サバクトビバッタ 中国 デマ。 RIETI

「コロナ禍の後はバッタ禍」日本人と大量の虫との仁義なき戦い 「蝗害」被害の多い日本人の知恵

サバクトビバッタ 中国 デマ

大量発生したバッタは日本に来るのか? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 2020年の2月17日にケニアに来襲したバッタの群れの大きさは <2月17日のバッタの群れの大きさ> 縦:60キロ 横:40キロ 1日で100万食を食べてしまうと言われています。 もしこのまま行くと6月には500倍にもなると言われています。 そのバッタは日本に来るのでしょうか? その可能性は低いと考えれます。 その理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない 砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない すでにインドやパキスタンにまで到着しているやんけ!!!!!! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH サバクトビバッタの主な生息地はサハラ砂漠やアラビア砂漠、インド北部と言われています。 これらは砂漠気候の地域です。 しかし 日本は殆どの地方が温帯に属していて、その中でも温暖湿潤気候です。 あまりにも生まれた環境と湿度などが違いすぎます。 サバクトビバッタは生息地が砂漠気候の生物なので日本まで来ることは、殆どないと考えられます。 また2007年には関西国際空港の第2滑走路で大量のバッタが発生しましたがこれは、カビの力によって終息しています。 人間にとっては小さな問題の湿度でもバッタにとっては重要な問題です。 上海ー熊本間の距離887キロを飛べない 中国の西側に当たる都市の上海から日本の九州の熊本県まででも直線距離にして887キロあります。 サバクトビバッタは一日に100キロ~200キロ移動できると言われていますが、そのサバクトビバッタでも飛びっぱなしで5日~8日かかります。 その間、休むことも餌を食べることもできません。 サバクトビバッタはこうした長距離を移動する環境で生息していないためにこれほどの期間飛び続けることはできないとかんがえれるので、日本にくることはできないでしょう。 日本をどうやって認識するのか? 海を見てその先に大陸があるとどうやって認識するのでしょうか・・・ そのために 生命をかけて900キロ弱を飛ぶくらいなら北や南に移動して餌を取るほうが虫の習性にあっていると考えられます。 サバクトビバッタは地磁気センサーをもっていない 渡り鳥があれほど性格に自分の位置を把握したり、迷わずに目的地にいけるのには理由があります。 それを可能にしているのは渡り鳥がもっているナビゲーションシステムです。 地球には惑星全体を覆う磁場(地磁気)が存在します。 渡り鳥は精密な地磁気センサーをもっているために方位と自分がいまいる場所の緯度を割りだすことができます。 なので全く別の地に連れて行かれてもすぐに自分場所を特定して元の場所に戻ることができるのです。 クジラや鮭もこのような地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 しかしサバクトビバッタはそのようなシステムをもってません。 突然変異ですぐに生まれるようなものでもないので988キロ弱を渡ってくるのは無理だと考えられます。 大量発生したバッタが日本に及ぼす影響・被害は? 大量発生したバッタは中国にまで被害を及ぼすかは関係なく日本に影響を与えると考えられます。 主に考えられるのは <日本に与える影響> ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 が考えられます。 ひとつづつ補足していきます。 食料の全体的な値上がり サバクトビバッタはケニアやエチオピアですでにひどい被害を作っています。 ケニアでは70年に一度と言われているくらいの規模を記録していて、エチオピアでは25年に一度の規模を記録しています。 それらの地方では豆やコーンなどの穀物を中心に作っていました。 コーンなどは家畜の肥料にもなります。 加工しやすい食料になればなるほど、人間の食べ物全体に影響を与えることになります。 なのでコーンや豆と直接関係のない家畜などの値段も上がると考えられます。 また 代替え用品として小麦などの値段も上がると考えれます。 砂漠化・黄砂の恐れ サバクトビバッタが通過した後は何も残らないと言われています。 小さな群れでも一日300万人分の食料を食い荒らします。 それが毎日、こうしている今も人間の食料を食い減らしています。 サバクトビバッタは聖書やコーランにも登場してくるほど昔から恐れられていました。 なので サバクトビバッタが通過したあとは何も残らないために一時的でも砂漠化が進む可能性もあります。 またそうなれば、日本に飛んでくる黄砂の量も増える可能性があります。 中国人の来日 サバクトビバッタが中国にまで来て、中国が被害にあえば、中国人は日本に避難してくることが考えられます。 コロナウィルスでもこれだけ規制していても毎日大量の中国人が来日しています。 また中国と日本の物価の差はどんどん小さくなっています。 日本でカプセルホテルに止まって300円の牛丼でも食べていれば良いのでしたら中国人にとっては昔ほど負担ではありません。 まとめ 中国に大量のバッタが来るかは分かりませんが、来たとしても日本にまで飛んでくる可能性は極めて低いと考えられます。 理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本には耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない などが理由になっています。 また今回のバッタの大量発生による日本に及ぼす被害は ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 などが考えられます。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

【蝗害】3大陸でバッタ(イナゴ)大量発生!!マジで食糧危機が来るかも・・・!!

サバクトビバッタ 中国 デマ

この本を買って読んでほしい。 蝗害でなにが起こるのかが大体わかる。 前野ウルド浩太郎さんは日本の中で一番といっていいほどバッタの研究をしている人なので信ぴょう性は高い。 ここら辺の本を読んだうえでこの文章を読むとわかりやすくなると思う。 ここからはいろいろな場所で説明してきた文書をそのまま載せる。 「 バッタを食べるという案は以下の点であまり実現可能性が低いです。 移動スピードが速いので捕まえることが難しい。 羽や足が発達するのであまり栄養価がない。 人間が捕まえるよりも殺虫剤で殺すほうが楽で速い。 毒のある植物も食べるようになるので人間が食べるとおなかを壊してそこから体調悪化して最悪死に至る。 「毒を獲得する」という点は本当に厄介で死骸のせいで土地の栄養がなくなったり、殺虫剤を体に取り込んだ状態で野生の動物に食べられることで動物が死んだりということがあります。 そのせいで農業地域にバッタが来た時にそこに住んでいる住民が土地が汚染されることを嫌って殺虫剤をまかないとかもあったりします。 また、毒のある植物も食物がなくなってくると食べるようになるので生物濃縮が起こって毒性がとても強くなってしまいます。 飢餓感はすさまじいもので上の前野さんの本には「人間のきている服まで食べてしまう」という話が載っています。 本当にバッタ被害というのは厄介な問題です。 こうして被害が出ると各国が盛んに議論します。 しかし、ひとたび収まるとすぐに人は忘れしまうので対策予算が縮小されたりしたときにまた起きてしまいます。 また、アヒルが対策に行くというのも実は昔のニュースと混ざっていて、実際にアヒルが使われたときのバッタの規模は多く見積もっても80億ぐらいでした。 なので今回の蝗害とは比べ物にならないです。 おそらくデマの元となった記事 それに今回の蝗害が中国まで行くのではと考えている人もいますが、それは99. 9%ないです。 なぜなら今飛蝗の群体はインド側にいるのでもしも中国にいくとすればそれはヒマラヤ山脈を越えていくぐらいの勢いでなければなりません。 この地球上でもっとも最大の飛蝗の群れとなったロッキートビバッタですらその群れは600-3000mの山から「下りてきました」つまり山脈を超えて向こう側へと行くことはなかったのです。 バッタの標高はせいぜい2000mまででそれ以上は体温が下がりすぎて活動ができなくなってしまいます。 なので今の大群が中国まで行くことはありません。 そしてこの方向以外ではそもそものサバクトビバッタの生息域から推測するにそれはないですね。 画像のソースがないので見せられないですがインドより西に行った形跡はないです。 バッタは餌が豊富になると逆に毒になるということもあります。 それにサバクトビバッタは餌が豊富になる場所では徐々に進行スピードが弱まり結果として孤独相になると推測できます。 また、ミャンマーから抜けるのも熱帯のジャングルの中では飛行距離が短くなるので現実的ではありません。 「中国がバッタが入った!と発表した」というものも散見されます。 中国の発表のURLです。 chromeでは見れないのでTorブラウザで見てください。 ここからコピペして翻訳するとわかりますが 「尽管沙漠蝗侵入我国境内成灾的风险较低,但一旦侵入,将面临发生规律未知、监测技术缺乏、防控困难等诸多不确定性。 」 『中国でのイナゴの侵入のリスクは比較的低いですが、侵入すると、未知の発生法、監視技術の欠如、困難な予防と制御など、多くの不確実性に直面します。 』 と書いており「万一があるかもだから備えてね。 」という発言になってます。 飛蝗食えないの? A. 食えません。 毒がある可能性が強いのと捕まえることが難しいのとそんな悠長に捕まえるくらいなら殺虫剤をまきます。 日本人にわかりやすく言うと街にいるカラスを食べれますか?排気ガス(バッタの場合は殺虫剤)を浴びて、人間のごみを食べている(バッタで言うと仲間の死体と毒草)。 そんなものを食べたいと思いますか?そして何より人間が捕まえるよりも銃で撃ち殺す(バッタで言うと殺虫剤で殺す)ほうが早くて楽じゃないですか? Q2. 爆破、火炎放射はダメ? A. 火炎放射はそれをすると飛蝗が火の玉になって襲い掛かってきます。 やっている人が危なくなるのと周りが危ないことそして自然への負担が大きすぎます。 ナパーム弾とか爆破とかは現実的ではないです。 というのも主に彼らが移動するのは農地であったり放牧地であったり、人間の生活圏内です。 しかも自国であっても兵器を使うのは現実的ではないでしょう。 そして何よりやっぱり効率的ではないので却下ですね。 日本との関係はどうですか? A. 日本でも過去に蝗害は報告されています。 なんで両方を一気に上げたのかというと両方に共通する大いなる誤解があるのです。 それはずばり、「今アフリカで発生している蝗害とこれらは全くの別物」ということです。 日本と中国の飛蝗は「トノサマバッタ」でアフリカの飛蝗は「サバクトビバッタ」です。 なので中国の蝗害はアフリカからバッタが移動するのではなくそこで自然発生的にできたものでありヒマラヤ山脈を越えたりミャンマーから回り込んだりはいまだに聞いたことがありません。 どうして飛蝗は群れるの? A. そこを聞かれるのは痛いですね。 実際のところ「わからない。 」が現状です。 なぜ群れるのか。 群れにならないのはなぜか。 周期は?予測するにはどうすればいい?ホルモンが原因?それとも食料?気候?時間?世代? また飛蝗だけではありません。 人間はどう対応するのが最善か?今の支援の方法でいいのか?殺虫剤の害は本当に理にかなっているのか? 実はわからないことづくしのことでもあるのです。 ここから先はみなさんで調べてください。 また、そのうえで私の間違いがわかりましたら是非ご報告ください。 喜んで訂正し拡散します。 FAOの記事.

次の

サバクトビバッタがアジアに大襲来│気になる情報

サバクトビバッタ 中国 デマ

新型コロナウイルスが猛威を振るう中国は、新たな危機に直面している。 中国当局は2月27日、「中国は、東アフリカで発生しインドやパキスタンに広まったサバクトビバッタの大群の侵入リスクにさらされている」と警告し、各部門に被害拡大防止体制を整備するよう求めた。 サバクトビバッタは、アフリカと中東の乾燥した地域に生息していて、大雨が降って植物が繁茂すると大発生する。 東アフリカとアラビア半島は、過去2年間サイクロンに複数回見舞われるなど異常に雨の多い天気が続いていた。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖する。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍に増えると言われている。 2018年の2つのサイクロンによってわずか9カ月の間にアラビア半島に生息するバッタは約8000倍に増加した。 その後、2019年10月に東アフリカの広い範囲で激しい雨が降り、2020年1月にケニアで過去70年で最悪の規模の被害が発生している。 国連によれば、ケニアでは最大1200億匹のサバクトビバッタの襲来により8400万人分の食糧が失われるリスクが高まっている。 2月15日付米誌ナショナル・ジオグラフィックは、東アフリカに発生したサバクトビバッタの大量襲来の様子を聖書の「出エジプト記」に書かれた「十の災い」になぞらえている。 増えすぎたサバクトビバッタは移動を始める。 サバクトビバッタは1日当たり約150km移動できるとされており、被害地域はさらに広がっている。 昨年末以降、中国と国境を接するインドやパキスタンでもサバクトビバッタにより甚大な被害が出ていることから、中国メディアは2月中旬に相次いで関連記事を掲載したが、専門家は「サバクトビバッタは中国で生存できないから、大きな脅威にはならない」との見方を示していた。 国連食糧農業機関(FAO)は、「サバクトビバッタの数は今年6月までに現在の500倍になる恐れがある」とする予測を出しており、サバクトビバッタの猛威は一向に収まる気配を見せない。 後手に回った中国当局は、サバクトビバッタの襲来をはたしてコントロールできるのだろうか。 スタグフレーション襲来の懸念も 当局が示したサバクトビバッタの中国への侵入は、(1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート、(2)ミャンマーから雲南省に至るルート、(3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルートの3つである。 21世紀に入り大躍進を続けている中国経済だが、農業部門のウェイトはけっして小さくない。 GDPに占める農業の割合は7%強、農業人口は約6億人である。 経済発展から取り残されている地域で甚大な被害が発生することが予想されるが、悪影響は農村部に止まらない。 新型コロナウイルスの感染拡大で不自由な生活を強いられている都市部の住民の食料価格が、さらに上昇する可能性が高いからである。 中国では2018年8月からアフリカ豚コレラが蔓延し、国内の豚の飼育頭数が30%減少したことから、豚肉価格が高騰している。 豚肉価格は昨年11月から前年比110%以上となっているが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大で物流機能が麻痺したことから、豚肉価格はさらに上がっている。 中国の国民食ともいえる豚肉の価格の大幅値上げは、都市部住民にとって不満以外の何ものでもない。 中国の1月の消費者物価は5.4%と上昇しているが、実勢はもっと高いだろう。 これに加えてサバクトビバッタの襲来で、小麦やトウモロコシ、大豆などに大きな被害が出ることになれば、都市部の住民の生活は成り立たなくなってしまう。 新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の大幅停滞と食料インフレにより、中国経済にスタグフレーションが襲来する日は近いのではないだろうか。 経済の不調、特にインフレは、中国社会に動乱が生じる引き金になるかもしれない。 1989年に起きた天安門事件の遠因は、1年前から生じていた年率20%以上の大幅なインフレであった。 これにより抗議の波が、学生から一般労働者、商店主へと燎原の火のように広がっていったのである。 中国のネット空間では「中国は食糧輸入大国だから国際価格が高騰しそうだ」「新型コロナウイルスの蔓延という人災がまだ終わっていないのに、本当の天災が起きようとしている」「これまでのアフリカ豚コレラ、新型コロナウイルス、バッタの大群などはみな、お天道様が共産党に与えた罰のように見える」と悲観的な見解で溢れかえっている。 「弱り目に祟り目」の中国の今後の動静にますます目が離せなくなっている。 2020年3月4日 に掲載.

次の