土星人マイナス 性格悪い。 【2020年】土星人マイナスの今年の運勢は?六星占術による相性・性格・恋愛運!

土星人マイナスの2020年の運勢 大殺界はいつ明ける? 過ごし方は?

土星人マイナス 性格悪い

記事の目次• 土星人マイナスの人の性格傾向 土星人マイナスの人の特徴はロジカルで論理的ですが、内に秘めた性格ですのでなかなか他人が理解することが難しい側面もあります。 身近にいる土星人マイナスの人は、どのようなことを思っているのでしょうか?土星人マイナスの人の性格傾向について知っておきましょう。 寡黙でプライドが非常に高い 土星人マイナスの人の性格ですが、 寡黙で控えめな性格ですので他人から理解されることが少ないです。 愚痴もこぼさないかわりにお礼も素直に言うことができませんので、ともすればとっつきにくい人だと思われることもあります。 プライドも高く、なかなか謝罪も素直にできません。 ですが、有言実行な部分がありますので長い目で見ると信頼されます。 控えめで注意深い 土星人マイナスの人の性格は、控えめで注意深いことが特徴です。 何事においてもがつがつしていませんし、集団やグループの中でも自分からリーダーシップをとることはありません。 しかし土星人マイナスの人は、表面上は控えめで外の内容に思えても、腹の中ではいかに自分にとって良い状況にしようか考えていますので、外見通りの性格とは限りません。 また、注意深い性格ですので後先考えない失敗をすることも少ないです。 信頼されて本人にその気はなくてもリーダーになる 土星人マイナスの人はあまりしゃべらないし 集団の中で主導権を握ることもありません。 しかしながら、努力家であることから有言実行の側面もありますし、めったに失敗することもありません。 そのため、その気はなくても周りに信頼されることでリーダーになることができます。 陰で努力して結果を出す 土星人マイナスの人は大変な努力家が多いのが特徴です。 陰ながらコツコツと努力しているのも特徴ですし、自分が努力している姿を語ることもなければ周りに見せることもありません。 ですので、周囲からはなんであんなにできるのだろう、と思われることもあります。 もともと才能があると思われがちですが、土星人マイナスの人と親しくなって初めてそれが努力と知ることもあります。 独特な発想と感性を持つ 土星人マイナスの人は、 人が考え付かないことを思いつくことがあります。 多くの人は、物事を一方面から考えがちですが、土星人マイナスの人は違った次元で考えています。 人と全然違う発想をしますし、独特の感性を持っています。 そのため、なかなか思っていることが周囲には伝わらず、つかみどころのない人だと思われてしまいます。 自分の世界を持つ理想主義者 土星人マイナスの人は、 自分の世界観を持っていることが特徴です。 自分が良いように思える世界をもって言いますので、現実主義者と言うよりはむしろ理想主義者です。 理想を追い求めます。 想像力が高いので、卓越した表現力を持っており、常に妄想している人も多いです。 土星人マイナスの人の考えは他人に理解されないこともあります。 束縛されると能力を発揮できない 土星人マイナスの人は不器用な性格です。 そのためうまく立ち回るとことができません。 束縛されると能力を発揮することができず、委縮してしまいます。 そのため、どちらかというと自由にさせておいたほうが、土星人マイナスならではの能力を発揮することができます。 自分に合った環境ではすいすいと動き、上手に物事を遂行できるからです。 普段は温和で優しく正義感もある 土星人マイナスの人の特徴は、 普段はとても温厚で優しいということです。 正義感もありますのでまわりにあまり悪い印象を与えることもありません。 しかしながら、許せない言動や許せない対象に対しては、極端に怒りを爆発させることもあります。 そのため、一度怒ったりすると手が付けられないこともあり、普段温厚な人がなぜ?ということもあります。 一見おおらかに見える分、いざスイッチが入った時のギャップがすごいのです。 信頼して心を開くまでに時間がかかる 土星人マイナスの人は、 信頼して心を開くまでに時間がかかるのが特徴です。 心の中で考えていることがわからないようにしますので、うわべだけの付き合いも得意です。 仲良くなった人からは、そんな人だと思わなかった、と意外に思われることもあります。 そのため、いい意味で誤解されることも少なくないのです。 土星人マイナスの恋愛傾向 そのようにミステリアスで理想主義者である土星人マイナスの人ですが、恋愛にはどのような傾向があるのでしょうか?土星人マイナスの人の恋愛傾向についてみてみましょう。 過去の失恋を美化する 土星人マイナスの人は、とても理想が高く自分の世界観を持っています。 恋愛においてもそれはそうで、 プライドが高いことから過去の自分を美化しがちです。 そのため、土星人マイナスの人は過去の失恋を美化する傾向にあります。 過去の恋愛を美化している以上、そこから先に踏み出すことがなかなかできないという特徴もあります。 慎重に行動してなかなか恋愛に発展しない もともと何事に対しても慎重に考えて、 相手からは何を考えているかわからないと思われるのが、土星人マイナスの人の特徴です。 恋愛においては行動するよりも先にいろいろと頭の中で考えてしまう傾向があります。 そして、慎重に行動するのでなかなか先の恋愛へ進めません。 友達としての関係が続いていてもなかなか結婚に発展しないのも、土星人マイナスの人の恋愛傾向と言えます。 相手への理想が高い 土星人マイナスの人は、相手への理想が高いです。 想像の中の世界を持っているので、その分理想も高くなりがちです。 好きになったとしても慎重で恋愛感情を出さないだけでなく、そもそもの 理想も高いので一定の年齢を超えても付き合ったことがない人も少なくありません。 ドラマの中でしか見たことがないような理想の相手を求める傾向もあります。 家庭運が薄く結婚せず人生を謳歌している人も多い 土星人マイナスの人は、 家庭運や結婚運が薄いのも特徴です。 特に土星人マイナスの女性は結婚せずに独身を謳歌している人も多く、ある程度年齢を重ねて不器用さを克服してからでないと結婚できない人も少なくありません。 一方で、土星人マイナスの人は結婚できたとしても、不器用ですので仕事と家庭の両立ができない特徴があります。 子どもができると仕事への集中力が薄れたり、仕事人間になって家庭を顧みなかったりする特徴があります。 土星人マイナスの霊合星人の性格傾向 土星人マイナスの中でも、運命盤の停止の位置に自分の干支がある人のことを土星人マイナスの霊合星人といいます。 ほかの星の影響を受けますので性格も少し変わってきます。 天王星人の明るい要素が混ざるためモテる 土星人マイナスの霊合星人の人が最も影響を受けるのが、天王星人です。 天王星人は、土星人マイナスとは星回りがかなり違います。 天王星人の持つ明るさの影響を受け、土星人マイナスの霊合星人はモテます。 どこか落ち着いているけれど子どもっぽい無邪気な言動をする、そういう特色があります。 平和主義に拍車がかかる 土星人マイナスの人は、腹の中では何を思っているかはわかりませんが、とりあえず平和主義で軋轢を嫌います。 天王星人も軋轢を嫌って平和を尊重する傾向があります。 そのため、土星人マイナスの霊合星人は、 平和主義に拍車がかかる傾向にあります。 天王星人は少し調子のいいところもありますので、 物事を穏便に済ませるために時には嘘をつくことがあるのも特徴です。 まとめ 土星人マイナスの人の性格傾向は、寡黙でプライドが高く、理想論や自分の世界を持っている傾向にあります。 着眼点も人とかなり違いますので、つかみどころのない人と思われます。 謝罪や御礼を素直に言うことはできませんが、集団の中でリーダーシップをとることもありませんし他人と対立することも少ないです。 普段は温和で正義感もありますが、時には感情を爆発させ周囲を驚かせます。 土星人マイナスの人の恋愛傾向は、プライドが高く理想も高いです。 過去の恋愛を美化する傾向もあり、家庭運や結婚運は低いです。 土星人プラス霊合星人は、天王星人の影響を受けて明るかったり平和主義に拍車がかかったりします。

次の

【六星占術】金星人マイナス(-)の性格

土星人マイナス 性格悪い

木星人マイナス(-/陰)の性格や性質 基本的な性格や性質? 計画を立ててコツコツ積み重ねる 木星人マイナスは基本的には確実に勝てる勝負しかしませんので、何かをするにあたっても必ず長期で計画を立てて、その上で地道に作業を積み上げていくような方法をとります。 一気にやったものは一気に崩れるという可能性もありますので、ゆっくりと土台を固めるようにしていきます。 計画の立て方としても、ぎゅうぎゅう詰めにするのではなくて、無理がなくそして、長い目で見た時に有利になるように周到な計画を立てます。 そして、計画を実行しながら、変更が生じれば微修正を重ねながら、手堅く目的を達成していきます。 このような性格ですから、晩年運と言われている通り、歳を重ねるごとに、その重厚感をましていきます。 歳を重ねるごとに信頼と実績を獲得していきます。 基本的な性格や性質? 基本を大切にする 木星人マイナスの人は、なんに対しても、基本さえ押さえておけば間違えない、という理解の元進みます。 他人のがいつの間にか基本から離れ、身についた手法で物事を進行させていく場合でも、いつでも基本に立ち返って物事を見つめなおそうとします。 そこに間違いはなく、仕事では例え何か言われてもいいように、つぼを抑えて伝えられる心構えはできています。 それは私生活でも同様で、木星人マイナスの人はどこを起点にして物事を進行させるのかをはっきりさせたがります。 それは今の時点での作業を進めていくうえでも、木星人マイナスの人はにとって重要なことだからです。 「そこから全ては始まっていく」という基本が見えているだけで、安心感を得られるからです。 基本的な性格や性質? 忍耐と努力がテーマ どの星の人も、人生において何等かテーマに感じるものがあり、それぞれに学び取りながら生きているものですが、木星人マイナスの人のテーマは、忍耐と努力と言えます。 木星人マイナスの人自身に自覚があるなしに関わらず、いつも努力すべき、耐えるべきというところが基本姿勢になっていて、周りからすれば、まるで昭和初期世代の古い思考をそのまま背負って生きているようにも思われるでしょう。 他の人が音を上げる場面でも、自分は耐えて進もうという意識がまず働きます。 別の見方をすれば怠けて身を滅ぼさないように用心しているともいえます。 木星人マイナスの人の中には、その姿勢を生涯貫くところに自身の学びが完遂される、と自らを奮い立たせて生き抜く人も多いでしょう。 基本的な性格や性質? 控えめなタイプ 木星人マイナスの人は、表に立っているよりも、そっと後ろに控えて周囲の空気を読み取りながら進む人も多いでしょう。 前にでることで、どんな攻撃を受けるかわからない、そんな気持ちも働きます。 そのため、木星人マイナスの人は周囲の人に居ることに気づかれず、目立たない人、大人しい人という印象を抱かれます。 けれど、それができるのは内面がしっかりとしているからでもあります。 最初はとっつきの悪さを感じる人も、確かな足取りで人生を歩んでいる人柄に、安心感や信頼感をよせる人もいるでしょう。 一見華奢に見える人であっても、様々な体験を乗り越えながら生きてきた体験や、そこから学んだことで得た教訓や名言などが聞けることもあります。 基本的な性格や性質? 伝統を重視する 木星人マイナスは、伝統や昔ながらの考えを重視します。 それは、保守的で安定を望むという性格からきているのでしょう。 それだけに、最新の流行や最先端のものには疎い面はあります。 ですが、かえってその性格が、周りの人に安心感を与え、信頼を得るという事につながるでしょう。 なので、職業においても、事務職や職人、会計士など昔からある仕事が適職になっています。 そして、そのような職業は受け継がれていくものなので、目上との相性が良い木星人マイナスにとっては適職と言えるでしょう。 他の人からは面白味がないと思われるかもしれないですが、当の本人はそのような事は気にせず、逆に最新のものを信用していないという面があるでしょう。 それだけに、見た目も暗い印象ですが、ある意味では誠実と捉える事もできます。 霊合星人の木星人マイナスの性格や特徴 霊合星人の木星人マイナスはまさにみんなから頼られるリーダーといえるでしょう。 冷静沈着で何事もしっかりと考えて行動するその性格は、自然とみんなを率いる立場になることも多いです。 実行力も抜群であり、そのうえ古い伝統や発想にとらわれることなく、新しいものはどんどん取り入れていくタイプ。 そこに度胸も加わりいざというときは自ら率先して行動していきます。 また慎重にみえて自分がこうと決めたことは、誰が何と言おうと、積極的にチャレンジしていく一面も。 そんな姿はまさにみんなの頼れるリーダーであり、周囲からは尊敬されることでしょう。 誰もが納得させられる見事な案を考えだし、周囲が感心するほどの解決策を提示しみんなを引っ張る存在といえます。 木星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 男女ともに恵まれた家庭を持つ 木星人マイナスは、男女ともに家庭運に恵まれることが特徴です。 木星人の基本的な性格である、計画深く慎重で、また伝統的なつながりを重んずる点が、家庭運営においては吉と出ます。 木星人マイナスの男性は、無駄遣いをせず、家族のためにお金を使います。 そのためしっかりとした大黒柱になり、無口ですが、良い夫、父として周囲の評判も高く、周囲から慕われることになります。 女性の木星人マイナスは控えめで我慢強いので、一見すると亭主関白の家庭でも、長い目で見ると、愛され大事にされる妻となります。 また、目上の人を上手に立てるため、義両親や親戚との付き合いも、そつなくこなします。 男女ともに、非常に結婚に向いたタイプといえます。 家庭や結婚の特徴? 家庭を大切する 木星人マイナスの人は、サービス精神や人に尽くす事ができる性格なので、家庭においても、家族サービスをしたりパートナーや子供を喜ばせます。 人の為に何かをする事や、自分の時間を費やしても人の役に立ちたいと思っています。 結婚に関しては素敵なパートナーに恵まれ、家庭運や子供運にも恵まれています。 家事や子育てにも一生懸命全力で取り組みます。 仕事や遊びよりも家庭を優先するので、他で浮気をするようなことはありません。 ただ、ややプライドが高く、自分が正しいと思ってしまう面があるので、パートナーや子供へのアドバイスがきつく感じてしまうかもしれません。 木星人マイナスの人は、家族の事を本当に大事にしているからこそ、ルールやしつけをしっかりと行い、より良い家庭を築こうとします。 家庭や結婚の特徴? 子供を溺愛しすぎると運気が沈む 木星人マイナスの人が子供を溺愛することは、それぞれの星の悪い面を背負いこむことになります。 そもそもが心配症で、木星人マイナスの人の人生が苦労の連続であった場合には、特にこの傾向があります。 それは子供には自分のような人生を送らせまいという考えが働くためで、つい、子供の望むまま甘えさせてしまうのです。 けれども、それぞれの星のいい面を刺激していくためには、自立させ、意思を持って生きさせることも大切です。 木星人マイナスの親があれこれ面倒を見過ぎてしまうことで、悪い面ばかりが表立ってしまうことになりかねません。 金星人の子供からは家事全般の他に孫育児までも、天王星人からは片付けられない部屋を、火星人からは送迎を、水星人からは積もった請求書を一任されるなど、より苦労を背負いこむ可能性もあります。 恋愛運の傾向は喜びをストレートに表現できない 木星人マイナスの恋愛の特徴としては、男女ともに、相手に対してストレートに感情を表現できない傾向があります。 特に、相手への愛情や、自分へしてくれたことへの感謝や喜びを素直に表現できないことが多く見られます。 謙虚で控えめな点は木星人マイナスの美点ではありますが、恋愛においては、とりわけ競争相手がいる場合、損をすることもあります。 相手はあなたの言動に、本当に愛されているのか不安を抱えている場合も多いでしょう。 愛情を行動で表現することが苦手ならば、メールや手紙、電話などでも良いので、自分の気持ちをを少しずつ表現していくことが、相手への思いやりと安心につながります。 木星人マイナスは、男女ともに誠実で落ち着いているので、そういうタイプからの思いがけない愛情表現は、相手の心をしっかりととらえるでしょう。 セックスの傾向は安定型だがマンネリの可能性アリ 木星人マイナスのセックスの傾向として、まず安定型というのがあります。 安定型というのは、セックスに対して真面目だという事です。 つまり、遊びのセックスは無くて、あくまでも愛を確かめたり、子供を作るためのものなのです。 セックスのやり方としても、あまり変わったことはしないでしょう。 体位なども基本的な傾向が強いでしょう。 毎回、あまり変わり映えのないセックスになるので、マンネリになる可能性があります。 なので、新しいホテルなどができても、行こうとは思わないでしょう。 セックスもそうですが、性というもの対して、誠実で真面目です。 なので、逆に新鮮さを求めている人からみれば、刺激がなく、どこか味気のないものとなるでしょう。 木星人マイナス(-/陰)の金運の特徴は慎重に使いどころを選ぶ 木星人マイナスは、とても堅実で安全志向の方が多いです。 それだけに、何かを購入する時も、衝動買いはせず、良く考えたうえで購入します。 そういう意味では慎重派だと言えるでしょう。 例えば、服を買う時も、試着をして、表示をよくみて、その上で周りの人に評価をもらったうえで購入する事が多いでしょう。 なので、買い物で後悔する事は少ないです。 ある意味ではケチに見えますが、家庭を持つうえでは、とても良い方向に働くでしょう。 他の人からみれば、少し鈍くはみえますが、当の本人は気にしていないようです。 逆に言えば、なぜなにも考えずにポンと買えるのかと思うほどです。 使いどころを選ぶという事は、お金を有効活用しようという気持ちの表れですし、それだけに損な買い物はしたくないという意識も強いでしょう。 木星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴は参謀や裏方向き 従順で誠実な木星人マイナスの人は、順応性もあり、どんな環境に身をおいてもやっていけます。 相手の意向を理解し、一歩下がって人を支えていく役回りの「裏方役」にも向いています。 また、道を外さない強さもあるため、「参謀」に徹すれば、そこに居なければ困る人になっていくでしょう。 大人しくみられがちですが、芯は強く、ピンチに見舞われても自分だけでなく、人を救うことにも尽力できます。 また、一旦身を投じた道は持ち前の努力と忍耐で進もうとするので、そうそう気が移ることはありません。 親しい人にはユニークな一面もみせるようになり、地道にステップアップしていく木星人マイナスの人は、安定的で誰もが信頼を寄せていくようになるでしょう。 木星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説 木星人マイナスと土星人との相性は良いが周囲の妨害に注意が必要 木星人マイナスと土星人は良い相性であるのですが、周囲の妨害に注意が必要になるでしょう。 まず、二人でいるうちは、静かで穏やかな関係になります。 どちらかといえば、木星人マイナスが聞き役で、土星人が話役になるでしょう。 そして、土星人の考えや精神的な面を、木星人マイナスがその大きな心で受容してくれるでしょう。 しかし、それが二人だけでなく、3人4人5人と増えていくと、途端にその関係が崩れてしまうでしょう。 なぜなら、木星人マイナスと土星人は、性格が似ているようで、似ていないのです。 なので、お互いにグループのようなものができますから、時間を経るにつれて、疎遠になるでしょう。 だとしても、また二人きりなれば、元通りになるのがおもしろいところです。 木星人マイナスと金星人との相性は自分にないものに気づき徐々に惹かれ合う この相性はすぐに打ち解ける仲にはなりにくいでしょう。 なぜなら、性格的に噛み合わない点が多いからです。 例えば、行動面をみても、木星人マイナスは良く考えてから行動しますが、金星人は何も考えずすぐに行動に移します。 その他に金運をみても、木星人マイナスがコツコツと貯金するのに対して、金星人は衝動買いをしますし、貯金が苦手です。 ですが、この相性は悪いと一概に決めつけるられるものではなくて、お互いにないものを補完し合っているとみるべきでしょう。 つまり、お互いにない部分を持っているというだけなのです。 なので、この相性は時間を経るととても良い相性になるでしょう。 相性的にもう少し詳しく言えば、木星人マイナスが補佐役で、金星人が主導するというパターンが多いようです。 木星人マイナスと火星人との相性は晩年に会えばいいが幼年だと危険 木星人マイナスの人はとても真面目で几帳面です。 常識的に行動し、目標に向かって計画を立ててコツコツと地道に行動することを好みます。 そのため、決まり事から外れて行動する人を許容することができません。 それに対し、火星人は自由人であり、独自の価値観で行動する人が多いです。 その性格はときには自分勝手と思われることもあります。 木星人マイナスの人と火星人は性格や生き方が全く異なっているのです。 互いに豊かな経験を積み、それぞれの価値観を理解し尊重できるようになるとその違いを楽しむことができ、お互いを成長させる関係性を築くことができるでしょう。 しかし、その違いを楽しむことができないような若年時では、決定的な決裂を迎えるかもしれません。 木星人マイナスと天王星人との相性は精神的な結びつきが強く共鳴しあう 木星人マイナスの人は、自身でも冒険をしたりする自由さと刺激が必要であると思うものの、変化を恐れ、前に踏み出せないことが多いといえます。 そのような時、「どの道も正解。 」と、前向きな発言ができる天王星人に、大きな打撃を受けることはよくあるでしょう。 木星人マイナスの人にとって、天王星人の人は、自分の道を開いてくれる人として映ります。 二人が恋愛関係にある場合、どんな時にもぶれない、木星人マイナスの人の愛に支えられる天王星人の人は、自分の出来得る精一杯のことをしてあげたいと思います。 そして、人生をもっと楽しませてあげようとも思うでしょう。 それにより、木星人マイナスの人もまた、天王星人の人を頼もしく、そして愛すべきパートナーとして認識できるようになっていきます。 一旦愛情面で深く結ばれると、より強く繋がろうとします。 自分の魂の成長にとって、なくてはならないと感じる場面は多いでしょう。 木星人マイナスと木星人との相性は壁ができやすく心休まりづらい 木星人マイナスの人は、コツコツと道を開いていき、傍目からは「地味」な人として映ることも多いと言えます。 そんな木星人マイナスの人がより成長するためには、外へ外へと連れだす存在が必要と言えます。 木星人の人が外に出ないわけでもありませんが、積極的に刺激を受ける機会を得ようとしないため、周囲から取り残され、成長できずにいる自分に苛立ちを覚えるようにもなるでしょう。 木星人マイナスの人の内面的な束縛感が強く働いて、物事を真面目に捉え過ぎると、窮屈な関係になりがちです。 また、お互いが自分でなんとかしよう、相手に負担をかけまいとすることで、必要な会話ほど自分にためてしまう可能性もあるでしょう。 そうした習慣が根付いてしまうと、そこから抜け出すタイミングを掴めず、次第に疲れるだけの関係になっていきます。 木星人マイナスと水星人との相性は前へと進む力を高め合うことができる 木星人マイナスと水星人は、お互いの足りない点を補い、目標に向かって共に歩んでいける二人です。 木星人マイナスは、実直で軽々しいところがなく、人に対して真心をもって誠実に接しようとします。 水星人は常に冷静に物事を判断し、見極める事ができ、突発的な場面でも慌てふためいたりする事なく、冷静に対処する事ができます。 しかし、水星人は時に人から、「冷たい人」「何を考えているかわからない」ととられてしまう事があるので、木星人マイナスがその点をうまくカバーし、水星人を引っぱってやるとうまくいくでしょう。 そして、重大な決断を伴う場面では、水星人が力を発揮し、より良い方向に導く事がベターです。 お互いがお互いを尊重し、長所を認めあう事で、高いハードルも一緒に乗り越えていくことができます。 木星人マイナスの2020年運勢 木星人マイナスのあなたは、2020年は仕事や学業に関する取り組みに運が向きやすい運勢となるでしょう。 木星人マイナスの方は、12年に一度あるとても金運の良い時期を迎えます。 もちろん待っているだけでお金がやってくるなんてことはありえませんので、誠実に努力してチャンスをつかむことが大切です。 また、仕事や学業の面でも良い結果を得やすいでしょう。 自分自身の力を発揮しやすく、良い評価がられやすい傾向にあります。 新たな仕事・勉強の環境に飛び込んでいくことで、あなた自身の評価や給与がアップあすることもあるでしょう。 人脈から金運をつかむこともありますが、それを期待して人付き合いをしてしまうと孤立しやすくなります。 謙虚な姿勢を心がけましょう。

次の

土星人マイナス(-/陰)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

土星人マイナス 性格悪い

プライドが高く、何を考えているか周りに悟られまいと生きている土星人マイナスですが、意外と単純で、かなりお人よしの人が多いです。 詐欺にひっかかりやすい人が多いのも土星人マイナスの特徴で、基本的に優しいので、「あなたしか頼れる人がいないの。 」なんて言われてしまうと、ついついお金を貸してしまったり、助けてあげようと思ってしまうでしょう。 また、理にかなっていればどんなことでも素直に受け入れる性格もしており、周りが思っているより非常に単純で分かりやすい性格をしているようです。 土星人マイナスの人は仕事よりもプライベート優先という仕事運になります。 何を考えているかわかりにくく、プライドが高めとされます。 素直で単純な面があり、騙されやすいと言われています。 優しさに付け込まれて、損することも多いようです。 性格的には仕事に向いていないようですが、辛い仕事でも楽しみながら頑張れる面あります。 逆境やトラブルに強いので、成功がつかみやすいようです。 協調性に欠けるので、人数の多い組織よりも小規模な組織に向いています。 豊かな想像力を持っているので、クリエイテイブな分野で活躍が期待できます。 表現力にも長けているので、画家、作家、音楽家に向いています。 精神世界に興味があったり、その才能を持っている可能性が高くなります。 占い師などのスピリチュアル系も適職と言えます。 何かと束縛されがちなバリバリの営業会社には向いていません。 神経質な恋愛になりそうです。 土星人マイナスはとても繊細な性格をしているため、二人が一緒になると常にガラスを扱っているように壊れやすく、もろい関係になりがちです。 常に相手に気を使って恋愛をしないといけないので、お互い疲れてしまうでしょう。 土星人マイナスはお互い自分の世界を持っている似たもの同士なので、理解しあえる部分は多いでしょう。 土星人同士がうまく行くためには条件があります。 例えば、二人が上司と部下であれば関係はうまく行きませんし、恋人同士であっても好きの量が対等でなければうまくいきません。 もし、気持ちや立場に上下関係が生まれてしまうと上手に物事が進まなくなりますので要注意です。 天王星人は自由奔放で非常にルーズな性格をしています。 どういった面をしっかりフォローできる関係であれば問題はありませんが、時間がたつにつれて天王星人のルーズさに嫌気がさしてしまうことも多くなるでしょう。 とくに土星人マイナスは何事にも白黒はっきりとつけたい人です。 そういった面で根本的に性格が合わない2人なのです。 しかし、ロマンティストという面では少し似ていて、二人が夢を語るととても意気投合するはずです。 恋愛中の2人はとても楽しいと思いますが、やはり現実的に結婚を考えてしまうと「何かが決定的に違う。 」ということに気付くはずです。 どちらかが相手に合わせることができるのかが今後の2人の鍵だと言えます。 2人の相性はかなり良いです。 根本的に考え方が似ています。 どちらも規律や時間を守り、努力家でコツコツ真面目に仕事や勉強をするタイプです。 そのため、一緒にいると居心地がいいと感じると思います。 2の間に何か邪魔者が入った途端、うまくいかなくなってしまうカップルです。 どちらかの両親や友人、自分の子どもなどが2人の間に入ってしまうと喧嘩が絶えなくなったり、一緒にいることさえ苦痛に感じてしまうでしょう。 もし、間に第三者が入らないといけない場合にはたまには2人だけの時間を作るなどの工夫が必要です。 <土星人> 性格の相性は少し神経質さが目立ちますが悪くはありません。 また、上下関係があればうまく行きません。 逆に、常に対等な関係ができていれば問題なくお付き合いしていくことが出来ます。 恋愛においてもどちらかが好きの量が増えないように、常に同等のものにしておくことが大事です。 <金星人> 相性は良いでしょう。 よくも悪くも今までの考え方が自然と変わっていくと思います。 性格は全く違う二人ですが、自分にないものを補えるような関係になります。 運気の相性もかなりいいです。 一緒にいることで何事をうまくいきますよ。 金星人のわがままさが目につくときもありますが、自分の運気をよくするためにも多少は目をつむって方がいいかもしれません。 <火星人> 相性はかなり悪いです。 一緒にいると悩みが尽きず、いいことも起きないでしょう。 土星人霊合星人は独創的な考え方を持っていて、想像力豊かです。 火星人も想像力は豊かで感受性も強いです。 一見似たようにも思えますが、実は全く違い、火星人の奇人変人さに土星人霊合星人嫌気を差して破局を迎えるということも非常に多いでしょう。 <天王星人> 相性はぼちぼちといった感じです。 よくも悪くもありません。 ただ、天王星人は自由人で、束縛しようとしてもその間をするするすり抜けていって、自分の好きなことをしようとします。 時間にもルーズで、規律を守る土星人の霊合星人にとってはストレスの原因になってしまうかもしれません。 天王星人を上手に扱うことができれば悪くはない相性となりますが、考え方が根本的に違うことから悩みの種になってしまうかもしれません。 <木星人> 2人のみで行動すれば、かなりいい相性となります。 一方で、間にだれか入ってしまった途端うまく行かなくなってしまうため、要注意です。 性格的にもかなりいい相性で考え方も非常に似ているので、一緒にいると居心地が良く感じるはずです。 <水星人> 出会った際に、お互い自分にないものを持っているので急激に惹かれ合う組み合わせだと言えます。 そのため、この組み合わせは短期間での交際で結婚に至るカップルも非常に多いです。 ただ、お互い家庭運が非常に薄い組み合わせなので離婚に至ることもあるので結婚や交際の時期については注意が必要です。 土星人マイナスの人のラッキーカラーは金・銀・黄色・白・ピンクとされています。 土星人マイナスの人は、非常に繊細な面があり、精神的にダメージを受けやすいとされています。 持ち合わせている独特の感性は、落ち着きや静かさなどに通じるとも言われています。 常に明るさがあり、何事も自然体で接したいという気持ちが強いとされています。 これらのことから、太陽と月の象徴となる金と銀がラッキーカラーとなり、癒しをもたらす色の白やピンクもラッキーカラーになります。 派手さのある赤はアンラッキーカラーとなるようです。 土星人マイナスの人のラッキーアイテムは、桃の花、オパール、真珠、上質なダイヤ、時計となります。 桃の花を飾ったり、オパールや真珠、ダイヤの装身具などを身に着けると幸福に包まれます。 また音楽もラッキーアイテムの一つに含まれますので、音楽と身近に接していることでも幸せが訪れるはずです。

次の