スクスタ sp特技 演出。 【スクスタ】ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS ☆115

スクスタ 特技

スクスタ sp特技 演出

27人のきらきら輝く少女たちを, 一番近くで応援する。 ライブをRPGのように攻略していく, 最強で最高のアイドルゲーム。 スクールアイドルみんなの文化祭に向けて, あなたと叶える新しい物語。 そんな志しを胸に,スクールアイドルプロジェクト 「ラブライブ!」シリーズが新たに打ち出すスマホゲームが,このスクスタことだ。 本作は,ブシモが2019年9月26日に配信するリズムアクションRPGで,作中にはプロジェクトの立て役者,太陽のように元気いっぱいの,新進気鋭の(虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会)のスクールアイドルが登場し, 既存のTVアニメシリーズとは異なる世界観で,まさにオールスターな物語がくり広げられる。 さらに,高品質な3Dモデルを用いたライブパフォーマンスや, ノーツを叩くとスタミナが減る? 無謀な賭けを勝ちにきたリズムアクションなど,ゲームとしての意気込みも万全だ。 本稿ではこれらスクスタの内容を,先日行われた 試遊会での体験をもとにお伝えしていく。 大ボリュームで届けられるこの新規ストーリーは, サンライズによるプロデュース・監修のお墨つきで展開されるものだ。 ストーリーは完全フルボイス。 イベントスチルも用意されている あなたとスクールアイドルたちの物語は,ニジガク同好会の立ち上げからはじまる。 ここに所属する9名の少女は,同じグループの仲間だが, 活動区分やその目的がそれぞれ異なるという,一風変わったものだ。 これまでifとして想像するしかなかった組み合わせ,かけ合いも含め,シリーズファンなら必見だ。 原作時間軸が馴染み深くても,プレイ後,胸に聞いたら「YES!! 」と答えるだろう。 またメインストーリーだけでなく,各スクールアイドルに焦点を合わせた 「キズナエピソード」や,彼女たちを育成すると開放される 「サイドエピソード」なども存在し,これらもすべてフルボイスで楽しめる。 ホーム画面からはストーリーやライブ,育成やガチャにアクセスできるほか,スタミナや有料通貨などの表示が。 「お気に入りのキャラクター」を設定すれば,その子をタップしてキズナを深められるようだ。 スマホゲームの作りとして煩雑さを感じることはなく,誰でも問題なく遊べる出来だ。 ただし,リズムアクション面に関してはリズムゲームに慣れている人にとっても, なかなかの新機軸が用意されている。 ただし,一般的なリズムゲームとは異なる,かなり奇抜なシステムが採用されている。 ライブが始まると画面内にタップ,ホールド,フリック,同時押しなどのノーツが流れてくる。 レーン式ではなく,画面全体を活用するスタイルだが, ノーツ自体をタップする必要はなく,画面のどこを押してもいい。 判定ラインと重なったタイミングで好きな場所を打鍵しよう。 つまり,楽曲の進行に合わせてノーツを叩いていると,スタミナがなくなっていき,そのままではライブ失敗に終わってしまうのだ。 そのためプレイヤーは, 3つの作戦(編成内の区分け)を切り替え操作しながら,ライブを成功に導いていく。 ボルテージ稼ぎなら「ボルテージ増加」の作戦に,スタミナ確保なら「特技発動率増加」や「ダメージ減少」にと,ライブ中に次々と作戦をチェンジするのだ。 画面左右のアイコンで作戦チェンジ。 ノーツを処理しつつ,状況に応じて作戦も変更しよう。 リズムアクションだけに留まらない,マネジメント力が問われる。 といっても難しすぎることはない。 あなたが応援するから,最高のライブになる。 その気持ちがカギなのだ スクールアイドルたちは各々スキルを保有しており,回復重視でクリアを目指したり,ボルテージ重視でハイスコアを狙ったりと,組み合わせが生まれている。 またライブ中は 「NICEを4回取ろう」などとアピールチャンスが発生することもあるので,特定楽曲の特化編成もありえそう。 なお, 一度クリアした楽曲はオートプレイに対応する。 この場合,いっさい操作せずとも自動でノーツを叩いてくれるので,手軽に遊ぶにせよ,周回するにせよ,個々人のプレイスタイルをカバーできる。 そして,いくつか楽曲をプレイしてみたところ,単に高難度のノーツをさばいていくタイトルよりも,やはり編成方針やライブ中の作戦といった, それこそRPG的要素が印象深かった。 とくに作戦変更はノーツ処理と並行していることで,慣れるとさまざまな遊びが生まれそうだ。 ライブ中にゲージをためると 「SP特技」が発動可能に。 その際,編成したスクールアイドルごとの特殊な演出を見られる 育成面に関しても,経験値を稼いで,スクールアイドルをレベルアップさせて強くする,などといったポピュラーな形ではなく, 素材を消費して強化パネルを開放していくものとなる。 育てていくと個別エピソードや新規衣装がアンロックされるほか,スキルも強化されていくようだ。 ほかにも,9名のスクールアイドルを選んで送り出す 「合宿」では,参加者に新たな 「ひらめきスキル」を覚えさせられるなど,育成要素に横幅が設けられている。 いずれも思考すべき点はあるが,意味が分かりづらいものではないので,ゲームを進めていれば自然と身につくはずだ。 スクールアイドルたちを育てて,最適なメンバーを編成し,最高のライブに臨む。 そうすれば,スクスタのストーリーも進んでいく。 RPG的なゲームサイクル自体が,ラブライブ!らしい物語進行とさえ思える。 当然だが, 魅力的な3Dモデルを使用したライブ演出も見ものだ。 グループを問わない組み合わせ,オリジナルの新規衣装,複雑なフォーメーションダンスなど,見ているだけで楽しめる。 MV(ミュージックビデオ)の鑑賞も可能なので,ローンチ時は「私の考えた最強の組み合わせ」があっちこっちで飛び交うかもしれない。 最後に,今回の試遊会にはニジガクのキャスト陣より, 大西亜玖璃さん, 前田佳織里さん, 村上奈津実さん, 指出毬亜さん, 田中ちえ美さんの計5名が姿を見せくれた。 次いで,スクスタへのそれぞれの想いもコメントをしてくれたので,そちらもあわせて紹介しておこう。 大西亜玖璃さん(上原歩夢 役): 収録は2年ほど前にスタートしていたので,当時のことを思い出しながら,不思議な気持ちでプレイしていました。 ゲーム画面をタップするとメンバーのいろんな反応が見られて,とっても楽しかったです! 前田佳織里さん(桜坂しずく 役): 先ほど,私たちも初めてゲームを遊ばせていただきました。 発表からこれまで,ライブやCDリリースなどで活動させてもらってきましたが,実際にアプリを遊んでみると,クオリティ以外にも新しい発見がありました。 ライブ演出の見応えもあり,多くの方々に楽しんでいただけるゲームになっていますので,ぜひ楽しんでプレイしてもらえればと思います。 村上奈津実さん(宮下 愛 役): 私はスクスタをとおして「ラブライブ!」に関われると決まったときから,このゲームをプレイするのをずっと楽しみにしていました。 今は,早く自分のスマホでもプレイしたい気持ちでいっぱいです。 指出毬亜さん(エマ・ヴェルデ 役): スクスタが発表されてから,この日をずっと楽しみに待っていました。 私たち虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の楽曲もたくさん入っているので,ゲームを遊びながら聴いていただければうれしいです。 田中ちえ美さん(天王寺璃奈 役): 「ラブライブ!」シリーズの楽曲がたくさん入っているので,人それぞれのいろんな楽しみ方がある,そんな新しいゲームに感じられました。 アプリがリリースされたらもっと遊びたいです。 「ラブライブ!」。 この言葉に馴染みのある人には言うまでもないが,中にはこの言葉を聞いたことしかない人もいたかもしれない。 スクスタが配信されたその日。 ゲームを遊ぶかどうするか,それでどうなるかはあなた次第ではあるが,なぜかこの記事をクリックして,本文を読んでみて,ワクワクしたのなら話は早い。 これも縁だと思って,ぜひとも遊んでみてほしい。 出会いってそれだけで奇跡と思うんだよ。

次の

【スクスタ攻略】SP特技について徹底解説!ボルテージ獲得量や効果時間をのばすには?

スクスタ sp特技 演出

2 つまり、センターの3人の アピール値と テクニック値が高いほど獲得ボルテージが増えるわけです。 さらに、テクニック値には 1. 2倍のバフがかかるので、できるだけテクニック値が高いキャラを配置するようにしましょう。 楽曲と属性の同じキャラを配置する 楽曲と同じ属性のキャラをSP特技枠に配置することで、獲得ボルテージがさらにバフされます。 ただ、属性を合わせるためにステータスが低いキャラを選ぶとまったく意味がないので、 テクニック値を重視した上で、属性も一致させるのが理想的です。 SP特技の効果時間(SpecialTime)を伸ばす方法 ここからは、SP特技の効果時間(SpecialTime)を伸ばす方法についてです。 結論から言うと、このSP特技の発動時間は SP特技対象キャラ(真ん中の3人)の レアリティで決まります。 つまり特技発動時間を増やすには、 ガチャでいいキャラを引くしかない! ということです。 ただ、ぶっちゃけこの 特技発動時間は誤差で、コンマ数秒時間が増えたからといってスコアがめちゃめちゃ上がるわけではないので、そこまで気にする必要はないでしょう。 SP特技の効率的な使い方は? SPゲージがたまると、もったいないのですぐ使ってしまいたくなりますが、 SP特技はアピールチャンス開始直後に発動したほうがいいです。 アピールチャンスはかなり獲得ボルテージが多いですし、SP特技を使わないとクリアできないアピールチャンス課題もあるのでアピールチャンス開始直後を狙いましょう。 SP特技の発動回数を増やす方法 ライブの上級なんかをプレイしていると、アピールチャンスまでにSPゲージのチャージが間に合わない曲がたまにありますよね? また、上級者の場合は少しでもSP特技の発動回数を増やしてスコアを伸ばしたいところ。 結論として、SP特技の発動回数を増やすには以下のような対処法があります。 メイン作戦にSPタイプのキャラを編成する• SPゲージを獲得するスキルを持つキャラを使用• SPゲージを獲得するアクセサリーを使用する それぞれくわしく解説していきます。 メイン作戦にSPタイプのキャラを編成する メイン作戦に SPタイプのキャラを編成することで、作戦効果が SPゲージ増になり、SPゲージがたまりやすくなります。 ただ、タイプを意識して編成してしまうと、どうしてもバランスが悪くなってしまうので注意してください。 SPゲージを獲得するスキルを持つキャラを使用 SPゲージを獲得するスキルを持つキャラをメイン作戦に入れることで、圧倒的にSP特技を発動できる回数を増やすことができます。 SPゲージを獲得できるスキルは現在以下の2種類です。 SPゲージ獲得(初期ヨハネなど)• SPゲージ獲得増加(初期海未ちゃんなど) そして、この2つのスキルだと、圧倒的に SPゲージ獲得の方が強いです。 よって、 SPゲージ獲得系スキルのほうが強いということになります。 SPゲージを獲得するアクセサリーを使用する SPゲージに関係するブレスレットは、現在以下の2つがあります。 ブレスレット• イヤリング 結論からいうと、装備するなら圧倒的に ブレスレットがおすすめです。 ブレスレットは、アピール値の2. これに比べて イヤリングは、ゲーム終了まで残りスタミナが多いほどSPゲージ獲得量が増えるスキルを持っています。 よって、装備するなら ブレスレットの方が圧倒的におすすめです。 SP特技演出の変化について【おまけ】 ここからは、スコアなどには関係ありませんが、SP特技の演出に関してです。 すで気づいているかたもいるかもしれませんが、真ん中に編成するキャラによって変化します。 SP特技演出パターンは以下の通りです。 通常演出• ユニット別の演出• 同じキャラ2体でデュオ• 同じキャラ3体でソロ演出• フェス限キャラはさらに特別演出? 特別演出に変わったからといって、スコアが上がるわけではありませんが、押しキャラのソロ演出を見たりするのは最高なのでぜひやってみてください。 まとめ:SP特技は真ん中の3人できまる! SP特技について解説しました。 SP特技の獲得ボルテージや時間を増やすためには、編成時のSP特技対象キャラ枠(真ん中の3人)がとても重要です。 ここにできるだけレアリティが高く、アピール値とテクニック値に優れたキャラを置くようにしましょう。

次の

【スクスタ】ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS ☆115

スクスタ sp特技 演出

・特技でボルテージ増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・高アピでVoを稼ぎやすく2年編成だとさらに強力• ・特技のアピ増加が同作戦で強い• ・パッシブで全員のアピール増加• ・メインでもサブでも役立つ性能• ・特技のVo増加割合が高い• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・クール編成で強力な性能• ・高アピでVoを稼ぎやすい• ・パッシブが同作戦内アピ増加で倍率が高い• ・特技と個性でVoを獲得• ・特技が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・個性の対象も全員アピ増加でどの編成でも役立つ• ・アピールが高め• ・アピ値が高く特技が3年編成で活躍• ・パッシブは全員のアピール増加• ・パッシブでスマイルのアピ増加• ・AC成功時に確率でCRT率アップ• ・1年生&スマイル編成で強力• ・アピールが高くVo稼ぎに役立つ• ・特技のアピール増加が1年編成で強力• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・高アピールで2年編成をすると特技も強い• ・高難易度ピュア曲で役立つ• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・高アピールでSP特技のVoを増やしやすい• ・パッシブの効果がテクニック編成で使える• ・特技でVoを獲得できアピールも高め• ・同属性のアピ増加でクール曲のVo稼ぎで有用• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同学年のアピ増加• ・1年クール編成で活躍• ・個性が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・特技でもボルテージ増加が可能• ・ライブスキル発動でアピ増加• ・特技とパッシブでアピ増加• ・パッシブが全員なのでサブでも役立つ• ・Voでアピ値が高め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・SP特技に特化した性能• ・パッシブは同属性のテク増加• ・アピが高めでテクが上回るのでCRTでVoを稼げる• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・パッシブの同学年アピ増加が2年編成で有用• ・高テクでクリティカルを狙いやすい• ・パッシブで同属性のテク増加• ・特技のSP上昇が高難度曲で役立つ• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・テクが最も高くアピ値も高いのでCRTでVoを稼げる• ・1年編成で強いVoタイプ• ・特技で全員のアピール増加• ・個性2種で1年のアピール増加• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブの同学年テク増加が3年編成で活躍• ・スマイル曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・Voタイプでメイン作戦に役立つ• ・SP獲得増加が高難易度曲で有用• ・AC成功時に確率でシールド獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技と個性でSPゲージを獲得• ・スマイル曲のSP要員として活躍• ・高テクニックでクリティカルを狙える• ・特技で全員、パッシブでスマイルのアピ増加• ・効果解除が一部の楽曲で有用• ・スマイルのサブ編成でも役立つ• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブは同属性のテクニック増加• ・CRTが出やすく個性のSP特技UPを狙いやすい• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは同作戦のテク増加• ・特技で獲得Vo増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・テクの方が高くCRTを狙いやすい• ・トップクラスのテクニック持ち• ・パッシブで全員のテクニック増加も可能• ・サブ作戦でもSP特技発動メンバーには編成するのがおすすめ• ・手持ち次第でピュア曲のメイン編成に• ・SPゲージ獲得に優れた性能• ・パッシブで全員のアピール増加• ・特技でVoを獲得可能• ・ピュア編成のVo要員として活躍• ・特技の同作戦アピ増加が強い• ・パッシブで同作戦のテク増加• ・ピュア編成で特技発動率を上げるときに有用• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ピュア編成のSPゲージ獲得要員として有用• ・特技で全員のVo、個性で全員のアピ増加• ・対象が全員なのでサブや切替作戦でも有効• ・メイン作戦は特技と個性強化後におすすめ• ・アピ値がとても高い• ・特技で全員のアピ増加• ・クール編成なら個性でさらにアピ増加• ・アピよりテクのが少し高くCRTで稼ぎやすい• ・パッシブは同属性のアピ増加• ・クール編成で活用• ・特技のSP獲得が序盤でSP特技が必要なACで役立つ• ・テクニックが高くクリティカルを狙いやすい• ・パッシブの同属性アピ増加がサブでも役立つ• ・特技でSP特技Vo、パッシブでアクティブのテク増加• ・作戦切替の編成でSP特技でのVo稼ぎに有用• ・特技でSPゲージ獲得量上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・SP獲得要員+CRTでアピールを稼げる• ・ナチュラル曲や統一編成のメイン作戦に最適• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・バランスが良いステータス• ・ナチュラル曲や編成でおすすめ• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・特技発動率関連の特技とライブスキル持ち• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・Vo要員がいない時のメイン• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・同作戦が多くメイン向きの性能• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同属性のテク増加• ・SP編成やサブで回復役もこなせる• ・特技でSP獲得&SP特技Voを増加• ・パッシブは自身のテク増加• ・AC成功30%でSPゲージ獲得• ・パッシブが同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・AC時30%で終了までアピ増加• ・個性を強化するとより強力に• ・エレガント曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・特技のSP獲得増加でVoを稼げる• ・特技でSP特技の回転率が早まる• ・アピ値が高いがテクがさらに高いのでCRTを狙える• ・パッシブで同作戦内のテクニックが増加• ・特技でVoを獲得• ・アピ値高めのVoでエレガント曲で役立つ• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・ステータスは全体的に低い• ・パッシブの対象が全員なのでサブ作戦でおすすめ• ・特技で同作戦の特技発動率アップ• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスが低め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・楽曲開始時30%でSPゲージを獲得可能• ・特技でSPゲージを獲得• ・ステータスは低め• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・揃ってないときのメインVo枠としても使える• ・特技で同属性の特技発動率上昇• ・パッシブで全員のアピ増加• ・サブ編成のアピ増加で役立つ• ・特技でボルテージ獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・アクティブのメイン編成でも使える• ・バランスが良いステータス• ・パッシブが同作戦内でテク増加の倍率は高め• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技で同作戦2人の特技発動率を上昇• ・確率でGd切替時回復を大幅強化• ・切替が必要な高難度曲で有用• ・特技でVoを獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスは低いが切替編成のサブで有用• ・特技でアピ、パッシブでテクを全員増加• ・スタミナが高く特技のシールド効果も得やすい• ・パッシブで自身以外のスタミナ増加• ・Skなのでメイン作戦に使いづらい• ・高スタミナで特技の回復量が多い• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・楽曲開始40%でシールド獲得• ・自身でVoは稼ぎづらい• ・高スタミナで特技はシールド獲得• ・ピュア曲で回復が足りないときに有用• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・スタミナが高く特技で回復しやすい• ・個性でも回復やスタミナ増加が可能• ・特技でシールド獲得、パッシブで同作戦内のテクニック増加• ・回復役がいないときや曲の属性に合わせた編成で有効• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技でスタミナを回復• ・パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・特技でシールド獲得、パッシブで全員のスタミナ増加• ・回復役として役立つ• ・テクニックが高いのでクリティカルを狙いやすい• ・高スタミナで回復要員として優秀• ・特技で回復、個性でシールド獲得も可能• ・アピールが低くVoを稼ぎづらい• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・メイン向きだがVoは稼ぎづらい• ・特技のシールド獲得が優秀• ・バランスが良いステータスでスタミナ維持とVo稼ぎが可能• ・特技で回復、パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・高難度ピュア曲の回復役として役立つ• ・特技でシールド獲得• ・パッシブで同属性のスタミナ増加• ・回復要員がいないときのメインorサブで活用• ・特技でダメージを軽減• ・メインはVoを稼ぎづらいのでサブのスタミナ底上げに• ・特技でシールド獲得• ・Gd編成時に個性の回復が役立つ• ・ナチュラル曲の回復役で有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同作戦のスタミナ増加• ・サブのシールドで要員で活用• ・特技はシールド獲得だがステータスが低め• ・パッシブは同属性のアピール増加• ・エレガント編成で回復役がいないときに有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・パッシブで全員のテクニックを増加• ・高アピの穂乃果編成なら50%の確率でアピ増加もあり• ・ステータスは全体的に低め• ・パッシブで同属性テク増加なのでピュア編成のサブに• ・アピール値が低くSkなのでメインは非推奨• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ステは低いのでピュア編成のテク増加要員で編成• ・パッシブで自身以外のスタミナを増加• ・個性のSP獲得量増加率が高め• ・ステは全体的に低め• ・特技のCRT率アップがテク編成で有用• ・パッシブで全員のテク増加なのでサブに編成• ・アピール値が低くメインで使いづらい• ・エレガントのテクニック重視編成で活用可.

次の