木曜 ドラマ。 フジテレビ【木曜劇場】ドラマ歴代番組名と視聴率一覧【動画の視聴方法も】

木曜ドラマストリート

木曜 ドラマ

「私なんてどうせ……」と、恋愛というリングにあがることを拒否し続けてきた。 そんなある日、さやかが目を覚ますと目の前には、見知らぬ男が… 【どういう事?いったい誰なの?何が起きたの?】 パニックのさやかに対して、その男は町田と名乗り、2人は付き合っていて、同棲をしていると言う。 どうやら3ヶ月間の記憶をなくしているらしい。 記憶をなくした3ヶ月の間に、いったい何が起きたのか!? 失われた記憶を取り戻していく中で、15年間想い続けている「ワイルド甘々男子」【鷺沢】と、 突然同棲を始める「ドSツンデレ男子」の【町田】との間で揺れ動いていくさやかの恋心。 思いっきり笑って、どうしようもなく泣けて、いちいちキュンとする!! 記憶喪失から始まる新感覚ラブコメディ!• <キャスト>• 中村アン 古川雄輝 / 片瀬那奈(特別出演)/ 大政絢 / 大谷亮平• 佐津川愛美 小松利昌 市川知宏 渡部秀 村杉蝉之介 ふせえり• <スタッフ>• 原作:天沢アキ「ラブリラン」(講談社『Kiss』連載)• 脚本:永田優子、大林利江子• 監督:藤村享平• 音楽 :未知瑠• チーフプロデューサー:前西和成• プロデューサー:中間利彦、汐口武史、河原瑶(テレパック)、金澤友也(テレパック)• 制作協力:テレパック• 制作著作:読売テレビ• 主題歌:『また、アシタ』 GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)•

次の

木曜ドラマ (テレビ朝日)

木曜 ドラマ

概要 [ ] に木曜22時台から木曜21時台に移動してきた「」枠が、をもって終了。 そして木曜21時台は海外ドラマ『』が開始されたが、3か月後のより木曜22時台に移動。 そして元々ドラマ枠であった木曜22時台と入れ替わる形で、木曜21時台のドラマ枠が再開されることになった。 10月からは 「木曜9時の女」と題し、1か月半ずつの短編を放送、そしてよりリニューアルして 木曜ドラマと称して、1クールごとの作品を放送するようになったが、1985年10月の新設に伴い、それまで水曜22時台に放送していた「」がこの時間に移動、「木曜ドラマ」はいったん幕を閉じる。 「」終了後の4月より、10月から月曜21時台に放送されていた「」という1〜3回ごとの短編シリーズ枠を引き継ぐ形で、 「ドラマ21」が開始。 1987年10月 - は1〜3回ごとの短編シリーズの「気ままな女シリーズ」、1988年4月 - 9月は特にシリーズ名はなく『』などに代表される1作品1か月前後のバラエティに富んだドラマ群を放送。 そして1988年10月からは「」と題し、各作品実在の街をテーマとする作品を放送。 1月までのロングランとなった。 その後、通常のドラマ枠へと転向。 1月からは主に『』や『』などに代表されるミステリーものの作品に路線変更、一時期は視聴率は高かったものの以降は視聴率が下がりだして来た。 4月に再度リニューアルし、ミステリー作品の頻度を抑え恋愛ものやホームドラマなどの一般的なドラマを主軸に変更。 『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』などのヒット作も生まれたが、それら以外は、関東地区での平均視聴率が1桁のドラマが多かった。 の『』の打ち切り以降は、人気を博した『菊次郎とさき』の新シリーズや枠で人気を博した『』の第4シリーズを放送しても、前作や深夜時代よりもかなり数字を落とす結果となった。 以降は『』、『』など全話2桁を保つ作品から、『 Season2』や『』など平均が一桁台の作品もあるなど、作品によってばらつきがあった。 番宣PR内ではタイトル名に加え「木曜ドラマ」の表示も出しているが、本放送中はオープニングタイトルでタイトル名のみ表示し、「木曜ドラマ」の表示は出さない。 これは2016年度まで、ANNフルネット24局における放送日の2日後の同じ時刻に、福井放送で遅れネットを行っていたからである。 2000年4月から2001年9月まで『』のに伴い20:54 - 21:48の編成をとっていた(『アナザヘヴン〜eclipse〜』から『氷点2001』までがこれに該当)。 それ以降は21時台のフライングスタート編成が廃止され、元の時間に戻っている。 直後番組『』への接続は、原則としてクロスプログラム(放送内容紹介)・ステブレ入りだったが、2013年度から『』と同じ接続形式に変更した。 詳細は「」を参照• 複数シリーズ作品• ( - 、6シリーズ継続)主演 -• ( - 、3シリーズ継続)主演 -• ( - 、2シリーズ継続)主演 -• シリーズ終了• (2011年 - 2015年、全3シリーズ)主演 -• (2010年・2011年、全2シリーズ)主演 -• (2003年 - 2009年、全4シリーズ)主演 - 特徴 [ ]• 2004年から2010年にかけて所属の とが主演するドラマを1クールずつ放送することが恒例になっていた。 また、原作のサスペンス作品『黒革の手帖』『けものみち』『わるいやつら』が製作され、いずれも米倉が主演していた。 米倉に関しては2012年以後も10-12月度のドラマで連続して主演している。 深夜帯の金曜ナイトドラマ枠で放送された作品がこの枠に進出するケースがあり、『TRICK』、『特命係長 只野仁』、『』などがそれにあたる。 『TRICK』は高視聴率を得たが、後者の2作は深夜放送時よりも数字を落としており、(本枠で放送された)『ハガネの女』についてはとなっている。 外部制作会社との共同制作を取る作品が大半を占めており、本放送終了後は一部を除き地上波での再放送は原則行われず、BS・CSでの再放送が主となる。 1990年代中盤からは自社制作の作品も増えているが、そのほとんどで制作会社が協力扱いとなっている。 通常1クールは12話前後を指すが、2004年頃から徐々に放送話数が減り始め、2007年頃から全8~9回が定着している。 特に4月・10月・1月期の作品が、期首・期末特別番組編成やスポーツ中継などの影響から、その月の下旬以後の放送開始となるためである。 ただし、『ドクターX〜外科医 大門未知子〜』の第3〜5シリーズや『アイムホーム』、『スペシャリスト』、『緊急取調室』の第3シリーズのように全10~11回まで放送されることもある。 作品紹介 [ ] 1980年代前半 [ ] 1982年• 1983年• 1984年• 1980年代後半 [ ] 1985年• 1987年• 1988年• 1989年• 1990年代前半 [ ] 1990年• 1991年• (主演:)• (主演:)• 七人の女弁護士II(主演:賀来千香子) 1992年• (原作: 主演:)• (主演:)• (第1シリーズ)(主演:)• 〜愛の旅立ち〜(主演:) 1993年• 七人の女弁護士III(主演:賀来千香子)• (主演:)• 法医学教室の事件ファイル(第2シリーズ)(主演:名取裕子)• (主演:) 1994年• (主演:植木等)• (主演:、)• (主演:沢口靖子)• (主演:) 1990年代後半 [ ] 1995年• (第1シリーズ)(原作:・ 主演:)• (主演:)• (主演:)• (主演:) 1996年• 味いちもんめ(第2シリーズ)(原作:あべ善太・倉田よしみ 主演:中居正広)• (主演:、)• (主演:)• (主演:萩原健一) 1997年• (原作:・ 主演:)• (主演:)• (主演:)• (主演:) 1998年• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:、)• (主演:)• (主演:) 1999年• (主演:賀来千賀子)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:) 2000年代前半 [ ] 2000年• (原作: 主演:)• (原作:・ 主演:)• (主演:、仲村トオル)• (主演:) 2001年• (主演:東山紀之)• (原作: 主演:中谷美紀)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:) 2002年• (主演:)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:鶴田真由、)• (原作: 主演:、) 2003年• (主演:)• (原作: 主演:)• (第1シリーズ)(原作: 主演:、)• (主演:、) 2004年• (原作: 主演:)• (原作:・ 主演:財前直見)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:) 2000年代後半 [ ] 2005年• (原作: 主演:深田恭子)• (原作: 主演:上戸彩)• 菊次郎とさき(第2シリーズ)(原作:ビートたけし 主演:陣内孝則、室井滋)• (主演:) 2006年• (原作:松本清張 主演:米倉涼子、仲村トオル)• (第1シリーズ)(主演:)• (原作: 主演:上戸彩)• (原作: 主演:、) 2007年• (原作: 主演:仲間由紀恵)• (主演:上戸彩)• 菊次郎とさき(第3シリーズ)(原作:ビートたけし 主演:陣内孝則、室井滋)• (主演:渡哲也) 2008年• (第1シリーズ)(主演:米倉涼子)• 7人の女弁護士(第2シリーズ)(主演:釈由美子)• (原作: 主演:永作博美)• (主演:) 2009年• (4thシーズン)(原作: 主演:)• (原作:松本清張 主演:)• (主演:)• 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2(主演:米倉涼子) 2010年代前半 [ ] 2010年• (原作: 主演:)• (主演:黒木瞳、高橋克典、斉藤由貴、)• (主演:)• (主演:米倉涼子) 2011年• (主演:)• (原作: 主演:)• (主演:)• (第1シリーズ)(主演:) 2012年• (第2シリーズ)(主演:)• (第1シリーズ)(主演:米倉涼子) 2013年• (主演:、)• (第2シリーズ)(主演:沢村一樹)• (第2シリーズ)(主演:米倉涼子) 2014年• (第1シリーズ)(主演:)• (第3シリーズ)(主演:米倉涼子) 2010年代後半 [ ] 2015年• (第3シリーズ)(主演:沢村一樹)• (主演:)• (主演:)• (第4シリーズ)(主演:米倉涼子) 2017年• (主演:)• (第2シーズン) (主演:天海祐希)• (原作:松本清張 主演:武井咲)• (第5シリーズ)(主演:米倉涼子) 2018年• (第1章)(主演:木村拓哉)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:)• (主演:米倉涼子) 2019年• (主演:)• (第3シーズン)(主演:天海祐希)• (第6シリーズ)(主演:米倉涼子) 2020年代前半 [ ] 2020年• (主演:、)• (第2章)(主演:木村拓哉)• 未解決の女 警視庁文書捜査官(シーズン2)(原作:麻見和史 主演:波瑠) ネット局と放送時間 [ ] 現在のネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 (EX) 木曜 21:00 - 21:54 制作局 (HTB) 同時ネット (ABA) (IAT) (KHB) (AAB) (YTS) (KFB) (UX) (abn) (SATV) (HAB) (NBN) (ABC) (HOME) (yab) (KSB) (eat) (KBC) (NCC) (KAB) (OAB) (KKB) (QAB) (UMK) テレビ朝日系列 月曜 22:00 - 22:54 遅れネット (FBC) テレビ朝日系列 土曜 21:00 - 21:54 過去のネット局 [ ] 系列は当時の系列。 放送対象地域 放送局 系列 備考 青森県 (RAB) 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 青森朝日放送開局まで 山形県 (YBC) 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 山形テレビのテレビ朝日系列 ネットチェンジまで (YBS) 日本テレビ系列 2001年3月まで (KNB) ・ (BSS) 2015年9月まで (JRT) 日本テレビ系列 2004年3月まで (RKC) (MRT) TBS系列 2009年3月まで 系列外ネット局について [ ]• では4月から月曜22時 - 22時54分に遅れネットしていたが、4月の改編により10月以来38年半(前身で4月放送開始の「」から起算すると、ちょうど40年)にわたってのを同時ネットで放送していた土曜21時 - 21時54分に移動し、遅れ幅を縮めるも、遅れネット日時を変えた。 さらに、後続の同日22時台にはも3日遅れでネットしているため、22時54分までの約2時間にわたりこの2枠が一体化される構成となった。 初回や最終回等の時間拡大時には、日本テレビの編成次第で土曜昼に前倒しして放送されることがある。 またこれを応用して月曜日22時台放送時代には、初回を中心に土曜日または日曜日の午後時間帯に前倒しして放送したり、作品によっては通常の54分ものであっても、日曜日の16時台に10日遅れで振り替え放送したこともあった。 同局での放送分に関しては一時期、エンドカードを使用していたことがあったが、「だめんず・うぉ〜か〜」の途中で一度は廃止されたものの、「特命係長 只野仁(4thシーズン)」から約2年ぶりに復活した(後続の水曜刑事ドラマでも継続中)。 1995年まではテレビ朝日の日曜20時枠の遅れ放送をしていたが、「」開始に伴い番組枠が変更された。 これにより、前述した土曜21時をまたぐスペシャル番組放送時の対応が、改編期以外でも発生しやすくなった。 ではからまでは水曜20:00 - 20:54に、2014年からまでは水曜21:00 - 21:54に、2015年4月から9月までは月曜19:00 - 19:54に、それ以前は一部の作品を除き平日午後のアフタヌーンセレクト枠で放送していた。 10月の開局まではで日曜22時 - 22時54分に放送していた。 そのため「」(現在の「」相当枠)は土曜17時30分に遅れネットした。 は、レギュラー放送打ち切り後は作品の放映権をに移行したが、それ以降は前作を「」で放送した作品に限って編成された。 テレビ宮崎でレギュラーで放送を開始してからは、前作を金曜ナイトドラマで放送した作品は、当枠で編成されなくなった。 ではスポンサードネットによる月曜22:00 - 22:54での遅れネットを2017年4月から開始した(それまでは一部作品について宮崎放送と分け合う形で放送していた)。 なお、6分間のミニ番組を挟んで放送される後続番組「」は初回もしくは最終回の拡大版が生じた場合、時差ネットでの放送を行う場合がある。 ではネットチェンジする前の1993年3月まで、金曜22:00 - 22:54での放送だった。 なおは山形テレビでの放送で火曜21:02 - 22:54までの放送で火曜ロードショーとして放送された。 備考 [ ]• 『』の2時間スペシャルが21時をまたいで放送されるときは本番組は休止となるが、この場合でも21時台のスポンサー枠はそのまま本番組のスポンサーとなる。 の中継が延長された場合、直後の22時台番組が報道番組 である関係上、番組が休止になるケースがある。 1994年10月には「」が、1998年10月には「」が、2004年10月には「」が、2006年10月には「」が放送を休止した。 さらに2008年の「」、2018年11月1日の「」も放送を休止した。 「黒革の手帖」が休止された時はテレビ朝日への抗議が殺到したが、それ以外についてはほとんど抗議はなかったという。 放送の『』は、直前の『』中継がぎりぎりの21:00まで伸びたため(通常は20:57:55まで、この後5秒ジャンクション)、珍しいレス開始となった。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ただし2001年10月から2002年9月までの間(『』 - 『』)は、20:54 - 21:00に番組内容を紹介するが存在していた。 2020年3月末でオスカーを退所して独立。 ただし米倉は2007年『』に関しては当枠でなく ABC との共同制作枠「」での放送だった。 この作品から・・・がネット開始。 この作品をもってがネット打ち切り。 2004年度はテレビ朝日開局45周年企画というサブタイトルが付けられている。 この作品をもって・がネット打ち切り。 これより開始。 この作品を最後に福井放送における放送枠が月曜22時枠から土曜21時枠に移動。 この作品以降、福井放送における放送枠が土曜21時枠に移動し、かつ同局後続枠のと実質上一体化されるようになる。 3rdシーズンまでは枠で放送された。 season1は金曜ナイトドラマ枠で放送された。 第1シリーズは枠で放送された。 第3シリーズより再び、水曜刑事ドラマ枠で放送し、第4シリーズ以降、木曜ミステリー枠で放送している。 ここからが月曜22時枠での遅れネットを開始。 2018年3月15日(2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。 2017年4月24日(テレビ朝日2017年4月20日放送分)から開始。 同年3月27日で途中打ち切りとした『月曜プライム』(『』の改題・遅れネット)の後番組の1つとして放送。 それに伴い引き換えに捻出された土曜ドラマは、スポンサードネットのまま土曜16時台に遅れネットに移行、同時にも新設。 前半の1時間枠が当ドラマ枠、後半の1時間枠が水曜刑事ドラマ、両者ともスポンサードネット。 ただし、同時間帯に山梨放送・四国放送・高知放送もネットしていた頃は、ネットスポンサーへの配慮から本枠の放送が優先されていた。 このため福井放送も含め、日本テレビのスペシャル番組については1時間再編集版が裏送りされた。 本枠の放送ストックがない場合も、テレビ朝日が穴埋め特番(主に1話完結のドラマ番組)を裏送りしたこともあった。 後続23時以降の日本テレビ系列ディレイネットができないため。 2015年3月まで日本テレビ系列における22時30分 - 23時30分の枠はローカルセールス枠になっており、一部または全部について自主編成を行う局があった。 2004年3月までは『』、以後は『』 出典 [ ].

次の

【秋ドラマ一覧】2019年10月スタート! 注目の新ドラマ情報まとめ!! 視聴満足度も随時追加!

木曜 ドラマ

JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております。 従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。 また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせはご遠慮ください。 ご意見お問い合わせはよりお願いいたします。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 株 東京ニュース通信社• Copyright C 2020 M DATA co. ,ltd. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の