かつてん 店舗。 株式会社フジタコーポレーション(かつてん)/かつ丼と天丼の、かつてんでの独立・開業・起業|フランチャイズ加盟募集.net

お料理メニュー

かつてん 店舗

2005年4月20日上場 本社所在地 〒0530021 若草町5丁目3-5 設立 代表者 代表取締役社長 遠藤大輔 資本金 6億5923万円 売上高 47億32百万円(2017年3月期) 純資産 62百万円(2017年3月) 総資産 36億68百万円(2017年3月) 従業員数 112人(2017年3月) 決算期 3月31日 主要株主 24. , LTD. )は、本社をに置く、北海道・・地方で経営する。 、、等を経営する。 概要 [ ] 事業内容として、道央圏でのを初め、オリジナルブランドであるどんぶり専門店の「かつてん」などフードサービス事業を柱として展開している。 事業部門において、フランチャイズ本部に加盟契約を締結して店舗展開を行っているフランチャイジー業態と、同社が独自に開発し、店舗展開を行っているオリジナルブランド業態がある。 2015年、運営するモスバーガー苫小牧店が、8年連続で「モスチキン・クリスマスキャンペーン」の販売個数で日本一を達成した。 なお、大手建設会社のとは資本面・人材交流の面でも無関係である。 沿革 [ ]• 3月 - 「有限会社ファミリーフーズ」として創業。 「株式会社」とでの「」の契約を締結。 10月 - 「株式会社モスフードサービス」と「」のフランチャイズ契約を締結。 - 株式会社化(「株式会社ファミリーフーズ」)。 10月 - 「株式会社」と道央圏での「蔦屋書店」・「TSUTAYA」のフランチャイズ契約を締結。 4月 - 現社名に変更。 3月 - 「株式会社どん」と「」のフランチャイズ契約を締結。 10月 - オリジナルブランド業態にて本・ゲームソフト・CD・DVD等のリサイクルショップ「BOOK・NET・ONE」第1号店(平岡店)を開店。 7月 - オリジナルブランド業態にて家具・家電・衣料等のリサイクルショップ「NET・ONE」第1号店(平岡店)を開店。 2月 - 「株式会社」と「情熱酒場 情熱ホルモン」・「焼肉五苑」のフランチャイズ契約を締結。 2002年3月 - 「ライトクロス株式会社」と専門店「アフロディーテ」のフランチャイズ契約を締結。 2002年7月 - オリジナルブランド業態にて専門店「かついち」第1号店(千歳店 )を開店。 2002年10月 - 「有限会社河西運輸」(現・「株式会社クリエイト物流」)とオリジナルブランド業態「BOOK・NET・ONE」のフランチャイズ契約を締結。 3月 - 「株式会社おむらいす亭」(現・「株式会社」)と「」のフランチャイズ契約を締結。 また、オリジナルブランド業態にてカフェ・デザート・軽食店「CAFE Sta」第1号店(西岡ポスフール店 )を開店。 2003年7月 - 「株式会社ドトールコーヒー」と「」のフランチャイズ契約を締結。 2003年11月 - 「株式会社はなまる」と「」のフランチャイズ契約を締結。 3月 - 「株式会社」と「暖中」のフランチャイズ契約を締結。 6月 - 「株式会社」と「スペースクリエイト自遊空間」のフランチャイズ契約を締結。 「株式会社タスコシステム」と「暖中」・「北前そば高田屋」・「北前炙り高田屋」のフランチャイズ契約・地区本部認定契約を締結。 9月 - 「北前そば高田屋」北8条店の出店により100店舗を達成。 4月 - 「」・「」と「ドコモショップ」の販売代理店業務の再委託契約を締結。 2005年4月20日 - に上場。 2005年7月 - 「株式会社」と「リラックス」のフランチャイズ契約・地区本部認定契約を締結。 3月 - 「株式会社」と「セリア生活良品」のフランチャイズ契約を締結。 2006年11月 - 「株式会社」と発売等の事務の再受託契約を締結。 - 「株式会社ランシステム」及びの「株式会社」 より「スペースクリエイト自遊空間旭川大町店」「スペースクリエイト自遊空間旭川永山店」の営業権を譲受(ランシステム及び連結子会社のグローバルファクトリーが運営する直営店をフジタコーポレーションが運営するフランチャイズ店に転換)。 4月 - 「株式会社」と「ベビーフェイス」のフランチャイズ契約を締結。 1月 - 「株式会社サムライズ」(現・株式会社)とフランチャイズ契約を締結。 2010年7月 - 「株式会社」と「ペッパーランチ」のフランチャイズ契約を締結。 2010年 - 「株式会社ランシステム」より「スペースクリエイト自遊空間米沢金池店」 の営業権を譲受(ランシステムが運営する直営店をフジタコーポレーションが運営するフランチャイズ店に転換)。 5月 - 「株式会社」と「大阪王将」の加盟店契約を締結。 - 「株式会社どん」と「ザ・どん」のフランチャイズ契約を解除。 6月 - 2015年3月期に債務超過となり、上場廃止猶予期間入り。 3月 - と業務資本提携。 により、同社が筆頭株主及び「その他の関係会社」となる。 2016年6月 - 2016年3月期に債務超過を解消し、上場廃止猶予期間解除。 2016年9月 - 2016年9月ダスキンに第三者割当増資を実施、が第三位株主となる。 自社ブランドの店舗 [ ] かつてん [ ] 店舗名称:かつてん かつ丼・天丼などの丼ぶり屋• 北海道• デュオ新札幌店(札幌市厚別区厚別中央)• 新さっぽろ店(札幌市厚別区厚別東5条)• ウトナイ店(苫小牧市ウトナイ北)• 苫小牧店(苫小牧市明野新町)• 苗穂イオン店(札幌市東区東苗穂2条)• 桑園イオン店(札幌市中央区北8条)• 北14条光星店(札幌市東区北14条)• 青森県• 八戸城下店(八戸市城下)• 柏イオン店(つがる市柏稲盛幾世)• 岩手県• 盛岡イオン店(盛岡市前潟) BOOK・NET・ONE [ ] 店舗名称:BOOK・NET・ONE(ブック・ネット・ワン) 中古・新古品(書籍・CD・DVD・TVゲームなど)を販売、買取。 2014年3月末日をもってに事業譲渡。 脚注 [ ] []• 、株式会社ランシステムに吸収合併された。 株式会社ランシステム 2009年8月14日. 2016年9月19日閲覧。 株式会社ランシステム 2005年4月28日. 2016年9月18日閲覧。 に閉店した。 株式会社フジタコーポレーション 2011年6月29日. 2016年9月18日閲覧。 株式会社フジタコーポレーション 2012年6月28日. 2016年9月19日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

4/30(木)新OPEN 「小僧寿し × かつてん」コラボレーション店舗

かつてん 店舗

かつてん柏イオン店 〒038-3107 青森県つがる市柏稲盛幾世41 営業時間 9時から23時 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 ランチ時600円 通常800円 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「かつてん柏イオン店」近くの施設情報.

次の

かつてん

かつてん 店舗

『かつてん』のビジネスモデルの特徴 かつてんでは様々なこだわりがあります。 まず目玉商品であるかつ丼のかつには三元豚を使用して独自の製法に基づいた調理をしており、天丼の天ぷらにはオリジナルの天ぷら粉を使用するなどこだわりを大切にしてることがわかります。 また、が北海道にあるため、近年物産展などでも大人気の北海道の厳選された新鮮な食材を使用することが可能で、他の飲食店と 比較してその商品力が強いことは疑いようがありません。 こだわりが強い、と書きましたが職人を雇う必要はなく、パートやアルバイトのスタッフでも簡単にこだわりの味を生み出せるオペレーションを実現しているため、人件費を抑えることが可能な になっています。 『かつてん』本部のサポート力 かつてんの フランチャイズでは 開業前から 開業後までの手厚いサポートが魅力の一つとなっています。 するにあたって最初に加盟相談というものを行うのですが本部のスタッフが「全国どこでも伺います!」ということで北海道の本部だから加盟は難しい、という心配は無さそうです。 についても随時受け付けているそうなので、加盟する前に実際に営業している店舗を見ることも可能です。 加盟後には物件探しのお手伝いや20日間の研修及び8日間の実店舗での指導も用意されています。 開業後には担当のスーパーバイザーが随時店を巡回し、店の売り上げ増加の為のアドバイスをしてくれるなど、SVの体制も整っており事業繁栄に向けてのサポートも万全です。 『かつてん』はこんな人に向いている 店舗のオペレーションは誰でも素早く提供できるものが確立されているということで、飲食業が未経験な人でも問題は無さそうです。 また、北海道生まれで北海道の食材にこだわりを持っている フランチャイズということで、北海道に思い入れが強い人にも魅力的な フランチャイズ本部かもしれません。 『かつてん』の市場はどのような状況? 日本の外食産業は日々成長を続けています。 一般社団法人フードサービス協会が発表したデータによれば2017年の市場規模は14兆 1,581億円となっています。 これは前年度から1. 8%増加した数値であり、6年連続での記録更新となっています。 特に近年では世界各地で日本食に注目が集まっています。 実際日本に来る外国人観光客は年々増加しており、かつてんのかつ丼、天丼も大変人気となっています。 2020年には東京オリンピック、さらに先の2025年には大阪万博の開催も決まっており、来日する外国人の更なる増加が見込まれているので、今後も日本食の需要は増加していくことが予想されます。 さらにその日本の飲食行の中でも「北海道」ブランドの影響は大きいのではないでしょうか。 『かつてん』に加盟するリスクとリターン かつてんの フランチャイズではとしては ・・研修費などの他、店舗取得費用などがかかります。 ロードサイド、繁華街、フードコートなどで店舗取得費は大きく異なるので一概にいくらとは言えませんが、かつてんでは を最大限活用しての 開業が可能とのことなので他の飲食店と比べると有利かもしれません。 また、かつてんでは低投資早期回収をモットーに掲げており、前述の居抜き物件の活用や、独自のオペレーションによる人件費の削減などにより高い利益率を実現し、 2年を実現可能にする自信を持っているとのことです。 実際に誰もが知っている超有名丼物 店よりも収益性が高くなっているそうです。 この記事ではかつてんの フランチャイズ加盟について解説してきました。 いかがでしたでしょうか? 近年日本食の需要は高まってきており、東京オリンピックや大阪万博の影響でさらに増加する見込みがあります。 かつてんは北海道に本部を持ち、こだわりの食材と独自の製法を用いて出来立てのどんぶりを低価格で提供するという で幅広い層の利用客に人気となっています。 開業前・ 開業後のサポートも充実している他、低投資 をモットーに掲げていますので、 開業資金を 比較的早めに回収できる可能性が高いのもかつてん フランチャイズの魅力です。 もし興味がある、まだ迷っているという方はが随時行われているようですので申し込んでみてはいかかでしょうか?.

次の