スノーピーク 2020 新作。 スノーピークのテントおすすめ19選!人気〜新作まで全て紹介!

テントやバッグなど、2020年スノーピークの新作をご紹介 冬キャンプで活躍間違いなし

スノーピーク 2020 新作

税込5万超えの超高級ストーブですw さすがスノーピーク、恐るべし・・・汗 収納ケースのストーブバッグはレインボーという文字がなくなり、生地が200デニールから210デニールへと少し分厚くなっています。 その為に重さも230グラムほど重くなっていますね。 車への積み込みや持ち運びの時にストーブが傷つくのを防いでくれるので、生地が厚くなる分にはイイ感じ。 ミニッツドーム Pro. air1 去年はヘキサイーズ1がソロキャンパー用の新作テントとして出ていましたが、2020年の新作として ミニッツドーム Pro. air1(以下、ミニッツドーム)が発表されました。 専用のグランドシートも8,800円で同時に発売される予定です。 個人的には子供と2人でキャンプに参加する時用に、小さめのテントを購入したいなと考えていたので、ちょうどドンピシャ。 現在、愛用している リビングシェルロングProだと幕が大きく重さも20kgを超えるので、もうちょっと何とかしたいなと思っていたところです。 軽くて居住性も高いミニッツドーム ミニッツドームはヘキサイーズ1よりも重さが約2キロほど軽く(ミニッツ3. 1kg/ヘキサ5. 2kg)、設営も写真を見た感じは難しくなさそう。 アメニティドームのように前室もあるので 荷物を置くこともできますし、タープ無しでもいけそうな感じがあります。 本体よりも高いって言う、、、汗 さらにバッテリーの充電器も必要になるのかも・・・カタログにはそのあたりの詳しい情報が無かったので気になるところです。 もしマキタと全く同じ仕様であれば、マキタのBL1860B(amazonで12,900円ほど)というバッテリーを使えば「弱モード」で約21時間10分ほど持つようなので、バッテリー1個で1泊~2泊のキャンプぐらいはイケそうですね。 なお、スノピのカタログではBL1830Bという容量の少ないバッテリーを使用した想定で、約9時間40分(弱モード)の連続使用時間が目安と紹介されています。 ちなみに以下はマキタの扇風機(充電式ファン)に対するキャンパーさんのレビューです。 参考までに。 今年海キャンプに行きたくて、でも幼児連れとしてはすっごく暑そうだからどうにかしなければと思い色々調べたら良さそうだと調べたこれをバッテリーBL1860B 高い! とあわせて購入しました。 結局子供が怪我してしまい泣く泣く海は諦めざるをえなくなりましたが、山キャンプに持っていき、そこで暑いときに何度か使用していました。 「強」にせずとも「中」でそこそこ十分、そして「中」だとこのバッテリーと合わせるとかなり持つらしく、5泊のキャンプでそこそこ使用しましたが替えのバッテリーも買っていたけどそれを使用しなくても過ごせてしまいました。 そして首振りもかなり便利。 便利だったのでコードレスとして家でも使えるかもしれません。 値段は税抜13,000円です 焚火台Sの場合は、• 焚火台S 8,600円• 炭床Pro S 2,400円• 焚火台Sベースプレート 1,800円• ベースプレートスタンドS 2,800円 を合計して15,600円(税抜)なので値段的にはイイ勝負ですね。 設営も簡単で軽そうなソロ用焚火台 説明を読んだ限りでは台座をパカッと開いてその上に炭を置くスペースをひっかける感じなので、焚火台Sよりも設営はカンタンそう。 重さは焚火台S関連の製品を全部まとめると5. 1kg。 一方で焚火台SRには重さの表記がなかったので、これからの開発具合によって変わってくるのかもしれません。 車だけではなくバイクなどでのソロキャンプも想定しているはずなので、恐らく軽くなりそうですね! 焚火台SRにはベースプレートが最初から標準装備になっているあたり、スノーピークらしいなと思いました。 ナカやんとしてはすでにユニフレームのユニセラTG-III を持っているので、おそらく購入はしないかと思います。 ですが、この焚き火台SRは本体を置くテーブルなどが必要なく、 地面に直接置いて使用する形になっているのがイイですね。 ユニセラだと地面に直置きだと高さが低すぎるので、何かしらのテーブルが必要になります。 またユニセラでは焚き火ができないので、その点も焚火台SRは良さそうです。 なお焚火台SRに関しては通常の焚火台シリーズと共通の、焼き網ステンレスハーフ Proやグリルプレートハーフ深型を使うことができるようになっています。 ユニットギアコンテナは税別36,000円 にしても、 ユニットギアコンテナが1個税別36,000円という値付けにはマジでビックリしました。 こういったコンテナは 複数個使う前提があると思いますが、1個36,000円だと3個で108,000円・・・(しかも税抜) もうちょっと何とかならなかったの?というのが正直な感想です。 【番外編2】ランドブリーズがProラインに移行 これまでStandardラインにあった ランドブリーズが2020年からProラインになりました。 生地がプロ幕仕様リップストップ生地になり、メッシュが増えて通気性もあがり、テントの高さも高くなって使いやすくなった感じです。 スノーピークグローストーブ• ミニッツドーム Pro. air1• フィールドファン あたりは個人的にすごい気になる感じ・・・ 詳しい発売日はまだオープンになっていませんが、とても楽しみですね。 新作の一部は年内に発売されるようです。 なお、このページで紹介した製品以外にも• クッカー• 座椅子タイプのチェア• マグ(水筒)• お玉などの調理器具• パーコレーター• 肩掛けタイプのペグ収納ケース• 角度を固定できるほおずき など、魅力的な商品が発売予定になっているので、ぜひカタログをチェックしてみてください。 カタログの請求はの公式サイトから。 スノーピーク会員(無料)になると1人1冊までもらえます。

次の

カタログ案内

スノーピーク 2020 新作

スノーピーク アドバイザリースタッフ ビバモールさいたま新都心店:小笠原さん スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店の店内には、スノーピークのスタッフが常駐するショップインショップが存在します。 その中で、スノーピークのアドバイザリースタッフとして活躍するのが小笠原さん。 「自然と触れ合いながら過ごせるキャンプでは、空気とごはんがおいしいですよね。 スノーピークのスタッフとしてお客さんと過ごす時間の長さと距離感の近さを生かしながら、キャンプの魅力を伝えられるがうれしいです。 」と教えてくれました。 さっそくですが、年末に入荷したばかりというスノーピークの2020年新作の紹介をお願いします。 もうチェックした?2020年スノーピークの新作ギア ランドブリーズPro. シリーズ 矢澤:ベーシックなテントとして長年愛され続けてきたスノーピークのドームテントが「ランドブリーズシリーズ」。 その定番中の定番モデルがさらなる進化を遂げ、新たに「Pro. 」としてお目見えしました。 一年中使えるモデルとしても、定評のあるテントです。 高石:実は新しくなったランドブリーズPro. シリーズは、ある部分の形状に変化をもたらしたことで、前室への出入りがだいぶスムーズになりました。 このアップデートを機に、対応人数を示す表記も改めました。 特徴はPro. 1と3、4で少し異なるので、お二人と一緒に解説させていただきます! 改良ポイントだらけ!? 全面にメッシュを配置!通気性の確保 矢澤:さらに、結露を軽減しようと、前室の天井にライナーシートを標準装備しています。 これは、Pro. 3と4のみの装備なのですが、このちょっとした気遣いにスノーピークのものづくりへの想いが感じられますよね。 小笠原:ありがとうございます。 ランドブリーズに限らず、ギアに関してはシンプルに見えていながらも、いろんな工夫が込められ、安心して使用できるように作られています。 これらは、キャンプを実際に行っているスタッフによって考えられているので、お客様に案内するわたしたちアドバイザリースタッフも、自信を持って説明しています。 高石:何かあったときにも永年保証してくれているメーカーなので、フィールドでも気兼ねなく使えるのがうれしいですよね。 ちなみに、今ご紹介しているライナーシートは、結露した前室を出入りする際、接して濡れてしまいがちな頭や背中が濡れないよう対策できるのがポイントです! 開閉がグッと楽になる?!スティックファスナー 矢澤:新作ギアたちと一緒に、購入しておいて欲しいのが鍛造ペグ「ソリッドステーク30」とテントパネルの跳ね上げに使う「アップライトポールセット 190cm 」。 ランドブリーズPro. を買う人はもちろん、すでにスノーピークのテントやシェルターを持っているキャンパーさんにも、この時期にあえて買うことをおすすめしています。 高石:その理由は、在庫切れが発生してしまうため。 実は、今回ピックアップしたこの「ソリッドステーク30」「アップライトポールセット 190cm 」は特に、キャンプのオンシーズンに備えた購入客が多く、春から夏前にかけて瞬く間に在庫がなくなってしまいます。 矢澤:準備の前の準備が、意外と功を奏すこともあります!例えば、去年キャンプに行ったとき「来年は、ポールやペグを新調しようかな」と考えていたキャンパーさんは、今の時期の購入をおすすめします!.

次の

【2020年春夏】今年注目の新作アウトドアチェア&テーブルはこの5点!|BE

スノーピーク 2020 新作

「アメニティドームM」• 「アメニティドームL」• 「ヴォールト」• 「エントリーパック TT」• 「トルテュ Pro. [3-4人用]」• 「トルテュ ライト [3-4人用]」• 「リビングシェル」• 「リビングシェルロング Pro. 「ランドロック」• 「ランドステーションL」• 「ランドステーション Pro. M [4-6人用]」• 「タシーク [2-4人用]」• 「ランドブリーズ6 [6人用]」• 「ドックドーム Pro. 6 [6人用]」• 「スピアヘッド Pro. L」 スノーピークのテントの5つのライン・特徴 初心者から上級者まで、そしてキャンプスタイルや使用頻度、求めるスペックなどによって、スノーピークのテントでは5つのラインが用意されています。 キャンパーが目的や予算などによって数多くのテントの中から選びやすいようになっています。 エントリーライン(Entry line) 初心者やキャンプ頻度の少ない方向け、春や秋といった過ごしやすい気候の時期のキャンプをメインとする方向けです。 必要最低限でありながら必要十分な機能や性能を持ち、価格を抑えて購入しやすいラインナップになっています。 スタンダードライン(Standard line) 1年中キャンプを楽しみたいユーザー向けのラインです。 代表されるテントとしてはランドブリーズがあり、フライシートに設けられたスカートによりテント内への冷気の侵入を遮断したり、効果的なベンチレーションによる通気性の良さ、高い耐水圧や撥水性能、そしてUVカットなど、季節を問わず安心してキャンプを楽しめる仕様となっています。 プロライン(Pro. line) 主にドックドーム Pro. エントリーラインやスタンダードラインとは一線を画し、生地の性能が段違いに優れています。 その分お値段も高くはなりますが、安全性や快適性を最も重視される方におすすめのラインです。 アイボリーライン(Ivory line) 生地のカラーがアイボリーとなり、他のラインに比べ日光も多く取り込み、高級感やグランピング感を醸し出します。 夜もテント内のランタンの光を拡散し明るい室内となります。 プロエアライン(Pro. air line) 実は山岳用テントも発売しているスノーピーク。 自立式のファル Pro. air 1がラインナップされています。 登山だけでなく通常のキャンプでも問題なく使うことができる居住性や機能性を持ち、また自然に馴染むカラーが今後人気となりそうです。 少し他人とは違うテントを使いたい人にもおすすめです。 このように、スノーピークのテントは目的に合わせて、わかりやすく5つのラインに分かれています。 数あるラインナップの中からおすすめできる人気のテントをご紹介していきます。 スノーピークのテントおすすめ人気ランキング15選はこちら!• 01 アメニティドームM (snow peak)• これからファミリーキャンプを始める方におすすめのエントリーモデル スノーピークのテントの中でも特に初心者からベテランまで幅広く愛されているアメニティドーム。 地上高が低くなれば風の影響を受けづらく、万が一の強風にも安心ですが、常にかがんで移動することになり、居住性が損なわれます。 アメニティドームはその地上高をぎりぎりのラインまで抑え、流線型のフォルムにすることで風を受け流すことで、強風化のキャンプでも安心して過ごすように工夫されています。 アメニティドームの中でもMサイズは標準モデルで、ファミリーキャンプをこれから始めてみようという方にオススメです。 02 アメニティドームL (snow peak)• 複数ファミキャンやグルキャンにも対応可!定番アメニティドームの最大サイズ アメニティドームの耐風性や設営のしやすさはそのままに、高さや幅、奥行きの全てがMサイズより大きいLサイズ。 大人4人と子供2人が寝られるため、2家族でのファミリーキャンプや、大人5人くらいまでのグループキャンプに対応しています。 とはいえ、キャンプの最中に雨が降ってしまうとどうしてもテントの中に籠らないといけませんから、1家族のファミリーキャンプでも使われていることが多いようです。 最大地上高は165㎝とMサイズに比べて15㎝も高いため、腰への負担が少ないのも選ばれている理由です。 03 ヴォールト (snow peak)• 発売開始当初から品切れが続いており、現在では中々入手できないセットになってしまいました。 このセットの最大の特徴は、テントとタープを境目なく設営する、通称「小川張り」を前提にしているという所。 これまでスノーピークユーザーが小川張りをしようと思うと、ほとんどが自作をするしかなかったのですが、このセットのコネクションテープを使えば簡単に実現することが出来ます。 05 トルテュ Pro. [3-4人用] (snow peak)• もはやオーバースペック?晴れでも雨でも快適な全天候型2ルームテント! 4人家族を対象にした、全天候型の2ルームテント。 スノーピーク独自の技術で遮光性は抜群で、耐水圧3000mmと大雨でも安心なスペックです。 インナーテントを設置して、キャノピーを跳ね上げれば十分なリビングスペースが確保でき、タープの設営も必要ありません。 キャノピーにサイドウォールが付いていますので、雨天時の降り込みもかなり防げます。 06 トルテュ ライト [3-4人用] (snow peak)• ベストセラーのリビングシェルが汎用性をそのままに、居住性を増して進化 リビングシェルの手軽に設営出来るところや、オプションが豊富であらゆるスタイルに対応できる点は継承しつつ、サイズが大きくなっており、より快適にキャンプを楽しむことが出来ます。 長くなっても基本構造は変わっていませんので、設営が簡単なのに独自のフレームワークで非常に丈夫です。 一方で、オプションなどもそろえると非常にコストがかかるのが玉に瑕ですが、性能を考えれば妥当ですし、アフターサポートのことを考えるとコストパフォーマンスはいい方だと思います。 09 ランドロック (snow peak)• スノーピークのノウハウが詰め込まれた、最高・最強レベルの2ルームテント ファミリーを中心に人気を集めている2ルームテントの中でも、ランドロックは採用率が非常に高い優秀テント。 キャンプ場の中でも自然に溶け込みつつ、個性を主張するカラーとサイズ感、一度張ってしまえばちょっとやそっとではへこたれないフレーム構造、抜群の広さと居住性は、多くの人を虜にしています。 一方で、大型幕のため、積載や重量、設営時間が気になる方も多いようです。 積載はさておき、重量はオートサイトでカバーし、設営に関してもタープを張る必要がありませんので、そこまで時間がかかるものでもありません。 10 ランドステーションL (snow peak)• タープの様に設営でき、テントの様に生活できるスノーピークの大型ツインポールシェルター テントというよりはタープに近い、ツインポールシェルターですが、これ一つでタープとテントを兼ねることが出来ますのでご紹介させていただきます。 スノーピークお得意の遮光ピグメント加工を施した幕と、張り綱とポールで様々なアレンジができる点は夏にピッタリ。 一方で、スカートとストーブ、扇風機を追加して冬でも快適に使用するキャンパーさんも、残念ながらインナーテントは杯盤になってしまいましたので、別途テントを購入してカンガルースタイルで宿泊する方法がおすすめです。 11 ランドステーション Pro. M [4-6人用] (snow peak) コンパクトな2人用2ルームでも居住性は抜群!別売りエクステンションで拡張も可能 2人用のキャンプを想定した2ルームテントは他社でも見かけますが、天井が低かったり、狭くて使いづらかったりと今一つでした。 タシークはコンパクトに設計されていながらも、天井高は210cmもあり、奥行きは500cm、インナーテント分を差し引けば350cmのリビングスペースが確保されており、快適に二人で過ごすことが出来ます。 さらに、別売りのエクステンションを使用すれば4人用ツールームに拡張できるのも大きな特徴。 家族4人でのキャンプはエクステンションを持って行き、息子と2人だけで男だけのキャンプの時は本体のみとシーンによってサイズを変えられます。 13 ランドブリーズ6 [6人用] (snow peak)• 細かいところの技術が光る!オールシーズン対応の中級者向け大型ドームテント アメニティドームがエントリーモデルという立ち位置に、ランドブリーズは中級者向けモデルという立ち位置になっています。 同じサイズ感のドーム型テントでも、ランドブリーズの方がポールに使われているジュラルミンの強度が上で、フレームワークも接点が多くなるよう工夫されており、ちょっとやそっとの雨風ではびくともしないようになっています。 また、スカートがついていますので、冬のキャンプでも冷気が入ってきませんし、雨風の侵入も防いでくれます。 スペック上は6人用となっていますが、雨が降った際はこの中で過ごすことを考えると4人くらいの利用がおすすめです。 14 ドックドーム Pro. 6 [6人用] (snow peak)• 連結はロマン!ドッキングをメインに開発された、スノーピークの新定番ドーム型テント 連結機能を名前に冠することからわかるように、様々なテントとドッキングができるドーム型テントです。 同社のリビングシェルやランドブリーズとドッキングすることで、あらゆるキャンプシーンに対応するようになっています。 細かい所でもスノーピークのこだわりがうかがうことが出来、地味ながらも一番お勧めしたいのが天窓の存在。 一般的にドーム型テントは窓がなく暗くなりがちですが、ドックドームは再度にも十分に窓がある上に、天窓から採光できるので、テントの中にいながら自然と一体化しているかのような雰囲気にしてくれます。 もちろんProならではの耐久性をもち、スカート装備なので、年中安心して使えるテントです。 15 スピアヘッド Pro. L (snow peak)• キャンプ場でも目立つ!工夫が凝らされ、見た目にも美しいワンポールテント 一般的にワンポールテントは裾野に向かって下がっていっているため、テント内部の端の方はデッドスペースになりがちでした。 スピアヘッドはそのデメリットを解消するため、6方向にフレームを配置し、入り口やベンチレーションとして立ち上げることでスペースを有効的に使えるように工夫がされています。 また、そのフレームのおかげでワンポールテントなのに、ワンポールテントじゃないかのような不思議な魅力があり、キャンプ場でもかなり目立つ存在になること間違いなし。 スノーピークお得意のドッキング機能も有しており、スピアヘッド同士やアメニティドームなどともドッキングが可能です。 この記事で紹介されたアイテム• 紹介されたアイテムのメーカー• 新着おすすめアイテムリスト•

次の