ふるなび 評判。 ふるさと納税サイト【ふるなび】お得な返礼品がすぐ見つかる!

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

ふるなび 評判

ふるなびではメロンやサクランボなどの果物や肉類や魚類、お酒、日用雑貨やアウトドアなど約8800点以上の返礼品が掲載されていて、総合ランキング・カテゴリー別ランキング・自治体ランキングからの検索、キーワード検索から興味のある自治体・返礼品を調べられます。 また、一度チェックした返礼品は「最近チェックした返礼品」に履歴が残ります。 「ふるさと納税の流れ」や「控除限度額の目安」のカテゴリーでは初めての人にも分かりやすく説明しているだけではなく、高所得者向けのふるさと納税代行サービス「ふるなびPREMIUM」は必要な手続き等をコンシェルジュにお任せするふるなび独自のサービスも展開しています。 自治体からの最新情報を、日付・時間と共に掲載していて、季節毎に最新の情報も得ることが可能です。 ふるなびを利用し、Amazonギフトを数千円分もらった と思っていましたが、実は、Amazonギフトとの交換券で、これには短い有効期限があったことに気づかず、失効させてしまいました。 ふるなびからのAmazonギフトに関連するメールが「迷惑メールフォルダ」に分類されてしまっていて、ギフト到着に気づかなかった事と、有効期限が切れる案内メールが来なかった事、それと、通常Amazonギフトなら10年以上有効期限があり、万が一期限が切れても、Amazonは復活させてくれる事などから、安心していた事もあったと思います。 事務局に、この旨相談しましたが、『十分な有効期限を設けているから、気づかないお前が悪い』 的なとても冷たいメールが帰ってきただけでした。 ふるなびは自治体数なども少なく、ポイント還元率も他と比べて低いので、今後一切しようしないようにしたいと思いました。 発行のクリックしたら、本人確認が始まります。 【ふるなび】本人認証によるメールアドレス確認 のメールが到着するまで実に75分。 途中で我慢できなくなり数回クリックすることになります。 このメールの有効期間が30分しかないので、最初の方の数回はメール到着時点で無効になっているようです。 じっと待つしかありません。 メールアドレス確認のメール受け取って、次は電話番号の確認。 指定された番号へ電話します。 これはすぐ。 これでようやく確認が終わります。 これでようやく発行のクリックへ。 「Amazonギフト券 コードの発行が成功しました。 ご登録のメールアドレスにコードを送信しました。 」と表示をされてホッとするのですが、そのメールが到着するまでに実に95分。 我慢強い方はぜひつかってみてください。

次の

ふるなびの評判は?「ななつぼし15kg」でふるさと納税してみました!

ふるなび 評判

ふるなびではメロンやサクランボなどの果物や肉類や魚類、お酒、日用雑貨やアウトドアなど約8800点以上の返礼品が掲載されていて、総合ランキング・カテゴリー別ランキング・自治体ランキングからの検索、キーワード検索から興味のある自治体・返礼品を調べられます。 また、一度チェックした返礼品は「最近チェックした返礼品」に履歴が残ります。 「ふるさと納税の流れ」や「控除限度額の目安」のカテゴリーでは初めての人にも分かりやすく説明しているだけではなく、高所得者向けのふるさと納税代行サービス「ふるなびPREMIUM」は必要な手続き等をコンシェルジュにお任せするふるなび独自のサービスも展開しています。 自治体からの最新情報を、日付・時間と共に掲載していて、季節毎に最新の情報も得ることが可能です。 ふるなびを利用し、Amazonギフトを数千円分もらった と思っていましたが、実は、Amazonギフトとの交換券で、これには短い有効期限があったことに気づかず、失効させてしまいました。 ふるなびからのAmazonギフトに関連するメールが「迷惑メールフォルダ」に分類されてしまっていて、ギフト到着に気づかなかった事と、有効期限が切れる案内メールが来なかった事、それと、通常Amazonギフトなら10年以上有効期限があり、万が一期限が切れても、Amazonは復活させてくれる事などから、安心していた事もあったと思います。 事務局に、この旨相談しましたが、『十分な有効期限を設けているから、気づかないお前が悪い』 的なとても冷たいメールが帰ってきただけでした。 ふるなびは自治体数なども少なく、ポイント還元率も他と比べて低いので、今後一切しようしないようにしたいと思いました。 発行のクリックしたら、本人確認が始まります。 【ふるなび】本人認証によるメールアドレス確認 のメールが到着するまで実に75分。 途中で我慢できなくなり数回クリックすることになります。 このメールの有効期間が30分しかないので、最初の方の数回はメール到着時点で無効になっているようです。 じっと待つしかありません。 メールアドレス確認のメール受け取って、次は電話番号の確認。 指定された番号へ電話します。 これはすぐ。 これでようやく確認が終わります。 これでようやく発行のクリックへ。 「Amazonギフト券 コードの発行が成功しました。 ご登録のメールアドレスにコードを送信しました。 」と表示をされてホッとするのですが、そのメールが到着するまでに実に95分。 我慢強い方はぜひつかってみてください。

次の

ふるさと納税ふるなびの口コミ&評判は?キャンペーンコード・シミュレーション・ログイン情報まとめ【2020】

ふるなび 評判

2017年5月末に初めてふるさと納税してみました。 そのときはソフトバンク系のふるさと納税返礼品サイト「さとふる」で山形県のお米20kgをチョイス。 きっとふるさと納税ビギナーあるあるだと思うんですが、なんとその翌月にキャンペーンがあってAmazonギフト券2000円だったかな?たしかそんな特典がもらえたんですよね・・・。 2000円っていったら、ふるさと納税寄付者が負担する分をカバーできる額。 かなりおいしい特典です。 というわけで今回はしっかりキャンペーンをチェック! 今度は「ふるなび」っていうふるさと納税返礼品サイトで2017年11月からキャンペーンをやっていました。 ふるなびの評判は? 利用前にツイッターで評判をチェックしてみると 「こんなキャンペーンやってるよ~!」 みたいな宣伝ばかりで利用者の評判情報が全然ない 汗 2ch(いまは5chだっけ?)にもみつからず。 まあふるさと納税返礼品を選びやすくしてるだけのサイトってだけですからね。 評判ネタのメインは自治体が扱う返礼品に集中してて、サイトの評判はとくにありませんでした。 というわけで、とりあえずふるなびでお米を購入! ここでは私が申し込んだときの流れやキャンペーン情報を紹介していきます。 といっても欲しい返礼品がある人には関係ないですね。 キャンペーン適用条件は• ふるなびに会員登録すること• ログイン状態で寄付すること• クレジットカード払いすること の3つです。 北海道浦臼町「ななつぼし15kg」購入時の流れ まずはふるなびサイト内でお米カテゴリへ。 レビュー件数順に並べ替えると「ななつぼし15kg」がでてきました。 10000円の寄付でもらえる新米ではこの「ななつぼし」が一番量が多いのでこれに決定。 「大人気」とついてるだけあって、応援メッセージ数も圧倒的です。 レビューも少ないけど高評価。 詳細はこんな感じです。 納期 約1ヶ月• 期間 通年申込みOK• 回数 何度でも申込みOK 「寄付を申し込む」をクリックかタップするとログインしてない場合ログイン画面がでてきます。 のでここで新規会員登録を済ませておきましょう。 ふりがな• メールアドレス• 郵便番号• 電話番号 を入力するだけです。 あとは申し込みページに戻るので次の項目を埋めていきましょう。 ワンストップ特例制度するしないにチェック• 寄附金額• 寄付金の使い道を選択• 決済方法(キャンペーン定期用はクレカ払いのみ)• 返礼品のいるいらないを選択• 返礼品選択• 応援メッセージ入力• アンケート• 備考 商品ページで返礼品を選んでるのに、このページで商品のいるいらないを入力できるようになっているのはなんでなの?って思いますが、当然欲しいので「希望する」を選びましょう。 最後に【申込確認画面へ】ボタンを押すと入力内容確認ページへ。 あとは【送信する】ボタンを押したら申込み完了! と思ったら!ななつぼし15kgを出している自治体ではクレジットカードはVISAかMasterだけでした 汗。 JCBだめなんですかそーですか・・・。 というわけで、もう一度VISAのクレジットカード情報に修正して再送信で無事完了です。 今回は2万円分ふるさと納税するつもりだったので、もう一回商品ページから申込みましたが、入力欄の寄附金額を2万円にすれば良かったかもしれない。 その辺確証が持てなかったので2回に分けて申し込んでおきました。 2回目は年齢と寄付の使い道くらいしか入力する必要がないので簡単です。 寄付終了後、ふるなび内マイページにはこのように表示されています。 申込みを済ませると 「北海道浦臼町ふるさと納税申請完了」 というタイトルのメール到着。 2回購入したので2通きました。 内容は申し込み時の確認ページと同じ内容で特に重要なものでもありません。 あとはお米が届くのを待つばかり。 1ヶ月後くらいみたいなので来年正月明けくらいですかね~。 ちょうどいま食べてるお米が切れそうなタイミングで我ながらいい買い物したなと自画自賛。 自分を褒めてあげるのも大切です。 これで今年は4万円分ふるさと納税してみました。 はじめての体験でしたが「ふるなび」みたいな返礼品サイトを使えば簡単です。 あとは確定申告するだけ。 申告書の寄付欄に記載して届いた書類を添付するだけでしょう。 これで4万の税金が控除されるわけですね。 ふるさと納税では2000円負担するだけなので、40000-2000=38000円でお米70kg買った計算。 スーパーなら10kg3000円くらい?となると70kgで28000円分ですが、本来なら手元からなくなるだけの税金分がお米に化けたんだから十分お得です。 ふるさと納税については、今住んでる自治体の税金が減って保育園が満足に運営できない、なんていうニュースを見かけたりします。 都会の方だとそういう弊害もでてきているようですね。 国民の義務「納税」が商品購入目的になってる!なんて批判もありますけど、使える制度はありがたく使わせてもらいましょう! 今後も有効活用していきたいと思います。

次の