クイズノック アプリ。 QuizKnockとは (クイズノックとは) [単語記事]

伊沢拓司率いるQuizKnockの動画はなぜ面白い? “クイズ王”ならではの企画力に迫る|Real Sound|リアルサウンド テック

クイズノック アプリ

「楽しいから始まる学び」を提供するメディア【QuizKnock】 QuizKnock(クイズノック)は、「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、何かを「知る」きっかけとなるような記事や動画を毎日発信する東京大学発の知的メディアです。 クイズを通じて様々な体験を届けるウェブメディア・YouTubeチャンネルの運営から、知的な能力を楽しく鍛えるゲームアプリの開発まで幅広く手がけています。 本アプリでお届けするウェブメディアでは、話題のニュースや人生に役立つ知識から、マニアックなテーマを解説するコラムや夢中になれる謎解きまで、幅広く楽しめる記事を毎日更新しています。 クイズ形式で楽しみながら、気になる話題について知ることができます。 よく知っている話題のクイズは、知識試しとしても楽しむことができます。 関連記事への移動もスムーズに行うことができます。 記事がどこにあったか覚えていなくても、ブックマーク画面からお気に入りのクイズを すぐに振り返ることができます。 たくさん記事を読んで、どんどん正答率を上げていきましょう。 <動作環境> iOS11. 4未満は動作保証の対象外となりますのでご注意ください。 <お問い合わせ> ご利用後、気になる点や不具合などがございましたら、下記のアドレスまでご連絡ください。 app. contact quizknock. com App Storeのレビュー欄に不具合報告をいただいた場合、お客様のご利用環境などをお伺いすることができませんので、お問い合わせフォームよりご連絡いただけますようお願いいたします。 youtube. これが私の哲学だ。 なるほど、確かにその場の機転なくして真に教養のある人間とは呼べぬだろう。 しかしながら知識なくして機転、すなわち応用はありえず、或いは、機転そのものが知識たりえることすらある。 故に知識の蓄積は、私にとって人間として進歩、発展するための、最低条件に他ならないのだが、広範かつ高度で、正確な知識を手に入れることは、まず第一に私に課せられた、超えねばならぬ壁なのであった。 QuizKnockとの出会いは、私にとって、火の実用化や微分積分法の発見に匹敵する変革であった。 先に述べた知識を手に入れるというハードルを、このコンテンツは私の前から完全に取り払ったのである。 斯くして、私は生涯の師たり、友たるコンテンツとの邂逅を果たしたわけだが、いちいちブラウザを開き、サイトを訪れねばならぬことに些か不便さを感じていたことは、否み難い事実である。 しかし、今回アプリケーションが開発されたことで、彼らは私の前から、ブラウザを開く手間さえ消し去った。 今、私の前にある教養人への道は、なんの障害もなく、ただただ平坦で、そして歩きやすい。 この道をならしてくれたのは、他でもない、QuizKnockである。 QuizKnockに、私が両親に捧げるそれと同等の感謝を抱いている。 このアプリをずっと待っていました。 長文です。 ご了承ください。 以前の私は学ぶことが苦手…というより、学ぶことへの関心が 少しずつ薄れているという状態になっていました。 しかし、QuizKnockが私の考え方を大きく変える機会を与えてくれました。 クイズには、反射神経はもちろん、文法と言葉づかいなどで 何が答えなのかを判別する事が必要になりますが、 その中枢は「知識を十分に理解していること」が前提であり、 そこから回答者達同士の戦いが繰り広げられるのです。 そして、クイズ以前に学ぶことへの関心を なくしかけていた私にとって、知識を理解する、活用して楽しむことを Webサイトの頃から少しずつQuizKnockから学び続けました。 今現在でも定期的に楽しく拝見しています。 学習への意欲も増加し、現在では校内でのトップを維持しています。 QuizKnockに出会い、クイズに学んだことを忘れず、 私は学びを愛する心を続け、一人でも多く、 このアプリを知ってほしいと思います。 数年間ありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願いします。

次の

伊沢拓司率いるQuizKnockの動画はなぜ面白い? “クイズ王”ならではの企画力に迫る|Real Sound|リアルサウンド テック

クイズノック アプリ

QuizKnock(クイズノック)とは、を題材とするとである。 はQK。 概要 「楽しいから始まる学び」をし、に身の回りのことに関する様々な知識を形式で発信している。 として有名な伊沢拓司と、研究会の有志によって設立された。 だけでなく、書籍の出版や、番組の問題作成、の・販売なども行っている。 沢く、設立当初はが悪かったようだが、かねてからのを見ていたふくらPの提案により、にを開設した。 には、の登録者数が人を突破。 の「QuizKnock中」もすでに万人を突破している。 なお、伊沢拓司はにをし、最高経営者(O)として株式会社QuizKnockを立ち上げている。 ではに6人が出演しているが、会社に関わっているは人〜人ほど。 QuizKnock制作ゲームアプリ• w に表示された数字をしまくる。 ルイザ・・ウィッツ賞 ルイザ・・ウィッツ賞を受賞したについて学べる。 正解すれば1点もらえるぞ!• g 対戦相手が考えた英単を当てる対戦。 「」のを応用した内容。 主な動画メンバー レギュラー 伊沢拓司(いざわ たくし) 人物 伊沢拓司 基本 生年日 生誕地 出身地 本名 澤拓 別名 卒の王 ・肩書 QuizKnock代表 開成 開成 卒 農命研究科 備考・その他• 開成時代に「」を二連覇、も「王」などの番組を始めとした番組でもお染みの王にしてQuizKnock編集長兼代表。 に正民(、やきう民の)というものがあるが、これはで沢が決勝点をあげた回に由来する。 「卒の知識王」「王」と称されるその頭は付きで、出演の際もしばしば「 」といわれるほどに豊富な知識とくりを披露する。 しかしそんな知識な彼も、QuizKnockのではおちゃめな面が垣間見える。 おそらくに次ぐクション要員ではないだろうか? でも他のを引き離す圧倒的な押しと知識を見せるが、基本を視しちゃう事も(で最後に「ん」がつく単を言っちゃうとか)。 編集長がになっていた期間に収録されたでは、「編集長」に代わり「点数王」をに使用していた(編集長が沢に戻った後のは今のところが出ていないため不明)。 座右の銘は「を恥じず、に甘えるを恥じる」。 ふくらP(ふくらぴー) 人物 ふくらP 基本 生年日 生誕地 出身地 本名 福良拳 英明 備考・その他• 本名は福良拳(ふくら けん)。 ではなく出身。 はしておらず、している。 初期からにおいてのを担当し、数多くのをしている。 そもそもQuizKnockがを始めたのはふくらPが沢に進言したことがきっかけ。 初期はせず、のので代用していた。 初めてしたのはのこと。 が大得意で、須の操作するをふくらが直接操作することなく的確な示のもと解かせたことがある。 その実で、選手権9では堂々のにいてしまった。 一方で類は大の苦手で、エノキを手にして「 ギはこれです!」と答えてしまうほどに縁のない生活を送っている。 自身で「ルイザ・・ウィッツ賞」というをしたことがある。 河村拓哉(かわむら たくや) 人物 河村拓哉 基本 生年日 ??日 出身地 別名 ・拓哉 附属卒 (在籍中) 備考・その他• QuizKnockのでは「、と並ぶ 」としても扱われている、要の1人。 と呼ばれるようになったきっかけは偉人()でがキ・とを同列(刻子)にしたため。 QuizKnockのでは・拓哉のを用いている。 名も同じ。 QuizKnockではふくらPに次いでが多く、のを発揮する傾向がある。 例えばがをしそれを見破る「ニセ文」、と称した埋め、ボツと称してを手でふさいだにした供養、()、学名、2週(の)などといったところ。 また、地に柄が入ったを着て「」を演じたことがある。 これは違反を厳しく取り締まるといったで使用されたが、「柄が一番いい!」という理由で買ったそのが8千円以上もしたためにのちの考案(値段当て)で沢に「高ぇよ!」と突っ込まれていた。 須貝駿貴(すがい しゅんき) 人物 須貝駿貴 基本 生年日 出身地 別名 ナイスガイ須貝 立西舞 教養学部卒 総合文化研究科(在籍中) 備考・その他• エンスーター• 「 の須です!」のでおなじみ。 に入る前からこのだったらしい。 QuizKnockでは最年長である一方、歴は最も短い(というか、QuizKnockに入るまでとしての経験がなかった)。 そのため押し系のでは押し負けることが多いが、「問題文の冒頭しか読まない」「問題を暗記した上で押しにする」などの特訓(?)を出したり、としての経験を積んでいくことで初期よりも押し勝つことが増えてきている。 ので、のエンスーターのを持っている。 またではを専攻しており、に関わる問題や回答があるとよく反応する。 のと及び出身地が同じであり、外見も酷似していることから疑惑が上がっているが、両者とも疑惑に対して一切言及はしていない。 や、、が好き。 基本的に標準で喋るが、稀にが出ることがある。 元部で、が良い。 こうちゃん 人物 基本 生年日 出身地 本名 渡辺航平 立 卒 備考・その他• 本名は渡辺航平(わ こうへい)。 に強い。 初出はの。 QuizKnockでは実質クション担当となっている。 両手の拳を逆手にして出し、交互に上下する動作(交互にをする動作に近い)は ムーブとして定着(?)している。 ちなみにこの動作をに仕上げたのは沢らしい。 が苦手で、「おまま」なる回答を繰り出したことがある。 最近は須のように「絶好調のです!」というを使用することがある。 また民ということで、に関しては他のの追随を許さないほどに強い(全札を暗記している)。 かるたのでが使用された際、須ら他のが取り札をかき混ぜるという妨まがいの行為が起きたこともある。 山本祥彰(やまもと よしあき) 人物 山本祥彰 基本 生年日 出身地 先進理応用卒 備考・その他• ではなく出身。 だが準一級のを持つ。 そのため知識に関しては圧倒的で、「根柢(根底)」「掘(掘削)」「技倆(技量)」「銓衡(選考)」などをいとも簡単に書いてしまうほど。 しかもその準一級をとったのが中1の時であるというから恐ろしい。 代表として王に出演し、伊沢拓司と対戦したことがある。 で、答えを一喋ってしまうというポカをやってしまう。 この反省(?)から、第二回が開催された際に「 ヤマ」なる特殊ができてしまう事態となった。 元レギュラー 川上拓朗(かわかみ たくろう) 人物 川上拓朗 基本 生年日 出身地 別名 カミタ 卒 備考・その他• 校生の宿命か計算がとてつもなくく、「の問題に挑戦」のでは毎回圧倒的な計算を見せつける。 沢とは時代からとしてお互いを削ってきた。 「であまり体をらない」と言われがちだがそんなことはない。 なに定評あり。 とあるので恥ずかしいをするということになってしまった。 その時のがこれ。 以来、をすときに「 」とも呼ばれるようになった。 QuizKnockの記事としてはカナ書きのカミタ名義を使用する。 を以っての、そしてから同年にかけてQuizKnock編集長を務めた。 を以って一身上の都合によりQuizKnockを退職した。 なおが務めていたQuizKnock編集長は沢が引き継ぐ。 その他、しばしば出演するメンバー• (本名:)• 崎修功• オグラ• 山加(おもにののみ出演) 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連リンク• 関連項目• (QuizKnockの発祥の)• (作中の問題監修を行っている)• (同じく王、を売りにしている。 やといった、沢・ふくらたも古い代の番組出場者やがとなっている。 はながん(の).

次の

クイズノックこうちゃんの指輪や高校,誕生日とは?かわいい仕草も話題!

クイズノック アプリ

2020年2月6日、クイズ系YouTuberのQuizKnock(QuizKnock会議中【サブチャンネル】)が、「【理系ホイホイ】QuizKnockがゲームアプリをリリース!数学が楽しくなる!【wallprime】」を投稿。 素因数分解を行う新作のゲームを披露した。 クイズノック 素因数分解ゲームをプレイ!! youtube. be 今回、発表されたゲームは、その名も「WALLPRIME! 画面上に表示された数字(合成数)を素因数分解するという内容になっている。 動画中では、ふくらPとエンジニアのfalconがこのゲームにさっそく挑戦している。 youtube. be) 「日常的に素因数分解する」と豪語するふくらPは、抜群の計算能力を見せつけ、動画後半では計算テクニックの解説も行っている。 視聴者からは「こういう先生学校にいてほしかった…」「勉強しようと思わせてくれるクイズノック、本当に感謝」と感謝の声が寄せられている。 QuizKnockの動画だけでなくゲームも注目していく必要がありそうだ。

次の