コール スプラウス。 ディズニースターにキャリアの危機!? コール・スプラウスとリリ・ラインハート、「性的暴行を受けた」という申し立てを否定|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

コール・スプラウス、『スイート・ライフ』の続編には反対?その理由が素敵だった!

コール スプラウス

「僕のファンを自称する人たちが流している噂話や中傷コメントに、僕はこれまで何も言わずに耐えてきた。 僕は自分のプライベートを晒すようなことは絶対にしないけど、そのせいで一部のファンの人たちが僕のプライベートに関して好き勝手に言うようになってしまった。 (心当たりがある人は)悪ふざけはやめて、もっと人として他人への思いやりを持った行動をしてほしい。 自分の恋愛事情について公にすると決めた時から、こうなることはわかっていた。 自分のプライベートに関する情報を貪欲な人たちに絶対に与えないようにしてきた。 でも、情報を与えないことで、かえって僕の習慣やライフスタイルについて好き放題言わせる結果になってしまった。 とりあえず結論から言うと、とっととくたばれクソ野郎。 ちなみに、カイアとコールのSNSにアップされた写真の背景が似ていたことが、浮気疑惑の始まりと言われている。 Newsに関係者が語った話では、コールとリリは一緒に隔離生活を送っていないだけで、交際はまだ続いているそう。 (フロントロウ編集部).

次の

ディラン・スプラウス、弟コールとは今でも仕事仲間だと告白

コール スプラウス

This seems to be the latest claim in a series of incidents seeking to baselessly cancel my cast mates and me. アパ、ヴァネッサ・モーガンの3人にも、それぞれ別々のツイッターユーザーから、似たような内容の性的暴行を告発する投稿が相次いだ。 False accusations do tremendous damage to victims of actual assault. Furthermore, I would never seek to silence anybody. I encourage that people look into the accusations themselves, as the events detailed were factually untrue. 2— Cole M. Sprouse colesprouse さらに、コールは3つめの投稿で、「今回の告発は、僕と共演者たちを不当に失脚させようとする一連の事柄における最新の主張のようです」と、これまでにも、自身や『リバーデイル』の共演者たちを貶めることを目的に、何者かが幾度となく虚偽のウワサを流してきたことも示唆した。 「私はこれまで性的暴行の告発についてずっと真剣に考えてきました。 しかし、今回告発を行なったアカウントは、私や共演者たちに関して偽のストーリーを伝えるためだけに作られたものだということが証明されています。 性的暴行を受けたと偽る行為は、私が考え得るなかで最も歪んだ行動です。 自身が受けた性的被害について、真実を告白することを決意した男性や女性の思いを踏みにじるような行為です。 こうした嘘は、誰かの人生やキャリアを壊滅させるものです。 私が今回の告発が嘘であると言い切れる理由は、疑惑を告発した人物が、すでに、これらの物語が捏造されたものであることを認めているからです。 アパはそんなくだらないこと(性的暴行)なんてやってない。 あんたたちって何でも信じるよね」と、自身が行なった告発が真実ではないことを明かしている。 リリは、その後の投稿で、「私たちは、法的手段を講じることを検討しています」と、コールと同じく、専門家の協力を得て、偽の告発を行なった人物の特定に乗り出していることを示唆。 さらに、「こういった卑劣な行動は、本当のサバイバー(性的暴行被害からの生還者)を深く傷つけるものでしかありません。 サバイバーたちを支え、信じてきた私にとって今回の出来事はつらい記憶を誘発しする恐ろしいものでした」と性的暴行の被害者たちを気遣うコメントも残した。 ちなみにリリは、10代の頃にデート相手の男性から受けた性的関係の強要について、以前、Tumblrを通じて告白しており、2018年9月にセクハラ撲滅運動の「#MeToo」と意志を同じくする「 Why I Didn't Report(私が被害を告発しなかった理由)」というムーブメントが活性化した際、「仕事を失いたくなかったし、周りの人たちから、ただの目立ちたがり屋だと思われたくなかったから。 (これが)私が被害届を出さなかった理由」と、自身が長らく被害を告発できなかった理由について。 ヴァネッサ・モーガンとマデライン・ペッチのコミコンでのツーショット。 さらに、『リバーデイル』のメインキャストの1人であるカミラ・メンデスも今回の騒動にインスタグラムストーリーにコメントを発表して反応。 「誰かを性的暴行に偽の性的暴行で告発するなんて信じられないほど破壊的なこと。 この人物の論点が、世間の人々が目にしたウワサをいかにすぐに信じてしまうかだったとしても、『Me Too』ムーブメントの品位を傷つけるのには値しない」、「吐き気がするし、この世に、自分の有害な行動がどんな結果をもたらすかということを省みない捻じ曲がった人間が存在するってこと以外は何も証明しない」と、投稿者を痛烈に批判した。

次の

コール・スプラウスとリリ・ラインハートに再び破局報道。

コール スプラウス

彼らは"コール&ディラン"、"スプラウス兄弟"、"スプラウスツインズ"とも呼ばれ、『』、『グレース・アンダー・ファイア』、『』などに出演したことで知られている。 のドラマ『』では、タイトルにもなっているザックとコーディを演じ、そのシリーズの成功により彼らは10代の視聴者の人気を得た。 バイオグラフィー [編集 ] 幼少期 [編集 ] スプラウス兄弟はのにて生まれた。 ディランはコールより15分早く生まれ、詩人にちなんで名づけられた。 コールは歌手でジャズピアニストの にちなんで名づけられた。 出生から4か月後、彼らはに引越し、そこで育つ。 経歴 [編集 ]• 1993年 女優兼演技教師である祖母の勧めにより、生後6か月から演技を始める。 始まりはトイレットペーパーのCMに2人一緒に出たことである。 多くの双子俳優のように、彼らは二人で同じ役を演じることもある。 1993年 の『グレース・アンダー・ファイア』シリーズでPatrick Kelly役を1998年まで二人で演じる。 1999年 二人は主演の映画『』に出演した。 その年に彼らはサンドラーのCD『The Chanukah Song. Part II. 』でコラボレートした。 2000年代前半 『』や『』や『 』にゲスト出演。 『』に出演。 また、 声優として『エイト・クレイジー・ナイト』に出演した。 2001年 『』で が演じた役の息子役を、二人で演じる。 2002年 『ママがサンタにキスをした』に出演。 DVDで発売されたファミリー映画である。 2003年 『ジャスト・フォー・キックス』に出演。 こちらもDVDで発売されたファミリー映画である。 2005年 3月からのオリジナルシリーズ『』で主人公の双子役を務めた。 ディズニー・チャンネルのドラマにかかわった事により、ディズニー・チャンネル スターズの仲間入りとなる。 2006年 他の一部のディズニー・チャンネル スターズとともに、『』の「夢はひそかに」(原題: A Dream Is a Wish Your Heart Makes)のカバーを歌う。 レコーディングが行われたのは2005年である(CD『』に収録されている)。 同年、ディズニー・チャンネルのアニメ『Holidaze: The Christmas That Almost Didn't Happen』で声を当てた。 そのアニメには、同じくディズニー・チャンネル スターのメンバーであるやも出演した。 2007年 2006(第1回大会)に参加。 ディランがレッドチーム、コールがブルーチームに入る。 今大会では、ディランはグリーンチームのキャプテンになり、コールは再びブルーチームになる。 また同年に、彼らは、、ディディ・ファイファーも出演する映画『』で主役を務める。 撮影は2006年10月から12月にで行われた。 2008年 ディズニー・チャンネル ゲームズ2008(第3回大会)では、ディランがグリーンチーム、コールがブルーチームになる。 同年より、ディズニーチャンネルにて『』のスピンオフ作品(続編)『』で前作に引き続き主演を務める。 2010年 ディランはSprouseartという芸術サイトを立ち上げた。 2011年 『スイートライフ・ザ・ムービー』 で主演。 ニューヨーク大学に進学。 コールはCole Sprouse Photographyという写真サイトを立ち上げた。 2013年 ・コヤマダ国際協会主催「日米ディスカバリーツアー」で、の国際大使として初来日。 Sprouse Bros ブランド [編集 ] 2005年、スプラウス兄弟はの会社デュアルスターと契約し"Sprouse Bros"という商標を作ることに同意した。 このブランドは10代以下のこどもをターゲットにしており、DVD、CD、衣類、スポーツ用品、ゲーム、カレンダー、着メロ、制汗剤などを扱う予定。 また『Sprouse Bros. Code』という、8歳から14歳向けのトレンド雑誌が作られた。 雑誌についてコールは「自分たちと同じ年頃の男の子向け、女の子みたいな事はしたくない」と語った。 一方ディランは「みんなに気に入ってほしい」と言った。 2006年6月18日発行。 2006年9月にスプラウス兄弟は'Simon Spotlight社からSprouse Brosブランドを使って本を出すことを契約した。 スプラウス兄弟がヤング、つまりはスパイとして描かれている本である。 2007年6月に同Simon Spotlight社から、15歳の双子の兄弟TomとMitchの物語『47 R. 』の第1巻と第2巻が同時に発売された。 2007年11月現在、シリーズ第6巻までの発売がすでに予定されている。 プロフィール [編集 ] 基本情報 [編集 ] この節に雑多な内容が羅列されています。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。 ( 2012年1月) ディラン コール フルネーム Dylan Thomas Sprouse Cole Mitchell Sprouse 生年月日 1992年8月4日 出生地 イタリア アレッツォ 幼年期住所 ニックネーム Sponge, Dyl, Lumpkin Coley, Moley, 身長 180 cm 183 cm 瞳の色 緑がかったブルー 髪の色 ブロンド 語学 英語、ドイツ語、チェロキー語、スペイン語 英語、ドイツ語、チェロキー語 大学 専攻: 経済学部 [ 要出典] 専攻: 政治学部 [ 要出典] 追記 [編集 ]• 『スイート・ライフ』で有名になり経験した事についてディランは「物事が進むのが速くてちょっと怖かった」と語った。 『スイート・ライフ』の撮影の間に二人は一日に3時間、家庭教師に勉強を教わっていた。 2007年8月の雑誌『Parade Magazine』のインタビューによると、二人の学校の成績はオールAとのこと。 2006年時点で、二人の趣味はスケートボード、スノーボード、サーフィン、バスケットボール、モトクロスである。 またコールの持っている動物のぬいぐるみをもとにした漫画『The Adventures of Tibblebu and Thumbin』を描いて遊んでいる。 二人はイタリアで生まれたためイタリア語を話せると誤記されることもあるが、2006年5月の『Mad』誌のインタビューによると、実際にはイタリア語を話さないそうだ。 同雑誌でディランは「スパゲッティ、イタリアンアイス、フェラーリ以外のイタリア語は話せない」と語る。 コールは「イタリア語では何もいえないよ。 たぶん、"Pizza, por favor"って言うのかな? 」と言った(が、間違っている)。 2010年10月時点で好きな女の子タイプで、ディランは「一緒にいて楽しい人・冒険心がある子」コールは「髪が長くてはっきり言える子」とインタビューで回答。 2011年1月にディランは、カリフォルニアでアーティスト(アートデザインのたまご)達と一緒に展示会を開いた。 2011年1月27-30日にイギリスロンドンに渡り、コクラン劇場でマスターのワークショップを行った。 このイベントは、有名人タレントアカデミースターライト子供財団主催である。 2013年8月7-17日に・コヤマダ国際協会主催の「日米ディスカバリーツアー」のため、の国際大使として初来日し、東京、仙台、京都、大阪、岡山、広島、岩国、福岡、鹿児島、沖縄を回り、若者との国際交流や各地の観光名所をツアー。 出演作品 [編集 ] 役名はディラン、コールの順• 2005年-2008年 原題: The Suite Life of Zack and Cody - Zack Martin 役、Cody Martin 役• 2008年-2011年 原題: The Suite Life on Deck - Zack Martin 役、Cody Martin 役•

次の