お がら の 焚き 方。 商品詳細|鳩居堂 煉香、印香の専門店

濃厚!鶏ガラスープの取り方〜下処理から丁寧に解説〜

お がら の 焚き 方

Contents• 麻幹(おがら)とは?知っておきたい!お盆の時の使い方 麻幹って見た目はただの木の切れ端のようで、見ただけでは何に使うのか分かりませんよね? そもそもこの「麻幹」とは お盆で門火を焚くときに使う「麻」という植物の茎 のことを指します。 (「あさがら」とも読みます) お盆には 「迎え火」・「送り火」という風習があって、その際に火をつけて燃やすための 「一種の燃料」として使うものなんです。 (この火を「門火」といいます) 【簡単な迎え火と送り火の説明】 「迎え火」とはご先祖様がお盆に帰ってくる時に、麻幹に火をつけて明かりを灯し 道に迷わないようにする意味があります。 盆入りの13日の夕方に玄関先で素焼きの皿に麻幹を入れ燃やします。 適当な長さに折り、積み重ねて焚きこの火を使いロウソクに火をつけます。 「送り日」はご先祖様が 帰り道に迷わないように明かりを灯してあげるために行います。 一般に送り火は16日の夕方に行い、「送り日」とも言われます。 現在は仕事や環境により「迎え火」や「送り火」が出来ない時は、必ずしもやらなくても問題はありません。 お盆には「麻幹箸」をお供えしよう 麻幹はなにも燃やすためだけにあるのではありません。 お盆には麻幹で作った箸を お供え物に添える風習もあるんです。 この麻幹で作った箸のことを 麻幹箸(おがらばし) といいます。 お盆には 盂蘭盆(うらぼん)と言う期間があり、時期は7月15日頃にあたり、先祖の冥福を祈る仏事になっています。 お盆の時期に供え物や仏具を並べるための 精霊棚を設けますが、この精霊棚のお供え物に麻幹箸を添えるのが一般的な使い方となっています。 麻幹箸の購入場所としては、お盆時期にスーパーやホームセンターで販売されています。 精霊棚には精霊馬と呼ばれる 「茄子の牛」と「きゅうりの馬」があり、それぞれに麻幹を折って足に見立てて取り付けます。 精霊馬をお供えする意味とは、ご先祖様を迎えに行く時は「早馬」でお送りする時は「ゆっくりと牛に乗って」お帰りいただくようにと願いが込められているんです。 >>><<< この他にも「霊供膳」や「位牌」なども精霊棚にお供えします。 【まとめ】お盆には麻幹を使ってみよう! ご先祖様が1年に1度こちらに帰ってくるとされているお盆には、麻幹を焚いて 「迎え火」や「送り火」を行ってみましょう。 お供え物を置く精霊棚を設置して麻幹箸を添え、ご先祖様に くつろいでいただけるようにしてみてはいかがですか? 今まで売っているのを見かけても、用途が分からなくて困っていた方もこの機会に是非使ってみて下さい。 麻幹の使い方やどんな物なのかが分かると、意外に身近に感じることが出来ますね。 それぞれの生活スタイルに合わせて、出来る範囲でご先祖様をお迎えして送り出してあげるように準備してみて下さいね。

次の

知識をつけておこう!薪を使った風呂の仕組みや焚き方とは

お がら の 焚き 方

Contents• 麻幹(おがら)とは?知っておきたい!お盆の時の使い方 麻幹って見た目はただの木の切れ端のようで、見ただけでは何に使うのか分かりませんよね? そもそもこの「麻幹」とは お盆で門火を焚くときに使う「麻」という植物の茎 のことを指します。 (「あさがら」とも読みます) お盆には 「迎え火」・「送り火」という風習があって、その際に火をつけて燃やすための 「一種の燃料」として使うものなんです。 (この火を「門火」といいます) 【簡単な迎え火と送り火の説明】 「迎え火」とはご先祖様がお盆に帰ってくる時に、麻幹に火をつけて明かりを灯し 道に迷わないようにする意味があります。 盆入りの13日の夕方に玄関先で素焼きの皿に麻幹を入れ燃やします。 適当な長さに折り、積み重ねて焚きこの火を使いロウソクに火をつけます。 「送り日」はご先祖様が 帰り道に迷わないように明かりを灯してあげるために行います。 一般に送り火は16日の夕方に行い、「送り日」とも言われます。 現在は仕事や環境により「迎え火」や「送り火」が出来ない時は、必ずしもやらなくても問題はありません。 お盆には「麻幹箸」をお供えしよう 麻幹はなにも燃やすためだけにあるのではありません。 お盆には麻幹で作った箸を お供え物に添える風習もあるんです。 この麻幹で作った箸のことを 麻幹箸(おがらばし) といいます。 お盆には 盂蘭盆(うらぼん)と言う期間があり、時期は7月15日頃にあたり、先祖の冥福を祈る仏事になっています。 お盆の時期に供え物や仏具を並べるための 精霊棚を設けますが、この精霊棚のお供え物に麻幹箸を添えるのが一般的な使い方となっています。 麻幹箸の購入場所としては、お盆時期にスーパーやホームセンターで販売されています。 精霊棚には精霊馬と呼ばれる 「茄子の牛」と「きゅうりの馬」があり、それぞれに麻幹を折って足に見立てて取り付けます。 精霊馬をお供えする意味とは、ご先祖様を迎えに行く時は「早馬」でお送りする時は「ゆっくりと牛に乗って」お帰りいただくようにと願いが込められているんです。 >>><<< この他にも「霊供膳」や「位牌」なども精霊棚にお供えします。 【まとめ】お盆には麻幹を使ってみよう! ご先祖様が1年に1度こちらに帰ってくるとされているお盆には、麻幹を焚いて 「迎え火」や「送り火」を行ってみましょう。 お供え物を置く精霊棚を設置して麻幹箸を添え、ご先祖様に くつろいでいただけるようにしてみてはいかがですか? 今まで売っているのを見かけても、用途が分からなくて困っていた方もこの機会に是非使ってみて下さい。 麻幹の使い方やどんな物なのかが分かると、意外に身近に感じることが出来ますね。 それぞれの生活スタイルに合わせて、出来る範囲でご先祖様をお迎えして送り出してあげるように準備してみて下さいね。

次の

商品詳細|鳩居堂 煉香、印香の専門店

お がら の 焚き 方

お盆飾りをする期間 お盆の期間は地域によって大きく2つに分かれており、7月または8月の13日から16日までとされています。 いずれの場合も、お盆飾りはその期間中に飾ります。 できるだけ12日のうちに飾るものの準備を済ませ、12日の夕方から13日の朝までに飾り付けを整えましょう。 新盆を迎える際や、親戚が少し前にお参りに来る場合などは、少し早めに飾り付けをしても良いでしょう。 中でも 盆提灯は、お盆のある月の上旬から飾っても良いとされています。 お盆飾りの片付けや整理は、ご先祖様を彼岸へお見送りし終えた後、16日の夜または17日中に行います。 お盆飾りの意味と飾り方 お盆飾りの内容や飾り方については、地域や宗派によって異なる点が多く、 浄土真宗のように、そもそもお盆飾りを行わない宗派もあります。 ここでは、一般的にお盆飾りとして広く用いられているものを取り上げ、それぞれの意味と飾り方をご紹介します。 盆提灯 彼岸から帰ってくるご先祖様が、迷わず家にたどり着けるように飾るのが盆提灯です。 家紋や植物などの意匠が描かれ、迎え火の役割を持ちます。 吊すタイプと置くタイプの二種類がありますが、地域の習わしや住宅環境に合わせて選びましょう。 新盆のときには、無地の白提灯を用意して飾るのが通例です。 盆棚(祭壇) 元来は仏壇の前や横に二段から三段の盆棚を設えるのが正式とされますが、仏壇の前に小机を置き、それを盆棚として用いることも現代では広く行われています。 まこも・蓮の葉 お釈迦様がその上で病人を治療したといういわれを持つのが、まこも(真菰)のゴザです。 盆棚の上にまずまこものゴザを敷き、次に蓮の葉、その上に精霊馬や季節の野菜・果物、故人の好んだものなどをお供え物として置くのが、盆飾りの基本となります。 精霊馬 ご先祖様の乗り物として、キュウリと茄子で馬と牛をかたどったものが、精霊馬と呼ばれる飾りです。 こちらに帰ってくるときは早く来られるように馬を、彼岸に戻られるときは名残を惜しみつつゆっくり行くために牛を用意するといわれています。 夏の野菜を用いて家族で心を込めて作るもの、ということでも広く知られているかと思いますが、色和紙と麻がらによる細工品などで代用される場合もあります。 ほおずき 提灯のような形と鮮やかな色を持つほおずきは、仏事で好まれる植物です。 特に お盆の折にはご先祖様をお迎えする気持ちを表すため、盆提灯や迎え火と共に欠かせない飾りのひとつとされています。 仏花と共に活けたり、他のお供え物と並べて飾ったり、仏壇や盆棚に張ったまこもの縄に吊り下げたりと、さまざまな形で飾ることができます。 そうめん ほおずきと並んでお盆飾りによく用いられます。 そうめんをお盆飾りとするいわれには諸説ありますが、 ご先祖様がこちらへ帰ってくる際の馬の手綱とするため、彼岸へ戻られるときにお土産などの荷物をまとめるため、「細く長く幸せが続く」縁起物として、などといわれています。 水の子・閼伽水(あかみず) 地域や宗派によっては、 「水の子」を飾る場合もあります。 これは、 さいの目に切ったキュウリと茄子に洗った米を混ぜ、閼伽水(蓮の葉やミソハギで清めた水)を含ませたものを、蓮の葉を敷いた器に盛ったものです。 水の子のいわれにも、ご先祖様の喉を常に潤すためなど、諸説があります。 麻がら 麻がらは、精霊馬の脚や箸として用いる他、迎え火・送り火を焚くためにも使われます。 迎え火・送り火は、庭や玄関口などでほうろく皿の上に麻がらをのせて燃やします。 麻がらを焚く際には、くれぐれも火の始末に注意しましょう。 お盆飾りの片付け方 古来、仏事に一度使ったものは使い回しをしないことが原則でしたが、最近ではあまりそれにこだわらなくても良いという流れが一般的です。 通常の盆提灯は、お盆が済んだら丁寧に手入れをして収納し、翌年も使うことができます。 一方、 新盆用の白提灯はその年限りです。 新盆を終えたら供養を施し、お焚き上げなどの形で処分しましょう。 蓮の葉や精霊馬は、生の植物を用いている場合はその年限りで供養を施した後に処分しますが、お盆飾りセットなどに多く見られるレプリカ的な材質のものでしたら、翌年以降も使って良いでしょう。 まこものゴザも、少々濡れたり汚れたりした程度であれば、拭き清めた後しっかりと乾燥させ、翌年また使うことができます。 しかし、地域の風習などにより一度水につけた場合は、やはりその年限りで供養し処分した方が賢明でしょう。 その他お供え物にした食べ物については、 食べられるものはできるだけ家族でいただきます。 食べきれないものやお花といったものは、可能であれば庭に埋めるか、お焚き上げをお願いしましょう。 それも難しい場合、 塩で清め半紙などの白い紙に包み心を込めて供養を施せば、可燃ごみとして出しても問題ないといわれています。 まとめ 古くから伝わるお盆飾りの意味や飾り方、片付け方の基本などについてご紹介しました。 それぞれの生活環境の中で無理なく、心を込めてご先祖様をお迎えするためのご参考となれば幸いです。 葬儀やご供養の方法などについて、お困りのことやお悩みになっていることがありましたら、どんな小さなことでもどうぞお気軽に、ご相談・お問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の