年金 免除 申請 期間。 国民年金保険料の免除申請は毎年するのですか。 江戸川区ホームページ

国民年金保険料の免除等の申請が可能な期間|日本年金機構

年金 免除 申請 期間

会社に勤めていない人 無職の方など が自分で納める税金一覧 ここでは会社に勤めていない人 無職の方など が自分で納める税金の内、 免除申請の制度があるものを記載しています。 免除申請ができるものは以下の3つです。 もちろん他にもありますが、今回は20歳以上の全ての方が該当するものです。 国民年金保険料• 国民健康保険料• 住民税 各税金の免除申請期間一覧 ここからは 各税金の免除申請期間の詳細を書いていきます。 国民年金保険料の免除申請期間はいつ? まずは 国民年金保険料の免除申請期間です。 国民年金保険料の免除申請の年度は「7月から翌年6月末まで」です。 その為、 国民年金保険料の免除申請に行く月は「7月」に行くのが良いということになります。 毎年7月に免除申請をすれば、翌年の6月末まで免除が受けられます。 今年 2018年 を例にしますと、2018年7月に申請すれば【2018年 平成30 7月-2019年 平成31 6月末まで】免除が受けられるということになります。 今は2020年4月ですので、次に免除申請に行くのは「2020年7月」です! 「申請の方法」や「必要なもの」などは下記の関連記事を参考にしてください。 国民年金保険料免除申請の関連記事 【 関連記事】• 国民健康保険料の免除申請期間はいつ? 次は 国民健康保険料の免除申請期間です。 前年の所得から決定された国民健康保険料を実際に支払う期間は自治体によって変わりますが、一般的には「6月から翌年2月迄の9ヶ月間」で支払うケースが多いようです。 そのため「6月から翌年2月迄の9ヶ月間」で支払う自治体の場合は納付書が届くのが6月頃となりますので、 国民健康保険料の免除申請は「6月」に行くのが良いです。 ほとんどの自治体は「6月から翌年2月の9ヶ月間」で支払うようですが、詳細は一度役場に確認するのが確実ですね。 「申請の方法」や「必要なもの」などは下記の関連記事を参考にしてください。 国民健康保険料免除申請の関連記事 【 関連記事】• 住民税の免除申請期間はいつ? 最後は 住民税の免除申請期間です。 基本的には6月に納付書が届きますので、国民健康保険料と同じ様に 住民税の免除申請は「6月」に行くのが良い 退職したばかりの方は退職後すぐ です。 申請期限は普通徴収の場合「減免を受けようとする納期の納期限」となります。 住民税免除手続きで必要なものも自治体によって少し変わりますが、一般的には下記のものが必要のようです。 住民税の納付書• 雇用保険受給資格者票 離職票• 前年の所得がわかるもの 源泉徴収票など 税金の免除申請期間 まとめ 今回は「 税金免除申請はいついくの?年金・国民健康保険・住民税の申請期間 まとめ」ということで、必ず支払う必要のある税金の免除申請期間をまとめてみました。 自治体によって変わるものもありますが、少しでも皆様の参考になれば幸いです。 税金の免除申請へ行くのにベストな月• 住民税・・・6月 納付書に記載された、納期限までなら申請可能• 国民健康保険料・・・6月 納付書に記載された、納期限までなら申請可能• 国民年金・・・7月 納付期限の2年前までは、申請可能.

次の

国民年金保険料の免除を受けると、受けない場合と年金額はどれくらい違ってきますか?

年金 免除 申請 期間

どのような学校に通っているか• 本人の所得が一定以下であるか 「学生」という身分なら、全員特例が受けられるわけではありません。 通っている学校が特例をうけることができるかどうかが重要です。 こちらは「学生納付特例」対象校一覧表です。 イレギュラーな場合は、一度年金事務所に問い合わせしてくださいね。 また、重要なのが 本人の所得です。 「学生納付特例」の場合は、 家族の所得は関係ありません。 たとえアルバイトでもビットコインでも!本人の所得が上限以上ある場合は、学生納付特例を受けられませんのでご注意を。 【特例を受けることができる所得の計算方法】• ・平成27年(1月~12月)の所得が審査の対象になる• ・平成28年4月~29年3月の間であれば申請ができる と理解しましょう。 4月にはいった段階で手続きをすれば、翌年の3月までの12ヶ月分の国民年金の支払いの猶予ができるというわけです。 その場合は、前年(1月~12月)の収入の審査などがされますよ! また、免除の申請期限は2年が上限です。 例えば、「平成28年の4月分の国民年金を猶予してほしい!」と考えたときには、平成30年の5月末日が申請期限です。 逆にいうと、申請や払い忘れていても2年以内なら手続きをすれば、実際は未納であっても、「猶予」という形にもっていけるということですね。 支払いが負担な場合は、うまく「学生納付特例」を活用してください。 追納するにしても、そのままにするにしても放置するよりは、断然条件はよいので、気がかりなら対処しておきましょう。 こちらに関連する記事があります。 皆さん、国民年金の支払いをどう考えてるかまとめました。 参考にどうそ。 学生納付特例のデメリットもわかりやすく解説しています。

次の

国民年金の免除制度とは?失業中の特例も!条件や申請方法を解説 [仕事・給与] All About

年金 免除 申請 期間

Contents• 年金を免除できる保険料免除制度・納付猶予制度 実は年金が払えない時、年金の支払いは下記の条件を満たせば免除されるか、納付猶予を与えてもらうことができます。 20歳〜50歳まで• 所得額が一定額以下 この一定額というのは免除制度や納付猶予制度かどちらかによって異なり、また所得状況によってどのくらい免除してもらえるかどうかも変わってきます。 ここでいう所得とは、本人だけでなく以下が対象になります。 申請者本人• 世帯主• 配偶者 保険料免除制度 保険料免除制度により定められる、所得ごとの免除可能金額は以下のとおりです。 フリーターも申請可能 この2つの制度はもちろんフリーターも申請することができます。 年金の免除制度といえば学生が使うイメージが多いかもしれませんが、アルバイトやパートで働いている人も利用できるので知っておくといいでしょう。 免除・納付猶予を申請するメリット 免除制度・納付猶予制度を利用するメリットは、何より支払いの負担がなくなることです。 年金は1年間で20万円程度ですが、人によっては結構な金額だと思います。 フリーターの多くは1ヶ月分の給料より多いのではないでしょうか。 20万円もあったら、正直受け取れるかもわからない年金に支払うより日々の生活費に充てたいという人は多いですよね。 また、免除もしくは納付猶予の期間中にケガや病気で傷害を負傷・死亡してしまった発場合、障害年金や遺族年金を受け取ることができます。 免除・納付猶予を申請するデメリット しかし、年金の支払いはそもそも国民の義務。 この義務を免除・猶予するだけあって、それなりにデメリットもあります。 受け取ることができる年金が減ってしまう 一番大きなデメリットは、免除金額によって将来もらえる年金の金額も減ってしまうことです。 以下が免除パターン4種類に対する、受け取ることができる年金の割合です。 全額免除:半分• しかし年金を支払えない場合でも、きちんと免除申請をすれば半額が受け取れるのはむしろデメリットと捉えることもできるのではないでしょうか。 国民年金保険料の免除申請方法 年金が払えないから免除の手続きをしたいけど、どうやればいいのかわからなくてなんとなく放置してしまう人は非常に多いです。 そうした人が後になって取り立てに苦しんでしまうケースもあります。 申請方法は簡単なので覚えておきましょう。 住民登録している市区町村役場の国民年金担当窓口へ書類を提出 申請するときは、申請者本人が住民登録をしている市区町村役場の国民年金担当窓口というところに申請書を提出します。 申請は窓口に直接行っても構いませんし、必要書類を用意すれば郵送で申請することもできます。 申請用紙は日本年金機構のホームページからダウンロード、もしくは役場で直接受け取ることができます。 申請に必要な書類 申請する際に必ず必要なのは、年金手帳もしくは基礎年金番号通知書です。 さらに場合によっては以下の書類が必要になります。 前年(または前々年)の所得を証明できる書類• 所得の申立書• 雇用保険受給資格者証の写しまたは雇用保険被保険者離職票等の写し また、失業を理由に申請する場合はさらに別の書類が必要な可能性があります。 フリーターの皆さんは上記書類を用意しておけば問題ありません。 申請はいつでもできる! 申請は役場が営業している日ならいつでも行うことができます。 年金が支払えなくて免除を希望する場合はなるべく早めに申請してください。 50歳を過ぎてしまうと申請ができなくなりますし、条件を満たす期間が短い可能性もあります。 年金が払えない場合、無視するとどうなる…? ここで気になるのが、実際に年金を支払わなかった場合にどうなるのかということですよね。 これはフリーターだけでなく、学生や自営業の人などみなさんが気になることではないでしょうか。 年金を支払わなかった場合、以下の手順で差し押さえに向けたステップが進んでいきます。 そうです、年金でも借金の取り立てのように差し押さえが起こりうるんです。 納付督励• 最終催告• 差押予告• 差押 郵送や電話で案内が来る納付督励 まずは郵送や電話で支払いを催促されます。 これは「支払えるのに支払っていない」のか「本当に支払えない」のかを確認するためです。 学生時代、大学に入学後すぐに免除申請をしていなかったため、私も郵送による通知を受け取ったことがあります。 この時点で免除申請をすれば特に問題ありません。 ここからさらに支払わないまま放っておいてしまうと、最終催告から督促へと進みます。 督促状は世帯主にも届くので最終催告状が来たら早めに手続きを 実は最終催告状の発行件数は、毎年約7万件~8万件にものぼり、年々増加しています。 督促状の発行件数は4万~5万程度。 最終催告状を受け取った人の半分以上が、特に何もアクションを起こさないまま年金の支払いを放置してしまっているということです。 気をつけてほしいのが、督促状からは本人だけでなく世帯主や配偶者にも通知がいくということ。 自宅に住みながら年金を支払わないフリーターの子供のために、30代40代になっても親が年金を払う家庭は実は結構多いようです。 年金にも延滞利息が発生する しかも長い期間支払わないままでいると、年金にもカードローンなどと同じように利息が発生してしまいます。 こうなると将来年金がもらえる・もらえないはもはや関係ありません。 こうならないためにも、年金はしっかり支払うか、制度を利用して免除もしくは納付猶予を申請しておくのがいいと思います。 払えない上に制度も利用できない場合は… ただ、制度の条件を満たすほど収入がないわけではないけど、大事な趣味や生活費のためにどうしても年金を払えない、払いたくないという人もいますよね。 そんなフリーターの方は以下の方法がおすすめです。 フリーターを続けながら厚生年金保険に加入する フリーターでも一定の勤務条件を満たしていれば、厚生年金保険に加入することができます。 これに加入すると年金の半額を勤務先の企業に負担してもらえるので、国民年金保険を支払うよりも少しお得です。 正社員になる フリーターの場合は厚生年金保険に加入するには一定の条件を満たしたうえで、企業の手助けが必要です。 しかし正社員になると厚生年金保険への加入は義務になります。 年金を払えないなら、いっそのこと正社員への転職に挑戦するのも手です。 何より、支払えないからといってそのままにせずなんらかの行動を早めに行うことをおすすめします。 フリーターから就職する場合は自分で就職活動をせず、人材紹介会社を使うことをおすすめします。 年金を払えない状態を早めに脱出しましょう。 私が実際につかった転職支援会社は一番オススメのとか研修付きのとか全国対応のあたりなのでこちらを全て登録すると必ず就職できると思います。

次の