白人 マスク。 blog.grandprixlegends.com : 米CDCのマスク着用勧告、非白人からは抵抗感も

イーロン・マスク

白人 マスク

フランスでアジア系住民への差別 新型コロナウィルス 「私はウイルスではありません」 これは、ツイッターなどで、拡散されている言葉だ。 フランスで新型コロナウイルスが確認されたのは1月24日。 その後も感染拡大は続き2月2日現在6人に達している。 以来、アジア系の住民に対する嫌がらせや差別が起きているという。 フランスメディアによると、パリと郊外を結ぶ電車でマスクをつけていた中国人研修生が乗車を拒否されたり、学校では子供たちが差別的な言葉を投げかけられたりということが起きているという。 さらに、『黄色いアラート』という言葉で飾られた地方紙が販売されたが、黄色人種に対する差別的な表現に批判が集まったため、新聞社が「ショックを受けた方々にお詫びします」と謝罪のコメントを出した。 「黄色いアラート」と題されたフランスの地方紙「クーリエ・ピカール」 フランスでは、以前から特に中国系を主な標的とするアジア人差別が問題になっている。 パリ郊外では、アジア系フランス人を狙った暴力事件が相次いでいて、警察によると2018年5月からの1年間に114件の襲撃が起きている。 フランスを訪れて高級店で爆買いをする中国人観光客のイメージが定着しているためか、アジア人は現金をたくさん持っていて裕福だ、という思い込みが拡がっていることが、原因のひとつになっている。 そうした、フランス社会の土台に以前から見られる差別の上に、今回の新型コロナウイルスの発生で、アジア人社会からは「差別が助長されるのではないか」と心配の声が上がっている。 タクシー運転手が「中国人は乗せない」 一方、パリ中心部で過ごす私は、フランスで新型ウイルスが確認されて以降、まだそうした嫌がらせに遭遇していない。 生活はいつも通りで、地下鉄で避けられるようなこともなかった。 しかし、なるほど自分も警戒の対象になっていると思い知る日が来た。 WHO=世界保健機関は、1月30日、新型コロナウイルスをめぐる状況が、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言」にあたると判断した。 スイス・ジュネーブのWHO本部での取材を終えて、パリ郊外のシャルル・ド・ゴール空港に到着し、タクシーに乗ろうとした時だ。 並んでいたタクシーの複数の運転手たちが、私たちが乗り込もうとしたタクシーの運転手に対して、「マスクをつけろ!」というジェスチャーをしたのが見えた。 そして、運転手はこわばった表情で、「どこから来たのか?」と私たちに尋ねた。 「パリを拠点に活動している日本人ジャーナリストで、ジュネーブから戻ったところだ」と答えると、安心して「それなら乗っていい。 中国人は乗せない」と言ったのだ。 乗車後、運転手に対して「中国人は乗せないように言われているのか」などと質問を重ねると、「質問しすぎだ。 言えないこともあるんだ!」といら立ちを見せ始めた。 ただ、「どうやって中国人だと分かるのか」との質問に対しては、「中国人はマスクをしているから分かる」との答えが返ってきた。 自分が警戒の対象になっていると認識する初めての体験に、私はしばらく驚いて黙り込んでいたが、しばらくすると運転手は「気を悪くさせたかもしれない」と気まずそうに謝罪の言葉を口にした。 ただ、これが差別かというと、そうとも言えない。 空港という、いわばもっとも危険性の高い場所で、直接的な被害を受けるかもしれない職業の人たちが警戒するのは当然だと思う。 中国国内で死者が増加し続け、正体がいまだに詳しくわからないウイルスに対する恐怖感もあるだろう。 「逆の立場なら、同じように感じるだろう」と思った。 すると、運転手はハンドルを握ることを忘れるほどのジェスチャーを加えて、語ってくれた。 「これまでは特に気にしていなかったのだが、昨日、モンパルナス駅で中国人を乗せたんだ。 すると、その中国人が咳をし始めてね! 頭を抱えて 『なんてことだ!もう死ぬよ。 どうしよう!』って思って、窓を開けたけど他にどうしていいかもわからなくて、気が気じゃなかった。 中国人は乗せないと言っている同僚もいるし、中国人だけでなく韓国人も日本人も乗車を拒否するという同僚もいる。 昨日、母親から『アジア人は乗せるな』と言われたよ。 最初はそこまで気にしていなかったけれど、フランスでの感染者が増えてくるとだんだん怖くなってきた。 テレビでは、専門家が『中華料理を食べても感染しない』と言っていたから、数日前寿司を食べに行ったけれど(そもそも、寿司を中華料理だと勘違いしている)、感染者がもっと増えてきたら、中華料理のレストランにはもう行かないね。 それに、あのマスクはなんなんだ?なぜアジア人はマスクをするんだ?恐怖を感じるよ」 フランスの人たちにとって、中国人なのか、韓国人なのか、または日本人なのかははっきり区別しにくいことを改めて感じる会話だった。 また、フランスでは、「マスクをする」=「なんらかの重大な病気を持っている」と見られるので、マスクをする習慣がない。 やはり、彼らにとってマスクをつけたアジア人は、特に現在の状況において、恐怖の対象でしかないようだ。 一方、私が空港で経験したことを話すと、「それは差別とは言えない。 身を守るためだから仕方ない」という見方を示していた。 百貨店の店員がマスクで対応 さらに、中国人観光客が最も多い、オペラ座界隈の雰囲気を見に行ってみた。 大通りに観光バスがずらっと並び、多くの中国人観光客が列をなして百貨店に入っていくというのが、日常的な光景だ。 百貨店の店員たちは、どのように対応しているのか気になった。 水色や黒色のマスクをした中国人観光客があちらこちらに見られた以外に、驚いたのは、フランスの高級ブランドの店員がマスクをして接客をしていたことだ。 マスクする高級ブランドの店員 店員がマスクをするかどうかについては、フランスでも意見が分かれている。 フランスメディアによると、この百貨店の別の高級ブランドの店員は、自分の売り場の店員たちにマスクをつけないよう求めているという。 なぜならば、「フランスでは、マスクをつけているのは病気である証拠であって、他人への配慮という意味にはならない。 だから、同僚たちには、パーティーに行くのをやめてビタミンCをとり、疲れを見せないようお願いしています。 そうでないと、お客様からコロナウイルスを持っていると思われてしまうから」。 この百貨店でアジア人がどういう対応をされるのか気になって、買い物をしてみた。 すると店員が、「日本人ですか?パリに住んでいる日本人?」と、とても軽やかに、そしていかにも普通の会話のごとく尋ねてきた。 「なるほど、普通の会話と見せかけて中国人ではないか確認しているのだな」と思った。 これまで、この百貨店で一度もこのようなことを聞かれたことがないからだ。 パリには、中国人街がいくつかあるが、春節のパレードはキャンセルされ、春に延期された。 人通りも少なくなったパリ13区の中国人街では、それでも春節を盛り上げようとする若者たちが獅子舞を披露し、足を止める人々に対し、「もっと前で見てください!」と声をかけていた。 しかし、聞こえてきたのは、「春節の祭りは、キャンセルされたんじゃなかったか?そう聞いたはずなのに」とつぶやくフランス人の声。 そして、太鼓の音が心なしかむなしく響いていた。 パリ13区の中国人街 【執筆:FNNパリ支局長 石井梨奈恵】.

次の

【悲報】アメリカの非白人、マスクをすると逆に命の危機!! 警官に犯罪者と間違われて射殺される可能性も・・・

白人 マスク

95 ID:dGBTblVw0 米CDCのマスク着用勧告、非白人からは抵抗感も (CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、米疾病対策センター(CDC)は現在、 すべての米国民に対し、公の場でのマスク着用や布製品などで鼻や口を覆う対策の実施を呼びかけている。 しかし、アフリカ系や中南米系などの非白人層からは、こうした勧告への抵抗感を示す声も上がる。 米国社会において非白人が顔を覆っていると、犯罪に関連するイメージを持たれやすいというのがその理由だ。 オハイオ州立大学で経済学を研究するトレボン・ローガン教授はCNNの取材に答え、CDCの指針に従うつもりはないと明言。 「ただでさえ、黒人であるというだけで犯罪にかかわっているのではないかと思われてしまうケースは枚挙にいとまがない」と 指摘したうえで、CDCの勧告通りマスクや布製品で顔を覆えば犯罪者のように見られるのは避けられず、とりわけ 黒人の場合はそうなるとの認識を示した。 ローガン氏自身も黒人だが、こうした懸念を抱いているのは同氏1人ではない。 ソーシャルメディアへの投稿やCNNの 取材に答えた非白人の人たちからは同様の不安を訴える声が多く上がった。 共通するのは医療用でないマスクや バンダナなどの製品で顔を覆うと、人種に基づく思い込みが増幅され、黒人やラティーノ(中南米系)の立場を危うく しかねないという見解だ。 オハイオ州コロンバスで教育関係の仕事に携わるアーロン・トーマスさんはツイッターで「ハンカチか何かで顔を覆うのに 不安を感じる。 明らかに防護マスクではないもので顔を隠して店に入っても大丈夫なのだろうか。 自分は黒人で、 こんな世の中だから安心できない」「ただ生き延びたいのではなく、生き生きとした暮らしを続けたい」と訴えた。 (略) 米国では人種差別的な先入観もあって、犯罪の容疑者といえばフードを頭からかぶり、顔を覆った黒人の姿を イメージする傾向が強い。 黒人が医療用マスク以外のもので顔を隠していれば、「あらゆる犯罪の描写に登場する、いかにもありがちな黒人の 容疑者そのままの見た目になる」(ローガン教授) CDCは勧告と合わせて公開した動画の中で、バンダナやスカーフ、古くなったTシャツなどをマスクとして活用する 方法を説明している。 しかし例えば、特定の色のバンダナはギャングとの関係や暴力のイメージを呼び起こすと、 ジョージア州立大学で犯罪学を研究するシントリア・ジョンソン助教は指摘する。 ジョンソン氏によれば、非白人の人たちは自分の見た目に関する決定を日々意識的に行わなくてはならない。 世間にどのような姿を見せるのか、他人からどう思われるのかを常に念頭に置き、とりわけ警官に与える印象を考慮するという。 (略) 警官に犯罪者と間違われれば、最悪射殺されるケースもある。 米自由人権協会(ACLU)のレニカ・ムーア氏は 非白人層の置かれた状況について、顔を覆わなければ感染を広げることになり、覆えば人種差別的な偏見から 犯罪者の疑いをかけられるとし、どちらにせよ命にかかわるリスクにさらされると語った。 38 ID:ye6sjEvS0 西洋甲冑を装備しろ。 中世にもどれ。 48 ID:pqWKlUi30 人権先進国アメリカ白人様のお手並み拝見といこうぜ。 76 ID:ESY8Q2EX0 いまでも予防のためにつけてるわけじゃないだろ 日本で警備員さんがとかが付けてる 透明の口の周りを覆うやつが良いんじゃないか 顔かくれないし.

次の

【DC街角ストーリー】マスクが映し出す政治|【西日本新聞ニュース】

白人 マスク

概要 [ ] 「 団体」とされるが、正確にはを至上とし(ノルディック・イデオロギーという)、主に、、近年においてはなどの他ののに対し異を唱え、同様に、や、の権利運動やなどに対しても反対の立場を取っている。 を掲げ、の()などの北方系ののみがの子孫であり、唯一魂を持つ、神による選ばれし民として、他の人種から優先され隔離されるべきである、と主張する。 名前の由来はの「kuklos(円環、集まりの意)」のと英語の「clan(氏族、一族)」を変形させたものと言われる。 別の説として、の操作音が起源という説もあり、の短編『』で紹介され世に広まった。 団員は「クークラクサー」、もしくは「クランズマン」と呼ばれた。 白装束で頭部全体を覆う三角白頭巾を被りつつを行う集団として世間で認知されている。 歴史 [ ] 起源(第1のKKK) [ ] 初期のKKKメンバーを描いた絵 「第1のKKK」は、終結後の、にて、のを含む6人のによって設立されたと一般に考えられており、KKKの側もその様に喧伝する傾向にある。 しかし、実際にはこれ以前から同様の組織は存在したとされ、また活動内容も南軍の退役軍人達で作られた「交遊会」であって、最初から政治団体として結成された訳ではなかったといわれる。 19世紀のアメリカではを結成することが流行し、アメリカ人の5人から8人のうち1人の割合でなんらかの結社に加入していた。 初期のメンバーはボール紙で補強された顔を覆う三角巾と丈長のガウンを身に着けたが、色や模様は決まっておらず、相互確認のためのホイッスルを携帯した。 この扮装は、当時流行していた、夜道で通行人を驚かせるいたずら目的に着用されたものだった。 会員が増えるにつれ、他のと同じく神秘的なと独特な呼称を持つが定められた。 結社の噂は周辺地域に広がり、1867年ごろからメンバーが急速に増えていった。 徐々に政治活動を開始した際にも主要な目標は旧連合国(南部)に対して、合衆国政府が行っていた事実上の占領統治()への反対が中心であった。 やがて反奴隷解放も主張に加えられるようになり、白い布で作った装束を身にまとって黒人の居住区を練り歩くという嫌がらせ行為を行うようになった。 元は軽いからかいとしての行動に過ぎなかったが、白人の復讐を恐れていた黒人達は白装束の集団に恐れをなして家の中に逃げこんでしまった。 これに味を占めた団員の一部は示威行為を度々繰り返すようになり、評判を聞きつけた南部の人種主義者達が「第1のKKK」への加盟を望む動きが生まれ、最右翼の人種差別過激派として保守的な白人の支持を集め始めていく。 それでもこの時点でのKKKには後に見られるような「反ユダヤ」などのは無く、あくまでが思想の中核であった。 その為、南部陸軍軍医総監だったらユダヤ人のメンバーも存在していた。 また最初の時点でのKKKは「黒人を懲らしめる」「躾け直す」という理屈で行動しており、必ずしも暴力行為を伴う訳ではないデモ活動などを基本としていた。 だが次第に過激化し始めた彼らは白装束で街を巡回し、彼らが独断で決めた時刻以外に外出する黒人を鞭で叩いたり、夜中に「」と呼ばれる、馬に乗った団員が現れ、脅迫、暴行を加えるようになった。 更にこれに批判的な白人までもが敵として暴力を振るわれ、投票権を行使しようとした黒人が殺害される事件まで発生する。 1867年夏、KKKはで開催された大会の後に著しい成長を遂げ、この大会で指導者としてフォレストが推薦され、「グランド・ウィザード(、総司令。 直訳では「大魔導士」)」の称号を与えられた。 1868年には団員数が55万人を超えたと言われている。 しかし暴力的傾向が強まっていくKKKに嫌気が差したフォレストは「当初の栄誉ある、また的目的から外れ、大衆の安寧に貢献するよりも有害になっている」として、にクランの解散を宣言し、また社会的義務を果たせる人物であればアフリカ系アメリカ人の社会進出にも賛同した。 だが、メンバーの大半はその解散宣言に従わず活動を継続した。 には遂に政府から非合法の集団と認定され、摘発が開始された。 フォレストら南部連合の有力者が離れた後も独自活動を続けていた「第1のKKK」であったが、警察だけでなく占領地に駐留する軍部隊による鎮圧も行われ、勢力再建は困難であった。 また自由黒人だけでなく北部人への抵抗を主張し、南部でも厄介者として扱われる彼らの勢力は大きく伸張する事はなかった。 そもそもこの時代には奴隷解放を主導した合衆国政府も自由黒人への全面的な市民権を認めるつもりはなく、は南部諸州が合衆国連邦に忠誠を誓う事と、奴隷制度の廃止を定着させる事、戦費を回収する事などが要点に置かれていた。 (北部の役人、政治家)や(占領に協力する南部人)ら南部が主導する戦後処理は1877年まで続き、政権下で北部諸州の軍と政治家はそれぞれの州へと撤収して統治権を南部諸州へ返還した。 同年から南部諸州で南部共和党の州政権が次々と解体され、南部民主党が復権を果たした。 南部復興の中でも奴隷制は完全廃止が維持されたが、白人と黒人の「分離」という形式をとった実質的な差別法制(いわゆる)が南部各州の州法という形で制定され、人種的な対立は継続した。 最終的にかかる差別的法制を正当化する法理(いわゆる「」ドクトリン)が連邦最高裁で合憲とされた()。 非合法化と軍や警察の摘発に加え、の終焉によって存在意義を失った「第1のKKK」はやがて自然消滅した。 第2のKKK [ ] ()を行進するKKKメンバーら。 1928年撮影 の勃発はアメリカ国内にの高揚をもたらすと同時に、ドイツ・トルコ・スラブ・ユダヤなどの移民と移民を祖先とするエスニック集団に対する ()を高めた。 ので「神のお告げ」を聞いた白人の伝道師 により「第2のKKK」が誕生する。 アメリカの第一次世界大戦への参戦と同時にKKKは反ドイツ主義を前面に出し、を摘発する情報組織として活動した。 敵国出身の移民から「アメリカ人」を守る愛国者団体であることを強調したKKKは、仮想の危機で人々を煽って会員を増やしていく。 戦争を経て5000人規模の組織となった第2のKKKは、アメリカ南部のノスタルジア、愛国心、騎士道、倫理観を守ることに焦点を当てた。 第2のKKKは「黒人を躾ける」とした以前のKKK以上に強硬的な過激派として活動し、その思想も従来の黒人差別のみならず全体の排撃を主張した。 人種主義に加えて民族主義や宗教色も強まり、セム人種やも攻撃の対象としたKKKは白人貧困層の絶大な支持を集め、幾つかの州では少なからぬ政治的影響力を持つに至った。 他にやも攻撃対象とされた。 にはだけで2,500件以上の暴行事件を起しており、放火や殺人が日常的に行われた。 暴力行為も凄惨の限りを尽くし、両手を攻撃、縄で縛って列車に轢かせる、焼印を押すなど残虐さを極めた。 こうした動きに乗る形で伝統的にKKKの勢威が強かった南部の州のみならず中西部のや、それにではKKKの構成員もしくはKKKに対して好意的な政治家らが州政府を支配するなど合法的な進出を果たし、ではKKKの構成員 が州知事にまでなっている。 一方ではこの当時影響力を有していたKKKを自己の選挙に利用するために擦り寄る者もおり、後の大統領もそのためにこの当時KKKに加入していた しかし、後に彼は、をアメリカ大統領として初めて支持する大統領となる。 この当時(頃)が KKK の絶頂期であり(英語版のWikipediaによれば構成員は600万以上)、には構成員数万人を動員してワシントンD. でデモ行進を行った。 このデモ行進が皮肉にもKKKが行った最後の大規模な行動となる。 KKKの拡大に気を良くしたのか、などで一部の構成員がKKKが控えていた過激な活動を再開する。 離婚した女性に制裁を加えたり、人種の枠を超えて行動していた白人や黒人にリンチを加えたり、あまつさえ売春宿など「倫理的ではない」建物を襲撃するに及んで、州の保守エリート層から手痛い反撃を食らってしまう。 この反撃の結果、アラバマ州におけるKKKの構成員数はには30,000人程度まで低下する。 今までKKKを支持、もしくは容認していたアメリカの保守層もこれらの事件を機にKKKに対して距離を置くようになる。 そして、当時のKKK指導者がとで有罪判決を受けたことが決定打となり、「第2のKKK」は一気に崩壊した。 年 会員数 1920 4,000,000 1924 5,000,000 1930 30,000 1970 2,000 2000 3,000 2006 8,000 凋落 [ ] KKKの凋落は、3月15日に当時KKKの指導者的な立場にあった ()が起こした事件が契機となっている。 当時この事件はかなりセンセーショナルなものであり、この事件に対する裁判の結果がKKK崩壊のきっかけとなった。 また、スティーブンソンが賛成論者で、キリスト教的「女性らしさ」を支持すると公言していたことが逆風となった。 事件の経緯は以下の通りである。 犯人のスティーブンソンがの女性教師を拉致し、行きの汽車に連れ込み(スティーブンソンは自分専用のを持っていた)、無理やり酔わせ、強姦し、さらに全身を噛んだ。 に戻った後、スティーブンソンは自分の家からオーベルホルツァーを解放する。 去り際に彼女は「必ず法があなたを裁くでしょう!」と言ったがそれに対してスティーブンソンは笑いながら「私が法律だよ」と言ったという。 帰宅後オーベルホルツァーは治療を受けたが、スティーブンソンに連れ回されていた間に自殺しようと飲んだの影響で既に手遅れの状態であった。 彼女は死ぬ前(3月28日)にスティーブンソンを告発し、4月14日ににより死去した。 しかし、仮に彼女が自殺を試みるために塩化水銀を飲み干していなくても、おそらく感染症で死んだだろうとも言われている。 後に彼女を診察した医師は、彼女の体を見て「まるでの群れに襲われたようだ」とコメントした。 彼女の証言を元にスティーブンソンは起訴される。 スティーブンソン(及び彼の)は、彼女の死は自殺であり自分とは関係ないと主張するが、司法は第2級殺人罪(アメリカで言う「計画的ではないが故意による殺人罪」)と認定、を宣告する。 この事件によるKKKのイメージ悪化で、インディアナ州の場合、1928年には18万人もいたメンバー数が1930年には4,000人にまで激減する。 当時のインディアナ州知事はKKKのメンバーで、スティーブンソンが積極的に支持することによって当選できたエドワード・L・ジャクソンだった。 この事からスティーブンソンはかを期待していたとされるが、ジャクソンはそれを拒否。 怒ったスティーブンソンは1927年にKKKから賄賂を受け取っていた州職員のリスト(ジャクソンを含む)を公表し、州職員の怒りを買った。 その結果、インディアナ州政府からKKK色は一掃される事になり、全国的な影響力は大きく低下した。 ジャクソン知事本人も前知事を買収しようとした容疑で訴追され、有罪にはならなかったものの「買収しようとしていたことは事実である」と認定された。 時代には休眠状態だったが、にが参戦したことによって、の兵士や労働者の地位向上が見られるようになり、戦後のに繋がった。 そのことに危機感を覚えた者たちによって復活するが、白人至上主義団体も乱立しており、かつての勢いは取り戻せなかった。 第3のKKK [ ] 第二次世界大戦後、KKKはアメリカ南西部で労働者階級を主体として息を吹き返したが、統率力に欠け、影響力の低い組織だった。 にフィラデルフィアで、地元警察と結託したKKKが3名を謀殺し、がに対KKK作戦を命じて警官を含む21名を逮捕した事件は、公民権運動における重要な出来事のひとつとなった。 KKKの全国的な影響力は大幅に低下したものの、その後も形を変えて細々と生き長らえ、現在もなお幾つかの分派が活動を続けている。 現在存在する比較的規模の大きいKKK団体:• Bayou Knights of the Ku Klux Klan-テキサス州、オクラホマ州、アーカンソー州、それにルイジアナ州などアメリカ南東部を拠点に活動するKKK• Church of the American Knights of the Ku Klux Klan• Imperial Klans of America• Knights of the White Kamelia• Knights of the Ku Klux Klan-現在アメリカに存在する最大のKKK団体だと自称している これ以外にも数多くの小規模なKKK系の団体が存在する。 2005年時点での推定では約3,000人のメンバーが100~158あるKKK系の団体に所属していたとされる。 アメリカのメディアでは未だに KKKとして統一団体のように紹介されるが厳密に言えばKKKの全国組織は前述のように1927年の時点で崩壊している。 現存するKKK系の団体に横のつながりはほとんどなく(組織によってはライバル意識すらある場合がある)、中央組織のようなものも存在しない。 しかし一方で、徹底した地下組織化による中央組織・連絡協議会的組織の温存の疑いや、点在する表面上の小組織の化(系各種テロ組織や各種団体を例にとれば分かる通り、一部組織の違法活動発覚で組織全体が芋づる式に検挙される危険性の回避に役立つ)工作の疑いも持たれ続けている。 現在アメリカでは、オハイオ州などでImperial Klans of America(通称IKA)が活発に活動を行っているとされている。 2006年2月20日付けのニュース「Headline prime」の特集によると、IKAは現在若い世代に世代交代し(リーダーが20代)、KKKの主流として台頭していると言う。 活動の活発化のバックグラウンドとして、ここ5年でアメリカの予備軍の数は600から800へと急増しているということを挙げていた。 それに伴い構成員の人数も2000年の3,000人から8,000人へと急増している。 同じく人種差別を行う事からを模倣するようになってきている(敬礼方法が左手を開いて前に出す等)。 従来のKKKと異なる点は、破壊活動や暴力など違法行為を認めていない点である。 IKAの本部はにあるが、全米各地に支部を設けている。 、ユダヤ人団体「(ADL)」は、「KKKの活動が再び活発化しており、南部以外の州にも勢力を伸ばしつつある、・グループと手を結んでいる」と警告する報告書を公表した。 KKKが移民問題や同性結婚、都市犯罪などを活用して、「驚くべき『復活』を経ている」と強調した。 ただしADLという組織に関しては、に起きたミシシッピー州のADL職員の自宅爆破未遂事件が、ADLがKKKリーダーを買収して実行させたテロであったことが「」のスクープで暴露されるなど、多くの虚偽や違法行為に抵触してきた団体であることに注意する必要がある [ ]。 時点において、KKK系活動家の中には、の不法に対する厳しい態度・政策に支持を表明する者もいる。 近年ではにおいても派生団体が誕生した。 しかし、イギリスにおけるKKKは非常に小さな運動にしかなっておらず、イギリス社会への影響力は小さいとされる。 政治家 [ ] はクー・クラックス・クランに関係していた。 は加入したがすぐに辞めた 後に公民権運動を支持する大統領となる。 KKKが主題の作品 [ ]• 第1話 偏見の恐怖• The Klansman• (劇中のカルト集団は KKK を暗喩したものと言われている)• ( Part6)• () - 1963年にアラバマ州バーミングハムで起こした教会爆破事件を基にしたのノンフィクション。 黒人の少女4人が犠牲になった事からこの題名が付いている。 9 FBI行動分析課 第9話 奇妙な果実• -「The KKK took my baby away」という、曲がある• 脚注 [ ] []• 267-281. 「改訂版 世界の民族地図」P85 高崎通浩著 1997年12月20日初版第1刷発行• 169-173. 「」『ついに自由を我らに 米国の公民権運動』アメリカンセンターJAPAN pp. 48-49. 2017年8月25日閲覧。 ,, , , , all retrieved August 26, 2005. 『』朝刊2017年8月24日 参考文献 [ ]• 浜本隆三、(編)、2015、「アメリカの秘密結社クー・クラックス・クラン:人種差別団体の実像」、『欧米社会の集団妄想とカルト症候群』、明石書店• 、(編)、2005、「南北戦争後の憎悪」、『クラブが創った国 アメリカ』、山川出版社〈結社の世界史〉 関連項目 [ ]• - ()に着られる伝統的な宗教衣装。 KKKの衣装と誤解されることがある。 - かつてKKK(Kokusai Kogyo K. )という略称を使用していたが、当団体を想起させるため現在は使用していない。 - ヨーロッパなどの一部店舗においてKのマークの旗()が3つ並べられていたことがあり、当団体を連想させるとして旗が変更された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 公式サイト• (リンク切れ)• (リンク切れ) 学術団体• 個人サイト• 1950年代以降の南部での。 現在の KKK の状況のレポートも。

次の