ふわふわ かき氷。 2019【東京】おすすめかき氷17選。ふわふわ美味しい!あの話題の行列店もご紹介

ふわふわ! プロ直伝のかき氷レシピ。こだわりのシロップアイデアも

ふわふわ かき氷

2019【東京】おすすめかき氷17選。 ふわふわ美味しい!あの話題の行列店もご紹介 2019. 10 2019年の夏、絶対に食べたい東京都内のかき氷をご紹介! こだわりの氷に自家製シロップなど、食感や味にこだわるのは当たり前。 まるでケーキみたいなかき氷や野菜がゴロゴロ入ったヘルシーかき氷など、ビジュアルにもだわるのがイマドキのかき氷事情。 メロンやいちごなどフルーツを使った期間限定メニューも豊富 韓国で巻き起こった一大かき氷ブームの火付け役。 口にいれた瞬間す~っと溶けるパウダースノーのようなかき氷は、2016年に日本上陸するやいなやニッポン人もたちまちトリコに。 看板メニューは、餅やきな粉などの韓国伝統菓子に斬新なアイ デアを加え、現代風にアレンジした「きな粉餅ソルビン」。 ミルク氷を使用しているため、口に含むときな粉とミルク風味がほんのり、お次に香ばしさがふんわり。 餅のモチモチ感とアーモンドのパリパリ感が良いアクセントになっています。 氷のふわっふわ感が醍醐味ですが、時間とともにとろ~り溶けてくる頃もまた美味しいです! 今や日本各地に5店舗。 大ぶりカットのマンゴーとキラキラ透明感あるゼリーが乙女ココロを捉えます 口に入れると、特製生クリームとマンゴーシロップが染みたふわふわ氷がふんわりとろける! どこからどう見ても生クリームのホールケーキ。 しかし中をみてビックリ!スポンジであるべきところに、ふわふわのかき氷があるのです。 内容は季節によって異なりますが夏はマンゴー。 甘味の強いアップルマンゴーを使用し、濃厚なのに後味さっぱりに仕上げられています。 この他、「レモンとミックスベリーのレアチーズ仕立て」など、最後まで飽きさせないよう風味や食感にこだわったかき氷メニューが揃います。 濃厚抹茶シロップにふっくら炊かれた小豆がたっぷり 1805年創業の和菓子店。 看板商品であるくず餅の原材料(小麦でんぷん)を使用したプリンや季節の白玉しるこなど、老舗ならではの柔和な発想で次々と新たなスイーツを生みだす店としても知られています。 それをシロップに加えることで、お腹にやさしいかき氷が誕生したというわけ!宇治金時など6~8種で楽しめます。 提供は2019年4月27日~9月中旬まで 弱火でゆっくり丁寧に煉りあげた自家製練乳たっぷりの「あんペーストかき氷 練乳」702円。 提供は2019年4月27日~9月中旬まで 言わずと知れた老舗菓子店「とらや」。 もっと気軽にあんこを楽しんでもらうべく誕生したのが、「トラヤカフェ・あんスタンド」です。 パンやクリーム系にも相性抜群な懐の広い、こだわりのあんペーストを使用したメニューが揃います。 店内で作ったあんペーストは、かき氷にももちろんたっぷりトッピング。 深みのある甘さのあんペーストと、抹茶、練乳、時期によりかわるフルーツなどを使った自家製蜜が、丁寧に削った氷の上で出会えばそれはもう上品な和スイーツ! あんペーストの販売もある。 常時5~6種が揃うかき氷は思わず笑顔がこぼれてしまう佇まいです。 食べればさらにニッコリ。 氷の温度を調整して削る氷は口の中でふんわり溶け、厳選素材で作る自家製シロップはコクと爽やかな甘さを併せもちます。 クリーミーさといちごの酸味がマッチした、まさにショートケーキのような「こおりのショートケーキ」はファンの多い定番メニューです。 2週間に一品ほどのペースで登場する新作は、店主・町山さんが「食材の組み合わせを楽しむパフェを作る感覚で考えてます」と語る通り、「意外だけど合う!」と美味しい発見イロイロ!公式サイトやインスタグラムでチェックしてくださいね。 希少な国産生はちみつを使った「氷密花(ひみか)」」1,200円。 詳しくはお店のHPや公式インスタグラムをご覧ください [アクセス]東京メトロ千代田線 湯島駅より徒歩3分 [提供期間]通年 廚 菓子 くろぎ 日本料理の名店ならではの独創的な「かき氷 黒みつきなこ」 「かき氷 黒みつきなこ」1,600円。 「猿田彦珈琲」のくろぎオリジナルコーヒーなど、ドリンクとのセットは2,400円 芝大門にある日本料理の「くろぎ」と「猿田彦珈琲」が手を組み、建物の設計を隈研吾氏手がけた、なんとも豪華な甘味処。 屋号に掲げる「廚」が表す通り、職人の手しごとが光る和菓子が楽しめます。 「かき氷 黒みつきなこ」は通年メニュー。 ヒミツは、上にかかった黒蜜クリームに隠し味として加えた醤油にアリ!これがふわふわ氷を覆う深煎りのきな粉や中から現れるコクのある北海道産小豆と相性抜群です。 2019年7月上旬までは「さくらんぼまみれ」が登場! 「抹茶無双」900円は通年メニュー。 抹茶ミルク、抹茶チョコ、抹茶クリームの3層仕立て JR巣鴨駅から徒歩5分の場所にあるかき氷専門店です。 一般的な天然氷より1週間長い3週間をかけて凍らせる富士山天然水の氷を使用しています。 じっくり時間をかけて凍らせた氷は驚きのふんわり感! そこにたっぷりかかる自家製シロップも特筆すべき点。 市場で仕入れた新鮮なフルーツを使い、毎日手作りするため、素材そのものの味わいが楽しめます。 7月上旬までは「さくらんぼまみれ」。 上品な甘さで後味が爽やかなのは有機砂糖ならでは チョコレートブランド「レオニダス」の谷中上野桜木店に併設するカフェ。 期間限定で登場するかき氷は知る人ぞ知るメニューです。 何を隠そう、店長の吉田さんは自身も食べ歩きをするほどのかき氷好き。 シロップはすべて自家製。 有機砂糖を使用するなど、かき氷好きだからこそのこだわりが詰まっています。 果実を入れて凍らせた氷を削っているために赤と白の美しいグラデーションが生まれる「イチゴ」もワザありの逸品です。 定番は3種。 期間限定で登場する店長のアイデア光る新作も見逃せません! 「ティラミス」850円には自慢のチョコレートをトッピング! 「マンゴー」900円。 ミルクシロップに、マンゴーピューレとマンゴージャムシロップ、角切り果実をトッピング 上野桜木交差点近く。 愛知県・西尾の高級抹茶を使用 2012年、店主・梁川さんが夢であったかき氷店をオープンさせると瞬く間に話題の店に。 夏は1日300杯が出るという、東京でかき氷といえば外せない存在です。 そのワケは、日光「松月氷室」の天然氷をふんわり削り上げる口溶け感とともに、市場で仕入れた旬のフルーツなどで作る自家製ソースの大胆かつ豪快な素材使いにあります。 冬の定番「生いちご」はかき氷一杯でなんといちご2パック分というから驚きです。 アールグレイが香る「ミルクティークリーム」1,000円(天然氷は1,100円)。 通年メニュー.

次の

ふわふわかき氷の作り方!自宅で簡単に作る方法が秀逸!

ふわふわ かき氷

旬のフルーツを使ったものから、和菓子屋さんならではのあんこ系までどれも絶品。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】一年中食べられるかき氷は生いちごや白玉をはじめ、全7種類。 このほか、季節ごとにさまざまなオリジナルかき氷が登場。 かき氷なのに体が冷えすぎない、ジンジャーシロップたっぷりの新感覚かき氷を召しあがれ。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】定番3種+季節ごとに変わるメニューも 【氷の特徴】純氷をふわふわ食感になるよう薄めに削る 【シロップの特徴】ベースにショウガを利かせたミルクシロップを使用。 コンフィチュールを合わせたり個性的なメニューも豊富 【トッピング】エスプーマ(324円)、オリジナルコンフィチュールやカマンベールレアソースなど多数 【入店・待ち時間について】・週末は行列必須。 定休日:不定休 アクセス:東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」より徒歩3分 創業1854年を誇る、京都の宇治に本店を構える日本茶専門店。 こちらのかき氷は1品のみ。 選び抜かれた茶葉が香り高い「宇治きん氷」は、抹茶、ほうじ茶など4種のシロップから選べる。 日光天然氷の蔵元、松月氷室のふわふわ氷と貴重な和三盆のシロップなど、厳選素材が調和した美味。 意外な組み合わせとおいしさに感動する、ユニークなかき氷はこれ! かき氷DATA 【入店・待ち時間について】・整理券の配布はなし ・名簿の記載必要。 詳細はホームページでご確認下さい。 定休日:火定休 アクセス:東京メトロ南北線ほか「麻布十番駅」1番出口よりすぐ プリンやティラミスなどに発想を得たかき氷は、ユニークではあるけれど、氷とシロップのバランスを大切にした本格かき氷。 濃厚なソースは、一度は食べればやみつきに。 記帳後、指定時間に再来店。 ・待ち時間は順番が来るまでお店を離れてもOK 住所: 営業時間:11:00~19:00(18:30LO) 定休日:水 アクセス:東急田園都市線「三軒茶屋駅」南A出口より徒歩11分 お客さんのニーズに合わせて、マスカルポーネチーズを使ったフロマージュなどをメニューを開発。 純氷ならではの、周りはシャリシャリ、中はふわっふわの食感にも魅了される。 見た目も味わいも一度食べたら忘れられない・・・目でも舌でも楽しいユニークなかき氷は、かき氷ファンなら一度は食べたい逸品! かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】季節のおすすめほか、多数ラインナップ 【氷の特徴】純氷 【シロップの特徴】下から順にサングリア、桃のシロップ、チーズケーキのような味わいの蔵王チーズあんを使用。 ほのかに感じるライムの酸味がアクセントに 【入店・待ち時間について】夏場は受付表方式で2名ずつのご案内。 自慢の氷蜜は100%自家製、提携農家の専用ハウスで育てる旬摘完熟イチゴを使うなど、食材へのこだわりも半端ない。 かき氷をこよなく愛する店主がつくるこだわりの一杯をどうぞ。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】いちごミルク、シナモンきなこなど常時約14種を用意 【氷の特徴】富士山の天然氷「不二」を使用 【シロップの特徴】旬のフルーツを中心にすべて自家製 【トッピング】黒蜜50円、ヨーグルトシロップ100円 【入店・待ち時間について】店頭のリストに名前を書いたら待ち時間の間に散策を楽しんで。 待ち時間の目安:平日は45分~1時間、土・日・祝は2時間半 住所: 営業時間:11:00~17:00 定休日:月定休 アクセス:JR山手線ほか「巣鴨駅」より徒歩5分 注文を受けてから、フルーツをカットしてシロップを作るというこだわりかき氷。 フルーツ専門店ならではの新鮮果実のうまみが柔らかな氷と組み合わさって美味しい。 ぽってりとかけられたホイップクリームの甘さが紅茶の味わいを引き立てる、絶妙なハーモニーに感動するはず。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】一年中食べられる抹茶やミルクティーほか、季節変わりの氷が豊富 【氷の特徴】2020年は純氷のみの提供を予定 【シロップの特徴】季節のフルーツを使った自家製シロップ 【トッピング】ミルク、ヨーグルト、カラメル、きなこ、ココア各100円、あずき、クルミ、ホイップ各150円 【入店・待ち時間について】11:00頃から来店時間が選べる整理券を配布(6月1日より土日祝のみ)。 自慢のあんには北海道産の最高級の小豆を使用。 シロップにはあまおうなど糖度の高い品種のいちごを厳選して使っているのも特徴。 かき氷DATA 【開催日程】5月上旬~10月ごろ 【メニュー】みぞれ650円をはじめ全21種 【氷の特徴】純氷を使用。 食べ応えのあるしっかりめの食感 【シロップの特徴】いちごや杏は旬の時期に煮詰めて裏ごしし、シロップに。 抹茶は注文ごとに点てる 【トッピング】白玉、アイスクリーム各150円 【入店・待ち時間について】開店前から行列することも。 正午~13:00頃が比較的入りやすい 住所: 営業時間:11:00~18:00(なくなり次第終了) 定休日:月曜 アクセス:JR中央本線「西荻窪駅」南口より徒歩5分 西大島から歩いて約15分、砂町銀座商店街にある「GOFUKU」は、かき氷と焼きそばの専門店。 どちらもおいしいのはもちろんのこと、店主夫妻の温かな人柄もこちらの魅力。 遠方から訪れるファンが多いのも納得。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】かき氷は常時約10種類。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】季節のものと定番、裏メニューを合わせて常時20種類前後 【氷の特徴】純氷 【シロップの特徴】季節のフルーツを使った自家製シロップや、甘酒、醤油などを使った和系も 【トッピング】みるく50円 あずき、はちみつグラノーラ各100円 酒粕200円 【入店・待ち時間について】・整理券の配布なし ・名簿の記載はなく、並んだ順番にご案内 ・平日でも開店前から行列ができることも 住所: 営業時間:月・火・木14:00~19:00(18:30LO) 土・日13:00~18:00(17:30LO 定休日:水、金 アクセス:東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」より徒歩7分 東京・湯島の「サカノウエカフェ」は、大人も思わず童心に返る遊び心満載のかき氷が人気。 手作りのシロップをはじめ、味わいだけでなくビジュアルにもとことんこだわる、唯一無二のかき氷を召し上がれ。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】「こおりのショートケーキ」をはじめ、約7種類のかき氷が揃う。 季節ごとに変わるので、メニューは公式サイトやSNSでチェックして 【氷の特徴】純氷 【シロップの特徴】季節のフルーツを使った自家製シロップが中心 【トッピング】なし 【入店・待ち時間について】・整理券の配布なし ・記帳制 ・比較的空いている時間帯は、平日の開店直後 住所: 営業時間:火~金 11:00~19:30 19:00LO 土・日・祝 11:00~18:30 18:00LO 定休日:月曜 アクセス:東京メトロ千代田線「湯島駅」より徒歩5分 讃岐うどんとかき氷が楽しめる和カフェ。 ふんわり削った氷に合わせるシロップは、定番のいちごミルクや宇治抹茶からユニークな季節限定ものまでさまざま。 かき氷と一緒に、自家製うどんもぜひ味わってみて。 かき氷DATA 【開催日程】通年 【メニュー】定番はいちごミルクや、カスタードを合わせたいちごミルフィーユ、抹茶など。 このほか期間限定メニューも約7種類。 詳細は公式Facebookでチェック。

次の

2020おすすめのかき氷機人気ランキング!ふわふわ食感!【家庭用】 モノナビ

ふわふわ かき氷

2019【東京】おすすめかき氷17選。 ふわふわ美味しい!あの話題の行列店もご紹介 2019. 10 2019年の夏、絶対に食べたい東京都内のかき氷をご紹介! こだわりの氷に自家製シロップなど、食感や味にこだわるのは当たり前。 まるでケーキみたいなかき氷や野菜がゴロゴロ入ったヘルシーかき氷など、ビジュアルにもだわるのがイマドキのかき氷事情。 メロンやいちごなどフルーツを使った期間限定メニューも豊富 韓国で巻き起こった一大かき氷ブームの火付け役。 口にいれた瞬間す~っと溶けるパウダースノーのようなかき氷は、2016年に日本上陸するやいなやニッポン人もたちまちトリコに。 看板メニューは、餅やきな粉などの韓国伝統菓子に斬新なアイ デアを加え、現代風にアレンジした「きな粉餅ソルビン」。 ミルク氷を使用しているため、口に含むときな粉とミルク風味がほんのり、お次に香ばしさがふんわり。 餅のモチモチ感とアーモンドのパリパリ感が良いアクセントになっています。 氷のふわっふわ感が醍醐味ですが、時間とともにとろ~り溶けてくる頃もまた美味しいです! 今や日本各地に5店舗。 大ぶりカットのマンゴーとキラキラ透明感あるゼリーが乙女ココロを捉えます 口に入れると、特製生クリームとマンゴーシロップが染みたふわふわ氷がふんわりとろける! どこからどう見ても生クリームのホールケーキ。 しかし中をみてビックリ!スポンジであるべきところに、ふわふわのかき氷があるのです。 内容は季節によって異なりますが夏はマンゴー。 甘味の強いアップルマンゴーを使用し、濃厚なのに後味さっぱりに仕上げられています。 この他、「レモンとミックスベリーのレアチーズ仕立て」など、最後まで飽きさせないよう風味や食感にこだわったかき氷メニューが揃います。 濃厚抹茶シロップにふっくら炊かれた小豆がたっぷり 1805年創業の和菓子店。 看板商品であるくず餅の原材料(小麦でんぷん)を使用したプリンや季節の白玉しるこなど、老舗ならではの柔和な発想で次々と新たなスイーツを生みだす店としても知られています。 それをシロップに加えることで、お腹にやさしいかき氷が誕生したというわけ!宇治金時など6~8種で楽しめます。 提供は2019年4月27日~9月中旬まで 弱火でゆっくり丁寧に煉りあげた自家製練乳たっぷりの「あんペーストかき氷 練乳」702円。 提供は2019年4月27日~9月中旬まで 言わずと知れた老舗菓子店「とらや」。 もっと気軽にあんこを楽しんでもらうべく誕生したのが、「トラヤカフェ・あんスタンド」です。 パンやクリーム系にも相性抜群な懐の広い、こだわりのあんペーストを使用したメニューが揃います。 店内で作ったあんペーストは、かき氷にももちろんたっぷりトッピング。 深みのある甘さのあんペーストと、抹茶、練乳、時期によりかわるフルーツなどを使った自家製蜜が、丁寧に削った氷の上で出会えばそれはもう上品な和スイーツ! あんペーストの販売もある。 常時5~6種が揃うかき氷は思わず笑顔がこぼれてしまう佇まいです。 食べればさらにニッコリ。 氷の温度を調整して削る氷は口の中でふんわり溶け、厳選素材で作る自家製シロップはコクと爽やかな甘さを併せもちます。 クリーミーさといちごの酸味がマッチした、まさにショートケーキのような「こおりのショートケーキ」はファンの多い定番メニューです。 2週間に一品ほどのペースで登場する新作は、店主・町山さんが「食材の組み合わせを楽しむパフェを作る感覚で考えてます」と語る通り、「意外だけど合う!」と美味しい発見イロイロ!公式サイトやインスタグラムでチェックしてくださいね。 希少な国産生はちみつを使った「氷密花(ひみか)」」1,200円。 詳しくはお店のHPや公式インスタグラムをご覧ください [アクセス]東京メトロ千代田線 湯島駅より徒歩3分 [提供期間]通年 廚 菓子 くろぎ 日本料理の名店ならではの独創的な「かき氷 黒みつきなこ」 「かき氷 黒みつきなこ」1,600円。 「猿田彦珈琲」のくろぎオリジナルコーヒーなど、ドリンクとのセットは2,400円 芝大門にある日本料理の「くろぎ」と「猿田彦珈琲」が手を組み、建物の設計を隈研吾氏手がけた、なんとも豪華な甘味処。 屋号に掲げる「廚」が表す通り、職人の手しごとが光る和菓子が楽しめます。 「かき氷 黒みつきなこ」は通年メニュー。 ヒミツは、上にかかった黒蜜クリームに隠し味として加えた醤油にアリ!これがふわふわ氷を覆う深煎りのきな粉や中から現れるコクのある北海道産小豆と相性抜群です。 2019年7月上旬までは「さくらんぼまみれ」が登場! 「抹茶無双」900円は通年メニュー。 抹茶ミルク、抹茶チョコ、抹茶クリームの3層仕立て JR巣鴨駅から徒歩5分の場所にあるかき氷専門店です。 一般的な天然氷より1週間長い3週間をかけて凍らせる富士山天然水の氷を使用しています。 じっくり時間をかけて凍らせた氷は驚きのふんわり感! そこにたっぷりかかる自家製シロップも特筆すべき点。 市場で仕入れた新鮮なフルーツを使い、毎日手作りするため、素材そのものの味わいが楽しめます。 7月上旬までは「さくらんぼまみれ」。 上品な甘さで後味が爽やかなのは有機砂糖ならでは チョコレートブランド「レオニダス」の谷中上野桜木店に併設するカフェ。 期間限定で登場するかき氷は知る人ぞ知るメニューです。 何を隠そう、店長の吉田さんは自身も食べ歩きをするほどのかき氷好き。 シロップはすべて自家製。 有機砂糖を使用するなど、かき氷好きだからこそのこだわりが詰まっています。 果実を入れて凍らせた氷を削っているために赤と白の美しいグラデーションが生まれる「イチゴ」もワザありの逸品です。 定番は3種。 期間限定で登場する店長のアイデア光る新作も見逃せません! 「ティラミス」850円には自慢のチョコレートをトッピング! 「マンゴー」900円。 ミルクシロップに、マンゴーピューレとマンゴージャムシロップ、角切り果実をトッピング 上野桜木交差点近く。 愛知県・西尾の高級抹茶を使用 2012年、店主・梁川さんが夢であったかき氷店をオープンさせると瞬く間に話題の店に。 夏は1日300杯が出るという、東京でかき氷といえば外せない存在です。 そのワケは、日光「松月氷室」の天然氷をふんわり削り上げる口溶け感とともに、市場で仕入れた旬のフルーツなどで作る自家製ソースの大胆かつ豪快な素材使いにあります。 冬の定番「生いちご」はかき氷一杯でなんといちご2パック分というから驚きです。 アールグレイが香る「ミルクティークリーム」1,000円(天然氷は1,100円)。 通年メニュー.

次の