年金 給付 金 いつまで。 「年金生活者支援給付金」とは?いつから&いくら貰えるの?

特別定額給付金10万円の申請手続きいつからいつまで?ポイントをまとめてご紹介します

年金 給付 金 いつまで

妻の年金に加算される振替加算とは?誰がいつからいつまでもらえる? 振替加算とは、一定の条件を満たした場合に 妻の老齢基礎年金に加算される給付です。 「振替」というくらいなので前提に振替されるものがあるってことですよね。 その対象となっているのが加給年金です。 加給年金は条件を満たしていた場合に夫の厚生年金に上乗せされる年金です。 対して振替加算は、加給年金が支給されなくなったときに、妻の老齢基礎年金に加算される給付です。 ちょっとややこしいですが、ある時期になると加給年金が名前を変えて振替加算になるイメージです。 この2つは夫婦であることが条件で支給される給付ということですね。 (例外はあります) それではもう少し詳しく条件を見ていきたいと思います。 誰がもらえる? さきほどもお伝えしましたが、振替加算は加給年金の支給を受けていた夫の「妻」がもらうことができます。 しかし加給年金をもらっていた夫の妻なら誰でももらえるわけではなくて、妻に条件があります。 妻の条件 ・昭和41年4月1日以前生まれであること ・厚生年金や共済年金などを受けている場合は、これらの加入期間の合計が240月(20年)未満であること ・老齢基礎年金の受給権が発生する前に結婚している ・年収が850万円未満である(生計維持関係である) 昔の年金制度では加入が任意で、会社員の妻などは満額をもらえない場合があります。 その任意だった期間を埋めるための振替加算です。 そのため20歳になったときに年金への加入が強制である生年月日の人には振替加算は支給されないことになります。 それともう1点。 妻の厚生年金などの加入期間が20年以上だと加算されません。 よく、「厚生年金の加入は19年までに」と言われるのはこのためですね。 しかし、そもそも振替加算が支給されない生年月日であれば関係無いし、振替加算の金額より、厚生年金に長く加入したほうがお得なケースもあります。 少し手間がかかりますが、厚生年金の金額と振替加算の金額を比較して調整するのも良いと思います。 いつからいつまでもらえる? 基本的には妻が65歳になった月の翌月から加算され、生涯加算されます。 夫の加給年金の支給が停止されたときに、妻が条件を満たしていれば加算されるわけですが、例外もあります。 たとえば、妻が年上の場合ですね。 妻 は66歳で既に老齢基礎年金をもらっている。 この時に夫は64歳でまだ厚生年金をもらっていない。 この時点では妻は振替加算をもらうことはできません。 夫に厚生年金が支給されていないからですね。 この場合は夫が65歳になり、厚生年金をもらい始めたときに加算されます。 妻が67歳のときですね。 ただし、この場合でも夫の厚生年金の加入期間は20年以上必要です。 加給年金が支給される条件ですね。 こういったケースでは加給年金ももらえないし、振替加算も遅れての支給になってしまいます。 また、一度加算されれば、離婚をしても生涯加算され続けます。 振替加算の金額 年齢が若くなるほど加算される金額は少なくなり、生年月日が昭和41年4月2日以降の妻には加算されません。 繰り上げや繰り下げをした場合はどうなる? 老齢年金は60歳から70歳までの間で早くもらったり遅らせてもらったりできます。 たとえば、妻が老齢基礎年金を繰り上げて63歳からもらうとします。 この場合でも振替加算は妻が65歳になってからの支給となります。 老齢基礎年金は減額されて前倒しで支給されますが、振替加算の金額や支給の開始は変わりません。 逆に妻が老齢基礎年金を繰り下げて67歳からもらう場合。 繰り下げですね。 この場合は老齢基礎年金も振替加算も67歳からになります。 繰り下げをすると老齢基礎年金は増額されて支給されますが、振替加算の金額は変わりません。 2年分の振替加算をもらえなくなるわけですね。 妻が年上の場合は手続きが必要 夫のほうが年上で既に加給年金をもらっている場合は年金請求書に「妻の基礎年金番号」「年金コード」「名前、生年月日」などの記入をすることで自動的に振替加算に切り替わります。 しかし妻の方が年上の場合は別に手続きが必要です。 妻は65歳になり老齢基礎年金をもらっているけど、夫はまだ65歳になっていないケースですね。 この場合は夫が65歳になったときに、 「」を年金事務所へ提出しなければなりません。 大きく年の差が離れている場合は忘れがちなので気を付けましょう。 夫婦の場合では、お互いに年齢や年金支給時期などに気を配っておく必要がありそうですね。 振替加算と遺族年金の併給は? 遺族年金には遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。 65歳以前では条件により遺族基礎年金をもらうことができます。 しかし65歳になり老齢基礎年金をもらうことができるようになったらどちらか選ばなければなりません。 ということは、振替加算と遺族基礎年金の併給はあり得ないってことになりますね。 それに、遺族基礎年金をもらうには18歳未満の子がいることが条件です。 「65歳のときに18歳未満の子」なので、かなりレアなケースだと思います。 もしこういったケースでも遺族基礎年金を選んだ方が金額は多いと思います。 遺族厚生年金は生涯もらえる場合があるので、振替加算と併給の可能性があります。 妻が65歳になったときに、 妻の老齢基礎年金+遺族厚生年金(場合によっては調整あり) を受け取ることができます。 妻の老齢基礎年金は調整されることは無いので、振替加算も支給されます。 まとめ 振替加算とは ・夫に支給されていた加給年金が名前を変えて、妻の老齢基礎年金に加算される給付 ・妻が年上で加給年金が支給されていなくても、夫の厚生年金の加入期間が20年以上であれば妻が65歳になったときに加算 ・妻の厚生年金などの加入期間が20年未満であること ・生年月日で加算される金額に違いがあり、対象者が限定されている給付 ・繰り上げや繰り下げをしても振替加算の金額は変わらない ・妻が年上の場合は手続きが必要 年金制度はこれまで何度も改正され、後付けのシステムが満載です。 よって、どんどん複雑になりわかりにくくなっている気がします。 今回の振替加算では年上の妻がいる場合には注意が必要ですね。 もらえるはずの年金も請求しなければ支給されないことも多々あるので、自分がもらえる年金の種類を把握しておくことが大切です。

次の

年金生活者支援給付金制度について

年金 給付 金 いつまで

特別定額給付金10万円の申請手続きいつからいつまで? 4月20日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の閣議決定がされました。 確実に簡単で早く家計への支援を行うこととしていて、まだ仮称ですが、特別定額給付金という名称で実施されることになったようです。 で、皆さんが気になるのは、その特別定額給付金10万円が、本当に簡単な手続きの申請方法となっているのか? 本当に早く手元に届くのか? そして、いつからいつまで申請すれば良いのか? といったところでしょう。 特別定額給付金の目的とは? 以前の生活困窮者に30万円を給付するとした生活支援臨時給付金(仮称)の時と比べ、今回の特別定額給付金(仮称)はどう違うのでしょう? 目的を調べてみたところ、概要を以下の抜粋文で示します。 生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。 医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければ ならない。 このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。 そして受給を受けとることができる人は、住民基本台帳に記録されている世帯の世帯主です。 従って、一人ひとりが申請するのでなく、世帯主がまとめて申請することになるということです。 手続き方法は、郵送申請とオンライン申請となっています。 注意しておきたい事項 申請には、期限があります。 この期限を過ぎると当然受け取ることはできなくなります。 つまり、受け取りを辞退したことになるのでしょうね。 従って、受け取りたい方は、早めに申請した方が、受け取れる時期もそれに応じて早いかと思われます。 で、いつからかと言うと、市区町村において決定することとなっていて、可能な限り迅速な給付開始を目指すものとされています。 そして、いつまでかと言うと、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内となっています。 なので、市区町村より対象世帯に申請用紙が配送完了した頃が受付開始日とし、その3ヶ月以内の日が受付終了日として記載されたものも届くのではないかと思います。 予め記載された内容に間違いがないかを確認し、間違いがあれば、朱書きで訂正。 記入するのは、おそらく申請日と、世帯主の名前、生年月日、現住所、電話番号。 そして、受け取り方法として、AかBを選択し、必要事項を記入。 最後に、裏面に、本人を証明する運転免許証やマイナンバーカードの写しを添付。 必要に応じて、金融機関口座の確認書類の写しを添付、という感じですね。 オンライン申請だと、必要事項を記入して、証明する写真を張り付ければ良いので、より早く申請ができると思います。 申請手続きポイントのまとめ これまでの申請手続きポイントをまとめてみると、以下のようになると思います。

次の

妻の年金に加算される振替加算とは?わかりやすく解説します!

年金 給付 金 いつまで

厚生年金基金の中には母体企業の倒産や経営悪化による解散を余儀なくされるものが従来からありましたが、平成25年の法律改正により、代行部分の資産の保全の観点から存続のための基準が厳しく設定され、平成26年4月以降、厚生年金基金を解散するかまたは確定給付企業年金へ移行することが促されることとなりました。 また、解散時期が平成26年3月31日以前の場合は代行部分に係る最低責任準備金は企業年金連合会に納付され、当該部分の年金給付は老齢厚生年金の受給権取得時に同連合会から支給されていましたが、同年4月1日以後の場合は国に納付されることとされ、残余財産分配金のみが本人の選択により企業年金連合会に移換されることとなりました。 なお、代行返上して確定給付企業年金へと移行する場合は、従前と変わりはなく、最低責任準備金は国に納付されることとなります。 最低責任準備金が国に納付されると、代行部分であったものは、もともと国が支給義務を負っているスライド・再評価部分と合わせて老齢厚生年金として支給されることとなります。 (既に厚生年金基金から年金受給されていた方については、過去期間分の返上の認可日の翌月分から代行部分であったものを取り込んだ新たな老齢厚生年金の受給となり、「厚生年金基金の基金代行部分が返上されたため、年金額を変更しました。 」と記載された通知書が日本年金機構から送付されます。 ) 企業年金連合会に移換された残余財産分配金については、連合会から通算企業年金が支給されます。 この作業の結果を受け、ご本人様への照会が必要な場合は、職歴や加入記録等の確認をお願いする文書をお送りしておりますので、ご協力いただくようお願いします。 ・ PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の