猫 ハロウィン。 今年は「和」ハロウィン?!トリック・オア・トリートにも喜ばれる和菓子9選|cozre[コズレ]子育てマガジン

ハロウィンの猫メイク簡単なやり方!可愛い・仮装に似合う方法

猫 ハロウィン

ハロウィンの衣装 子供を猫にする! ハロウィンの猫の仮装というと、 黒猫というイメージですが、 必ず黒じゃないといけないわけでは、 ありません。 兄弟や姉妹でお揃いで猫にするなら、 白猫と黒猫にしても可愛いですし、 紫も神秘的な感じがして 素敵です。 まず、猫になるのに必要なものは、 ・猫耳 ・しっぽ です。 上はトレーナーや長袖Tシャツ、 下はショートパンツやスカートにタイツ そして、足にはレッグウォーマー、 腕にはアームカバーが おすすめです。 レッグウォーマーやアームカバーは、 大人用のもこもこしたものを くしゅくしゅっとさせても かわいいですが、 なかなか色がないかもしれません。 そこで、布を買って簡単に 作ってしまいましょう。 耳やしっぽ、アームカバーにも使うので、 多めに用意してください。 楽天で購入 ・糸と針 ・2cm幅のゴム 【作り方】 1.サイズを図って、布を切ります。 2.中表にして、縦(膝から足首まで)を ざくざく縫います。 縫い代は1cmくらいで。 縫い目は、もこもこした毛であまり見えないので、 並縫いでも何でも大丈夫です。 3.上(膝の方)を2cm折り返して、 また、ざくざく縫います。 ゴムの入口を1cmくらい 開けておいてください。 4.膝下の周囲に合わせて切ったゴムを、 通します。 5,足首の方は、3と同じようにしても 良いですし、ゴムを通さず開いたままに しても可愛いです。 地面に引きずらない程度の長さが 良いですよ。 アームカバーの作り方は、 レッグウォーマーと一緒です。 こちらは、上下両方にゴムを入れてください。 どちらも、ゴムがきつくなり過ぎないように 注意してくださいね。 2.三角形の耳の形の型紙を作ります。 下の部分はカチューシャに合わせて、 少しカーブさせます。 (三角の形は好みで) 3.外側の布は a. 下の1辺(赤)は型紙より2cm 上の2辺(青)は1cmくらい 大きめのものを2枚 b. 下の1辺(赤)は型紙に合わせて 上の2辺(青)は1cmくらい 大きめのものを2枚 c. 内側の布は型紙に下を合わせ(赤) 上の2辺は1cmくらい小さく2枚 厚紙は型紙と同じ大きさで切ります。 4.aとbの布を中表にして、 上の2辺を合わせて、 下の部分以外の2辺を縫います。 5.表に返して、厚紙を中に入れ、 内側になる方に、内側用の布(c)を グルーガンで貼り付けます。 (厚紙がちょっとはみ出していますが、 本当は見えない予定です・・・) 6.外側の布の下の部分をカチューシャに 巻きつけるようにして、 内側の布にグルーガンで貼り付けるか、 縫い付けます。 見本はフェルトなので、 巻きつけた部分が 目立ちますが、ファーで作ると、 気になりません。 7.毛並みを整えて出来上がり。 グルーガンを使う時は、熱いので注意してください。 カチューシャではなく、帽子の場合は、 縫い付けた方が、しっかり止まります。 スポンサーリンク ハロウィンの衣装 猫のしっぽの作り方 猫のしっぽには、ワイヤーを入れると、 好きな形にできます。 ソフトワイヤーという名前で、 ダイソーやホームセンター、 ネットショップで売られているものが おすすめです。 太さも色々ありますが、 自分で扱いやすいと思うものを 選んでください。 切れないものは、長さの調節が出来ないので、 園芸用などのものが良いと思います。 2.布の長さはワイヤーに合わせて、 幅は10cmくらいにします。 (幅を小さくし過ぎると、 表に返せなくなるので要注意) 3.布を中表にして、袋状に縫います。 表に返して中にワイヤーを入れます。 布でワイヤーをくるむようにして、 グルーガンでとめても良いですよ。 その場合、見える部分に グルーガンがはみ出さないように 気をつけてください。 4.布の開いている方をざくざくと縫って、 糸をキュッと絞ります。 多めに切ってあったワイヤーを ベルトなどに引っ掛けて、 しっぽの形を整えたら完成です。 おわりに 猫は、男の子でも女の子でも どちらもできるので、 おすすめです。 そして、耳としっぽをつければ、 完璧な猫の出来上がりです!.

次の

犬・猫用のハロウィンコスプレ2018【ダイソー・セリア】

猫 ハロウィン

ハロウィンの子供用(女の子)猫の手作り衣装 引用: まずは、どんな猫ちゃんにするのか?色は?など子供と相談しながら決めるのも楽しい時間ですね。 色や、デザインが決まったら、 後はコツコツと作るのみ! 手作りと聞くと、裁縫は苦手だし、不器用だしなぁ〜と諦めることはないんです。 猫は意外と簡単にできちゃいます。 Tシャツやタンクトップ、タイツを履いて、チュチュかパニエでふんわりさせればかわいい猫ちゃんがあっというまに完成! 後は、小物の耳(カチューシャ)や、靴のトーンを合わせればいいんですから。 ほら、何だか簡単に出来ちゃいそうな気がしてきませんか?(笑 全身を全て手作りしなくても、手持ちの服にちょこっと手を加えたりするだけで、人とかぶらないオリジナル衣装が作れますよ。 ハロウィンの子供用(女の子)手作り衣装・猫 まずは、猫の耳から作り方を紹介します。 猫耳 猫耳は超簡単! 材料• カチューシャ• 布(フェルト)黒とピンク• 布用ボンド(グルーガン)• 針金(無くても可) これだけです(笑 全て100均で揃っちゃいますね。 というか、女の子のいるご家庭なら買わなくても、お家にあるのでないでしょうか。 針金は、ピン!と耳を立たせる為に使った方がいいかな〜と思っただけなので、フェルトなら無くても大丈夫ですね。 作り方• 耳の形(ほぼ三角形になっていればOK)に切った紙を大小2枚。 黒いフェルトに大きい方の耳型紙を合わせてカット。 ピンクのフェルトに同様に内側用の一回り小さい耳型紙を合わせてカット。 フェルトなら切り端の始末も要らないので楽チン。 黒とピンクのフェルトを重ねます。 黒のフェルトをカチューシャの幅と長さに合わせてカットしボンドで貼る。 耳型のフェルトの下部分を少し折り目をつけてから、カチューシャにボンドで貼る。 洗濯バサミなどで挟んで乾かします。 はい、完成!あっという間でしょ。 針と糸さえ必要ない(笑 耳の位置などは、子供の頭のサイズに合わせて大体でOK。 チュチュ(スカート) 材料• チュール(手芸店などで売っています)• ゴム(ウェスト用) あれ?これだけ?そうですこれだけで、ふんわり可愛いチュチュが作れちゃいます。 作り方• 子供のウェストサイズ長さにゴムをカットし、縫い止めるか、結びます。 チュールをチュチュの長さの倍の長さにカット。 例えば40㎝長さの丈のチュチュを作りたければ、80㎝くらいの長さです。 幅は5㎝くらいでOK。 これをウェストゴムにひたすら結びつけていくだけです。 分かりやすい動画がありましたのでご紹介しますね。 ボリュームたっぷりなら、こんなにキュート!黒のスカートのインナーにパニエ的な感じで着用すれば、カラーが少し覗いて可愛いですね。 猫のシッポ シッポはちょと手が込んでますよ〜(笑 材料• フェルト芯• 針と糸• フェルト(布) 作り方• フェルト(布)を長方形にカットし中表にして縫います。 あまり細長くしてしまうと、裏返せなくなるので注意。 ミシンがなくても手縫いでいけちゃいますよ。 先端を少し丸めた針金(尖ってると危ないので)にフェルト芯を巻きつけてザックリ縫い止めておきます。 1で作った筒状のフェルト(布)に、2を差し込み、最後に口を閉じて完成。 簡単でしたね。 シッポの長さも好みですが、 子供でも50㎝もあれば充分かと思います。 身長に合わせて作ってみてください。 フェルト芯を巻きつけると、筒状に作った布に入れづらくなりのでそんな時は、ラップを巻きつけると滑りが良くなって入れやすくなるので試してみてください。 ラップは最後に引き抜くこともできます。 シッポの取り付けは、先ほどのチュチュのゴムに針金を巻きつけても良いですが、 小さなお子様は針金が危ないので気をつけてくださいね。 きっと、可愛いのが出来ると思います。 ハロウィンの手作り衣装・魔女 猫に続いて人気があるのが魔女。 簡単で可愛くて、魔法が使える!という設定も女の子人気の理由でしょうね。 魔女の特徴は、マント・とんがり三角帽子はマストですね。 黒のワンピースを着れば、もう完璧な魔女の完成。 可愛い魔女にしたいならマントよりケープ! フードがありでもイイですが、今回は簡単に作りたいのでフードはナシの物をご紹介しますね。 生地(フェルトやフリース生地)を肩幅の2倍くらい• リボン(生地プラス60㎝くらいで、幅は好みで) 作り方• ケープ用の生地を四つ折りにして円になるようにカット。 カットしたら一度開いて、今度は二つ折りにして、首が通るように穴をカット(ど真ん中ではなく、どちらか側にちょっとずらす)• 広げたら、前開きの部分を穴に向かって真っ直ぐカット• 前開きの首の位置より少し下あたりにリボンやスナップボタンを縫いつけて完成。 生地は、サテン生地でもドレープが出て綺麗ですが、ほつれの始末をする必要があるため、切りっぱなしでもほつれにくいフェルトや、フリース生地が便利で簡単です。 ハロウィンカラーのオレンジリボンをアクセントにすると、ハロウィンムードも盛り上がりますね。 三角帽子 材料• フェルト生地(とんがり部分とつば部分用2枚)• リボン 作り方• 魔女の帽子は結構簡単です。 まずは用意したフェルトを三角形にカットし、円錐状に丸めて底の部分をカット. もう1枚のフェルトをドーナッツ状にカットし、つばになる部分を作る。 1と2のパーツを縫い合わせる。 縫い合わせた部分にリボンをぐるっと巻きつける。 これで、魔女の帽子は完成。 帽子の先っぽを少し倒し(曲げる)たり、リボンにビーズなど飾りをつけても可愛いですよ。 帽子のサイズをピッタリにするのが難しければ、耳の上あたりにくる位置にリボンを縫い付けて、アゴで結んでもOKなので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。 フェルト生地なら割と張りがあるので一枚でも大丈夫ですが、心配な時は厚紙を中に仕込むか、 100圴のパーティー用三角帽子を土台にしてフェルトを貼るのも手ですよ! 100圴グッズなども上手に取り入れれば、手作りといってもぐっとハードルが下がるのではないでしょうか?.

次の

今年は「和」ハロウィン?!トリック・オア・トリートにも喜ばれる和菓子9選|cozre[コズレ]子育てマガジン

猫 ハロウィン

<用意するもの(メイク)>• ファンデーション• アイブロウ(セザンヌパウダーアイブロウRオリーブブラウン)• 眉マスカラ(リンメル プロフェッショナル アイブロウマスカラ002)• アイライナー(インテグレート キャットルック リキッドライナー BR660、ラブライナー)• マスカラ(メイベリン)• 黒リップ(メイクアップフォーエバー アーティストルージュC604)• 赤リップ(リンメル マシュマロルックリップスティック012) カッコの中は動画で使われているメイク用品の種類やメーカーです。 同じのを揃えなくても、色合いが似ていれば代用はできます。 <用意するもの>• ブラックジェルアイライナー• ブラックリキッドアイライナー• ホワイトアイライナー• アイシャドウ(マットな黒)• つけまつげ• コンシーラー(液体タイプ)• パウダー• チークブラシ、アイシャドウブラシ• シェーディングパウダー• 6:100均のメイク用品で簡単猫メイク 100均の道具を活用した動画は先にも紹介しましたが、 こちらでは口元も猫っぽくしてあります。 リーズナブルに済ませたいときは、先の動画も合わせてお好みの方を試してみてくださいね。 <必要なメイク用品>• ファンデーション(YSLタン アンクル ド ポー)• シェーディングスティック(セザンヌ)• フェイスパウダー(キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダーMO)• アイブロウ(キャンメイク ナチュラルシフォンアイブロウ03)• 眉マスカラ(ケイト アイブロウカラーN BR-2) <アイメイク>• アイシャドウベース(キャンメイク ラスティングマルチアイベース01)• アイシャドウ(マジョリカマジョルカ ジュエリングアイズBR-792)• アイライナー(ケイト スーパーシャープライナーA) <まつ毛、猫の鼻とヒゲ、唇>• つけまつ毛(ロージーローザ ブラウンつけまつ毛B5)• まつげのり(ダイヤモンドアイラッシュフィクサー)• マスカラ(フィッツコーポレーション ピンクブラウンマスカラ)• 鼻とヒゲ用のアイライナー(フローフシ モテライナー リキッド ブラウン)• リップ(ミシャ モイスチャーコーティングティント コットン ピンク) プチプラなものも結構多いですね。 一緒に仮装をする人がいれば、黒猫と白猫で合わせるのも良いと思います。

次の