米国公認会計士 難易度。 USCPAの難易度は?日本の公認会計士試験や簿記1級と比較して難易度を図る

USCMA (米国公認管理会計士) 資格を活かす!~CFOを目指すブログ~: USCMA(米国公認管理会計士)の勉強所要時間と難易度

米国公認会計士 難易度

ここでは、おそらく一番気になるであろうUSCMA 米国公認管理会計士)の勉強所要時間と難易度について書いていきます。 結論: ・働きながらの取得で、おおむね1年 ・難易度は簿記1級と2級の間くらい です。 私は社会人になってから取得したので1年くらいかかりましたが、学生ならばもっと早く合格できるでしょう。 500点満点で、合格点は360点(72%)ですので、一般的な資格試験と同じくらいですね。 合格率は各試験40%程度、しっかりと学習を積み上げていけば必ず合格できます。 ただし、簿記検定と異なるのは、問題のバラエティが非常に多いということです。 過去問を沢山解いても、練習問題と同じ問題はほとんど見かけないと思います。 いわゆる反復練習による知識の積み上げというよりも、 内容を理解してそれを応用することが重要になります。 Part1とPart2の二つに合格する必要がありますが、 難易度はほぼ同じですし、分量も変わりません。 よって、どちらから先に取り組んでも良いと思います。 私は順序通りPart1に合格してからPart2を受験しました。 余談ですが、企業価値評価などが入っているPart2の方が面白かったですかね。 私は2013年の初めころに会員になり、 ・2013年の6月受験でPart1合格 ・2013年の10月受験にPart2を受けましたが不合格(確か280点くらい) ・2014年の2月受験でPart2合格 でした。 だいたい一つのPartに5か月くらいかけて合格しましたね。 受験するためには年会費を収める必要があり、会員になってから1年以内に最初の受験を行う必要があり、そこからは1年ごとに年会費が必要になりますので、合格だけを目指すのであれば 受験予定月の直前に会員になるのが良いです (もちろん会員になっていることで毎月冊子が送付されますし、Webinarなどの視聴もできますので、こういった権利を得たい場合はすぐに会員になっても良いです)。 試験は 1-2月、5-6月、9-10月の三つのタームの中でPart1とPart2が一回ずつ受験できます。 さて、勉強時間ですが、 平日の仕事後に練習問題を10-30問くらい 解いて、 土日は100-200問 くらいを解きました。 問題集を3周 くらいすれば、合格点に届くと思います。 土日にまとめてやろうとすると、 なかなかはかどりませんので、毎日少しずつ進めましょう。 簡単な問題はとことん簡単ですので、こういった 問題は二度目からは除外していくと効率よく学習できます。 このブログでは、CMA受験に役立つコンテンツを沢山いれていますので、次にリンクを貼っておきますね。 ご質問等ありましたら、お気軽にコメントください。 はじめまして。 すごく興味深く記事を拝見しました。 私は、海外の事業のキャッシュフロー分析や、事業会社の経営がうまくいっているかを管理サポートする仕事であり、このUSCMAという資格に興味を持ちました。 実は、BATICのサブジェクト1を合格し、現在サブジェクト2の勉強をしていたのですが、自分はUSCMAのほうが役に立ちそうだなと思ってきています。 ただ、問題を見たら、ものすごく難しそうで面食らっています・・・(汗) ところで質問させていただきたいのですが、このUSCMAは受験料やテキストが高いことは去ることながら、合格後の維持費もかなりかかると聞いたのですが、それは本当でしょうか? また、試験に合格しても、実務経験がなければ、正式に資格を取得できないと聞いたのですが、こちらも本当なのでしょうか? 回答を返信欄に記載していなかったので、改めてコメントさせていただきます。 初めまして、Lupchiさん。 海外事業のキャッシュフロー分析をされているとのこと、グローバルな仕事ですね! BATICは私も興味があり、何度か書店でテキストを見てみたのですが、なかなかチャレンジできずにいます。 USCMAの資格は、BATICが財務会計を主としているのに対し、管理会計を主としています。 ですので、両者を一緒に勉強されてもそれはLupchiさんの強みになると思います。 USCMAの問題はキャッシュフロー算出から、NPV計算までの総合問題なども含まれ、難関問題はそれなりに高いレベルにあると思います。 もちろん、合格だけを目的とするなら、こういった問題がいくつか解けなくても合格ラインには到達できるのですが、、 さて、ご質問の件。 まず、テストに合格した後、実務経験(経理、財務、その他どこまで含まれるかは最新の情報をご確認ください)を記載するフォームが届きますので、それに記載し、承認となる第三者のサイン(私はファイナンスの部長にもらいました)を得て、それを返送する。 という流れになります。 しばらくして、受理されると、その旨のレターが郵送されますので、それを持ってCertificatedとなります。 賞状も追って届きます。 USCMAは、独占業務のある資格ではありませんので、合格だけで止めてもいいのですが、私は5年のフィナンシャルアナリスト経験で大丈夫でしたので、Lupchiさんの業務も対象になると思いますよ。 もう一点、維持費がかかるというのは本当です。 CPEと呼ばれるポイントを規定数以上獲得し続ける必要があり、また、年会費もかかります。 私は勉強内容自体に重きを置いていましたし、転職活動が成功したので、次年度の更新はしませんでした。 CPE獲得には、様々な有料セミナー等に参加しなければなりませんので、維持するかどうかは個人個人だと思います。 何かありましたら、喜んで回答いたします。 今後とも、よろしくお願いいたします。

次の

USCPA(米国公認会計士)の専門スクール プロアクティブ/グアム大学日本事務局

米国公認会計士 難易度

ここでは、おそらく一番気になるであろうUSCMA 米国公認管理会計士)の勉強所要時間と難易度について書いていきます。 結論: ・働きながらの取得で、おおむね1年 ・難易度は簿記1級と2級の間くらい です。 私は社会人になってから取得したので1年くらいかかりましたが、学生ならばもっと早く合格できるでしょう。 500点満点で、合格点は360点(72%)ですので、一般的な資格試験と同じくらいですね。 合格率は各試験40%程度、しっかりと学習を積み上げていけば必ず合格できます。 ただし、簿記検定と異なるのは、問題のバラエティが非常に多いということです。 過去問を沢山解いても、練習問題と同じ問題はほとんど見かけないと思います。 いわゆる反復練習による知識の積み上げというよりも、 内容を理解してそれを応用することが重要になります。 Part1とPart2の二つに合格する必要がありますが、 難易度はほぼ同じですし、分量も変わりません。 よって、どちらから先に取り組んでも良いと思います。 私は順序通りPart1に合格してからPart2を受験しました。 余談ですが、企業価値評価などが入っているPart2の方が面白かったですかね。 私は2013年の初めころに会員になり、 ・2013年の6月受験でPart1合格 ・2013年の10月受験にPart2を受けましたが不合格(確か280点くらい) ・2014年の2月受験でPart2合格 でした。 だいたい一つのPartに5か月くらいかけて合格しましたね。 受験するためには年会費を収める必要があり、会員になってから1年以内に最初の受験を行う必要があり、そこからは1年ごとに年会費が必要になりますので、合格だけを目指すのであれば 受験予定月の直前に会員になるのが良いです (もちろん会員になっていることで毎月冊子が送付されますし、Webinarなどの視聴もできますので、こういった権利を得たい場合はすぐに会員になっても良いです)。 試験は 1-2月、5-6月、9-10月の三つのタームの中でPart1とPart2が一回ずつ受験できます。 さて、勉強時間ですが、 平日の仕事後に練習問題を10-30問くらい 解いて、 土日は100-200問 くらいを解きました。 問題集を3周 くらいすれば、合格点に届くと思います。 土日にまとめてやろうとすると、 なかなかはかどりませんので、毎日少しずつ進めましょう。 簡単な問題はとことん簡単ですので、こういった 問題は二度目からは除外していくと効率よく学習できます。 このブログでは、CMA受験に役立つコンテンツを沢山いれていますので、次にリンクを貼っておきますね。 ご質問等ありましたら、お気軽にコメントください。 はじめまして。 すごく興味深く記事を拝見しました。 私は、海外の事業のキャッシュフロー分析や、事業会社の経営がうまくいっているかを管理サポートする仕事であり、このUSCMAという資格に興味を持ちました。 実は、BATICのサブジェクト1を合格し、現在サブジェクト2の勉強をしていたのですが、自分はUSCMAのほうが役に立ちそうだなと思ってきています。 ただ、問題を見たら、ものすごく難しそうで面食らっています・・・(汗) ところで質問させていただきたいのですが、このUSCMAは受験料やテキストが高いことは去ることながら、合格後の維持費もかなりかかると聞いたのですが、それは本当でしょうか? また、試験に合格しても、実務経験がなければ、正式に資格を取得できないと聞いたのですが、こちらも本当なのでしょうか? 回答を返信欄に記載していなかったので、改めてコメントさせていただきます。 初めまして、Lupchiさん。 海外事業のキャッシュフロー分析をされているとのこと、グローバルな仕事ですね! BATICは私も興味があり、何度か書店でテキストを見てみたのですが、なかなかチャレンジできずにいます。 USCMAの資格は、BATICが財務会計を主としているのに対し、管理会計を主としています。 ですので、両者を一緒に勉強されてもそれはLupchiさんの強みになると思います。 USCMAの問題はキャッシュフロー算出から、NPV計算までの総合問題なども含まれ、難関問題はそれなりに高いレベルにあると思います。 もちろん、合格だけを目的とするなら、こういった問題がいくつか解けなくても合格ラインには到達できるのですが、、 さて、ご質問の件。 まず、テストに合格した後、実務経験(経理、財務、その他どこまで含まれるかは最新の情報をご確認ください)を記載するフォームが届きますので、それに記載し、承認となる第三者のサイン(私はファイナンスの部長にもらいました)を得て、それを返送する。 という流れになります。 しばらくして、受理されると、その旨のレターが郵送されますので、それを持ってCertificatedとなります。 賞状も追って届きます。 USCMAは、独占業務のある資格ではありませんので、合格だけで止めてもいいのですが、私は5年のフィナンシャルアナリスト経験で大丈夫でしたので、Lupchiさんの業務も対象になると思いますよ。 もう一点、維持費がかかるというのは本当です。 CPEと呼ばれるポイントを規定数以上獲得し続ける必要があり、また、年会費もかかります。 私は勉強内容自体に重きを置いていましたし、転職活動が成功したので、次年度の更新はしませんでした。 CPE獲得には、様々な有料セミナー等に参加しなければなりませんので、維持するかどうかは個人個人だと思います。 何かありましたら、喜んで回答いたします。 今後とも、よろしくお願いいたします。

次の

【米国公認管理会計士(USCMA)】資格の概要・試験難易度を解説。独学で合格できる?

米国公認会計士 難易度

米国税理士 EA って何? EAとは米国の内国歳入庁 IRS から認可を受けた税理士で米国の国家資格のことを指します。 EAを取得することができれば、米国で税務の申告業務を行うことができるため、在日米国人の税務業務を受けることができたり、米国で税理士として開業することもできるので、 業務範囲を拡大することができます。 現在のステータス及びキャリアアップを図り資格取得をする人が多いです。 日本の税理士やUSCPA 米国公認会計士 との違いは何? 日本の税理士と米国税理士の違いとしては、 受験資格です。 日本の税理士試験では学歴や職歴など様々な条件が必要となりますが、 米国税理士は18歳以上であれば誰でも受験することができます。 米国税理士試験は日本の税理士試験と比較すると試験難易度も低いです。 USCPA 米国公認会計士 とEA 米国税理士 の違いは、試験を運営している組織にあります。 USCPAは各州が認定する試験になりますので、合格した州でしか業務を行うことができませんが、 EAは内国歳入庁 IRS が認定する試験ですので、合格できれば米国全土で税務業務を行うことができます。 米国税理士の業務例• 日本企業の海外投資及び海外進出に関わる税務業務• 米国企業の対日投資及び日本進出に伴う二国間にまたがる税務業務• 在日米国人の米国への納税申告関連業務• 在米日本人の米国への納税申告関連業務• 二国間税務コンサルティング業務 近年日米間のビジネスはますます活発になりつつあり、企業や個人の交流も盛んに行われています。 それに伴い、 両国間での税務問題も増加傾向にあります。 EAは知名度も低く資格保持が難しいこともあり、 日本のEA資格保有者はまだまだ少なく、実際に活動できているEAも多くはないのが現状です。 EAの求人と年収は? 求人の内容を確認していると、 EAとして雇用される場合の平均年収としては約800〜1000万クラスと一般的に比較してもかなり 高水準なケースが多いです。 ですが有名な監査法人などハイレベルな企業の求人が多いので、 資格以外に実務経験などの要素も重視されることが多いです。 EAの魅力や資格習得のメリットとは EAの資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか? ここではEA資格のメリットや取得を狙うのにオススメの方について解説していきます。 EA資格取得のメリットは? 外資系企業への就職・転職に有利 米国税理士は税務知識・英語力スキルの証明になりますので、外資系企業にとっては重宝されます。 まだまだ認知度の低い資格ですので、ライバルとの差別化を図ることもできます。 英語力の証明 米国税理士試験は英語での受験になります。 税務業務について英語で理解する必要がありますので、資格を取得できれば一定の英語力があるということが証明できます。 米国全土で活かせる資格 米国税理士は米国国家資格になりますので、合格すれば米国全土どこでも働くことがきます。 在日米国人の税務業務ができる 在日米国人は、母国の米国に対して税務申告を行わなければなりません。 米国への税務業務は米国税理士の資格がないとできないため、資格を取得していると希少性が高まります。 EAはこんな人にオススメ! 就職活動を控えた大学生 米国税理士は国際資格であり、税務の知識と英語力をアピールすることができるため、企業側としては即戦力として考えることができます。 米国での税務及び経営コンサルに興味がある方 ゆくゆくは世界で活躍するビジネスマンになりたいという人は米国税理士の資格取得をオススメします。 国同士の税務問題の需要が増加している中、英語力と税務知識のスキルを兼ね備えた人はまだまだ少ないのが現状です。 米国税理士の資格はまさにその証明となります。 内容はほぼ選択問題で、 勉強期間も半年~1年あれば合格できると言われています。 非英語圏の人間であっても難易度はCPAなどと比べると低いと言えます。 EA試験の受験資格は? 日本の税理士になろうとした場合、まず税理士試験を突破する必要があります。 税理士試験は税務の知識はもちろんですが、そもそもの 受験資格として学歴などが求められるため、まずこれを満たすことがなかなかのハードルであると言えます。 一方で EA資格の国家試験は受験資格が「18歳以上」という年齢による制限のみであり、18歳以上であれば誰でもチャレンジできる試験となっています。 誰でも気軽に受験できるという間口の広さに加えて、この高い合格率ですから、 EA試験の難易度がいかに易しいかが伺えると思います。 EAの試験内容 EA試験の試験科目は3科目で構成されています。 日本国内でも受験可能で、どの科目から受験しても問題ありません。 試験科目 内容 Part 1 Individuals(連邦個人所得税法および連邦贈与税法・相続税法) Part 2 Businesses(事業関連の連邦税法) Part 3 Representation, Practices and Procedures(税務代理業務および諸手続き) 各科目100問ずつ全問4肢選択式 英語 で出題され、試験時間は各科目3. 5時間となっています。 コンピュータ試験のため、 合否結果は試験終了時に分かります。 EAにも科目合格制度が存在 EA試験では、日本の税理士試験と同じように 科目合格制度を採用しています。 3科目合格して晴れて米国税理士となることができます。 注意しておきたいのが、日本の税理士試験では科目合格が生涯有効なのに対し、 EAでは科目合格の有効期間は2年までと設定されています。 つまり、 2年以内のうちに全科目を合格する必要があります。 EAに高度な英語力は必要ない? EA試験は英語で行われるため、どれくらいの英語力があればいいか気になる人も多いと思います。 英語力の指標目安として TOEIC600点程度の英語力があれば十分対応することができると言われています。 リーディングスキルのみを問われるため、 高校生レベルの文章が読めて専門英単語をしっかり覚えておけば対応可能です。

次の