・共有化の機能を高めるために大会形式から研修会形式に変更し、「世界」を基準に抽出された「日本サッカーの課題」から各年代に応じたテーマを設定し、その課題を克服するためのトレーニングやレクチャーを行っています。 また、各地域トレセン指導スタッフや、並行開催される指導者講習会に参加する指導者の方々へ、テーマ・トレーニングキーファクターを明確に示すことにより、各地域・各都道府県トレセンの選手たち、グラスルーツのチームの選手たちにも情報・知識が伝達されていきます。 「ナショナルトレセン」を発信源として、強化・育成のベースが構築されているのです。

次の

新潟県のサッカーやトレセン事情「資料」

サッカー トレセン

新潟県の食 新潟県には、米を始めとして、果実の「ル レクチエ 西洋なし 」、野菜の「新潟茶豆」、「にいがた和牛」等の農畜産物や「佐渡寒ブリ」などの水産物に代表されるように、良質でおいしい農林水産物がたくさんあります。 しかし、首都圏に目を向けますと、「コシヒカリ」を除いては、全般的に知名度が低い状況にあります。 総人口は200万人の都市、サッカーの区分けは北信越となっています。 人口密度 県内順位 都市 地域区分 人口 県内順位 都市 地域区分 人口 1 新潟市 下越地方 800,582人 6 柏崎市 中越地方 83,826人 2 長岡市 中越地方 269,508人 7 燕市 中越地方 77,915人 3 上越市 上越地方 191,835人 8 村上市 下越地方 59,137人 4 三条市 中越地方 96,482人 9 南魚沼市 中越地方 56,689人 5 新発田市 下越地方 96,267人 10 佐渡市 佐渡地方 54,126人 新潟県のサッカー Jリーグクラブは1つありアルビレックス新潟を要する県です。 新潟のトップチームであるアルビレックスは2017年にJ2に降格しました。 育成組織のチーム数は多く、年々サッカーでは酒井高徳をはじめ、Jリーガーやその下の年代を含む多くの優秀な選手を輩出しています。 北信越のサッカー不毛の地に終止符をうつことができるか注目です。 新潟県のサッカーに関する記事 新潟県トレセンの事情 JFA公認による新潟県が管轄している各年代のトレセンは下記のとおりです。 地区トレセン、県トレセン、地域トレセンなどに関わっています。 JFAトレセン新潟U-11新潟東• JFAトレセン新潟U-12新潟東• JFAトレセン新潟U-11新潟中• JFAトレセン新潟U-12新潟中• JFAトレセン新潟U-11新潟西• JFAトレセン新潟U-12新潟西• JFAトレセン新潟U-11上越• JFAトレセン新潟U-12上越• JFAトレセン新潟U-13上越• JFAトレセン新潟U-14上越• JFAトレセン新潟U-15上越• JFAトレセン新潟U-11下越• JFAトレセン新潟U-12下越• JFAトレセン新潟U-13下越• JFAトレセン新潟U-14下越• JFAトレセン新潟U-15下越• JFAトレセン新潟U-11中越長岡• JFAトレセン新潟U-12中越長岡• JFAトレセン新潟U-13中越長岡• JFAトレセン新潟U-14中越長岡• JFAトレセン新潟U-15中越長岡• JFAトレセン新潟U-13新潟• JFAトレセン新潟U-14新潟• JFAトレセン新潟U-15新潟• JFAトレセン新潟U-13中越県央• JFAトレセン新潟U-14中越県央• JFAトレセン新潟U-15中越県央• JFAトレセン新潟U-13中越柏崎• JFAトレセン新潟U-14中越柏崎• JFAトレセン新潟U-15中越柏崎• JFAトレセン新潟U-13中越魚沼• JFAトレセン新潟U-15中越魚沼• JFAトレセン新潟U-11魚沼・柏崎• JFAトレセン新潟U-12魚沼・柏崎 新潟のトレセン実績 3種、4種のトレセンの実績は下記のとおりとなります。 新潟主な大会 更新・整理中 新潟県のサッカー強豪高校 更新・整理中 新潟県のチーム アルビレックス新潟 グランセナ新潟 エボルブ新潟 長岡ジュニアユース 長岡ビルボード 更新・整理中 新潟のサッカーJリーガー サッカー• 相澤貴志(元徳島ヴォルティス):新潟市• 秋山隆之(元名古屋グランパスエイト)• 阿部航斗(筑波大学蹴球部)• 有田光希(愛媛FC):新潟市• 有田光成 元藤枝MYFC):新潟市• 石川慧(栃木SC):新潟市• 大野和成(湘南ベルマーレ):上越市• 川口信男(元FC東京):三条市(出生地は加茂市)• 神田勝夫(元アルビレックス新潟):新潟市• 小塚和季(大分トリニータ):見附市• 古俣健次(元アルビレックス新潟):新潟市• 小林浩孝(元ジェフユナイテッド市原):新潟市• 酒井高徳(ハンブルガーSV):三条市• 酒井高聖(元アルビレックス新潟):三条市• 酒井宣福(大宮アルディージャ):三条市• 齋藤恭志(元グルージャ盛岡):新潟市• 斉藤匠(元FC琉球):長岡市 旧・三島郡与板町• 清野智秋(元コンサドーレ札幌):阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町)• 高橋聡(元横浜FC)• 田中亜土夢(セレッソ大阪):新潟市• 近嵐大地(コバルトーレ女川)• 弦巻健人(元松本山雅FC)• 長谷部彩翔(元アルビレックス新潟):新潟市• 藤田和輝(アルビレックス新潟)• 本田圭佑(東京武蔵野シティFC):新潟市• 本間勲(元アルビレックス新潟):胎内市(旧・北蒲原郡中条町)• 本間至恩(アルビレックス新潟)• 野本安啓(元V・ファーレン長崎):新潟市• 丸山晃生(ブリオベッカ浦安)• 柳雄太郎(Y. 横浜)• 山崎亮平(柏レイソル):南魚沼市(旧・南魚沼郡大和町)(幼時に千葉県へ転居)• 吉田正樹(元横浜FC):新潟市(旧・中蒲原郡横越町)• 渡辺泰広(ブラウブリッツ秋田):新潟市• 谷内田哲平(京都パープルサンガ):長岡市 フットサル 佐藤亮(元シュライカー大阪・元フットサル日本代表):長岡市 ビーチサッカー 亀崎鮎太(2007FIFAビーチサッカーワールドカップ日本代表) 参考.

次の

トレセン

サッカー トレセン

「日本サッカーの強化、発展のため、将来日本代表選手となる優秀な素材を発掘し、良い環境、良い指導を与えること」を目的に始まったこの制度 より引用 数多くあるチームから上手い子を選出して育てるための制度ですね。 トレセンってどんなことするの? 地区によっても異なるかと思いますが、僕の地区のことを書きます。 トレセンは月に1回か2回くらい集まって練習をし、稀に対外試合もあります。 指導者もどこかのチームから選ばれたボランティアコーチの人が担当しております。 地区によっては選考会とかもあるようですが、僕の地区はチームのコーチが決めた子が行くことになっています。 基本的には個々の技術の向上を目的として地区のチームから何名かずつ選ばれた子が集まってきます。 公式戦や招待試合の会場で仲良く喋ったりもできますし、交流の輪が増えますね。 小学生だけでなく、中学校や高校に進学した際に同じ学校になったりすることもあります。 更に言うと、それぞれのチームから技術の高い子が選ばれて参加することが多いため、所属チームでの練習よりレベルの高い内容の練習ができます。 そのテストの際に「トレセンに選出されていた」との文言があることはステータスになります。 ただ、技術が伴っていない場合はマイナスになることも・・・。 精神論ばかり言うコーチ、サッカーの基本的な動きを理解していないコーチなど、指導者として「???」なコーチも中にはいるので、どんなコーチが担当になるかは運としか言えないですかね。 チーム練習の後に現地への送迎をしたり、試合会場へ連れて行ったり、所属チームに加えてトレセンの対応が増えますので、そこも踏まえてトレセンに参加するか決めた方が良いかと思います。 同じチームから何人かいる場合は保護者同士で協力しながら参加するのも良いかと思います。 普段とは異なるチームメイトとサッカーをするのが苦手な子もおります。 そのような子に無理矢理参加させると、子ども自身が苦しい思いをしなければなりません。 コーチからの推薦があった際は、本当に参加したいかどうか、トレセンがどういったものなのかをしっかりと子どもに説明した上で決めるのが良いでしょう。 僕の経験から 僕自身も小学生のときに地区トレセンに参加しておりました。 トレセンに行きたかったか行きたくなかったかと問われると、自信を持って言うことが出来ます。 「行きたくなかった!」と 笑 僕はあまりコミュニケーションが得意じゃなかったので、他のチームの子と一緒にサッカーをしたり、単純に友達になるのが苦手でした。 所属しているチームだとできるプレーも、トレセンだと周りの選手のことを気にして出来なかったりもしましたし。 更に担当コーチが怖い人で、月に1回練習会があったのですが、毎回行くのが憂鬱でした。 でも悪いことばかりでなく、練習自体は自分にプラスになるものでしたし、トレセンで一緒だった子と一緒の高校でサッカーができたり、トレセンに選ばれて良かったこともたくさんあります。 最後に 自分の子どもがトレセンに推薦された場合、子どもが本当に参加したいかどうかを確認してから返答してあげてください。 保護者がどうしても行かせたいから参加させると、苦しい思いをするのは子どもなので。 トレセンのことがよくわからない場合は、チームのコーチに詳しく聞いてみてください。 子どもにとって良い選択をしてあげられると良いですよね。 コメントを残す メールアドレスが公開されることはありません。 最近の投稿• 2020年4月15日• 2020年4月13日• 2020年4月11日• 2020年4月9日• 2020年4月8日 カテゴリー• 7 アーカイブ• 5 最近のコメント• に ドラリ~ニョ より• に チューリッブ より• に ドラリ~ニョ より• に ドンドン より リンク.

次の